FC2ブログ

SONGSスペシャル レベッカ「明日を信じて 栄光と挫折の物語・・・」♪

いよいよ、今年もあと僅か、ブロ友の記事では、今年の総括などの〆記事が多く見られるようになってきた。

小生、今年は十数年ぶりに年末の休みを本日からいただいたので、もうチョイと一般記事でいこうと思う(笑)

で、一昨日、NHKを見ていたら、SONGSスペシャルで懐かしのレベッカが放送されていた!
なんでも、今年の紅白にはレベッカが初出場するということもあり、その前フリ感タップリであるが(笑)

メジャーデビュー当初、84年頃か、何度か小さなハコでのライヴに足を運んだことがある。今でも、あの当時の爆発的なNOKKOのパフォーマンスは鮮明に覚えている。まぁ、あれよあれよという間に、メジャーバンドになり、あっという間の91年には解散してしまったのだが・・・

SONGSでは、20年ぶりの再結成ライブ『Yesterday, Today, Maybe Tomorrow』(8月12日、13日 横浜アリーナ)の追加公演、11月29日に埼玉スーパーアリーナのライヴ映像を交えながら、様々な秘話が語られる、という構成だった。

面白かったのは早稲田大学でのゲリラライブの映像!実は、小生、その場にいたのだが・・・映像には映っていなかった(笑)あの時のパフォーマンスも凄かった!今のJ-POP系女性ヴォーカルで、NOKKOほどパワーのある歌い手を知らない。

ちなみに、小生は早稲田大学の学生でもなければ、関係者でもないので、あしからず(爆)

イメージ 1

一番感じ入ったのがベースの高橋教之のストーリー。

キーボードの土橋安騎夫やドラムスの小田原豊は、今まで、音楽関連でちょくちょく名前を見かけたが、高橋教之の名前は、トンと耳にすることが無かった。それもそのはず、2000年に音楽業界をやめて、今は運送会社のサラリーマンだそうだ。

その音楽をやめた理由が泣けた。15年前、自分の母親と兄に二人の介護をしなければならない状況になり、音楽だけでは二人を食わせていくことが不安定故、サラリーマンに転身したそうだ。今回の再結成ライヴにも、会社に有給休暇をもらって参加したそうだ。

まぁ、状況は違うが、小生も怪我が理由で音楽をやめざるを得なくなり、サラリーマンの道を選んだ経緯があるので、好きな音楽をやめなければならない高橋教之の苦渋の選択、その心情は少なからず分かる。

番組を見逃した方々のために、YouTubeにUPされていた画像を拝借してきた。
おそらく、早々に削除されると思うので、早めにご覧いただきたい(笑)

ベタだが、レベッカといえばこの曲、「フレンズ」と、これも代表曲にてライヴ〆定番「Maybe Tomorrow」だ。





NOKKO、すごいねぇ~! 流石に全盛期の全身を使ったパフォーマンスは、52歳には厳しいだろうが(笑)、歌声は、当時と比べても遜色のないヴォイスである。今回、相当、ヴォイス・トレーニングを積んできたのだろう。

と、ここで終わっては、オデオブログらしくない(笑)

オデオブログらしいといえば・・・・・・”自己マン録り”!!(爆)

そう、今年最後の自己マン録りはレベッカに決定! 前述の2曲、「フレンズ」と「Maybe Tomorrow」の当時の歌声を録ってみた。両曲とも収録されている4thアルバム『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』を聴いてみる。ご存知、130万枚のセールスを記録したレベッカ最大のヒットアルバムである。

正直に申し上げると、レベッカびアルバムはオデオ的に見地から評すれば、まったくダメダメである(笑)

当時の、J-POP(と、当時は言わなかったが)らしい、上と下をストンと切って、中域薄めのシャリシャリサウンド。LP盤ならまだしも、それがCD盤となると、薄っぺらさに磨きがかかってしまう(爆)

『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』も、例に漏れず、薄口ペナペナサウンド。本来ならばパワフルで爆裂的なNOKKOのヴォーカルが奥に引っ込んで出てこない。中域の密度が薄いので、なんとなく乾いたホコリっぽいサウンドだ。

、、、、が、このような音質の優れない音源を、いかに良質なサウンドとして再現できるかは、オデオ道の一つの課題であり、オデオファイルの腕の見せどころでもある。

高音質盤を高音質に再生するのは容易いことだ。とは、言い過ぎかもしれないが(笑)音の悪い音源を再生させてこそ、そのオデオシステムの熟成度、オデオファイルのスキルがわかるというものである!

なぁ~~んて、断言してしまうと、少々、“自己マン録り”をUPするのがはばかられるが・・・

ここで、秘密兵器の出番である!!

イメージ 2

これまで、時たま記事に登場したことのあるアキュフェーズのプリアンプ、「C-280 Aug-Line Special」 だ!

小生の大好きなプリ、C-280の内部に徹底的にメスを入れたスペシャルモデルである。

内部配線を「金」「銀」「プラチナ」を最適のバランスで配合した特殊合金のオーグライン(Aug-Line)に換装、コンデンサ類も最上の部品に交換してある。外観はミントコンディションのどノーマルだが、電源を3Pインレット化し、電源ケーブルによる音質向上を可能としている。

パッと見では分からないが、オリジナルのC-280とは別物。まさに、羊の皮をかぶった狼である!

C-280の音色音調はそのままに、クオリティを30倍ほど良くしたのが、この、「C-280 Aug-Line Special」(以後C-280SP)である。謎の天才プロフェッサーX氏がメスを入れた傑作である(笑)

280シリーズは、この280SPと、オリジナルで超ミントコンディションの完全ノーマル280、そして280シリーズ最終型の280Vの3台を愛用している。これまで、断捨離を理由に、たびたび、280SPをオク出ししようと思ったが、出品前に再度280SPを聴いてしまうと、「やはり、手放せない!」となってしまう。

現状、メインシステムからは切り離されていたが、前々回の記事で記したエソテリックのP-70vuが修理に旅立ったため、空白となったラックの空間に、急遽設置、今回、“自己マン録り”用プリとして出馬することになった。

この、C-280SP、拙宅プリ軍団の中では、隠れ旗艦とも言える底力を有しており、こと、ヴォーカル再生に関しては、滑らかで艶やか有機的再現で、ジェフやレビンソン、チェロら拙宅旗艦プリと比肩し得るパフォーマンスを聴かせてくれる。

イメージ 3

さて、ダメダメのレベッカCD、如何様に再生することができただろうか!

当然、ダメダメCDが高音質盤に変貌するようなマジックは無いが、それでも、NOKKOのヴォーカルは、それなりの潤いが出てきたと思う。いつものQ2HDなので、そのあたりの実際の出音は分かりにくいかもしれないが、実際は、グッ!と背景の透明度が向上し、若干ではあるが低域が充実、音楽全体の表現バランスが向上した。

では、いつものように、良質はイヤフォン、または、ヘッドフォンで聴かれることおススメする(笑)

上記の2015年の2曲と、30年前、1985年の2曲、読者諸兄の耳には如何に聴こえるだろうか!?

Friends /REBECCA
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)

Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.Accuphase C-280 Aug-Line Special
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : KRELL MD-10
D/A converter: ESOTERIC D-70vu




Maybe Tomorrow / REBECCA
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)

Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.Accuphase C-280 Aug-Line Special
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : KRELL MD-10
D/A converter: ESOTERIC D-70vu


コメント

コメント(20)
No title
仙人さん、こんにちは♪

レベッカですね。NOKKOですよね~。
当時、興味はありましたが、ちょっと好みのジャンルではないので買いませんでした。
レコードは後から買ったかな?でもじっくり聴いた覚えも無く、どこにあるのやら と言う感じです。

「Friends」はやはりオデオ的にキビシイかな。
「Maybe Tomorrow」は多分はじめて聴きましたが良い感じですね。

C-280 Aug-Line Special !いいでしょうね。
高いので、ノーマルも聴いたことがありません(笑)
アンプ部はモジュール化されていて、素子も厳選されており、アルミのハウジングでシールドされている。
すごいですよね。
これを改造したら、良いに決まっていますよ。

手放せないの、分かる様な気がします。

しんのすけ

2015/12/29 23:30 URL 編集 返信
No title
当方も観ました~、、、仕事しながら^^

ソロで同番組に出演した時はちょいと聴いてられませんでしたが、今回はどっこい! 仙人様仰せの通り、実に無難で往時をほうふつとさせる歌声! 相当ボイトレ積んだものと思われます^^。ノッコさんの声がOKだったんで再結成となったかもしれません。

ひさびさLP、聴いてみます~

ぜっぷりん

2015/12/30 03:43 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんにちは♪

>爆音再生は意外と難しいですね
そうなんです。この手の楽曲、バラード以外はガツン!とした音量で聴きたいですからねぇ(笑)
爆音にすると、サウンドの欠点も倍化されるというか・・・

>良くチェック用に使うのは「MOON」
なるほど!左から右へ回遊するシンセでしょうか!ヽ(^О^)ノ

>30倍の280SP、聴いてみたいです。
まぁ、“30倍”は勢いで言ってしまってる・・・ということで(笑)
でも、“3倍”ぐらいはイケてる気がします。
いつでも発射しますよ。おやじsp.さんならコアな280ユーザーなので、
正確な“倍数”が判定できるでしょう(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2015/12/30 12:20 URL 編集 返信
No title
flattwinさん、こんにちは♪

リマスター盤、どうなんでしょう?
拙宅には、レベッカ8枚、NOKKOソロ1枚のCDがありますが、
いずれも、初期ロットのCDなので・・・

リマスター盤に関しては、いずれ検証してみますね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/12/30 12:23 URL 編集 返信
No title
moon!さん、こんにちは♪

>ドリカムも。冬の女王。広瀬香美とか。
今ではJ-POP界の重鎮も、皆、若手バリバリの頃ですよね!

録音コストの問題もありますが、80~85年ぐらいまでは、デジタルレコーディングの黎明期で、しかも、CD製作工程も発展途上、最新のデジタル処理を取り入れたJ-POP系よりも、従来のアナログレコーディングのほうクオリティ的に安定していたのかもしれません♪

>若い人たちの間で将来。「伝説の名曲」が作られてると思いますが
そうあって欲しいと願ってますが、今の音楽界、アーティストの現状を見ると・・・
・・・少々不安であります(笑)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2015/12/30 12:32 URL 編集 返信
No title
びーわんさん、こんにちは♪

ドクターXというよりは、プロフェッサーXです!、、なんのこっちゃ!!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

拙宅でも、この4thアルバム『REBECCA IV 〜Maybe Tomorrow〜』はLPもあります。
まぁ、LPもCDも似たようなものですが、
何とかガッツある再生ができるよう努力しております!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/12/30 12:37 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんにちは♪

細々と活動を続けていれば、それほどでもないのですが、
20年以上も活動を休止していると、懐かしさも一入ですね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/12/30 12:42 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんにちは♪

ほうほう、なんというか、、、意外です!(笑)
この手のヴォーカルもOKなんですねぇヽ(^О^)ノ
いやいや、izumiktaさん、想像以上に懐が深いですね!!(爆)

>パワフルで裏に色気もほんのり見えて・・・(^。^)
独特の雰囲気が日本人離れしている感じがします!
初期レベッカはロック色も強く、外タレのアルバムと比較しても
遜色のないクオリティでした☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/12/30 12:47 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんにちは♪

>「Maybe Tomorrow」は多分はじめて聴きましたが良い感じですね
ライヴのセットリストでは、〆の定番曲となっております!
ライヴでガンガン汗を書いた最後に、このバラードで締めくくる・・・エエ曲です!

>これを改造したら、良いに決まっていますよ
完成度が高いだけに、後から手を入れ難いプリであることは事実ですが、
相当なスキルを持つエンジニアが、ここぞ!というポイントのみ
手を入れれば、飛躍的に能力が向上するのも事実です。

>手放せないの、分かる様な気がします
とは言え、そろそろ、“オデオ終活”のための断捨離を断行しなければ、と思ってます(汗)σ(^_^;

なめちゃん仙人

2015/12/30 12:56 URL 編集 返信
No title
こんにちは

自己マンスゴ録お疲れ様でした。
私的にはこれでも十分かと・・・^^;

一応リアルな世代ですが私はあまり興味が無く「なんでこんなに人気があるの?」と思っておりました。
SONGSは録画してあるので正月休みに見てみますね^^/

ggくん

2015/12/30 12:58 URL 編集 返信
No title
ぜっぷりんさん、こんにちは♪

ほうほう、ご覧になられてましたか!しかも、お仕事もされて!!
お疲れさまでしたぁ~ヽ(^О^)ノ

>ソロで同番組に出演した時はちょいと聴いてられませんでしたが
失礼ながら(笑)、御姿もだいぶ絞り込まれてきたような\(o ̄▽ ̄o)/

>ノッコさんの声がOKだったんで再結成となったかもしれません。
彼女の声がバンドの要ですからねぇ!確かに、そうかもしれませんね!!

>ひさびさLP、聴いてみます~
ぜっぷりんさんは、やはり、アナログで逝んですね!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2015/12/30 13:01 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんにちは♪

新潟~群馬の雪中行軍、いや雪はないか・・・お疲れさまでしたぁ(笑)

はい!この程度の音源クオリティであれば、十分満足できる再生ができていると思います。
できれは、更にブラッシュアップされたであろう、リマスター盤を聴いてみたいです!

ほうほう、ggくんさんは、あまりご興味ありませんでしたか!
SONGSでの裏話を聞くと、彼女らの音楽も、
また違った感じで聴けるかもしれませんよ!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/12/30 13:13 URL 編集 返信
No title
こんにちは~^ ^

いや~良い音になっていますね。

280SP凄いです。

レベッカのレコード、NOKKOのソロアルバム 帰宅したら聴こうかなぁ♪───O(≧∇≦)O────♪
ラックスマンPD-441でレベッカ

年末年始に聴き込みましょうか。
^_-☆

にっぱー

2015/12/30 14:50 URL 編集 返信
No title
にっぱーさん、こんにちは♪

年末、最後の最後まで“自己マン録り”におつきあいいただき、
ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

音源のヴォーカルのサ行がキツク薄くなる傾向も、280SPで再生すると、だいぶ緩和された出音となります。といって、ボケたり緩くなったりしないところが280SPのエエところでもあります!

おっ!にっぱーさん、レベッカのみならず、NOKKOのソロもお持ちでしたか!w(゚o゚)w
紅白とLP、聴き比べも一興かも!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2015/12/30 15:00 URL 編集 返信
No title
こんばんは。

レベッカ、ワタクシでも聴いておりましたよ~!!p(^_^)q

あの力強いボーカルが良かったですよね!!\(^o^)/

久々に聴かせて戴きました。
アキュのプリも侮れませんね~‼(^∇^)

KT

2015/12/30 19:20 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

なんと!レベッカまで!!w(゚o゚)w
いやいや、KTさんも聴かれるジャンルについては、相当懐が深いですね!(笑)

小さい体を激しく動かして歌うNOKKO、パワフルでしたね!ヽ(^О^)ノ

アキュの280は、国産プリが世界の名機に肩を並べた記念碑的モデルですからね!
プリ好きのオデオファイルならば、一度は使っておきたい逸品ですね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/12/31 03:44 URL 編集 返信
No title
レベッカは売れる前にコンサートで聴きました カッコは相変わらず変でしたが歌唱力はありましたね 前座でうたっていました 当時エコーズも前座で歌っていて気になる存在でしたが売れなかったですね♪

SEED

2015/12/31 08:11 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんにちは♪

>カッコは相変わらず変でしたが歌唱力はありましたね
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~変でしたか!!
売れるまでは、音楽の方向性で紆余曲折あったみたいですね。

ホント、実力があるのに「売れない」歌い手は一杯いますから・・・
実力+運がないと、なかなかメジャーでヒットは難しいのかも。
あっ!昨今の訳の分からんジャリタレ軍団は別ですよ!(爆)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2015/12/31 15:18 URL 編集 返信
No title
nai**acnap さん
にっぱー さん
しんのすけ さん
非公開 さん
altum さん
flattwin さん
コロッケ さん
うに さん
リラ さん
ぶんぶく さん

この度も多数の「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

レベッカ、今夜紅白に出るそうです!
紅白自体はトンと興味が無いのですが、レベッカのパフォーマンスは気になります☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/12/31 15:22 URL 編集 返信
No title
ぶにゃんさん、こんばんは♪

「ナイス!」いただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

そういえば、レベッカ、紅白どうだったんでしょう!?
もう出たのかなぁ~(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/12/31 22:55 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR