FC2ブログ

久々登場&生録!ヤマハ創業100周年記念製品 YANAHA CX-10000♪

さてさて、オク出し中のCDX-10000もそろそろ佳境だ!

メンテナンスに5諭吉もかけて落札価格が5諭吉ではシャレにならんと思っていたが、なんとか5諭吉越えをしたようで一安心(爆)ただ、最終日にもかかわらず、入札価格の伸びはいま一つ・・・ラスト1時間に期待したいところである!

あとは、どこぞの勇気ある御仁が即決価格をポチッ!としてくれるのを祈るのみである(笑)

さて、オクとはいえ、折角、CDX-10000が登場したので、久々に同じくヤマハ創業100周年記念製品10000番シリーズのプリアンプ、YAMAHA CX-10000を聴いてみることにした。

この個体、実は2台目である。1台目のCX-10000は旧ブログで何度か記事で取り上げてきた。
http://blogs.yahoo.co.jp/namechan9999/20493.html
http://blogs.yahoo.co.jp/namechan9999/20529.html

現在、手元にある2台目CX-10000は電源を3Pインレット化するなど、少々手を加えてある。

筐体も一部補強されているためオリジナルの25Kgから5Kgウエイトアップの30kgというスーパーヘビー級。重量はスーパーヘビー級だが、サウンドは極めて繊細でデリケートな表現を得意とする。ただし、いざという時の爆発的な低域エナジーはハンパではないが!

CX-10000の詳細については、旧ブログのアーカイブをご覧になっていただくとして、ここでは省こう。

下の写真が、1台目のCX-10000。写真でも分かるように、当時はCX-10000の下に写っているマッキンのパワーアンプMC-2500BKとのカップリングで聴くことが多かった。

イメージ 1

イメージ 2

で、コレ ↓ が2台目のCX-10000。 古代デジカメの不調か・・・ボケボケで画質が悪い・・・

イメージ 3
 
CX-10000とMC-2500BK、一見、水と油のように思われる方も多いだろうが、これが意外とマッチした。CX-10000のしなやかで繊細な高域と、MC-2500BKの図太く力感溢れる中低域が、丁度良い具合にブレンドされて、全域で高解像度ながらもエネルギーに満ち溢れた豊潤なサウンドを聴かせてくれた。

ヤマハ創業100周年記念の10000番シリーズの中でも、何故かこのCX-10000は他のモデルの中古価格と比べて安価な値付けになっている。これは、CX-10000がフラッグシッププリという位置づけから、当時の最先端のデジタル技術を搭載してしまったことに起因する。

当時のプリ(プリアンプ)のトレンドがDAC機能を組み込むことであったため、CX-10000もCDX-10000搭載相当のDACを内蔵した。また、デジタルパラメトリックイコライザーやDSPによる音場創造機能などの最先端デジタル機能もふんだんに搭載され、ハイエンド“デジタル”プリという新たなカテゴリーに挑戦した製品だった。

これが、裏目に出たのだ。DAC搭載は一時のブームで終わり、その後は、以前のトラディショナルなアナログプリが主流となった。改めてハイエンドデジタルプリ分野への新製品の登場は、CX-10000登場から20年後、アキュフェーズDC-300を待つこととなる。

もし、CX-10000が、CDX-10000のDACではなく、10000番シリーズのフォノイコHX-10000と同等のフォノイコを内蔵したピュアアナログプリとしてリリースされていたのなら、アキュフェーズの名器C-280Vをも超えるフォノイコ搭載プリの傑作として現在でも相当な高値で取引されていたことだろう。

実際、CX-10000のライン入力の鮮度は抜群で、最新のハイエンド機にも引けをとらない。DAC搭載と言うことでピュア志向のオデオファイルの評価は低いが、アナログラインの音質を聴けば腰を抜かすことだろう(笑)

、、、という訳で、本日は、CX-10000の実力の片鱗をお聴かせしよう!

聴かせるといっても、例の自己マン生録(笑)、ハンディレコーダーQ2HDによるスピーカーからの出音生録なのだが・・・まぁ、小生の拙い文章でああだこうだと書き連ねるよりも、“百聞は一聴にしかず”だろう!

今回は、あえてアドバンテージのあるライン入力ではなく、評価の低い?デジタル入力からのサウンドを録ってみた。入力側(トランスポート)のクオリティが高ければ、DAC入力でも十分に素晴らしい音が体感できると踏んだからだ。

最初に聴いていただくのは「荒井由美」。そう、ユーミン。何故か? 特に理由はない(爆)

イメージ 4

ベスト盤『日本の恋と、ユーミンと。』より「海を見ていた午後」をチョイス。

CX-10000の抜群の透明度と高SN比が分かる一曲だ。1974年と40年以上前の楽曲なので、当然アナログマスターによる収録だが、CX-10000で聴くと、マスターテープのヒスノイズが鮮明に浮き彫りになるのがQ2HDの録音でも分かる。

高域の透明感溢れる華やかな響きは、まさに“ヤマハビューティー”と呼ばれたヤマハならではの個性だ。

Umiomiteitagogo / Yumi Arai

Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: YAMAHA CX-10000
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : ESOTERIC P-70vu
Master Clock Generator: ESOTERIC G-0dRb(G-0d+Rubidium Frequency Unit)
D/D converter: dCS Purcell
D/D converter: ESOTERIC DD-10




////////////////////////////


もう一曲、ユーミンでオマケ自己マン録り!(笑) 最近、とみに思う「あの日にかえりたい」(爆)

この楽曲、意外と低域のエネルギータップリで肉付けも良のだが、それを再生するのは難しい。
殆どのシステムでハイバランスの鳴りをするが、CX-10000では弾力的な低音を聴かせてくれる。
自己マン生録では、少々高域がシャリついて聴こえるが、実際は滑らかでヌケが良い。

曲のエンドで、うちのカミさんが健康サンダルでフローリングの上を歩く音が盛大に入っている・・・(汗)

Anohinikaeritai / Yumi Arai

Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: YAMAHA CX-10000
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : ESOTERIC P-70vu
Master Clock Generator: ESOTERIC G-0dRb(G-0d+Rubidium Frequency Unit)
D/D converter: dCS Purcell
D/D converter: ESOTERIC DD-10




////////////////////////////


イメージ 5

ユーミンに続いて聴くのは、やはり女性ヴォーカル!(笑)
だって、コレを聴くためにオデオやっているのだからしょうがない(爆)

“お仕事”では殆ど女性ヴォーカルに触れることがないので、趣味のオデオでは徹底的に“歌姫命”なのだ(笑)

中森明菜嬢のニューアルバム『歌姫4』を聴こう。先日「長い間」を録ったので、今回は「ハナミズキ」と「雪の華」をチョイス。いずれも、しっとりとしたバラードで、低く押し寄せてくるような明菜嬢のヴォーカル、そのリアリティの再現性が最大の再生ポイント。

「雪の華」では、バックのアコースティック器群の質感も良く、響きの美しさは特筆モノ。
明菜嬢のヴォーカルが少々細身のなるのが気になるところだ。
このあたりは、MC-2500BKやクレルのKMA-100MKⅡとの組み合わせんほうが上手く再現できるだろう。


Hanamizuki / Akina Nakamori

Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: YAMAHA CX-10000
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : ESOTERIC P-70vu
Master Clock Generator: ESOTERIC G-0dRb(G-0d+Rubidium Frequency Unit)
D/D converter: dCS Purcell
D/D converter: ESOTERIC DD-10



Fuyunohana / Akina Nakamori

Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: YAMAHA CX-10000
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : ESOTERIC P-70vu
Master Clock Generator: ESOTERIC G-0dRb(G-0d+Rubidium Frequency Unit)
D/D converter: dCS Purcell
D/D converter: ESOTERIC DD-10




////////////////////////////


どうだろう、CX-10000の実力の一端は聴いていただけただろうか。

今回、CDX-10000と一緒にオク出しすることも考えたが・・・
“ヤマハビューティー”サウンドの極みに達したCX-10000、なかなか手離し難い魅力がある。

当面は、拙宅システム1軍の古参プリとして、このまま頑張っていただくことにしよう!

コメント

コメント(20)
No title
ヤマハさんは1000MとC2とB1しか知らんけど・・・
超弩級CDPの次には こういうのもあったんですねぇ~(驚)
で、さらに これも在庫品とは・・・

やっぱショップを始めた方がいいかもぉ(笑)
修理については天草のドクターSさんをパートナーということで
ついでにジャズ喫茶なんかも・・・

あっ、飲み屋になりそう(爆)

Zジジイ

2015/03/22 22:05 URL 編集 返信
No title
オーディオは組み合わせですからね。水と油を混ぜ合わせるとクリーミーになったりするものです♪

元新潟のU

2015/03/22 22:47 URL 編集 返信
No title
flattwinさん、こんばんは♪

当時、アキュのトップモデルC-280Lが64諭吉でしたから、
CX-10000が国産機としては如何に高額だったかですよねぇ~

>約30年の月日が経ちましたが調子はいかがなものでしょうか
定期的なメンテは欠かさずにしておりましたので、現在でも絶好調です!ヽ(^О^)ノ
あと30年はイケルかも!!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2015/03/23 00:32 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

>DSPを出した辺りから迷走が。。。(爆
そうなですよねぇ~DSPはAVだけにしておけばヨカッタのですが・・・
CX-10000もHX-10000のフォノイコを搭載していればねぇ(笑)定価80諭吉のCX-10000は中古価格が20諭吉を切るほど割安ですが、HX-10000は定価の35諭吉を超える価格で取引されていたりしますからね。当時のヤマハの関係者は想像もしなかったことでしょう(笑)

>ユーミンさん見直しました~!!\(^o^)/
荒井由美時代のユーミンは、濃厚系のヴォーカルが結構あります!
「航海日誌」とかも、かなりキテますよぉ~☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/03/23 00:41 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんばんは♪

>タダならぬドエライ雰囲気プンプンな、、、
ヤマハさんもバブルでタガが外れたようで・・・(爆)
とんでもないモノを作ってしまいました!\(≧∇≦)/
まぁ、100年に1回ならば、これぐらいやってもエエかもしれませんが(爆)

>オデオに目覚めるのがもっと早ければとか思いますね^^;
いやいや、もっと早ければ、今頃、BTL接続したML-2Lが
4台ほど並んでいたことでしょう!!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2015/03/23 00:47 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

はい!ございましたよ!!
10000シリーズは、まさにヤマハオデオの頂点だったのではないでしょうか!
以降、これほど気合の入った製品はリリースされてませんからねぇ~

>やっぱショップを始めた方がいいかもぉ(笑)
あと数年で身軽になるので(たぶん!)、
オデオ居酒屋兼中古ショップ?でも始めましょうかね!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2015/03/23 00:51 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

組み合わせの妙こそ、オデオの醍醐味ですからね!!

>水と油を混ぜ合わせるとクリーミーになったりするものです♪
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~、“水と油”は微妙ですが、
“卵黄とブランデー”ならば、美味いカクテルができます!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/03/23 00:56 URL 編集 返信
No title
C-1以来のド級プリですもんねー。30年たっても存在感あります。ただ似合うおうちは選びそうです、、、

ぜっぷりん

2015/03/23 03:28 URL 編集 返信
No title
こんばんはm(_ _)m

組み合わせの 妙ってありますね。

ビクターのスピーカーとかに YAMAHAのアンプとか 相性が良かったです。^ ^

にっぱー

2015/03/23 10:56 URL 編集 返信
No title
中高域に独特の響きがのりますね 魅力的です♪ 少し歪感がしますが
それがいい 歪の芸術はヴィンテージの得意分野です
その片鱗がみえます 素晴らしいプリだと思いますね♪

SEED

2015/03/23 18:23 URL 編集 返信
No title
10000製品は余りの高額で聞いた事も有りませんでした。
この頃は手が出ない製品は聞かないようにしていたもので(今も同じですが)
ヤマハの力量を示した逸品のようですね。

本当にDSPではなくてフォノイコを積んでいれば伝説になったプリかも知れませんね~

izumikta

2015/03/23 19:16 URL 編集 返信
No title
こんばんは

自己マン録音4連発、お疲れ様でした。
紹介頂いた『歌姫4』の3曲はほんといいですよね。
私も毎日C22で聞いて自己マンしております(笑)

YAMAHA CX-10000、仙人さまらしい選択ですね^^
私も機会があればYAMAHA製品手元に置きたいと思います。

ggくん

2015/03/23 22:44 URL 編集 返信
No title
ぜっぷりんさん、こんばんは♪

C-1はアナログ時代のある程度演出がなされた音色感ですが、
CX-10000は現行ハイエンドに通じる研ぎ澄まされた鮮度感が売りです!
DAC部の旧さは否めませんが、ライン入力は現役バリバリですね!(笑)

>ただ似合うおうちは選びそうです、、、
はてさて、拙宅では・・・(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2015/03/24 00:43 URL 編集 返信
No title
にっぱーさん、こんばんは♪

>組み合わせの 妙ってありますね
バランス的には同じメーカーでシステムアップしたほうが、安全安心ですが、異種メーカーとの組み合わせでは、失敗もあるものの、純正では得られない音に巡り合える可能性もあるので楽しいですね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/03/24 00:48 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんばんは♪

>少し歪感がしますが
これは、楽曲の持つ歪だと思います!
ユーミンもフォルテでは飽和してますからねぇ(笑)
または、Q2HDの録音レベルを上げすぎたからか・・・(汗)

CX-10000の歪感の少なさと高SNは、
下記の過去記事にも書いたように拙宅プリ軍でもピカイチです!
いかにも国産機らしい物性を突き詰めていった音色感ですね。
http://blogs.yahoo.co.jp/namechan9999/20529.html

>歪の芸術はヴィンテージの得意分野です
これを感じたのはマッキンのMX110でしたね!
マランツ#7も歪感はあるものの、数値では計り知れない素晴らしい音色です!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/03/24 00:57 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

>この頃は手が出ない製品は聞かないようにしていたもので
小生は、逆に手が出ないので、ショップで聴かせてもらってました(笑)
買いもしないのに、長時間試聴して、嫌な客でしたねぇ~(爆)\(≧∇≦)/

>本当にDSPではなくてフォノイコを積んでいれば伝説になったプリかも知れませんね~
世間一般では、パワーのMX-10000のほうが高評価でしたが、
フォノイコ搭載の純アナログプリならば・・・まさに“レジェンド”になっていたでしょうね!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2015/03/24 01:02 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

>自己マン録音4連発、お疲れ様でした。
ちょっとクドすぎましたかねぇ~(汗)
もう皆さん、自己マン録りは飽きたでしょうから、これからは、少々自重しましょう(爆)\(≧∇≦)/

>私も毎日C22で聞いて自己マンしております(笑)
C22が奏でる明菜嬢はタマランでしょうなぁ~~~~
いやいや、羨ましい限りです! ヽ(^О^)ノ

>私も機会があればYAMAHA製品手元に置きたいと思います
拙宅でもヤマハ製品は遂にCX-10000のみとなりましたが、
コイツは、当分、拙宅システムに居座りそうな気がします(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/03/24 01:07 URL 編集 返信
No title
なるほど 全体にそんな感じがしましたが、そうゆうことでしたか
かなり性能がいいということですね♪

SEED

2015/03/25 08:16 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんにちは♪

はい!30年近くも前にこれだけのプリを作れたのですから、
日本の、ヤマハのオデオ技術力は、たいしたものですね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/03/25 12:29 URL 編集 返信
No title
SEED さん
きなこパパ さん
うに さん
jazzclub さん
Chaos さん
こば さん
非公開 さん
コロッケ さん
flattwin さん

今回も沢山の「ナイス!いただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

懐かしの名器ネタ、また次回をお楽しみに(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/03/25 12:40 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR