FC2ブログ

豊潤なる美音の芳香 ~GOLDMUND MIMESIS 2♪

さてさて、もったいつけてもしょうがないので、ご登場いただこう!!(笑)

久々、拙宅のプリアンプ戦線に加わった逸品、小生のオデオポリシー~“プリを制する者は、オーディオを制す” を決定づける最後のワンピースともいえるのが、前回記事で前ふりしたゴールドムンド・プリアンプの処女作「GOLDMUND MIMESIS 2」だ。

イメージ 1

上がMIMESIS 2、下がパワーアンプの処女作MIMESIS 3だ。

小生は、処女が好きである!!(爆)

いやいや、誤解めされるな!処女といえどもアッチのほうではない!いや、アッチもアレだが(笑)

オデオメーカーが初めて手掛ける1号機~処女作のことである。

特に新たなメーカーを立ち上げたばかりの処女作は、そのメーカーの威信をかけた素晴らしい製品が多い。ある意味、その処女作の出来如何では、その後、5年、10年、50年先までのメーカーの行く末が決することを各々起業家は熟しているため、乾坤一擲のモデルをリリースするのが常である。

所謂、コスト度外視、たとえ赤字を出してでも、「わがブランド此処にあり!」的な製品を世に送り出そうとする。

これは、オデオに限ったことではなく、クルマの世界でもよく見受けられる。例えばトヨタのセルシオだ。高級車と言えばメルセデス、BMW、ジャガーなど欧州車が独占していた80年代末期、圧倒的な高性能とコスト度外視の高品質で世界を震撼させたのが初代セルシオだ。

その存在は、世界の高級セダンの車作りの概念をも変えてしまったとさえ言われた。しかし、2代目、3代目の後継車は、多岐にわたり簡略化&コストダウンが図られ、初代の異常なまでの静粛性や超高品質感、ある種の“凄み”みたいな存在感は失われてしまった。

イメージ 2

さて、オデオメーカーの処女作に目を移してみると・・・

クレルのプリアンプ処女作PAM-1(日本仕様にアレンジしたPAM-2ではない)は、クレル創始者ダン・ダゴスティーノがやりたい事をすべて詰め込みハンドメイドで仕上げた超絶プリである。

チェロのプリアンプ処女作 Cello Encore Preamplifier(SuiteやAudio Palette は純然たるプリとは言えない)は、マーク・レビンソンがマドリガルではできなかった想いを存分にぶつけた傑作である。

マークレビンソンのプリアンプ処女作JC-2(LNP-2はミキサープリなので純然たるプリとは位置づけない)は、天才エンジニア、ジョン・カールと鬼才マーク・レビンソンが見事にシンクロして誕生した孤高のプリアンプである。

創業の処女作とは異なるが、現行アキュフェーズ・プリのプレステージモデルC-3850の源流、アキュハイエンドプリの処女作といえるC-280は、その高性能&高品質&高信頼性ぶりで世界中のオデオファイルに絶賛された名機である。そのフォノ部の高性能ぶりは、今や伝説にさえなっている。

、、、う~ん、、、これら、全ての処女作が拙宅のプリアンプ軍団を構成している(笑)

そして、今回の「GOLDMUND MIMESIS 2」。

スイス・フィジックス社の設計チームがゴールドムンドに移籍し、ゴールドムンドを主宰するミッシェル・レバションの“ハイスピード・アンプ”という理念を具現化した製品が、プリ処女作の「GOLDMUND MIMESIS 2」である。

拙宅では、ムンドのプリとして、後継の弟機「GOLDMUND MIMESIS 7.5」を愛用しているが、やはり、処女作の音作りとは明確に異なる。これは、同ラインの後継機種、MIMESIS 2aやMIMESIS 2+とも異なる。ある種の狂気めいたものを感じる。

そのサウンドは、恐ろしく切れ味が良く剃刀のような鋭利なソリッドサウンドであると同時に、豊潤な響きや温度感の高い色艶も兼ね備えているところが後継機とは異なるところだ。ただキレイなだけの美音に終わらず、豊潤な美音の芳香が音楽のダイナミズムを見事に表現してくれる。

薄型の姿形からは想像もできない強力な低域のエナジー感も有しており、単なる精緻な高解像度プリとは次元を異にするサウンドである。リアリティ&ソノリティに富んだ素晴らしいサウンドである!

かつて、小生が書き記した記事で、「いつかは手に入れたいプリアンプ」として挙げたのが、前述した Cello Encore Preamplifier とマークレビンソンのML-7A(L)、そしてこのMIMESIS 2だ。

Cello Encore Preamplifier とML-7A(L)は、長年、懇意にしているオデオショップに「上玉が入荷したら即買いするから、ヨロシク!」とお願いしていたが、なかなか巡り合えなかった。

チェロは、後継機の1MΩや1MΩLなどはタマ数も多く出てくるのだが、初代は入手するまでに時間がかかった。ML-7A(L)もなかなかオデオ店に入荷しなかったのだが、ある日、奇跡的に極上のML-7Aが入荷、即お買い上げと相成った。

此度のMIMESIS 2は、偶然にもオクで発見! しかも、かなり安く入手できた!!

このあたりの機種になるとオクでの入手は少々心配だが、これまた、大当たりの個体であった!

外観の程度も良好で、中古店レベルでは美品クラスであろうし、音質も聴感上の違和感はなく、当方が記憶している発売当初のサウンドに近しい。経年劣化が少ないのか、マメにメンテされていた個体なのだろう。

まぁ、音質的にはこれからジックリと聴き込み堪能するとして、まずは、恒例の撮影会である!(笑)

スイス伝統の機械式腕時計を思わせる、その見目麗しき御姿、とくとご覧あれ!!!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

コメント

コメント(20)
No title
Zジジイさん、こんにちは♪

お互い、歳はとっても、物欲は尽きぬようで・・・(爆)\(≧∇≦)/
常々、「ここらで〆」と思いつつも、止まりません(笑)

Zジジイさんも、松金トランジスタのプリ+パワーを取りそろえた後は、
スイスのオールドムンドあたり、触手を伸ばしてみてはいかがでしょう(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/02/26 14:30 URL 編集 返信
No title
こんにちは~。

入手おめでとうございます~(^ー^)

ショップさんではなく、オクでしたか!

発見したときの、仙人様の興奮度合いも伝わるようです(笑)

各部、造形、作り込みが半端ないですね!美しいです~♪

GOMALYN

2016/02/26 18:02 URL 編集 返信
No title
オールドムンドとは言え、80年代終わりデジタル時代の機種、アキュフェーズでは280Vあたりと同世代ですね。
どのメーカーも一番完成度が高かく、かつ70年代のエネルギッシュなサウンドを継承してた頃。
鮮烈なデビューだった記憶があります。
100万円オーバーの新機種なんて、紙面で見るだけでそれ以上の思いも沸きませんでしたが。

おやじ sp.

2016/02/26 20:51 URL 編集 返信
No title
こんばんは

ムンド、いいですね~
独特の雰囲気というかオーラを感じます。
古い機種とはいえそこ結構な価格で取引されているようですから人気があるんですね。
私もホシイモノリストに入れておきます。

次は自己マンでしょうか?
楽しみにしております。

ggくん

2016/02/26 23:35 URL 編集 返信
No title
ごまりさん、こんばんは♪

はい!ショップでもなかなか程度良好のMIMESIS2が見つけられなかったのですが、
今回は、タマタマ、オクで遭遇し・・・・大興奮でした!(爆)\(≧∇≦)/

ゴールドムンドは初期一桁シリーズに限ります!
記事内のセルシオではないですが、二桁シリーズ以降は、
見た目もサウンドも、どうも“違う”方向へ逝ってしまったようで・・・

外観も美しいですが、内臓も美人ですよ!(爆)━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2016/02/27 01:12 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪

>鮮烈なデビューだった記憶があります
ほうほう、おやじsp.さんも、あの衝撃が記憶にございますか!

物量投入型の米国系でもなければ、同じく物量を投入しながらも生真面目で精緻な国産とも違う、
シンプルながら精緻の極みともいえる精密な作り込みで、独特のオーラを発してました。

当時、C-280Vをリアルで購入する際、MIMESIS2と比較試聴しましたが、
それが、ある種の〝トラウマ”となり、現在まで引きずっておりました!
それほど、MIMESIS2のサウンドは桁外れの素晴らしさでした!

で、只今、それを実感しております!とても幸せな気分です(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/02/27 01:20 URL 編集 返信
No title
初めましてになりますが、仙人様の記事は恐らく全て3回は読み返して、機器の参考にしている者です。私も昨年までMIMESSIS2aを所有していました。理由があって手放してしまいましたが、処女作は別格とショップ店員から聞いていました。インプレ期待しています!

oli*****

2016/02/27 01:25 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

ムンドのプリは、MIMESIS2以降も、新製品が出るたびに懇意にしているオデオショップで聴かせていておりますが、MIMESIS22以降の二桁シリーズはどうも小生の感性とシンクロしません。

MIMESIS22 Historyなんて、確かに素晴しい音なんですが、それは、所謂、特色のない「ハイエンド・サウンド」。まぁ、それに860万出すなら、信頼性で遙かに上回るアキュ(C-3800)のほうが好ましく感じました。ブラインドで聴けば、どちらか分らないほど同じベクトルのサウンドでしたから・・・

タマでいうところの歴史的名機~#7やC22のような存在が、
石では、LNP-2やMIMESIS2ではないでしょうか!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/02/27 01:58 URL 編集 返信
No title
oli*****さん、こんばんは♪

はじめまして!ご訪問&コメいただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

MIMESSIS2aをご所有でしたか!!手放してしまったのですねぇ~(/TДT)/

処女作との大きな違いは、A1モジュールとA2モジュールの違いでしょうか。MIMESIS2+の金色のメタルパッケージされたA2モジュールは、また違ったサウンドでした。あと、初期のMM2のボリュームにはP&Gが使われてましたね。

当方、MM2、MM2a、MM2+を比較試聴したことがありますが、新しくなるに従って、MM2の彫りの深い凄まじい切れ味のサウンドから、よりキメ細やかで深みのあるナチュラルなサウンドへとシフトしていったように感じました。

インプレは、またユルユル書いていきたいと思います(笑)
また、是非、ご訪問&コメいただければ幸いです!!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/02/27 01:59 URL 編集 返信
No title
ogu さん
しんのすけ さん
flattwin さん
さくどう親父 さん
Petitbonhomme さん
非公開 さん
コロッケ さん
KKD_FM さん
jazzclub さん
うに さん
こば さん
altum さん
トオルっチ さん
だいくみや さん

今回も多数の「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

“プリを制する者は、オーディオを制す”の理想に、また一歩、
近づけたような気がします!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/02/27 12:35 URL 編集 返信
No title
同じかも ミキサーを制するものはオーディオを制する(爆)

SEED

2016/02/28 08:08 URL 編集 返信
No title
こちらはマークレビンソンのようにモノプリ それもバッテリードライブ 当然バッテリーは左右別々ということで対抗させていただきます(爆)

SEED

2016/02/28 08:09 URL 編集 返信
No title
おめでとうございます。
此の機種は良いですよね~
殊に、ボーカルものは最高の表現力だったと思います。
自分も手元に置こうかなぁ~、と以前から考えている機種の一つです。

ogu

2016/02/28 08:58 URL 編集 返信
No title
とにかくっ
おめでとうございますぅ^^ /

ウチにはムンドを彷彿とさせたビクターさんがガンバってくれてます。。。T T /

でもまぁやはり、エエ音が出るヤツはエエ面構えです*^^*

男のカワサキ

2016/02/28 12:15 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんにちは♪

ミキサーもプリも、大きな意味で同じカテゴリーですからね(笑)
プレーヤーやPCからのパワーダイレクトでは得られない、
“オデオの深淵”を覗き見ることができますヽ(^О^)ノ

拙宅でも、現状、プリはほとんどが巨大バッテリーユニットによるDC駆動化しております。
微細信号を取り扱うプリは、電源のAC、DCの違いがモロに出ますね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/02/28 12:49 URL 編集 返信
No title
oguさん、こんにちは♪

以前、oguさんの記事でも取り上げてましたよね!
今回は、前ふりでズバリ!言い当てられてしまいました(笑)

ヴォーカルものは、ゾクゾクっっと、問答無用の快感です!
極めて滑らかで豊潤なのに彫り深くソリッドな音像描写!
レビンソンやクレル、ジェフなど、米国系メーカーとは明らかに異なる音作りです。

意外と、オーソドックスなモダンジャズへの対応もバッチリなので、
ogu邸でも存在感を発揮してくれるものと想像します!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/02/28 12:56 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんにちは♪

はい!ありがとうございます!!ヽ(^О^)ノ
新規導入は自重しようと思いつつ、物欲には敵いませんでした(汗)σ(^_^;

ビクターさん、元祖MIMESIS、都市伝説のP-3030ですね!!(爆)
http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/197704153
カタログの表紙の雰囲気が・・・・ムンドっぽいです!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2016/02/28 13:02 URL 編集 返信
No title
新機種導入おめでとうございますm(_ _)m
仙人様が 大喜びってことは 凄いことですね。

凄いことってだけは伝わります^ ^
内臓の記事も 期待しております。

にっぱー

2016/03/05 03:17 URL 編集 返信
No title
にっぱーさん、こんばんは♪

はい!ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

おかげさまで、当分、物欲に苛まれることはなさそうです!(爆)
まぁ、“物欲”は、我が生きる糧なので、尽きることはありませんが(笑)

おおぉぉ~内臓美人の記事ですね! かしこまりました!!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2016/03/06 01:31 URL 編集 返信
No title
にっぱーさん、こんばんは♪

こちらの記事にも「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2016/03/06 01:44 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR