FC2ブログ

スイスで聴く群馬の咆哮!ALL That GUNMA/George Aoki Jazz Project♪

年度末のバタバタも一段落し、今月はもっぱら、歓送迎会ばかりが続いている(笑)

また、年度の変わり目で、取引先のエライさんがリタイヤされたり、昇進昇格されたりでのご挨拶も今年はけっこうあったりして、相変わらず多忙な日々を過ごしている。

今宵は珍しくナッシングデーにつき、早々に帰宅し、休肝日!(爆)

久々に、ユルリとオデオ弄りをしながら、溜まっていた未聴CDを聴くことにした。

先月、ブロ友“おやじsp.”さんのご尽力により入手した貴重盤、CAFE DE LA PLAGE/George Aoki with friends と ALL That GUNMA / George Aoki Jazz Project の2枚のCDも、1度さらっと聴いただけだったので、じっくり聴いてみることにした。

青木襄児の1stリーダーアルバム『CAFE DE LA PLAGE』は、さすがに発売元がオデオアクセサリーメーカーのアコースティックリバイブ(関口機械販売株式会社)だけに、高音質であることは言うまでもない。

現代的な、ワイドレンジでスマートな録音。特に奇をてらったサウンドではなく王道の高音質盤だ(笑)

全域で高SN比で高解像度。このあたりはアコースティックリバイブのノウハウが活きているのだろう。微細な空気感や演奏者の動き、楽器の繊細な表現が手に取るようにわかる。ブラシの繊細な動きは、そのブラシの1本1本が見えるかのようだる。 ピアノの透徹な響き、グッ!と深く沈みこむベースも美麗だ。

個人的には、もうチョイと癖のあるキレたサウンドに録っても良かったのではと思ったが、まぁ、青木襄児トリオの音楽性を活かすのであれば、あまり変化球のサウンドで録るのはよろしくないのかもしれない(笑)

で、個人的に魅かれたのが、コチラ、『ALL That GUNMA』。青木襄児の2ndリーダーアルバムだ。

イメージ 1

こちらは11曲中、6曲に3人の女性ヴォーカリストがフィーチャリングされている。

女性ヴォーカル好きとしては、どうしても、この6曲を熱心に聴いてしまう(笑)

特に、ハート付きサインまで頂戴したJUNKO嬢こと小暮純子女史の2曲は、熟聴せねばなるまい!!(爆)


ALL That GUNMA / George Aoki Jazz Project

2014.10.01 on sale
定価¥2,500(税込)

青木襄児Jazz Project セカンド・アルバム
ファーストアルバムから4年半振り、ジャズドラマー青木襄児待望のセカンド・アルバム
福田重男、上村信の名手に3人の女性ヴォーカルが参加する意欲作
メンバーは全員群馬県出身

<参加アーティスト>
青木襄児(ドラム)
福田重男(ピアノ)
上村信(ベース)
中村かんな(ヴォーカル)⑥⑦
古牧規子(ヴォーカル)⑧⑨
小暮(※)純子(ヴォーカル)⑩⑪
※ホントは、木暮だよぉ~ん!(爆)

<収録内容>
1. Sugar ray
2. So What
3. So in love
4. The Peacocks
5. Carly & Carole
6. Day in day out
7. Blame it on my youth
8. God bless the child
9. Afro blue
10. Dindi
11. Bye bye blackbird

2013.12.5-6
MAEBASHI YUME STUDIO

イメージ 2

試聴には、ゾッコン惚れ込んでいるゴールドムンドのプリ、MIMESIS 2 と、同じくゴールドムンドのDAC、MIMESIS 10 のカップリングで聴いてみた。先日、ヴォーカルを聴きまくる大会で記事にしたゴールドムンドペアである。

CDトランスポートには、本来、ムンドのトランスポート、MIMESIS 36あたりをあてがいたいところだが、残念ながら小生は有していない。ならば、ムンドのDACと相性の良いフィリップスのスイングアームメカ搭載機をチョイスすることにした。

マークレビンソンのNO.31LかクレルのMD-10、MIMESIS 36と同じフィリップスのCDM9PROを搭載したヴィマックのDT-1000が候補機種だが、音質的なマッチングの良さでMD-10をチョイスした。

MD-10からのデジタル信号は、アブソリュート・クロック・コンバーターのABS9999を経由することで、更に信号の精度をブラッシュアップ、BNC ⇒ BNCでMIMESIS 10 にコネクトする。

イメージ 3

このJUNKO嬢の強烈なサインに応えて(笑)、JUNKO嬢のヴォーカルがフィーチャリングされている#10「Dindi」と、#11「Bye bye blackbird」を聴く。

さすがは全員群馬出身だけに、『CAFE DE LA PLAGE』よりも各人の個性がより際立ったサウンドだ!
・・・いや、群馬は関係ないか!(爆)

JUNKO嬢のヴォーカルは、妙な癖もなく素直で聴きやすい歌唱だ。ほのかに香る艶やかさが、大人の色気をかんじさせる(笑) なぁ~んて、偉そうなことを書くと怒られそうなので、、、いやいや、JUNKO嬢、サイコー!である!!(爆)

青木襄児トリオの個々の楽器のエナジー感が、『CAFE DE LA PLAGE』よりも逞しく感じる。パワーが漲っている。JUNKO嬢のヴォーカルは、響きを若干抑え、もう少しONで肉感的に録っても良いかなと思うのだが、楽器の力感はたいしたものだ。

特に驚いたのが、#11「Bye bye blackbird」でのベースサウンド。

当初、普通のボリュームで聴いていたのだが、ベースを等身大で聴きたいとヴォリュームを上げたところ、部屋の何処かがビビりだしたのだ!1812のカノン砲でさえビクともしなかった、カチカチ仕様のオデオ部屋が・・・である。

壁なのか、オデオラックなのか、CDケースなのか、はたまた無造作に置いてあるリモコンやイヤフォンのハウジングが触れ合うビビり音なのか・・・・特定できなかったのだが、あちらこちらを押えたり、いじったりしているうちに何とか収まった(笑)

MIMESIS 2のヴォリュームを11時の位置まで上げると、ベースの強烈な低周波が足の裏を伝わって脳髄まで上がってくる。普通の音量で聴いている時は全く感じなかったのだが、これには驚かされた。なかなかの快感を感じさせる一幕であった。

40Hz以下の相当低いレベルでの低域エネルギーが、かなりしっかりとディスクの収められているのだろう。

イメージ 4

という訳で、〆は、やはり“自己マン録り”!!(自爆)

録るのは、前述したJUNKO嬢の歌声が堪能できる2曲、「Dindi」と「Bye bye blackbird」だ。

「Bye bye blackbird」では、K2のダブルウーファーから迸るベースのガッツリとしたエネルギーをなんとか受け止めた。 ヨレヨレ状態のハンディレコーダー ZOOM Q2HDだが、今回は何とか頑張ったようだ(笑)

それでは、いつもの常套句(笑)~良質なイヤフォン、またはヘッドフォンでお聴きいただこう!


Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: GOLDMUND MIMESIS 2
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : KRELL MD-10
Absolute Clock Converter: ORTHO SPECTRUM(INFRA NOISE) ABS-9999
D/A converter: GOLDMUND MIMESIS 10


DINDI / George Aoki Jazz Project
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)



BYE BYE BLACKBIRD / George Aoki Jazz Project
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)

コメント

コメント(20)
No title
こんにちは~。

先日、社長のところで軽く聴かせて頂いた群馬盤。
やはり、プラージュより好みでした(笑)
思わず、じゅんこさん、上手いじゃないですかー!とも(上から)(爆)

時間作って行ってきます~(^ー^)

GOMALYN

2016/04/06 11:36 URL 編集 返信
No title
こんにちは。

JUNKOサマの仄かな(←ココ大事ですネ!!)大人の艶っぽさがエエですね~!!(#^.^#)

ベースの上村 新さんがまた、サイコーであります!!\(^o^)/

KT

2016/04/06 17:44 URL 編集 返信
No title
おこんばんはですぅ♪

おぉーーー!!
ようやく仙人郷にも群馬出現しましたかっ^^ /

おかげさまでワタクシも、家でも通勤でも毎日ずっと聴いております(笑)

純子ちゃんのボーカル、ワタクシ結構スキなタイプの声と歌い方ですね^^

男のカワサキ

2016/04/06 22:07 URL 編集 返信
No title
当方的にはプラージュを聴く機会が多いのですが、グンマ~も相当のもんです!

何より音へのこだわりがハンパないのがうれしいっす。

ぜっぷりん

2016/04/07 00:10 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

ほうほう、完璧な脳内補正を働かせてお聴きいただき、
ありがとうございます!(爆)\(≧∇≦)/

低音バッキバキで楽しいアルバムです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/04/07 01:09 URL 編集 返信
No title
びーわんさん、こんばんは♪

チェリー・パディ(センテンス・スプリング風に(爆))のズンコさんもエエですが、
こちらのズンコさんも素敵です!!ヾ(@゚▽゚@)ノ

CDタイトルは群馬ですが、CD内容は世界クラスです!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/04/07 01:15 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

>最新型の高音質ということで、豊かな低音に魅力を感じました!
はい!通常ボリュームではフツーに良い低音でしたが、
爆音再生で、ゴリゴリっと低音が活気づきました!ヽ(^О^)ノ

M-6000+4365では、かなりエエ塩梅で
4365の15インチが活躍してれるのでは!\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2016/04/07 01:20 URL 編集 返信
No title
ごまりさん、こんばんは♪

>やはり、プラージュより好みでした(笑)
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~ご同輩ですね!
JUNKOさん、アダルトな魅力で、声質もエエ雰囲気出しとりますヽ(´▽`)/

生のお声も素敵なんでしょうね! 拝聴したいものです!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/04/07 01:25 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

>JUNKOサマの仄かな(←ココ大事ですネ!!)
御意!!色気プンプンでないところが、また良し!です(笑)ヽ(^О^)ノ

いやホント、ベース、エエですねぇ~!
ついついボリュームを上げ過ぎてしまいます(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2016/04/07 01:29 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんばんは♪

はい!仙人郷は群馬カラー一色であります!(爆)\(≧∇≦)/

>家でも通勤でも毎日ずっと聴いております(笑)
おりょりょ~!かなりの気に入りようですね(笑)
拙宅でも、ボリューム上げてガンガン聴くのがお気に入りです!ヽ(^О^)ノ

JUNKO嬢、小生もスキですよん!
妙な崩しもないし、素直でアダルトな雰囲気が素敵ですねぇ☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/04/07 01:34 URL 編集 返信
No title
ぜっぷりんさん、こんばんは♪

プラージュ&グンマともに、オデオ的にも、演奏的にも満足度高いですよね!\(≧∇≦)/

>何より音へのこだわりがハンパない
御意! 高音域の繊細なタッチから、低音の力感漲るエナジーまで、
サウンドのオイシイところを余すところなく聴かせてくれるCDだと思います!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/04/07 01:42 URL 編集 返信
No title
こんばんは~。

“All That GUNMA”記事にしていただきありがとうございます。

>CDタイトルは群馬ですが、CD内容は世界クラスです!
嬉しいですねぇ、、、、
俺のアルバムじゃないけど、そう言っていただけると宣伝した甲斐があります。

更に「純子嬢」をフューチャーしていただき、重ねて御礼申し上げます。
この記事はご本人に紹介しておきます。


これで更に売上が伸びる可能性がありますね。
追加プレスを打診しておきましょう。
我々が持ってるファーストプレスはプレミア付くかも。(爆)

おやじ sp.

2016/04/07 02:03 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪

これで、GUNMAも世界基準か!(爆)
最近、小生のYouTubeにも、時たま海外からのコメが入るので
世界的に群馬の注目度が上がるかもしれません!\(≧∇≦)/

、、、と冗談はさておき(笑)、ホント、音楽的にもオデオ的にも
楽しめるCDをご紹介いただき、ありがとうございました!ヽ(^О^)ノ

JUNKO嬢の素適なヴォーカル、是非、フルアルバムで聴きたいですね!

ファーストプレス+サイン入りですからね!
プレミア間違いなしでしょう!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2016/04/07 02:19 URL 編集 返信
No title
> スイスで聴く…
ゴ~ジャスなシステム‥‥は、瑞・米・日合同ですね^^。

> もうチョイと癖のあるキレたサウンドに録っても良かったのでは
> JUNKO嬢のヴォーカルは、‥‥もう少しONで肉感的に録っても良いかなと思うのだが
な~るほど‥‥しかしこれが“味”かもしれません。
エンジニアも群馬出身の方なんでしょうか^^。

ところで、JUNKO嬢は、「木暮」さんではないでしょうか…。
いつも些事ばかりでスミマセン~。匙加減がわかりませんで… m(_ _;)m。 @へ・う・た・む

へうたむ

2016/04/07 17:14 URL 編集 返信
No title
こんばんは

JUNKO嬢、いい感じですね。
私も好みです♪
さすがにベースの低音はだいぶ省かれてるようですがそれでもけっこう来てますよ!

このアルバム、乗り遅れて注文しそこねました^^;
セカンドプレスが出たら手にしてみたいと思います。

ggくん

2016/04/08 00:53 URL 編集 返信
No title
へうたむさん、こんばんは♪

ケーブルまで入れると・・・瑞・米・日・丁・蘭の五カ国連合軍です!(爆)\(≧∇≦)/

>エンジニアも群馬出身の方なんでしょうか^^
どうなんでしょうねぇ~!そこまで徹底していたらスゴイことですが!(笑)ヽ(^О^)ノ

>JUNKO嬢は、「木暮」さんではないでしょうか…。
あっ!ホントだ!!(爆)
小保方っちゃうと(http://kanna-jazz.com/discographyをコピペ)、こうなるのです!\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2016/04/08 00:57 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

ほうほう、ggくんさんもお気に召しましたかヽ(^О^)ノ
JUNKO嬢、落ち着いたエエ雰囲気のヴォーカルですよね!

ベースの低音は脳内イコライザーで40Hz以下をグイッと上げて補正してください!(爆)

>このアルバム、乗り遅れて注文しそこねました^^;
なんでしたら、おやじsp.さんに確認の上、Zジジイさんのブログに良く登場する
「俺の愛人の元カレの・・・・」さんに依頼してみましょうか!?(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/04/08 01:10 URL 編集 返信
No title
さくどう親父 さん
naimnacnap さん
デュプレ さん
izumikta さん
KT さん
非公開 さん
コロッケ さん
KKD_FM さん
altum さん
flattwin さん
Chaos さん
two_bee_factory さん

今回も多数の「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

このようにブロ友を介して未知のディスクと巡り合えるのも、
ブログ冥利に尽きるというものです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/04/08 01:15 URL 編集 返信
No title
念のため自分の記事を確認したら「小暮」になってました。
俺はオボちゃんじゃなくて自分で変換したのに、確認不足でした。

おやじ sp.

2016/04/08 11:24 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪

きっと、これまでの「デーモン小暮」という変換をPCが認識して、
1st変換は「木暮」でなく「小暮」になったものと思われます(笑)ヽ(^О^)ノ
まぁ、細いこと気にせんと、JUNKOでエエじゃないですか!!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

あっ!そんなこと言うとJUNKO嬢に怒られるかも・・・(--;)

なめちゃん仙人

2016/04/09 01:31 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR