FC2ブログ

夏は、仙人郷で理想郷を聴く!高音質YouTubeへの挑戦♪

いやいや、やっと梅雨明けしたようだ!

仙人郷の界隈では、昨年より約2週間も遅い梅雨明けとなった。

小生、あまりにも長く続いたジメジメに、カラダが腐ってきそうなほどの疲労度で、夏本番前に、もうすでに夏バテ気味である(笑)梅雨のまま8月突入かと危惧されたが、そこは半ば強引に梅雨明け宣言をしたようだ(爆)

で、昨日は、チリチリと日差しが厚い!やはり、夏はこうでなくてはいけない!!

さて、先日、本屋をぶらぶら歩いていると、ビビっ!と目を引く表紙の雑誌に出くわした。

以前は、定期的に読んでいた「BRUTUS」である。まぁ、何年も読んでいると、四季折々の特集もマンネリ化し、ここ10年以上、いや20年ぐらいは購入したことがなかった。

ホント久々、表紙のインパクトと特集に魅かれて買ってしまったのだ(笑)

イメージ 1

その表紙は、ごぞんじ夏ジャケの帝王、イラストレーターの永井博のイラストだ。夏を想起するイラストと言えば、この永井博か鈴木英人かというぐらい、80年代、多くの夏系やAOR系アルバムのジャケを飾った。

小生的には、永井博の夏ジャケといえば、1981年リリースの大瀧詠一『A LONG VACATION』、鈴木英人の夏ジャケは、1982年リリースの山下達郎『FOR YOU』がイメージされる。いずれも、抜けるような青空に、アメリカの西海岸を連想させるような風景が描かれている。

永井博は、青空、プールサイド、ヤシの木、水平線など、夏のマリン&リゾートに直結したモチーフが多い。

で、この「BRUTUS」の特集が、イラスト通り「Summer Time,Summer Music」!副題は「夏は音楽に出逢う時」ということで、夏の音楽大特集号である。

内容は、それほど深くないが、夏フェス情報などの特集もあり、サラっと楽しく読めた。

イメージ 2

その特集の中で、目に留まったのが、「松本隆が語る、無国籍な夏の歌が生まれたその背景とは。」という記事。

訪れたことのない、マイアミやカナリア諸島を如何にイメージして作詞したか、等々の内容だが、そこ挙げられた4作品の中の一つが、小生の大好きなジャケの松田聖子「ユートピア」だったのだ!

以前にもステサンSACDリリース時など、何回か記事化したが、松田聖子嬢のジャケの中でもサイコーに好きなジャケで、まさに夏ジャケの理想郷(ユートピア)とも言える美麗さだと思う。

イメージ 3

blue-island side

1.ピーチ・シャーベット (4:00)
 作詞:松本隆/作曲:杉真理/編曲:瀬尾一三
2.マイアミ午前5時 (4:46)
 作詞:松本隆/作曲:来生たかお/編曲:大村雅朗
3.セイシェルの夕陽 (4:17)
 作詞:松本隆/作曲・編曲:大村雅朗
4.小さなラブソング (4:26)
 作詞:SEIKO/作曲:財津和夫/編曲:瀬尾一三
5.天国のキッス (3:57)
 作詞:松本隆/作曲・編曲:細野晴臣

south-wind side

1.ハートをRock (4:41)
 作詞:松本隆/作曲:甲斐祥弘/編曲:大村雅朗
2.Bye-bye playboy (4:15)
 作詞:松本隆/作曲:財津和夫/編曲:大村雅朗
3.赤い靴のバレリーナ (4:19)
 作詞:松本隆/作曲:甲斐祥弘/編曲:瀬尾一三
4.秘密の花園 (3:33) 
 作詞:松本隆/作曲:呉田軽穂/編曲:松任谷正隆
5.メディテーション (3:57)  
 作詞:松本隆/作曲:上田知華/編曲:大村雅朗

イメージ 4

水面に浮かぶ、聖子嬢のアンニュイなご面相は、ある種の“幽玄な可愛らしさ”を醸し出している。

ソフトフォーカスされた濡れ髪の質感、白魚のような御手の巧みな表情など見事である。また、何十種類にも及ぶ様々な“ブルー”のグラデーションが、幻想な雰囲気により深みを与えている。

この手法は、かつてオリビア・ニュートン=ジョンがアルバム『COME ON OVER(水の中の妖精)』(1976年)を連想させるが(実際、ヒントを得たのかもしれないが)、完成度は、『ユートピアン』のほうが数段上であろう。

イメージ 5

で、音楽的もオデオ的にも大好きな1枚。作詞は全曲、前述した松本隆。いずれも、夏全開の楽曲群である!

そのあたりのところは、ステサンSACD『ユートピア』のレビュー記事で、イヤっというほど書いたので、ここでは重複を避けるため詳細には触れない。以前のレビュー記事をお読みいただければ幸いである!
新兵器DENON DCD-SA1で挑む、究極の松田聖子SACD・第3弾!♪

まぁ、音質も当時のデジタルレコーディングで録った歌謡曲としては白眉のクオリティである。

そんな訳で、現在手元には初期のLPレギュラー盤、中期レギュラー盤、マスターサウンド盤2種、最初期ロットのCD盤、そして、ステサンSACD盤がある(笑)その中でも、やはりステサンSACD盤はSACDレイヤー、CDレイヤーともに素晴らしいサウンドだ。

オリジナルのCD盤も、当時としては、なかなかのハイクオリティ盤だったが、マスターテープからフラット・トランスファーされたSACD盤(CDレイヤー)の前では顔色無しである。また、チョイ味付け程度に施されたマスタリングが効いている。

一般的なCD再生系であれば大差は感じない、いや、むしろ、オリジナルCDのほうが元気よく聴こえて好ましく感じるかもしれないが、あるレベルを超えたCDシステム&再生系で聴けば、一聴瞭然、ステサンSACDサウンドの素晴らしさが無条件で体感できるであろう。

特に“物理的な情報量”よりも“音楽的な情報量”に秀でたCDシステムで聴くと、その違いは鮮明である。

拙宅で言えば、ESOTERIC P-0+ルビジウムクロックを軸とした物性最優先のシステム系よりは、ひたすら実聴時の音楽的満足度を追求したマークレビンソンNO.31L+30.6Lに軍配が上がる。

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

で、今宵は、先日、石川優子嬢の記事の時にトライアルしたYouTubeの高音質化を、今回もトライしてみた。

まぁ、YouTubeの場合、動画のサイズによって音声のビットレートが決定してしまうので、どんなに高音質な音源をアップロードしても、強制的にダウンコンバートされてしまう。360pでは129Kbps、720pでは152Kbps、1080pでは192Kbps といった具合だ。

で、あれば、その領域で、聴感上のハイレゾ感を感じさせるようなマスタリングを施せばよい。

CD盤で、よく「192kHz/24Bitリマスターで音質向上」なんて謳い文句があるが、別にCDの規格自体が192kHz/24Bitなるわけではなく、あくまで44.1kHz/16Bitのままである。当たり前だが(爆)

ハイビット・ハイサンプリングでリマスターを施すことで、CDの聴感音上の音質向上を狙うものだ。

ならば、YouTubeでもそれと同じことを行えば聴感上の音質はUPするだろう。と、言うのは簡単だが実践は難しい。そこで、前回同様、今回もスペシャルな“仙術マスタリング”を施してみた(笑)

石川優子嬢の時よりも更に高音質を狙い、画質は1080pでアップロードしている。

シングル曲を2曲、そして、前述した「BRUTUS」の記事でも出てきた夏を感じさせる『ユートピア』収録の2曲をチョイスした。上質なヘッドフォン、またはイヤフォンでお楽しみいただくことをおススメする(笑)


天国のキッス 
作詞:松本隆/作曲・編曲:細野晴臣



秘密の花園  
作詞:松本隆/作曲:呉田軽穂/編曲:松任谷正隆



マイアミ午前5時
作詞:松本隆/作曲:来生たかお/編曲:大村雅朗



セイシェルの夕陽 
作詞:松本隆/作曲・編曲:大村雅朗

コメント

コメント(20)
No title
こばさん、こんにちは♪

SACD、やはり最大のネックはソフトの数ですね。
お値段的にはCDと遜色ないぐらいリーズナブルになってきており、
過去アルバムはタイトル数もかなり充実してきましたが、
新譜はまだまだCDオンリーが多いですから。

>YouTubeの画面サイズ(?)をできるだけ大きくして投稿すればエエのでしょうか?
動画のクオリティに比例して、音質のビットレートも向上します。
とはいえ、ピュアオデオの視点からは、まだまだ満足のいくレベルのデータ量ではないので、
アップロードする側で高音質への最適化を図るしかないですね☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/08/01 15:31 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんにちは♪

>昨日の営業時間が短かったこともあり(笑)、実に充実した音ですネ!
これは、好機に聴いていただき、ありがとうございます!(笑)ヽ(^О^)ノ

>今回は更に「すべて」のバランスがサイコー!!!
自分自身でも、CDをライン入力で聴いたものと比較しても、
それほど大きな乖離は感じなかったので・・・YouTubeでもそこそこは楽しめるかなと!

>もう「腹立つ!」も超えてしまい、あきれるばかりで、笑うしかありません!!!
(ノ´▽`)ノオオオオッ♪「腹立つ!」を超えるお褒めの言葉、恐悦至極に存じ上げます!(笑)
これに妥協せず、日々精進してまいります!!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/08/01 15:40 URL 編集 返信
No title
image line2さん、こんにちは♪

ほうほう、コメからimage line2さんも仙術の修行経験アリですな!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

プロ仕様DAWのPro Toolsを使えば、かなりのことはできますからねぇ~
後は、PCの能力次第と使い手の感性、ということでしょうか!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/08/01 15:45 URL 編集 返信
No title
KKD_FMさん、こんにちは♪

>って事なんだろうと思いますが・・・感想は「え?マジっすかぁ~」
マジっす!!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ
低域の弾力的な力感、ヴォーカル帯域の実在感、高域の解像度など、
聴感上、CDのライン入力と遜色のないのではないでしょうか(笑)

>流石、仙人様・・・脱帽でございます~m(__)m
ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
更に修行を重ね、YouTubeの音質向上に励みたいと思います!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/08/01 15:57 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんにちは♪

お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>特に『マイアミの午前5時』には、腹立つ~!!を通り越して、打ちのめされました。。。(爆
原盤のステサンSACDのクオリティの高さも背景にありますが、
そのハイレゾ感を、なんとかYouTubeで感じられないかと努力いたしました!
オーバー・ザ・「腹立つ~!!」ならば、努力が報いられたということですね!(笑)(^o^)v

なめちゃん仙人

2016/08/01 16:02 URL 編集 返信
No title
びーわんさん、こんにちは♪

ユートピアのジャケは、何枚あっても飽きませんねぇ~(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

>ライン直取りよりも音に力があるように感じます(^_^)。
お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

前回の石川優子嬢を聴かれた、とある筋の専門家から「低域の薄さと分解能の甘さが気になる」とのご指摘を受け、その部分を仙術でブラッシュアップ、聴感上の高域の解像度もUPしてみました。

まぁ、まだまだ、改善する点は多々あるので、今後も精進いたします!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/08/01 16:10 URL 編集 返信
No title
しかし、凄い数のユートピアですね・・・
実は私も聖子上のジャケットでは一番好きなものです。情けないことに所有しているのは中古盤ですが。

水の中の妖精とは確かに似ていますが、ジャケットのクオリティはユートピアが上ですよね。
でも、私にとっては中身は水の中の妖精の方が断然上でして・・・(-_-;)

izumikta

2016/08/01 20:33 URL 編集 返信
No title
YouTubeでは1080pの192Kbpsが最高音質なんですか。この上はYahoo!ボックスにwavファイルをアップするしかないようですね。
沢山アップいただき楽しめました。

元新潟のU

2016/08/01 21:42 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

>実は私も聖子上のジャケットでは一番好きなものです
これは嬉しいですね!ヽ(^О^)ノ
『ユートピア』、盤によって音質の変化が結構あったため、
ついつい溜まってしまいました(笑)

>私にとっては中身は水の中の妖精の方が断然上でして・・・(-_-;)
中身とは生身のことでしょうか!(爆)\(o ̄▽ ̄o)/
松田聖子嬢も、この時で止まっていれば・・・
・・・いま、水の中から出てきたら・・・う~ん・・・・(--;)

なめちゃん仙人

2016/08/01 22:49 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

>YouTubeでは1080pの192Kbpsが最高音質なんですか
よく320kbpsや384kbpsの高音質を謳っている動画もありますが、
ダウンロードしての実測値は上限192Kbpsではないでしょうか。

Apple Musicで256kbps、LINE MUSICで320kbps程度ですから、まぁ、200Kbps程度でも、
マスタリングによって十分聴くに堪えうる音質にはなると思います!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/08/01 23:07 URL 編集 返信
No title
こんばんは

チョ~腹立つ録音 4連発、お疲れ様でした。
なるほど画質を上げると音がよくなるのですね。
さすが仙人さま日々音の研究をされている姿、感服いたしましたm(_ _)m
そして「ユートピア」への半端ない入れ込み。
素晴らしいです(≧∇≦)

ggくん

2016/08/02 01:12 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

これは、これは、4発コンプリートで聴いていただき、
誠にありがとうございました!(笑)ヽ(^О^)ノ
また、最上級の御腹立ち評価を賜り、感謝感激であります!!(爆)

>さすが仙人さま日々音の研究をされている姿、感服いたしましたm(_ _)m
オデオとオナゴは、死ぬまで修行と心得ております!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>そして「ユートピア」への半端ない入れ込み。
なんでものめり込んで散財するのが小生の悪い癖!
これがソフトならまだしも、ハートとなると・・・阿呆全開となります!ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2016/08/02 02:22 URL 編集 返信
No title
おお、聖子ちゃんの口、どれも半開き~(爆)

社長と同じく、以前から十分に高音質で聴いておりましたので、どれがと聞かれても、、、。やはり80年代の聖子ちゃんはアナログで逝きたいものです!^^

ぜっぷりん

2016/08/02 02:51 URL 編集 返信
No title
ぜっぷりんさん、こんばんは♪

はい!この半開きのお口から見える2本の歯がタマリマセ~ン(爆)

>どれがと聞かれても、、、。
ぜぇ~~~~んぶ、ステキ!、、、ということにしておきましょう!(笑)ヽ(^О^)ノ

>やはり80年代の聖子ちゃんはアナログで逝きたいものです!^^
拙宅でリファレンスはマスターサウンド+SPUでしたが・・・
ステサンSACDが、ソレを超えちゃいました(笑)
ステサンCD-R商法は気に入りませんが(爆)、聖子嬢のSACD盤は脱帽です\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2016/08/02 03:05 URL 編集 返信
No title
にっぱー さん
絵里奈 さん
デュプレ さん
ルビー さん
元新潟のU さん
KT さん
image line2 さん
sho**ngg さん
Zジジイ さん
naimnacnap さん
altum さん
コロッケ さん
Chaos さん
flattwin さん
さくどう親父 さん
こば さん
非公開 さん
ぶんぶく さん

此度もたくさんの「ナイス!」をいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

マニアな記事ばかりですが(笑)、懲りずにまたご来訪ください!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/08/03 00:53 URL 編集 返信
No title
もちろん聖子ちゃんの方が可愛いのですがオリビアのジャケを観ていると「地獄の黙示録」を思い出してしまうのです(笑)

デュプレ

2016/08/03 18:32 URL 編集 返信
No title
デュプレさん、こんばんは♪

>「地獄の黙示録」を思い出してしまうのです(笑)
そう来たか!!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

確かに、アングル的には『ユートピア』よりオリビアですね!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2016/08/04 02:14 URL 編集 返信
No title
しんのすけ さん、こんにちは♪

いやぁ~~暑いですねぇ~f(^ー^;□ヾ(^.^)フキフキ

今回も「ナイス!」いただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2016/08/06 13:10 URL 編集 返信
No title
久々に覗いてみたら見事にブロックされていますね。
ダウンロードしておいてよかったです♪

元新潟のU

2017/06/25 08:40 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんにちは♪

懐かしの記事にご来訪いただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

はい! 聖子嬢のヨーツベ動画は、ここ半年間の内に、ほぼほぼ抹殺されました。

一斉ブロックでないところが、手作業感アリアリで凄いです!(笑)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2017/06/25 13:59 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR