FC2ブログ

夏 夏 ナツ ナツ、ココ夏!仙人郷も夏!Best Audio diva - 石川優子 -♪

仙人郷の界隈は、いまだに梅雨が明けず、ジメジメむしむしとカラダが腐りそうな気候だ。

しかし!拙オデオ部屋はカラッと爽快な夏(笑)なぜならば、ついにエアコンを新調したのだ!パナソニックの新製品で超静音(これ重要!)で美容にもいい?ナノイー搭載とかで、快適な夏のオデオを楽しむことができている!

さて、今宵は新書庫「Best Audio diva」の初記事なる。この書庫名の所以は後ほど触れるとして・・・

小生のオデオにおけるメインターゲット~プライオリティが“女性ヴォーカル”再生であることは、たびたび記事に書いているのとおりだ。国内外、音楽のジャンルを問わず、「如何にして、リアルな歌姫を拙宅に招き入れるか!」でウン十年、試行錯誤、オデオの日々を過ごしている(笑)

もちろん、雑食性の小生、ありとあらゆるジャンルの音楽を聴くのだが、やはりスポットは“オンナ”である!
オトコに生まれたからには、オデオと言えども、これは必須、オスとしての本能である!!(爆)

と、まぁ、それでなくても暑苦しいのに、むさ苦しいジジイの戯言はコレぐらいにして、本題に移ろう!

そんな、“女性ヴォーカル”の中でも、ジャズやロック&ポップスのみならず、日本の歌謡曲が好きだ。特に拙ブログでは70年代・80年代デビュー組にスポットライトを当てた記事を数多く書いてきた。

70年時代、純然たる歌謡曲にネイティブなフォーク、ロック、カントリー、更にウエストコーストサウンド的なポップスといった洋楽のエッセンスを巧みに取り入れた“ニューミュージック”が台頭する。そして80年前後には、更にAORの影響を受けた“シティポップス”なるジャンルが一大勢力を形成する。まぁ、いずれも死語だが(笑)

この両ジャンルからは、小生好みのシンガーソングライター&シンガー~歌姫が数多く登場している。

荒井由実、中島みゆき、山本潤子、大橋純子、八神純子、吉田美奈子、庄野真代、渡辺真知子、松原みき、中原めいこ、谷山浩子、石川セリ、尾崎亜美、久保田早紀、丸山圭子、杏里、沢田知可子、岡村孝子、永井真理子、辛島美登里、岡本真夜、今井美樹、etc.・・・ふぅ~~、、、小生が記憶しているだけでも、このあたりの歌姫たちは、過去8年間の拙ブログで記事に書いてきた。

んっ??? そう言えば、あの歌姫は一度も・・・・・!!!

そう、今宵の主役、石川優子嬢である!

イメージ 1

イメージ 2

当時、ニューミュージックの登竜門であった、ヤマハ音楽振興会の主催のポプコン(ポピュラーソングコンテスト 1969-1986)があった。中島みゆきや八神純子、渡辺真知子、佐野元春、長渕剛、チャゲ&飛鳥、クリスタルキング、あみんなど多数のミュージシャンを輩出したコンテストである。

ちなみに、小生もその昔、某バントの一員として地区予選に出場したことあある(笑)

石川優子嬢は、1978年開催の第16回ポプコンのつま恋本選会(グランプリは円広志の夢想花、チャゲ&飛鳥やクリキンらが入賞)に出場、入賞はならなかったが、その実力が認められ善く79年、国際チリ音楽祭に出場し同年3月「沈丁花」でメジャーデビューを果たした。

まぁ、作詞作曲を手掛ける純然たるシンガーソングライターなのだが、このご面相から、レコード会社としてもGORO(今の若い御仁は知るまい!)の表紙を飾ったり、グラビアアイドル並みの売り出し方をした。それが、彼女にとってはマイナスだったかもしれないが・・・

メロディーメーカーとしては、かなりの才を持っており、「チョイとクサくて耳に残るサビ」をかかせたら中原めいこと双璧であった(笑)もし、石川優子嬢がユーミン並に個性的な御面相(失礼!)あったなら・・・メジャーの舞台の第一線で今も活躍していたかもしれない。

イメージ 3

1990年引退、1994年結婚、そのご出産もしてるが、香西かおり、益子直美、荻野目洋子らへの楽曲を提供もしており、現在も断続的に音楽活動は続けているようだ。

今春、ポプコン出身者が集まるライブ「僕らのポプコンエイジ」で、90年以来26年ぶりに歌手としてステージ復帰、チャゲとJAL'84沖縄キャンペーンソング「ふたりの愛ランド」を歌った。
http://www.oricon.co.jp/news/2071047/full/

そこで、冒頭につながる(爆) 暑い夏&石川優子で思い出されるのが、石川優子&チャゲでリリースされたデュエット曲「ふたりの愛ランド」。JAL'84沖縄キャンペーンソングとして爆発的にヒットしたので、拙ブログにご来訪の50歳以上の御仁は記憶にあるだろう。

最近、アクセス解析で増えている30歳代の方は、まずご存じないと思うので、以下ウィッキーさんより抜粋!





当時、チャゲ&飛鳥(現:CHAGE and ASKA)のシングルA面はすべて飛鳥(現:ASKA)がメインボーカルをとっていたために、チャゲは、シンガーソングライターとして単独でもやっていけるほどの充分な実力を有しながらも、自身がメインボーカルを務める楽曲は、常にB面にとどまっており、彼が目立つ機会は皆無といっていいほどだった。

レコード会社のヤマハとしても、チャゲを前面に押し出して売り出す機会を狙っていたのであるが、そんな折、JALのCMソングとしてヤマハに依頼があり、そこでチャゲの作った「ふたりの愛ランド」に白羽の矢が立ったのであった。

ただ、あまりにもチャゲ&飛鳥とは曲調が異なり、本人もシャレのつもりで書いたものだっただけに、ヤマハの制作プロデューサー・山里剛が(飛鳥と組むのではなく)前年にJALのキャンペーンソングを担当した石川優子のマネージャーとディレクターに石川と組むことを提案し、それが採用された。

チャゲが男女デュエットを想定せずに自分の歌いやすいキーで作曲していたため、キーの合わせ方に苦心したという。累計では45万枚を売り上げた。

石川優子も、チャゲと時期を同じくしてデビューしたシンガーソングライターであり、1981年に「シンデレラサマー」が大ヒットして当時既にトップアーティストの仲間入りを果たしていた。

歌詞は沖縄をイメージして書かれており、当初は歌詞に「ココナッツ」と入れていたがスタッフの一部から「沖縄にココナッツはどうか」(ココナッツは沖縄にはないため)と言われ、苦肉の策で「ここは夏」の「ココ夏」に変更して逃げ切ったというエピソードがある。

1990年にはチャゲが石川優子のコンサート「石川優子 ファイナル・コンサート 愛を眠らせないで」に飛び入り参加して、この曲を披露し、2004年に行われたCHAGE and ASKAのコンサート「CHAGE and ASKA 25th Anniversary Special チャゲ&飛鳥 熱風コンサート」でも披露している。また、2016年春、ポプコン出身者が集まるライブ「僕らのポプコンエイジ」で、1990年以来26年ぶりに復帰し、チャゲと披露した。



大阪厚生年金会館大ホール


うーん、、、聖子ちゃんカットが時代を感じさせる!(笑)

この「ふたりの愛ランド」、決して音質的には良いわけではない。むしろ、石川優子嬢の楽曲の中では悪いほうである。手元にある、1986年リリースのベスト盤『コンプリート・シングルズ』の中でも、かなり音質が悪い部類だ。

ちなみに、久々、石川優子嬢のアルバムをCD架&LP架で数えたら、CDが10枚、LPが12枚あった(笑)

記憶を辿ってみれば、当時は小生、今のしばじゅん並みに石川優子嬢を大プッシュしていたのだ!!

イメージ 4

イメージ 5

で、いつも「音質のエエものを聴いていただく!」という視点で“自己マン録り”に励んでいた訳だが、今回は、「音の悪い楽曲が、マトモなオデオでどのように聴こえるか?」をテーマに録ってみた!

前述した『コンプリート・シングルズ』より「ふたりの愛ランド」を下記システムで再生、ハンディレコーダーのZOOM Q2HDで生録している。当然、本来のスピーカーからの出音とは異なるので、いつも通り、脳内補正でイコライジングして欲しい(笑)

いつもどおり、良質なイヤフォンorヘッドフォンでお聴きいただきたい!!(爆)

イメージ 6

Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: Jeff Rowland D.G. Coherence
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : KRELL MD-10R
D/A converter: KRELL STUDIO


FUTARI NO AI LAND / Yuko Ishikawa
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)



さて、ここで、冒頭でふれた新書庫「Best Audio diva」の意味合い。

懐かしの歌姫やマイナーな歌姫を、オデオ的にブラッシュアップした動画で聴いていただこうというもの。
まぁ、根本的な主旨は、これまでの“自己マン録り”と大して変わらない(笑)
今後は、今回の読者諸兄のレスポンスを見て、この書庫を継続するか消滅させるか判断したい。

聴きどころは、秘伝の“仙術”にてハイレゾ並み?に高音質化されたYouTube動画。勿論、動かない動画!

やはり、良質なイヤフォンorヘッドフォンでお聴きいただく事をおススメする!(爆)

石川優子嬢は、本来「ふたりの愛ランド」とは異なる雰囲気の楽曲が多く、なかなか素敵な楽曲を綴っている。
以下、5曲はその一部。ここまでの記事で石川優子嬢に興味を持たれた御仁は、一度聴いてみていただきたい!

時系列で行くと・・・・・

まずは、1979年リリースのデビュー曲「沈丁花」。石川さゆりの「沈丁花」とは同名異曲。この曲を初めて聴かれた方は、あの「ふたりの愛ランド」との余りにもの違いに驚くだろう。まずは、聴いていただきたい(笑)作詞作曲もご本人様でない。メジャーデビューとは、こんなものだろう。

沈丁花/石川優子(1979.03.25)
作詞:ひのひろゆき/作曲:なかじまかおる(中島薫)/編曲:大村雅朗




そして、僅か2年後、1981年リリースの7thシングル「シンデレラ サマー」。これは、ご本人の作詞作曲だ。ここでシンガーソングライターの本領発揮!見事、JAL'81沖縄キャンペーンソングに採用され、大ブレイクした!

シンデレラ サマー/石川優子(1981.03.05)
作詞:石川優子/作曲:石川優子/編曲:淡野保昌




さらに2年後、1983年リリースの12thシングル「誘惑のプレリュード」。「シンデレラ サマー」路線の夏をイメージした軽快なシティポップス。小生、当時はホンダの2代目プレリュードのCM曲に大プッシュしていたが、実現しなかった(笑)石川優子嬢、ライバルのヤマハカラーが強すぎたせいか(爆)

誘惑のプレリュード/石川優子(1983.05.21)
作詞:石川優子/作曲:石川優子/編曲:鷺巣詩郎




そして次の13thシングル「デスティニー」では、かなりニューミュージック色が強くなる。なんとなぁ~く、当時のユーミンのアルバム曲の雰囲気がしなくもない(笑)『流線形'80』の「埠頭を渡る風」あたりがイメージされるが。

デスティニー/石川優子(1983.10.21)
作詞:石川優子/作曲:石川優子/編曲:鷺巣詩郎




バブル前夜の86年9月にリリースされた19thシングル「ニール・サイモンも読みかけのままで」。小生が石川優子嬢の楽曲の中で一番好きな曲。作詞は何故か秋元康!相変わらず小銭を稼いでいる。45rpm./12inchシングルでリリースされた。音質もかなり向上した。

ニール・サイモンも読みかけのままで/石川優子(1986.09.21 45rmp./12inch)
作詞:秋元康/作曲:石川優子/編曲:瀬尾一三

コメント

コメント(20)
No title
oguさん、こんにちは♪

>石川優子は当時自分も好きな歌手でした !!! (笑)
ほうほう、oguさんもお好きでしたか!ヽ(^О^)ノ
早いもので、今年で58歳になるそうです、、、ビックリw(゚o゚)w

>「シンデレラ サマー」なんてヒット曲を狙って作った、
プロ臭さ満載のスゴイ曲だと思います !!!
15秒&30秒間で完結し耳に残るサビをもった楽曲・・・大したものです!(笑)

>「Best Audio diva」此れは凄いです
お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
YouTubeなので、基本AAC/320kbpsが上限ですが、そこは仙術で・・・(爆)
まぁ、ヨーツベさんのお怒りを買わない範囲で続けていこうと思います(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/07/24 14:41 URL 編集 返信
No title
デュプレさん、こんにちは♪

>JALのポスターを部屋に貼ってありましたよ(^^)/
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~御同輩!!(爆)
斉藤慶子がキャンギャルだった82年のJAL沖縄ポスターはありました!(爆)
確かイメージソングは八神純子の「サマーインサマー」だったと記憶しております!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/07/24 14:51 URL 編集 返信
No title
こばさん、こんにちは♪

是非、お聴きくださいませぇ~(笑)ヽ(^О^)ノ

>書庫「Best Audio diva」の最初が優子さんとは少々驚きました
いえいえ、単に当時結構はまっていたのにもかかわらず、
一度もそのお名前が拙ブログに登場してないのに気づいたので・・・(笑)
、、、そんな歌姫が二桁はいるな、と思い立ち上げた書庫です(爆)\(≧∇≦)/

>仙人さまの好みのお顔なんすね(笑)。
はい!当時、とぉ~~~~ても、お気に入りでした!(笑)
で、ソングライティングもできちゃうので、ますます憧れました(爆)ヽ(´▽`)/

>「大吟醸音歌姫」のご紹介をお願い申し上げます(笑)。
世評、とくにヨーツベさんの視線は気になりますが・・・(爆)
可能な限り、大吟醸を醸造したいと思います!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/07/24 15:02 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんにちは♪

>これでかっ!ってくらいに腹の立つ歌声と演奏!!!
最大限の賛辞、ご立腹までしていただき、ありがとうごさいます!ヽ(^О^)ノ

>女性ヴォーカルが最も得意なシステムってこと、よぉ~く分かります!
いつかは、アジアの歌姫テレサ・テンの再生で、
Zジジイさんをギャフン!(古っ!)と唸らせてみたいものです(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/07/24 15:07 URL 編集 返信
No title
びーわんさん、こんにちは♪

>濃厚で変態な企画ですね(^^;;。
御意!しかも、チョッピリ、リスキーな企画でもあります(爆)\(o ̄▽ ̄o)/

>名前も「優子」!これが良かった(笑。
何となくわかるような気がします!(笑)
聖子でなく“松田優子”だったら、どうだったでしょう?完璧!?(爆)

>突然のチャゲとのデュエットに心を痛たもんです(爆。
あの企画には小生も驚きました!
あそこで飛鳥と別れていれば・・・(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2016/07/24 15:14 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんにちは♪

>沢山の録音お疲れ様でした
いえいえ、聴かれるほうが、もっと疲れると思います!(爆)
で、お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>沈丁花のような曲は石川優子嬢の鼻濁音が心地よいです。
ビブラートも目一杯かけてますし(笑)
あれがコブシだったら、曲調から演歌になりますね!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2016/07/24 15:25 URL 編集 返信
No title
ぜっぷりんさん、こんにちは♪

小生、少なくとも10年ぐらいは聴いた記憶がなかったので・・・
久々に聴いて、非常に新鮮でした!(爆)\(≧∇≦)/

ベスト盤、最新リマスターでリリースされてれば、小生も買ってみたいものです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/07/24 15:29 URL 編集 返信
No title
さくどう親父さん、こんにちは♪

お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>最後の曲…ニール・サイモンも読みかけのままで…が最も気に入りました!
小生も大好きな楽曲です!石川優子嬢、この86年あたりから音質が向上、レンジも広がり、高域の粒立ちやヴォーカルの実在感も増してきたような気がします。ちょうど、レコーディング現場もデジタルが定着してきた頃ですから、優子嬢の楽曲とデジタルが上手い具合にマッチしたのでしょう。

>冒頭のSE.の遠くのクラクションの音色
>導入部のカスケード・ヴァイオリン風の弦群の音
さすが、聴きどころを承知されていらっしゃる!
YouTubeでここまで再生できれば、なかなかだと思います!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/07/24 15:43 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんにちは♪

>こちらはエアコンの騒音に負けない音量で頑張ってます
エアコンの音など吹き飛ばすほどの弩爆音ですね!!(爆)\(≧∇≦)/

>リクエストの多い歌姫をフューチャーするというのは如何でしょう
面白い企画ですね!ジャズ喫茶のリクエスト方式!!(笑)
でも、ご指摘の通り、リクエストに対応できるだけのライブラリーがないとダメですね!
1万枚のストックがあるとは言え、拙ブログにお集まりの御仁はマニアックな方が多いですから、
果たして対応できるかどうか・・・自信がありません!(笑)

>俺のリクエストはアンマッチになりそうですけど、、、(爆)
70年代~80年代の邦楽・洋楽ならば、そこそこは(笑)・・・
・・・演歌はアリマセ~ン(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2016/07/24 15:53 URL 編集 返信
No title
こんばんは。

石川優子さんと云えば、『二人の愛ランド』と『シンデレラサマー』くらいしか知りませんでしたが、いずれも素晴らしい再生ですね!!*\(^o^)/*

是非是非、この新しい書庫、頑張って下さいね~!!!p(^_^)q

KT

2016/07/24 18:12 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

やはり、JAL沖縄キャンペーンのその2曲ですよね!
今と違い、夏場、ものすごい量のスポットを流してましたから\(*^Ο^*)/

お聴きいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

KTさんが取り上げていたHRのように、チョイといつもの
拙ブログの歌姫とは毛色の異なる方々を取り上げていきたいと思っております!

あとは、ヨーツベさんに配慮しながら(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2016/07/25 00:31 URL 編集 返信
No title
こんばんは~

商売で、かなり稼がせて戴きました(売れた)アートストでしたネ!
工大生に大人気で・・・^^

個人的には、1枚も持っておりません、もっとも邦楽自体が少ないのですが・・・久々に聴いてみたら、気分がエエです。

さて、どうしましょうかぁ~(苦笑)
悩ましい所を攻めてきますねぇ~(≧▽≦)

KKD_FM

2016/07/25 00:52 URL 編集 返信
No title
KKD_FMさん、こんばんは♪

レコード店でそんなに売れましたか!
小生的には一部コッキーポップが好きなマニア受けする歌姫と思っていたのですが(笑)

>久々に聴いてみたら、気分がエエです。
小生も、10年以上ぶりに聴きました!(笑)
改めて久々に聴くと、、、、ついつい手持ちのCDほとんど聴いてしまいました(爆)

>悩ましい所を攻めてきますねぇ~(≧▽≦)
御所望であれば、Zジジイさんと共通の友人「俺の彼女の元カレのナンタラカンタラ」さんに
お願いしてスペシャルなブツをアレしてもらいますが(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2016/07/25 01:15 URL 編集 返信
No title
私、このお方ほとんど記憶にないので・・・
キャンペーンの曲は記憶にあるのですが。

音の悪い楽曲?なのでしょうが仙人郷の装置を通しますと天女に昇格していますね~(^。^)

izumikta

2016/07/25 13:24 URL 編集 返信
No title
> なめちゃん仙人さん
こんばんはぁ~

「俺の彼女の元カレのナンタラカンタラ」さん・・・是非!宜しくお願い致しますぅ~m(__)m

KKD_FM

2016/07/25 22:34 URL 編集 返信
No title
こんばんは

「ふたりの愛ランド」のチャゲの相方は石川優子さんだったんですね~
私が知ってる「シンデレラ サマー」はサビのところだけですね^^;

>秘伝の“仙術”にてハイレゾ並み?に高音質化されたYouTube動画
たいへん腹立つ録画でした!!
いったいどんな術を使っているのでしょうか(??)
新書庫新書庫「Best Audio diva」いいですね。
楽しみにしております^^/

ggくん

2016/07/26 01:25 URL 編集 返信
No title
izumitaさん、こんばんは♪

いやぁ~チョイとマニアック?な記事にコメいただき、
ありがとうございます!(笑)ヽ(^О^)ノ

>キャンペーンの曲は記憶にあるのですが
それがフツーであります(笑)
JALのスポット量は半端なかったですから!

>仙人郷の装置を通しますと天女に昇格していますね~(^。^)
想像以上にリマスターできました!
今後は天女以上の女神を目指したいと思います(爆)━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2016/07/27 01:02 URL 編集 返信
No title
KKD_FMさん、こんばんは♪

ラジャー!!!(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

後ほど、ゲスブに「俺の彼女の元カレのナンタラカンタラ」さんから
連絡がいくと思います(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/07/27 01:05 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

>「ふたりの愛ランド」のチャゲの相方は石川優子さんだったんですね~
はい!決して飛鳥ではありません!!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>たいへん腹立つ録画でした!!
お聴きいただき、ありがとうございます!
また、御腹立ちいただく栄誉にあずかり感謝感激であります!(爆)

>いったいどんな術を使っているのでしょうか(??)
コレを口外すると、ロシアのドーピング委員会の方のように抹殺されてしまいます(爆)

Best Audio diva、今後はコアなニューミュージック系を中心に進めていこうかな・・・
・・・と、なんとなく思っております!)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/07/27 01:13 URL 編集 返信
No title
ルビー さん
さくどう親父 さん
Chaos さん
flattwin さん
デュプレ さん
こば さん
altum さん
非公開 さん
ぶんぶく さん
naimnacnap さん

大変、マニアックなネタにもかかわらず、今回も多数の「ナイス!」をいただき、
誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

また、機会があれば、この書庫でお会いしましょう!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/07/27 01:25 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR