FC2ブログ

GOLDMUND + KRELLで聴く“艶熟のエロス” ~ Belie/中森明菜♪

さてさて、記念すべき1001番目の記事、気合いを入れて突入しよう!(笑)

今宵は、昨年12月21日、完全生産限定クリスマス盤としてリリースされた中森明菜嬢の『Belie + Vampire』試聴レビューを記すことにする。【中森明菜、新録アナログ盤&Ultimate Hi Quality CD リリース!甦る歌姫伝説♪】

先回の記事で詳細は記したが、このアルバム、UHQCD(Ultimate Hi Quality CD)の『Belie』と45rpmアナログ盤『Vampire』をカップリングさせた企画盤である。今回は、UHQCD盤『Belie』のレビューを記したい。アナログ盤『Vampire』は、また後日ということで(笑)

発売日の21日前に、ほぼ即完だったようで、読者諸兄の中には、入手できなかった御仁も多いのではないだろうか。そんな、方々にも聴いていただけるよう、今回はいつもの“自己マン録り”に加え、書庫「 Best Audio diva 」とのコラボという初の試みで、じっくりと楽曲を聴いていただこうと思う。

つまり、拙システムのスピーカーからの出音を生録した動画のみならず、音源を高音質YouTube化した動画もお届けしようというスリリングな企画なのだ!(爆)無事、記事が終えることを祈ってほしい(笑)

さて、このアルバム、UHQCD盤と45rpmアナログ盤を器としたことからも判るように、相当音質に拘って制作されたのだろう。つまり、我々、オデオファイルをターゲットにしたとも言える。
※UHQCDについては、こちらの記事を参考
【Mark Levinson JC-2で聴く、Ultimate High Quality CD “Premiun Ivory”♪】
【ザ・対決!Ultimate High Quality CD VS Stereo Sound Flat Transfer Series CD-R♪】

で、まずはジャケ。表面のインパクトなるジャケは、すでに多くの方がご覧になっているだろう。裏ジャケはと言うと、パープルのリップ&アイズの明菜嬢が、これまた今にも噛みつきそうな御面相で出迎えてくれる(笑)

イメージ 1

ジャケは観音開きになっており、片方にアナログ盤、片方に『Belie』が収納されてる。

『Belie』は、厚紙に貼りつける形態で収められている。この形、聖子嬢のBlu-spec CD企画盤や、しばじゅんのライヴ盤等で見受けられたが、小生、これが大嫌い。何と言っても取りだし難い!

アナログにはアナログの、CDにはCDの適したサイズ/ジャケというものがあるので、妙な合体はやめてもらいたい。結局は、原盤をCD-Rに焼いて(例のスペシャルな・・・(笑))聴いている。まぁ、原盤にキズかつかなくて結構だが(笑)

イメージ 2

『Belie』が収められてた厚紙の両面には、モノクロ明菜嬢。こちらは、噛みつきそうにないので一安心(笑)

さて、この明菜嬢独特の“艶熟のエロス”を感じさせるヴォーカルを情感たっぷりにプレイバックするには如何なるオデオ機器を選択したら良いのか。今回の試聴では、耽美形のサウンドを旨とするオデオ機器をチョイスした。

耽美形って、なんじゃ?と思われるだろう。ストレート・ワイヤー・ウィズ・ゲイン~無色透明、音源に対して何も足さない何も引かない事とは対照的に、音源に対して積極的に働きかけ、その個性で、よりアグレッシブに音源から“高度な音楽性”を引き出そうする機器である。

何?さっぱり判らん!? それは、貴殿の読解力不足! もっと、脳を鍛えたまえ!(爆)

そんな、視点からチョイスしたのが、要となる機器、プリアンプとDAコンバーターに、ゴールドムンドの「MIMESIS 2」と「MIMESIS 10」に白羽の矢を立てた。音楽の持つ“色気”や“艶色”を引き出すのに長けた機器であり、明菜嬢のヴォーカルに生気を吹き込むのに、これ以上の機器はない。

システムの最上流・CDトランスポートには、逆に、音源が持つ情報を正確無比に120%引き出せる機器ということで、エソテリックのP-70vuを選択。より正確なデジタル信号を抽出するため、マスタークロックジェネレーターのエソテリックG-0dRbにより、ルビジウム精度でクロック管理をする。

イメージ 3

イメージ 4

そして、ゴールドムンドペアが醸し出すエロスを、更に肉感的に情熱的に熱く醸成してスピーカーからはする役割をするパワーアンプとして、クレルのモノラルパワーKMA-100MkⅡをチョイスする。

マッキンほど色付けが濃くなく、レビンソンほどクールでない。KMA-100MkⅡは、適度な彫りの深さとマッシブさを兼ね備えており、人肌の温もり~ナマナマしいヴォーカル再生には最適のパワーである。

試聴システムの構成は、以下のとおりである。

Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Harmonic Enhancer: muRata ES105A Suono
Pre Amp.: GOLDMUND MIMESIS 2
Power Amp.: KRELL KMA-100MkⅡ
Transport : ESOTERIC P-70vu
Master Clock Generator: ESOTERIC G-0dRb(G-0d+Rubidium Frequency Unit)
D/A converter: GOLDMUND MIMESIS 10

イメージ 5

今回の試聴に際しては、「MIMESIS 2」(マークレビンソン JC-2も同様)からプリアンプセレクターへのケーブルを変更した。現状、オルトフォンの REFERENCE 7NX から、鳴りっぷりの良さと優れた高速レスポンスが特徴の PS AUDIO xSTREAM Transcendent に変更した。

下の画像、右から3本目と4本目の赤黒ケーブルがそれ。ちなみに、このプリアンプセレクターはAチーム。他にBチームとCチームがあり、24台のプリアンプを縦横無尽にセレクトして比較試聴できる体制を整えている。

イメージ 6

早速、UHQCD盤の『Belie』を聴いてみた。

UNIVERSAL MUSIC JAPAN 公式HPでは、『Belie』の紹介文として、次のような「商品紹介」を掲載している。


「いよいよ、歌姫が動き出す… 中森明菜によって新たな花を咲かせる名曲の数々。
 1970年代から2000年代にかけて多くの人々の心でビートを奏でたポップ・ロック・ナンバーが上質な
 ロックミュージックとして生まれ変わります!!
 歌姫 中森明菜の神秘的で上質な色気が漂い、情感豊かに表現されたカバーアルバムの完成です。」


このコピーを書いたライターは、おそらく、実際に『Belie』を聴かずに書いたのではないだろうか(笑)
小生が聴いた感じとはかなり異なる。そもそも、「上質なロックミュージック」って、やんやねん!(爆)

おどろおどろしい明菜嬢の御面相ジャケに、ロックミュージック!なんて言われると、J-POPの名曲を重厚なリフが展開されるHR/HM風にアレンジし直してカヴァーした・・・なぁ~んて誤解を生みかねない。

、が、実際は、ロックどころか、ジャズジャズしまくっている!(笑) かつての、千住明がアレンジを担当した歌姫シリーズのように、ストリングス・アレンジされた楽曲もあるが、基本、ジャズ色を強めたアレンジが核を占めている。

なるほど、『Belie』が『歌姫5』というタイトルにしなかったのが判るような気がする。

これまで歌姫シリーズとは明らかン異なるアレンジ。そして、歌に対する明菜嬢の姿勢も大きく異なる。歌姫シリーズは、原曲に対し丁寧に忠実に歌い、また、オリジナルの歌手に寄り添うような歌い方を旨としていた。

『Belie』は、オリジナルの歌手を無視している、と言うと乱暴な言い方だが、ある意味、全て己の新曲、オリジナル曲である!ぐらいの意気込みで歌っている。全ての楽曲の明菜カラーに染め抜かれている。

明菜嬢の特徴的なファルセットや明菜ビブラートは極力抑え、地声で歌っている。20代の頃のパワフルなビブラートを多用した弾力的な歌声、30代の頃の色気と艶気を滲ませながらも独特な儚さが沁みいる歌声とは、また異なる歌声である。

40代の頃は、精神面&肉体面での不調から声の絶不調期であったため、『フォークソング~歌姫抒情歌』『フォークソング2~歌姫哀翔歌』あたりの歌声は、正直、聴けたものではなかった。40代最後の年にリリースした『歌姫4-My Eggs Benedict-』は、幾らか復調の兆しを感じたが、まだまだ感が強かった。

そして、50代に入りリリースされた『Belie』。これまでにない歌声である。これまでの色艶を感じさせるエロっぽい声に、独特のハスキーさが加わった、ある種“凄み”のある声に変貌した。かつてと比べて音域は狭まったが、その分、力強さが増し、非常に説得力のあるヴォーカルである。

まさに“艶熟のエロス”と呼ぶにふさわしいヴォーカルである。

ここでは、#5「限界 LOVERS」(オリジナル:SWHOW-YA)と#7「ステキな恋の忘れ方」(オリジナル:薬師丸ひろ子)の2曲を取り上げ、前述した“自己マン録り”と、UHQCDのクオリティを、仙術ソフトを使い可能な限りYouTubeの192kbps(720p、1080p、2160p)に収め聴感上の高音質感を追求した“Best Audio diva”をUPしてみた。

「限界 LOVERS」は、冒頭より低く蠢き地を這うようなドラムの低音が何故か懐かしい。そう、昔のジャズ喫茶特有のズドズドドドド・・・と腹の底に響き渡る、あの重低音感である。ズンズンの爆低音に慣れたウチのカミさんが珍しく様子伺いに来たほどの凄みだ(笑)間奏のラッパも脳天に突き刺さって気持ちイイぞ!(爆)

Drs.はジャズドラマーの桃井裕範、頑張ってます!バックの演奏陣も、なかなかカッコよろしい!!

小生の簡易レコーダーでのチープな生録り音でも、そのゴロンゴロン?とした重低音感は伝わるだろう。“Best Audio diva”の動画と比較してもらうと、なんとなくではあるが、拙宅の出音傾向が伝わるのではないだろうか。

「ステキな恋の忘れ方」では、中高域のエネルギーが強過ぎて、“自己マン録り”では、サビの部分、明菜嬢のここぞとばかりキター!美麗な高音域の歌声が飽和してしまい、Q2らしいキンキンした耳障り感が出まくっている(笑)実際のスピーカーからの出音は、“Best Audio diva”動画のバランスに近い。

しかし、「ステキな恋の忘れ方」まで、前述した低めで凄みのある地声で歌うパターンが続いたため、もはや、かつての高い音域での美しく儚い歌声は出ないと思っていた。小生、見事に虚を突かれた感じである(笑)

それでは、2曲4パターンを続けて聴いたいただこう! ボリュームは上げ気味で!

いつも通り、上質なイヤフォン、またはヘッドフォンで聴かれることをおススメする!!(爆)


限界 LOVERS / Akina Nakamori (Belie)
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)


Best Audio diva - 限界LOVER - Ultimate Hi Quality CD


「限界LOVERS」

作詞 安藤芳彦
作曲 寺田恵子/五十嵐美貴


激しさを 胸に秘めて 何かを追いかけたい
You are the No.1 信じてる
抱きしめる 腕の中で リアルな夢が見たい
Keep me burnin' away 求めるまま
蒼ざめた瞳が 遠くを見つめる
もう 戻れはしない

天使よりも 悪魔よりも
刺激的な 愛がほしい
昨日よりも 明日よりも
火花散らす 今がほしい

Back to the fire

脱ぎ捨てた 嘘のドレス 偽る自分捨てて
我がままに 愛したい
ビロードの 夜に抱かれ じれてる その瞳は
真実を 求めている
殺し文句よりも 素直な言葉で
今 愛を伝えて

天使の顔 悪魔の顔
繰り返して 生きているわ
優しさより 激しさより
感じたまま

I don't wanna get down

限界まで 限界まで
諦めない Woo Oh Oh

天使よりも 悪魔よりも
刺激的な 愛がほしい
昨日よりも 明日よりも
火花散らす 今がほしい

天使の顔 悪魔の顔
繰り返して 生きているわ
優しさより 激しさより
感じたまま

それでいいわ
Back to the fire…


ステキな恋の忘れ方 / Akina Nakamori (Belie)
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)


Best Audio diva - ステキな恋の忘れ方 - Ultimate Hi Quality CD


「ステキな恋の忘れ方」

作詞 井上陽水
作曲 井上陽水


青くたそがれた頃
恋に気がついた夜
街がキラメクまでに
早く 口づけを
遊びのように 終わらせて
悪い大人の歌が
あまく せつなく響く
恋がはなやかなうち
少し さみしそうに
あなたのそばで 踊らせて
あなたに聞いて みたいのは
ステキな恋の忘れ方
それとも愛は この胸に
刻まれたの?
遠く流されてゆく
今はささやいて
いつものように 眠らせて

風が夜空を走り
星をちりばめてゆく
あなた 見とれないで
強く抱きしめて
遊びのように 終わらせて
あなたに聞いて みたいのは
ステキな恋の忘れ方
それとも愛は この胸に
刻まれたの?
遠く流されてゆく
今はなにもかも
忘れるように 眠らせて
眠らせて

コメント

コメント(20)
No title
白プリさん、こんばんは♪

UHQCD、なかなかのものですねぇ~!
ハイレゾ不要とさえ思わせるほどの情報量の多さを感じますヽ(^О^)ノ

45rpmアナログ盤の試聴記に関しては、また改めて記事を書きますね!

明らかにロックではないですね(笑) ジャズってます!(爆)\(≧∇≦)/

「少女A」も、「限界LOVER」ぽいテンションでジャズ化すると面白いかもしれません(笑)(^o^)v

なめちゃん仙人

2017/01/08 00:02 URL 編集 返信
No title
GOMALYNさん、こんばんは♪

>明菜ちゃん(元気な80年代オリジナル)を爆音で聴いていた若い衆がいました(笑)
なんとまぁ、そんな奇特な若人がいるとは!(笑)
小生が居合わせれば、おでんでも御馳走してあげました(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

>良い意味で裏切られました(笑)
小生も一聴、「こう来たか!!」という驚きを隠せませんでした!(笑)
しかし、これはこれで、カッチョよくて好きです!(爆)\(≧∇≦)/

>もはや吐息が最高にエロスです(*/ω\*)
もう、ジュクジュク熟したエロっぽさに悩殺されましたぁ(爆)ヽ(*゚∇゚)ノ

なめちゃん仙人

2017/01/08 00:26 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

>この低音はムリでしょ(爆)
この音塊でぶん殴られたような低音、かなり危険ですね(笑)
コンクリートベースに5重構造の防音床が足つぼマッサージのように振動してました(爆)
でも、こういうのはボリュームを上げたくなるんですよねぇ\(o ̄▽ ̄o)/

>「現場の音はさぞかし!」と感じても、想像すらも出来んわぁ~!!!
ご近所に怒られそうなレベルを想像願います!(自爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2017/01/08 00:30 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

UHQCD『Belie』の高音質感を、YouTubeで伝えるのは苦労しました(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/01/08 00:34 URL 編集 返信
No title
びーわんさん、こんばんは♪

大蛇切り替えゾーン、でも、ここが一番数が少なくシンプルなんですよぉ~(笑)

>このシーンで悶絶憤死してしまいました(爆。
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~!ここで憤死されましたかぁ~
願わくば、最後までお聴きいただき、爆死していただければ幸いです(爆)━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2017/01/08 00:39 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

もう、貴腐ワインのように甘美な完熟のエロっぽさであります(笑)

10代の頃のボジョレーのような若々しさもエエですが、
個人的には、アラフィフのジュクジュク明菜嬢の歌声に悩殺されております(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2017/01/08 00:45 URL 編集 返信
No title
こばさん、こんばんは♪

>超ハイファイでんがな
ホンマでっか!?(爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

UHQCDを192kbpsにデータ変換する際、視覚的にUHQCDのデータ量を見たのですが、
ホント、16Bit/44.1kHzの器一杯に情報を詰め込んでいるのが判りました。

192kbpsでも、なんとか“高音質風”に聴けたのではないでしょうか!
今年の目標は、YouTubeクオリティでハイレゾ配信を凌駕することです(爆)ヾ(@>▽<@)ノ

なめちゃん仙人

2017/01/08 00:52 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪

>Q2の音声でも凄さは分かります
高音質になればなるほど、実際の出音をQ2で捉えるのは難しいですねぇ~
Zジジイさんご所有のQ8はムリにしても、Q4ぐらいには買い替えたいです(笑)

>初めて明菜バージョンを聴きましたが、重いですね~
“人生の重み”を感じますね!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ
もはや、ひろ子嬢の楽曲とは、全く別の世界観を感じさせます。
同じ歌詞でも違った「ステキな恋の忘れ方」のようです(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/01/08 01:16 URL 編集 返信
No title
KKD_FMさん、こんばんは♪

お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

この凶暴な低音はステキですねぇ~(笑)
意識的に、このような低音の作りをしているのでしょうが、
オデオ好きには、思わず、ニヤリとさせられます!(爆)

>仙人界専用ヨーツベじゃないでしょうね~(爆)
とりあえず、書庫「Best Audio diva」のヨーツベ動画は、そこを目指したい思います(笑)
ローレゾ192kbpsでも、ハイレゾ並みの満足度が得られるぞぉ~的な感じですかね!

>ギャア~欲しいですね、明菜~!!
なんでしたら、また、Zジジイさんと小生の共通の友人の・・・で、アレしますかね?\(≧∇≦)/
Zジジイさんもいるかなぁ~!?(笑)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2017/01/08 01:23 URL 編集 返信
No title
おっはようございますぅ^^ /

完全限定盤売り切れ!
でアキラメてましたが、、
ナンでか?
増産???
おかげさまでメデタク入手できました*^^*

仙人郷の音もアッキーナの歌もサイコーではないですかっ!!
まだ開封もしてないんですけど、内容に安心できました(笑)

男のカワサキ

2017/01/08 08:19 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんにちは♪

>おかげさまでメデタク入手できました*^^*
入手、おめでとうございます!ヽ(^О^)ノ

ショップですか!?
アマさんは供給され出しましたけど、プレミアム価格ですよね。
買い占めしていた中古店が流通し出した感もあります。

>仙人郷の音もアッキーナの歌もサイコーではないですかっ!!
仙人郷の音はさて置き・・・『Belie』、エエです!
そして、アナログ『Vampire』は、さらに、凄いでっせ~!!\(≧∇≦)/

>まだ開封もしてないんですけど
!!!(爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2017/01/08 13:03 URL 編集 返信
No title
こんにちは

買いそびれたggくんですT_T

仙術録音は素晴らし~~~い!!!\(^o^)/
Q2HDの録音はキンキン感はありますが音の雰囲気から伝わるものは分かりました。


聞いてたらほしくなりました~
LPも欲しくなったので様子見てポチしてきま~す^^/

ggくん

2017/01/08 14:06 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんにちは♪

↑たもchanさんのコメにもあるように、
品切れが続いていた市場にチラホラと見かけるようになってきました。
アマさんでは、まだ僅かながらプレミアム価格ですが、
Yオクでは定価落札も散見されます。

お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

Q2でのヴォーカル録再のシャリシャリ&キンキン感は相変わらずですね(笑)
インストでは、そこそこイケるのですが、ヴォーカルを上手く録るのは難しいですねぇσ(^_^;

アナログは、また、UHQCDの『Belie』とは違ったテイストで、エライことです!(爆)
アナログについては、また、レビュー記事にしますねぇ~!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/01/08 14:52 URL 編集 返信
No title
flattwin さん
たもchan さん
さくどう親父 さん
ぶんぶく さん
コロッケ さん
うに さん
しんのすけ さん
naimnacnap さん
altum さん
だいくみや さん
こば さん
白プリ さん
にっぱー さん
Dragon_Air_Motion さん
非公開 さん
ぜっぷりん さん
ひ~る さん
ブルーベリーナイト さん
リラ さん

今回もたくさんの「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

次回は、45rpm12inchアナログ盤のレビューです!
これがまた、“いろいろな意味”でUHQCD盤と余りにも違うので、
小生、腰を抜かしてしまいました!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2017/01/09 01:06 URL 編集 返信
No title
これは!!素晴らしい明菜嬢の色気が耳元に囁きかけますね~
バックのアレンジも新しい大人の色気をバックアップしているようです。

ただ、仙人様が憤慨しておられる上質なロックミュージックという言葉、なんと言えばいいのか・・・
確かにバックはジャズ(限界 LOVERS)ですが、ボーカルのリズムはポップですから、単に言葉を知らなかっただけかな??
そんな奴にこんな貴重な盤の解説を書かせるな!!と思ってしまいました。

izumikta

2017/01/09 14:27 URL 編集 返信
No title
Izumiktaさん、こんにちは♪

お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

小生のYouTubeでは、器の限界もあり、音質的な部分は伝わり難いかもしれませんが、
個人的には、これまでの歌姫シリーズの殻を破った感じを受けました。

>バックはジャズ(限界 LOVERS)ですが、ボーカルのリズムはポップ
御意!! なんで、昨年の流行語大賞にあやかって「ジャズってる!」がエエのではと(笑)

ところが、・・・アナログ盤は・・・ビックリなんです!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2017/01/09 14:42 URL 編集 返信
No title
なんとさん、こんばんは♪

今回も「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2017/01/14 00:49 URL 編集 返信
No title
大人たちの夢 さん、こんばんは♪

こちらにも、「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

また、お時間がある時にでも、お立ち寄りくださ~い!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/01/14 23:33 URL 編集 返信
No title
流石、UHQCD…聴きなれた自分のオーディオの音がする(笑)
良いものを聴かせて戴きました、欲しくなってしまった(^^♪

なんと

2017/01/15 22:38 URL 編集 返信
No title
なんとさん、こんばんは♪

お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

UHQCD、価格もフツーのCDと変わらないタイトルが、昨今、増えているように見受けられます。
オデオ業界は闇雲にハイレゾハイレゾを連呼し、市場の活性化を図ろうと必死ですが、
ローレゾの16Bit/44.1kHzも、まだまだ可能性はあるようです。

『Belie + Vampire』、一時期のプレミアが取れて定価に近づいてきましたね!(笑)
今が買い時かも!!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/01/16 00:37 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR