FC2ブログ

定石破りこそオーディオの本懐!意外な Accuphase × Mark Levinson ♪

例年ことだが、年の瀬が近づくと無性にオデオスステムを弄りたくなってくる(笑)

“弄る”と言っても、機器の断捨離や新規導入もあれば、セッティングやケーブル等のアクセサリーの変更などさまざまである。いずれにしても、何故か、現状を変えたい気分になるのだ(爆)

今年は、システム全体のサウンドが、やっと熟成期を迎えたような気がする。デジタルも、アナログも、そこそこ力を入れてやってきたが、両者ともほぼ満足の行くサウンドを奏でてくるようになった。

小生オデオのプライオリティである“女性ヴォーカル再生”においても、大抵のディーバは、ためらいなく小生の膝上に座り、甘く切ない歌声を耳元で囁いてくれるようになった。もうこれ以上、望むものは何もない(笑)

もはや、小生のオデオ人生は終焉を迎えたようにも思えた・・・

、、、と、感じたので、敢えて、ドラスティックにシステムを“弄る”ことにした!(爆)

だって、まだまだ(オデオ的に)死にたくないからねぇ~!!

機器の入れ替え、新規導入等もあるのだが、それは、また後日記事にすることにしよう。機器の出入りの前に、既存のシステムの接続系~ケーブルの引き回しを、あれやこれややっているうちに、面白い発見があった。

それが、今宵のテーマ、「定石破りこそオーディオの本懐!」である。

ちなみに、今回の記事は長いので、忙しい御仁は、お時間のある時にゆったりと読まれることをおススメする(爆)

イメージ 1

オデオを始めた40年以上前を振り返ると、オデオを実践するうえで、支えとなったのは、オデオの先輩であり、オデオ店の店員であり、オデオの様々な指南書、入門書であった。また、五味康祐の『五味オーディオ教室』や『五味康祐オーディオ巡礼』を読んでは、いろいろと妄想を膨らませていたものである。

今のように、ネットでググれば何でも分かる時代でもないし、“オデオブログ”なるものを介して全国の様々なオデオ猛者と交流することができ、オデオについて語り合えるなんてことは、夢のまた夢であった。

当時、ほんの僅かな情報を頼りにオデオを進める上では、先達が綿々と築き上げてきたオデオの「常識」・「定石」が要であった。オデオの取捨選択、価格バランス、セッティング、あらゆる使いこなしで「定石」なるもの存在し、そこから逸脱するのはNG的な風潮がオデオビギナーにはあった。

当然、不特定多数のオデオビギナーに読まれるであろうオデオ評論家が書くオデオ入門書の多くは、「定石」の範囲内で当たり障りのない情報が書かれている。ところが、10年、20年、30年とオデオを続けてくると、「常識」や「定石」が書かれたオデオ書には何の魅力も感じなくなる。

「定石」を破り、越えたところにこそ、オデオの深淵が広がっているからだ!

そんな視点で、小生のオデオの糧となったオデオ評論家が、故・江川三郎と故・長岡鉄男であった。

江川三郎は、かつてはパラゴンを愛用する良識的?なオデオ評論家であったが、だんだん、オデオの「常識」「定石」の殻を打ち破るオデオ術への傾倒していき、オデオ界の「ドクター中松」的なアイデアマンとなっていった(笑)小生が愛用するワイヤーラックも江川三郎の影響が大きい。

彼が最初、ワイヤーラックを推奨していた時は「さすがに、アレはキンキン金属音が共鳴して使い物になるまい」と思っていたが、いざ実践してみると・・・いくつかの使いこなしさえ怠らなければ、ウン十万も出して高価なオデオラックやオデオボードを買うのが馬鹿らしくなるほどの性能であった。

この“いくつかの使いこなし”こそが江川三郎のアイデンティティなのだが。

イメージ 2

長岡鉄男のエントリーモデルからハイエンドモデルまで、常に同じ視点で分析し、安くても良いものは良い、高くてもダメなものはダメと歯に衣を着せず断ずる筆致は爽快で、現在の小生も大きく影響を受けている。「高いものは・・・」「安いものは・・・」との色眼鏡を最初からかけていては、モノの本質には迫れない、というこを学ばせて頂いた。

故に、小生は、ウン千円のチャイナデジアンから三桁万円の舶来ハイエンドプリまで、いずれも同じ目線で、フラットな視点で論じることにしている。「バカ高いから・・・だ」「バカ安いから・・・だ」という蔑視した論じ方は決してしない。また、いずれにせよ、熟聴したものでなければ、論ずることない。全ての基本は“実聴主義”である。

さて、少々横道に逸れたが(笑)、つい先日、そんな実際に聴いて「おや~?」という出来事がったのだ。

通常、CDトランスポートとデジタルプリアンプとを接続する場合、読者諸兄ならばどうするだろう。

まぁ、何らかのデジタルケーブルでトランスポートとデジプリとを接続するのが一般的だろう。まぁ、最近では優先ではなく Bluetooth で接続する方法もあるが。いずれにせよ、何らかの方法で直接的にリンクを張るに違いない。しかも、できるだけ接点を極少にして“シンプル”に。これが「定石」であろう。

イメージ 3

実は、拙オデオシステムのコネクションの見直しから、愛用のデジタルプリ、アキュフェーズDC-300の接続ケーブルを抜き差ししている時に、それは起こった。

これまで、CDトランスポートのマークレビンソンNO.31LとDC-300とは、RCA同軸ケーブルでコネクトしていたのだが、ふと、NO.31LとAES/EBUで接続しているDAコンバーターのマークレビンソンNO.30.6LのREC・OUT経由で、DC-300を聴いてみたところサウンドが一変したのだ。

NO.31L→DC-300のダイレクト接続をした時より、低域の厚みが増し、全域で余裕感が出てきた。音像の充実度、実在感もワンランクUPしたように感じた。前述の接点を極力減らし、シンプルに接続するのであれば、ダイレクトに分があるのが「定石」なのだが。

おそらくは、NO.30.6Lを通すことにより、FIFO(First In First Out)というメモリ蓄積をつかった超低ジッター回路の恩恵を受けているのではないだろうか。外部から入力されたデジタル信号を一度メモリーバッファに蓄積してから、超高精度オシレーターによる正確なクロックを元に完璧に時間軸制御されたデジタルデータを再出力。これにより相当な低ジッター化を図ることができる。

このFIFO、他のレビンソン製品にも搭載されているがNO.30.6Lのそれは最高精度の仕様だそうだ。また搭載されるクロックも素子等の詳細は明らかにされてないが、その周波数精度は±0.00025ppm(±0.25 ppb)とルビジウムクロックに匹敵するほどの超低ジッタークロックが搭載されている。

イメージ 4

イメージ 5

また、↑このように、NO.30.6Lの別電源部であるパワーサプライPLS-330Lは下手なパワーアンプより強力無比なシロモノである。如何にデジタル機器とは言え、ある一定のレベル以上で音質を語る場合、DACデバイスよりも、むしろアナログ電源部が、その優劣を左右するのは言うまでもない。

ちなみに、NO.30.6L、これまでの拙ブログの掲載画像では本体のみしか映っていなかったので、その全容が掴みにくかったかもしれないが、改めて外形寸法を記すと、本体が、W492×H187×D392mm 重量15.8kg、別電源部が W400×H133×D378mm 重量12.8kg 、計30Kgの巨躯である。

さて、では、実際にプレイバックしたサウンドを試聴してどのように感じたが・・・である!

試聴したのは、最近、ブロ友のブログでも時折見かける歌姫JUJU。

これまで、拙ブログで取り上げたことはないが、実は小生も好きなディーバの一人である。

今回は、10月26日にリリースされた最新のアルバム『スナックJUJU ~夜のRequest~』を聴いてみた。『Request』、『Request II』に続くJUJUのカヴァーアルバム集の第三弾である。

イメージ 6

JUJUオフィシャルサイトより http://www.jujunyc.net/discography/index.html

スナックJUJU ~夜のRequest~

AICL-3198 / アルバム / 2016.10.26 / \2800(税込)

スナックJUJU開店!!80年代の歌謡曲の名曲カヴァーアルバムをリリース

『Request II』から2年ぶり。邦楽カヴァーアルバム”「Request」シリーズ”の第3弾のリリースが決定!題して「スナックJUJU ~夜のRequest~ 」亀田誠治、島健、島田昌典、武部聡志、そして松浦晃久。豪華プロデューサー陣とともに、 80年代の歌謡曲の名曲カヴァーによる極上の”スナックアルバム”を制作。今年のJUJUの日<=10月10日(祝・月)>には、国立代々木第一体育館を舞台に、世界最大のスナック「スナック JUJU」を開店するJUJUにとって、一連の”スナック企画”の集大成であり、JUJUのカヴァーアルバムの新機軸を打ち立てる1枚。 【タイアップ】 ■M9「恋におちて」:TBS系テレビ「ひるおび!」11月度エンディングテーマ

イメージ 7



この『スナックJUJU ~夜のRequest~』の面白ところは、単なるカヴァーアルバムとは異なり、ある種のテーマに沿ったコンセプトアルバムとなっているろころだ。

そのテーマとは、ずばり「スナック」!(笑)

場末のスナックで、常連に人気のJUJUママが、店内のレーザーカラオケでオヤジどもの熱烈なリクエストに応えて自慢ののどを披露する・・・そんなシチュエーションがコンセプトの全15曲である(爆)

よく、カヴァーアルバムは「ただのカラオケじゃないか!」と揶揄されることが多いのだが、本作に限っては歌い手自ら「そう、カラオケ歌ってんだよ!文句あるか!!」と言っちゃっているところがスゴイ(笑)これでは、ディスり好きのアンチ・カヴァー族もぐうの音も出るまい。

確かに、これまでの「Request」シリーズと比べると、若干、JUJU色を薄めた歌唱に思える。敢えて己の個性を抑えることで、“カラオケらしさ”を出しているのだろうか。だとしたら芸が細かい(笑)

で、肝心の音質だが・・・・・あまりよろしくない(爆)

歌声が平坦で引きこもりがち。楽曲によってバラつきがあるが、実在感不足は否めない。低域のエネルギーも希薄で、解像度やSN比も凡庸。ハッ!と心ときめくようなオデオ的快感は得られない。ヴォーカルにリアリティを求める向きには満足度が低いだろう。

それ故、敢えてDC-300の試聴ソフトとしてチョイスした。前述のダイレクト接続と比べて、NO.30.6L経由でのサウンドは、ヴォーカルが2歩ほど前に出てきて歌ってくれる。膝の上とまではいかないが、御面相がはっきりと見える距離までは近づいてくれる(笑)

全域で音の粒立ちもキメ細かくなり、高域のアバレが抑えられる。CDがSACDになったような感覚だ!

イメージ 8

まぁ、論より証拠、駄文より実聴、、、、である!

で、いつもの“自己マン録り”に逝くのが、最近の拙ブログの流れなのだが・・・

ヨーツベさまにお叱りを頂戴してしまったのだ!

実は、この『スナックJUJU ~夜のRequest~』から4曲ほど録ってYouTubeにUPしたのだが、いずれも「動画は一部の国でブロックされています。」となり「動画は次の国では再生できません: アメリカ合衆国, オーストラリア, ニュージーランド, メキシコ, 日本」となってしまった。

先般の角松敏生やしばじゅんの時と一緒である。

小生のPCでは問題なく聴けるが、日本在住の他の方のPCでは聴けないという・・・う~ん、、、残念! ブロ友がUPしている他のJUJU楽曲はOKのようなのだが。ソニーを舐めていたぜ!(爆)

という訳で、大変申し訳ないのだが、JUJUのオフィシャルYouTubeサイトより、「スナックJUJU ~夜のRequest~」のプロモーション動画をUPしておこう。さてさて、どこまで「カラオケ感」が伝わるかな(笑)

JUJU 10.26発売「スナックJUJU ~夜のRequest~」全曲ダイジェストムービー JUJU Official YouTube Channel


最後に・・・・20代、30代のオデオビギナーの諸君!

オデオは常識・定石に捉われず、どんどん羽目をはずそうじゃないか!

何でも右に習えでなく、固定観念を排してこそ、その真価が分かることもあるのだ。

あっ!これ、常識に凝り固まったオデオジジイにも言えることだからね!!(爆)

コメント

コメント(20)
No title
KKD_FMさん、こんばんは♪

これはこれは、遠征明けでお疲れのところコメいただき、
誠にありがとうございます!ヽ(´▽`)/

>売れない頃に「スナックでもやってろ」とプロデューサーに言われた
そのほうが、儲かっていたかもしれませんね!(笑)
ひょっとして、銀座にお店が出せたかもよぉ~(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>ユーミンもJUJUもCD売るために「行列」に出る時代なちゃったとは・・・
本作は、ヨーツベさんにもしっかりとお布施を渡して、オートブロックをお願いしたようです!
そのうち、長渕剛あたりも出てきそうです!リアル裁判沙汰の相談で!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2016/11/28 00:27 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

>ワタクシも、江川氏と長岡氏が一番しっくり来ます!!\(^o^)/
ちょっと、オデオ評論家の王道から外れていると言うか・・・
その、ありきたりではないハズレ具合に大変魅かれました(笑)
特に長岡さんは放送作家もやられていただけあって、人を楽しませる話術に長けてましたね!

>ジッター除去の性能がかなり出音に影響するのですね~!!σ(^_^;)
最終的には、「ジッターを制する者は、デジタルを制す」でしょうか(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/11/28 00:33 URL 編集 返信
No title
白プリさん、こんばんは♪

>ファンも多いがアンチも少なくない
他の十把一絡げの、ありきたりのオデオ評論家とは一線を画する個性を持ってましたからねぇ~
尖がった人間は、好かれもしますが、逆に叩かれもします!
某メーカーのお偉いさんなんかは、新製品をクソミソ書かれたので、
「もう、アイツには新製品の貸し出しをせんぞ!」とお怒りになったとか(爆)ヽ(*゚∇゚)ノ

権力者に媚を売るのが苦手、いや、嫌いなところは、小生も親近感を覚えました(笑)

>とみおか鉄瓶
コントや放送作家としてのお仕事が、あの独特の筆致を生んだのでしょう。
未来予想や社会風刺を巧みに取り入れたオデオ評は、
単なる機器解説を越えた“読む”楽しみがありました☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/11/28 00:55 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪

>いつもながら、内容が濃い~ので、コメ大変でございます(笑)
濃いというか、小生の記事は、話があっちこっちに飛ぶので、
コメするほうはナニにコメしたらよいのか、迷うところでしょう(笑)

>トラポとの相性というかあるんでしょう
記事では少々オーバーに書きましたが、NO.31Lとのダイレクト接続も比類なきサウンドなのですが、NO.30.6Lを通すことで更に・・・がポイントであります!まぁ、NO.30.6Lがある種の高精度マスタークロックジェネレーターの役割を果たしたとも言えます。

>音までカラオケスナックの音、ボァンボァンしてるエレベがいけないな(笑)
これは、ある意味、“スナックで歌謡曲をカラオケで歌うJUJU”というコンセプトを
見事に表現しきった、ということで、逆に褒めなくてはいけません(笑)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2016/11/28 01:04 URL 編集 返信
No title
このように専門的で難しい事はナンも分かりませんが、、、
特にコレといった常識も知識もない俺は「ナンでもやってみる」が専門分野です(笑)

とはいうものの、このようにお高いモンはハナからアキマヘン(爆)

Zジジイ

2016/11/28 02:22 URL 編集 返信
No title
こういう高級機は使う方そのものが少ないので、冒険する方は少ないでしょう・・・
でも仙人郷ではどれも一つのパーツと化して無限の可能性を引き出せるのでしょうねえ。

自分も割と何でもやって見たい方ですが、高級機は手が出ませんからねえ~

江川さんは江川実験室に出入りさせていただいていましたし、長岡さんは現用のAV用SPネッシーや外盤漁りでお世話になりました。

izumikta

2016/11/28 19:50 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

濃厚なオフ会のホスト役、お疲れ様でした!
また、お疲れのところ、コメいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>「ナンでもやってみる」が専門分野です(笑)
そのチャレンジ精神こそ、オデオにとって一番大事なことですね!
是非、アナログもやってみてください!(爆)\(≧∇≦)/

>このようにお高いモンはハナからアキマヘン(爆)
C-3800なんて、とんでもなくお高いモノをお使いの御仁が、
ナニをおっしゃっているのやら(爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2016/11/29 01:35 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

>仙人郷ではどれも一つのパーツと化して無限の可能性を引き出せるのでしょうねえ
御意!無限の可能性かは別として(笑)、組み合わせの妙が楽しめるが最大の利点であります!
故に、飽きっぽい小生が、四十数年もオデオを続けられたのかもしれません。

>自分も割と何でもやって見たい方
いや、ホント、アナログも、デジタルも、PCも、ヴィンテージも・・・
いろんな分野で何でもやられてますからねぇ~勉強になります!ヽ(^О^)ノ

izumiktaさんも江川&長岡両氏にはお世話になりましたか!(笑)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2016/11/29 01:42 URL 編集 返信
No title
こんばんは。

30.6LのRECOUTからと言うことは、アナログ信号をDC-300に入力してプリとして使用ということでしょうか。
31L→DC-300の時はDAコンバーター+プリとしてですよね。
ならば30.6L→280Vのほうが良さそうな気がするのですが、、、

俺はDC-300の良さを引き出せずに断念いたしましたが、勿体なかったかなぁ。
ナンかスッキリしすぎて、あの時目指してた音ではなかったのです。
もう10年くらい前ですけど、あの時はD130をベースにTADをサブウーハーに使ってたので、今のドラゴンならイケそうな気がします。(笑)

おやじ sp.

2016/11/29 03:45 URL 編集 返信
No title
こんばんは

ほうほう、NO.30.6Lにはそんな効果も期待できるのですね!
でもめったに出てきませんからなかなか買えませんが(笑)

『スナックJUJU ~夜のRequest~』私にはよくわからないコンセプトですが売れてるみたいなのでさらによくわかりません^^

自己マン録音お疲れ様でした。
ヨーツベ様に怒られた?
私も数回アップしてますが・・・最近厳しくなったのでしょうかね?
私も試してみたいとおもいます!

最近、アキュフェーズP-1000との組み合わせにDC-300が気になっております。
理由は「P-1000に高SNなプリをあてがったらどうなんだ?」と思ったからです。
アドバイスいただけるようでしたらよろしくお願いしますm(_ _)m

ggくん

2016/11/29 22:58 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪

>アナログ信号をDC-300に入力してプリとして使用ということでしょうか。
いえいえ、DC-300のデジタルレコーダー接続を前提としたデジタルREC・OUT(RCAデジタル端子)からのデジタル信号出力です!ヽ(^О^)ノ

つまり、NO.31Lからのデジタル信号をNO.30.6Lの中でマネーロンダリングならぬ、デジタルロンダリング~デジタル信号を洗浄してキレイにしちゃった訳です!(爆)\(≧∇≦)/

>30.6L→280Vのほうが良さそうな気がするのですが、、、
このサウンドも、かなり好きな音色です!
現状、NO.30.6LのXLR出力を、特注の#2/#3のXLRクロスケーブルを
使用してC-280Vと接続しております。

>今のドラゴンならイケそうな気がします。(笑)
御意!ワイドレンジのドラゴンなら、きっとDC-300が本領発揮するはずです!
ちなみに、近々、DC-300の箇所を強化するため、DC-300オク出し予定です。
夜露死苦!!!〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2016/11/30 03:05 URL 編集 返信
No title
資金洗浄ですね、分かりやすかったです。(爆)

今の相場じゃムリでしょうね。
俺が買って売ったときは20万くらいでトントンでした。

おやじ sp.

2016/11/30 03:18 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

富山遠征、お疲れさまでした!ヽ(^О^)ノ
三か所(でしたよね)も突撃して、お疲れでしょう(笑)
そんな中、コメいただき、誠にありがとうございます!\(*^Ο^*)/

>でもめったに出てきませんからなかなか買えませんが(笑)
出てきたら、是非、捕獲しちゃってください!(笑)
買って損なし!、、、間違いなしです(爆)━(*≧∇≦*)━☆★

>『スナックJUJU ~夜のRequest~』私にはよくわからないコンセプト
単純明快、スナックのママに再就職したJUJUでした!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

>ヨーツベ様に怒られた?
他のJUJUのアルバムでは、皆さんUPされていたので、このアルバムも大丈夫と思ったら・・・売れ線なんで、余計なコストをかけても、ヨーツベさんに厳重ブロックをお願いしたのでしょう\( ̄ε ̄)/

久々に500字規制で怒られたので、リコメ分割します!

なめちゃん仙人

2016/11/30 03:24 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、続きです!

>理由は「P-1000に高SNなプリをあてがったらどうなんだ?」と思ったからです
P-1000は素性がエエですからねぇ~しかもBTL!
DC-300、間違いなくハマりまくるでしょう(笑)
ヴォインシングイコライザーも導入してデジタル領域での補正を試みれば、
K2のセッティングとは異なる御し方が可能となるのでは!ヽ(^О^)ノ

ちなみに、上のおやじsp.さんのリコメにも書いたとおり・・・
DC-300オク出し予定です!
ggくんさんも、夜露死苦!!!〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2016/11/30 03:25 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、再びこんばんは♪

>俺が買って売ったときは20万くらいでトントンでした
ほうほう、かなり安く入手されましたね!
売り値も20諭吉で、±0ですか!買い物上手ですね!!(笑)

最近では、またアキュのデジプリが見直されてきたようで、
中古市場でもジワジワと相場が上がっているようですね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/11/30 03:31 URL 編集 返信
No title
こんにちは~

C-280Vもとうとう、アキュフェーズの修理不可リストに入りましたね。
私も、手放さずに使っています、故障はしないと思いますが
どうされますか?このままで 大丈夫ですね!(^^)!

mpx

2016/12/05 14:22 URL 編集 返信
No title
mpxさん、こんばんは♪

>C-280Vもとうとう、アキュフェーズの修理不可リストに入りましたね
えっ!そうなんですか?w(゚o゚)w
やはり、あの松下さんのボリュームの欠品が原因でしょうか。
ボリューム以外の部分は、アキュなら直せると思うので・・・

>どうされますか?このままで 大丈夫ですね!(^^)!
小生は一度ボリュームを交換しているので、問題ありません!\(≧∇≦)/
今も絶好調なので、手放せませんね。

mpxさん宅の280Vも、末永く可愛がって上げてくださいませヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2016/12/06 00:59 URL 編集 返信
No title
GOMALYN さん
Zジジイ さん
KT さん
白プリ さん
なんと さん
非公開 さん
ひ~る さん
しんのすけ さん
KKD_FM さん
Dragon_Air_Motion さん
こば さん
デュプレ さん
ogu さん
ブルーベリーナイト さん
flattwin さん
Chaos さん
男のカワサキ さん
altum さん
そば好き さん
太陽 さん
さくどう親父 さん
ぶんぶく さん
naimnacnap さん

すっかり遅くなりましたが・・・ちゅーか、忘れていた!(爆汗)σ(^_^;
たくさんの「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

これからも、オデオの定石&定説&常識には縛られず、
勝手に我が道を逝かせていただきます!!(爆)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2016/12/06 01:07 URL 編集 返信
No title
> なめちゃん仙人さんへ、

>→やはり、あの松下さんのボリュームの欠品が原因でしょうか。

はい、おっしゃる通りです。もう供給(作れない)がない見たいです
死ぬまで持ちましょう、アキュの名器を!(^^)!

mpx

2016/12/07 16:49 URL 編集 返信
No title
mpxさん、こんばんは♪

松下電子製の回転抵抗体式ボリューム、オーバーホールができれば良いのですが・・・

はい!他の機器はさて置き、280Vは手放すことはないでしょう!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/12/08 02:09 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR