FC2ブログ

そこまでやるか!KRELL MD-10!今宵は生録り三昧♪

久々、それほど間を開けずのブログ更新である!(爆)

ネタはもちろん、前回の記事でも大満足ぶりを公開した新規導入CDトランスポート KRELL MD-10である。

ディスクをとっかえひっかえ、相変わらず聴きまくっていたところ、ふと気がついた。

ディスクドライブのフィリップスCDM4がビルトインしてある隙間から、神々しいグリーンの光が見えたのだ。

チョイと覗いてみると、視認できるだけでもグリーンの小ランプが上下2列に14個ほどあるのが見えた。
ひょとすると、見えない箇所にもっとあるのかもしれない。

はてさて、この緑色のランプ群はいったい何のためにあるのだろうか・・・・・

イメージ 1

と、ここで思い出したのが、ソニーが開発した「音匠仕様」ディスクのレーベル面だ。

CDの反射膜を僅かに透過してレーベル面に達するレーザーの赤色がレーベル面で反射し、レーベル面とポリカーボネート面でレーザー光が乱反射しエラーの誘発につながる。このレーザーの赤色を、補色である緑色をレーベルコートすることで抑制しようとしたのが「音匠仕様」である。

また、ディストレイを緑色に塗ると音質向上につながる、ということはCD黎明期からよく言われてきたことであり、拙ブログにご来訪のベテランオデオファイルならば、トライアルされたことがあるのではないだろうか。

レーベル面に置く緑色のディスクスタビライザーも製品化されていたので、ご記憶の方も多かろう。

プロの現場では、三菱化学メディアから緑色の特殊インクをレーベル面に塗布した「GREEN TUNE」なるマスタリング用CD-Rがリリースされている。
http://greentune.mcmedia.co.jp/product/cd.html

先日のしばじゅんのニューアルバム「バビルサの牙」に採用されたプラチナCDは、やはり、反射する不要なピックアップ光(迷光)を吸収する効果のあるという理由で、緑色系のターコイズブルーでレーベル面をコートしていた。

このように、レーベル面に緑色をコート補色することで迷光を抑えようとするケースは多々あるものの、MD-10は、それを反射面にも試みようとしたようだ。これは、凄い試みではないだろうか!

ソフトとしてはポリカーポネート面を緑色にコートする訳にはいかない。ならば、再生機側で、反射面に緑色の光を当ててやることで、レーベル面の緑色コートと同じ効果を狙おう、ということなのであろう。いやはや、KRELLさん、そこまでやるか!、、、である(笑)

まぁ、このような音に良いことは何でもやろう!的発想は嫌いではない!(爆)

実際、その「何でもやろう!」の積み重ねが、MD-10の音の良さに繋がっているのは明白である。

今宵は、そのサウンド・パフォーマンスを少しでも伝えられればと、性懲りもなく、いつもの自己マン生録をやってみた! 例のハンディレコーダーZOOM Q2HDでスピーカらの出音を録音する・・・アレである(笑)

今回は、4つの音原を録ってみた。良質なイヤホンで聴いていただくことをオススメする。

イメージ 2

まず、一発目は、前回の記事でも触れたようにヴォーカル再生が抜群にスバらしいので、ヴォーカルCDの音の良さでは五指に入るであろう、ジャシンタ嬢の『Autumn Leaves』を録ってみた。

楽曲は、#10「Moon River」。ナマナマしいジャシンタ嬢のヴォーカルもさることながら、ケイ・アカギの圧倒的なDレンジを誇る原寸大のピアノサウンドを、如何にリアルに再生できるかが最大のポイントである。

MD-10では、音のパルスに対する追従性が素晴らしく、強烈なアタックも実にスムーズに再現する。ピンと張った高域もストレスなく伸びきる。ジャシンタ嬢のヴォーカルはしっとりとした湿り気を帯びた発声で、息継ぎまでナマっぽくエロい(笑)

Q2HDでの生録でも、その実際のリアルさの十分の一ぐらいは伝わるであろう。

Moon River / JACINTHA
Recorder: ZOOM Q2HD
Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: Cello Encore Preamplifier
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : KRELL MD-10
D/A converter: dCS Delius
D/D converter: dCS Purcell



/////////////////////////////////////////

イメージ 3

つづいては、ロリンズさんの大定番・サキコロ!

拙宅では、石を投げればサキコロディスクに当たる!というほど、CD&AD様々なバリエーションを有しているが(笑)、今回は、紙ジャケでリリースされたxrcd盤を聴いてみた。SACDハイブリッド盤もあるが、そのCDレイヤーよりは、xrcd盤のほうが好ましく感じたので、こちらをチョイス。楽曲は#1「ST.THOMAS」。

小生の経験上、ヴォーカル再現性の高いオデオはラッパも良い。なるほど、MD-10でのサキコロ再生、なかなかである。ロリンズさんのラッパは分厚くエネルギー満点!しかも、高域成分もタップリで良く歌う。タイコやピアノも溌剌として新録のような鮮度だ!

Q2HDでの生録では、開始5~6秒のところでノイズが入るが、検証した結果、Q2HDでの生録時に発生したようである。Q2HD本体かSDカードの不具合であろうか・・・他の3画像では発現しなかったが。。。まぁ、サウンドのほうは、まずまずの録れ具合であろう。脳天に降り注ぐシンバルは少々大人しくなるが、エネルギッシュなラッパの感じは少しは伝わるのではないだろうか。

ST.THOMAS / SONNY ROLLINES

Recorder: ZOOM Q2HD
Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: Cello Encore Preamplifier
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : KRELL MD-10
D/A converter: dCS Delius
D/D converter: dCS Purcell



/////////////////////////////////////////

イメージ 4

続いて、勇気を出して明菜嬢の新譜『歌姫4 -My Eggs Benedict-』を録ってみた!(笑)
果たして、皆、無事に見れるかどうか・・・それが問題だ! お早めにご試食願おう!!(爆)

楽曲は、前回の記事でも触れた#4「長い間」。
オリジナルは1998年にリリースされたKiroro(キロロ)のメジャーデビュー・シングルである。

むせびかえるように漂う濃厚な空気感。深く沈みながら、軽やかに舞う明菜嬢のヴォーカル。実際の出音は100点満点のMD-10パフォーマンスであるが、Q2HDでの生録では、低域のエネルギーを上手く取り込むことができない。チョイとボアッ!とした音に録れてしまっている。ピアノは飽和気味・・・ まぁ、ハンディレコーダーの限界だろう。

それでも、ムワムワムワァ~と充満する、明菜嬢のフェロモンが何となく感じとれるのではないだろうか(笑)

Nagai Aida / Akina Nakamori

Recorder: ZOOM Q2HD
Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: Cello Encore Preamplifier
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : KRELL MD-10
D/A converter: dCS Delius
D/D converter: dCS Purcell



/////////////////////////////////////////

イメージ 5

最後は、聴き比べの意味も込めて、明菜嬢歌姫シリーズの第一弾『歌姫』を聴こう。

リリースは、なんと21年も前の1994年! 今や、猫も杓子もカヴァー!カヴァー!のカヴァーブームであるが、その元祖的存在は、やはり中森明菜嬢であると断言できよう。ここ最近、チロッとカヴァーを出した連中とは年季が違う(笑)

で、その第一弾から、相当ハイレベルな歌唱が収録されている。今回は、長年にわたって拙システムの試聴曲として聴き続けてきた#2「愛染橋」を聴いてみた。オリジナルはご存知、昭和の歌姫、山口百恵嬢である!

20年以上前の旧録であるが、MD-10とdCSペアが奏でるサウンドは、これまた、実に鮮度が高く、新録のような木目細かくヌケの良いヴォーカルを聴くことができた。単にフレュシュなだけでなく、ヴォーカルは実在感たっぷりで濃密な香りも漂う。部屋全体を包み込むような響きの豊かさも特筆モノだ。

Q2HDでも、その伸びやかで艶のある明菜嬢のヴォーカルの片鱗が聴き取れるだろう。バックのストリングス群の緻密は音粒の輝きも、そこそこの明度で録れているように思える。全体のエネルギーは浅いが、まずまず聴ける自己マン録りである!(爆)

Aizenbasi / Akina Nakamori

Recorder: ZOOM Q2HD
Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: Cello Encore Preamplifier
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : KRELL MD-10
D/A converter: dCS Delius
D/D converter: dCS Purcell



/////////////////////////////////////////

、、、という感じで聴いていだいた自己マン生録、いかがであっただろうか!?

小生が惚れ込んだKRELL MD-10のパフォーマンスが、少しでも伝われば幸いである!

コメント

コメント(20)
No title
たもchanさん、こんにちは♪

>おぉ、内部に光る緑のランプ☆
緑がエエから緑色のランプを・・・なんとなく、アマチュアっぽくも感じますよね!(笑)
マニアックなオデオファイル目線というか・・・
MD-10を開発された方も、きっとオデオが大好きなんでしょうね!

まぁ、凄いかどうかは別として、仙人郷の春風が、浪花の若旦那の部屋にも吹けば幸いです(笑)

>とにかく明菜はエエです*^^*
まっこと、大御意です!! ありがとうございます!!!(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2015/02/11 14:52 URL 編集 返信
No title
びーわんさん、こんにちは♪

>新緑の間から細かな光が差し込むが如く・・・
びーわんさん、詩人ですねぇ~ヽ(^О^)ノ
麗らかな春の陽気を感じさせるサウンド・・・かつては、ギトギトなエロちっくサウンドを目指してましたが、少々、嗜好が変わってきたようです(笑)

>あの痩せた明奈が心を込めて歌う様が、目に浮かびます
前回UPしたPVのような感じで歌われてしまうと・・・小生、イチコロであります!(爆)

>あっ、聞かなかったことにしておきます
いえいえ、聴いちゃったことにしてくださ~い!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/02/11 15:13 URL 編集 返信
No title
こんばんは

前回のコメには詳しく書きませんでしたが私このMD-10見てます。
クロックに同期するトランスポートを狙っていたのでパスしたのですが「もう少し調べればよかった!}と今になって反省しております(>_<)

録音のアップお疲れ様でした。
「チョイとボアッ!とした音」この感じ解る気がします。
レコーダーのせいにしてしまうのも悔しいのですが出来る事は限られていますので上手く録音できたときはうれしいです。
それにしてもアップしてちゃんと聞けるのがうらやましい^^;

ggくん

2015/02/12 02:08 URL 編集 返信
No title
こんばんは。
レーザーの補色である緑色が良いと云う事はよく聞くのですが
或る方(技術屋)は全ての色を吸収するマットブラックの方が
善いと云う人もいるのです。
拙宅のシーラカンス・オーディオでは違いが全く解らず(T_T)
是非「なめちゃん仙人」様確かめて下さいませ<(_ _)>

デュプレ

2015/02/12 18:29 URL 編集 返信
No title
(*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
桁が一つ少なければもしかして買えるかも知れない。
(≧∇≦)/爆爆♪
高級機になればなるほど太く暖かみのある音質(音作り)になって
ゆくように感じました。

しかし何度見ても美しいトランスポートですね~^^)♪

ぶにゃ~んと歌う猫♪

2015/02/12 19:32 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

>私このMD-10見てます
およよ!w(゚o゚)w ひょっとして、“あのお店”で見てましたか!
小生、見た瞬間、即買いしてましたよ(爆)\(≧∇≦)/

>「チョイとボアッ!とした音」この感じ解る気がします
低域のエネルギーと分解能、これがハンディレコーダーにとって一番苦手な部分です。
エフェクトでいくらでも補正できるのですが、それでは出音を生録する意味がなくなりますからねぇ
これからも、飽きずに自己マン録りをする・・・・かもしれません!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2015/02/13 01:21 URL 編集 返信
No title
デュプレさん、こんばんは♪

>全ての色を吸収するマットブラックの方が善いと云う人もいるのです
はい!そのようですね!!ピックアップ部は完全遮光が良い、という視点からすれば、外光をとりいれてしまう、MD-10のようなトップローディングはNGなのかもしれません。まぁ、そこらへんのところは、各社、トライアルしながら詰めているのでしょう!

>是非「なめちゃん仙人」様確かめて下さいませ<(_ _)>
MD-10で緑ランプのON/OFFとができたら、違いが確かめられたかもしれませんね(笑)
そうそう、ディスプレイのON/OFFみたいに!!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/02/13 01:28 URL 編集 返信
No title
ぶにゃんさん、こんばんは♪

>桁が一つ少なければもしかして買えるかも知れない。
MD-2のUSEDならば、桁一つ少ないところまで相場が落ちてきているのでは(笑)
是非、プリメインと一緒に逝っちゃてみてください!(爆)\(≧∇≦)/

はい! 眺めているだけでも大満足!、
リッドの下がるさまを見ているだけでも大満足!であります(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/02/13 01:33 URL 編集 返信
No title
le8**y さん
リラ さん
flattwin さん
jazzclub さん
さぶちゃん大王 さま
ぜっぷりん さん
非公開 さん
コロッケ さん

こんな、自己マンしまくりの記事にまで多数の「ナイス!」をいただき、
誠に恐悦至極に存じ上げます!!(爆)━(*≧∇≦*)━☆★

まぁ、これに懲りずに自己マンにお付き合いくださいませ!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/02/13 01:37 URL 編集 返信
No title
こんにちわ。

今日、漸く聴く事が出来ました。。。(*^_^*)

凄い!素晴らしい!!\(^o^)/
拙宅と同じQ2HDで録った音とは到底思えませぬ。。。(>_<)

特筆すべきは女声ボーカルの響きの良さと、肥大しないふくよかさ・・・!!(*^▽^*)
ウチの『なんちゃってCDシステム』では到底出すことが出来ないばかりか、アナログでも怪しいものです。。。('Д')

良い音楽を有難うございました!!(*^_^*)

KT

2015/02/13 17:35 URL 編集 返信
No title
緑の光とは・・・ さすがに、やることは全てやるという精神のあらわれでしょうね!!
こういう超高級機は違いますね~

そういえば前は私もCDの縁を緑に塗っておりました。
これ聴き比べると結構変わるのですよね。

録音、ライン直録りみたいです(@_@)

izumikta

2015/02/13 18:20 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

自己マンの駄音にお付き合いいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
世辞でもそうおっしゃっていただくと・・・・ちょーしこいて、また録っちゃいますよぉ~(爆)

まぁ、ヴォーカルはウン十年心血を注いできたので、ある程度は鳴っていると思います。
ただ、KTさんシステムのように血が噴出すような“熱さ”には、まだまだ届きませんね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/02/14 01:42 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

ある程度、開発費も含め開発陣に権限委譲されていると、
やりたいことはなんでもしちゃおう!てな感じで製品化できるのでしょう(笑)

>そういえば前は私もCDの縁を緑に塗っておりました
さすが、歴戦のオデオ勇者、やられてましたねぇ~(笑)
縁をカットすると音質に良いとかで、縁カット専用機なんかもアクセとして売られてましたよね!
実聴、変わるので、少なからず効果はあるのでしょうヽ(^О^)ノ

>録音、ライン直録りみたいです(@_@)
多くの本&雑誌やらオデオ機器やらが詰まっている部屋ですし、K2のバスレフポートがある背面には、動画の右SP後ろにチラリと見えているソネックスを張り巡らしているので、かなりデッドな部屋だと思います。そのため、部屋の響き等に影響されにくいのでしょう☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/02/14 01:55 URL 編集 返信
No title
きなこパパ さん、こんばんは♪

こんな自己マン記事に「ナイス!」いただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

また、遊びに来てくださ~い!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/02/14 01:56 URL 編集 返信
No title
Alicia さん、こんばんは♪

お恥ずかしい自己マン生録記事にもかかわらず、
「ナイス!」いただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

最近、忘れた頃の更新になってますが(汗)、また覗いてやってください!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/02/17 01:35 URL 編集 返信
No title
仙人さん、こんにちは♫

んー。カッコイイです(^O^)/
でも、緑色はCDの裏や縁がいいので、光を当てたら余計に乱反射する気がしますね。

むき出しだから、ピックアップだけ顔だした紙を貼れば音質比較出来ますが、開発者に失礼だし、意味が無いから止めた方が良いですね(笑)

YouTube聴きました。いい感じですね。
視聴盤も一つを除いて所持してるのでね。

しんのすけ

2015/02/19 07:36 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪

おそらく、実聴主義のダン・ダゴスティーノのことですから、緑色の光源については、ランプの種類、光質、光量など、相当なパターンをデータ解析&ヒアリングで詰めて決したと思いますよ!

>視聴盤も一つを除いて所持してるのでね
まさか、『歌姫4』ではないでしょうね!\(o ̄▽ ̄o)/
いますぐに買いましょう!!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2015/02/20 01:40 URL 編集 返信
No title
こんばんはm(_ _)m

隙間からじゃなくて、内臓が観てみたくなる そんな 作り込みですよね。(^_-)-☆

にっぱー

2015/03/04 00:57 URL 編集 返信
No title
にっぱーさん、こんばんは♪

流石にMD-10を開腹するのは・・・
・・・なにやら複雑そうな構造なのでやめました(笑)
でも、見てみたい欲求にかられる緑ランプです(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2015/03/04 01:17 URL 編集 返信
No title
にっぱーさん、「ナイス!」までいただき、ありがとうございま~す!\(*^Ο^*)/

なめちゃん仙人

2015/03/04 01:19 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
61位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
1位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR