FC2ブログ

仙人郷が“大都会”に!? ♪

なんだろう。最近、オデオの調子がすこぶる良い。

オデオ機器の機械的な調子ではなく、オデオシステムからの出音の調子=満足度が良いのだ。

だからなんなんだよ!、と言われても、言い返す言葉も無いのだが・・・

まぁ、簡単に言えば、オデオの鳴りが「ぜっこうちょー!!」、こうなるともう、ひたすら音楽を聴くしかないのだ(爆)

イメージ 1

今宵はお気に入りのジャズを、ずっと聴いていたが、旧録にもかかわらず新録のような鮮度の高さを聴くことができた。ここで言う、“鮮度”とは、昨今のハイエンドに共通した透明度の高い超繊細なサウンドとは異なる。

ジャズ特有の濃厚な力強さ、汗臭さ、泥臭さ、土臭さ、などは、いささかも薄まったり、抜けることはない。“鮮度”とは、黒く光る額から飛び散る汗、鼻をつく松ヤニの臭い等が、スーパーリアリズムをもって眼前で展開することである。オデオ的な高SN比、高解像度のサウンドを指している訳ではない。

超ハイエンドの高解像度指向は、むしろ、このリアリティを薄めてしまう傾向が多く、それは、50年代、60年代といった古いアナログ録音のマスターで特に顕著である。50年代のぶ厚く濃厚濃密なジャズサウンドが、しばしば灰汁を抜いたようなサウンドに変貌するのを何度か経験した。

拙システムでは、そのような灰汁抜きが無く、限りなく実在感が向上する!・・・・と自己マンかましてみた(爆)

古いジャズがそんなに楽しいのならば、古い歌謡曲はまた格別であろう(笑)

小生、オデオファイル御用達のジャズやクラといったジャンルも大好きだが、それらにも増して好きなのが純然たる“歌謡曲”だ。日本の“歌謡曲”は、ある意味、日本の民族音楽と言って良いほど、日本人の資質を表わしている。

海外の良いものを積極的に取り入れ模倣し、元のモノ以上に昇華させる日本人気質は、歌謡曲に良く現れている。欧米のジャズ、クラ、ロックはもとより、ボサノヴァやタンゴ、サルサ、サンバ等のブラジル音楽、ラテンのリズムなど様々なジャンルの音楽要素を入れながらも、日本独自のポップスを形成している。

昨今では、海外の模倣が強すぎて、日本のオリジナリティが失われているように思えるが、70~80年代の歌謡曲は、実に上手いこと、日本と世界の音楽的フュージョンに成功している・・・・ように思う(笑)

そこで、コレ!80年代を代表する歌謡曲を集めたコンピレーションCD『CLIMAX BEST 80’s GOLD』だ!

イメージ 2

イメージ 3

80’sと言いながらも、79年の楽曲が6曲も入っているのはご愛嬌(笑)CD2枚組み全34曲は、誰もが一度は耳にしたことがある楽曲ばかりだろう。アーティストも楽曲名も知らなくても、ラジオから、テレビから、街角の有線から流れていた・・・そんな時代の名曲たちである。

70年代、80年代を網羅したこのCLIMAXシリーズ、このGOLD以外にも12種類リリースされている。小生のような“歌謡曲好きオヤジ”をターゲットにしているのは間違いない(笑)そんなチープな企画のCDなんぞ買うバカがいるか!・・・・・ここにいるぞ!小生だ(汗)

収録された34曲の中でも、異彩を放っているのが、DISC2の#16に収められているクリスタルキングの「大都会」だろう。リリース当時は、3オクターブの声域を持つ田中昌之のハイトーンヴォイスに驚いた記憶がある。

いま、改めて聴くと、立派なロック!ツインヴォーカルもエエ感じである。前述した海外のエエとこ取りで言うならば、ロック・オペラ、プログレあたりの要素を取り入れたのだろう。ハイトーンヴォーカルを軸に壮大なテーマで構成された楽曲はクイーンの香りがする。まぁ、田中昌之のヘアスタイルもブライアン・メイぽいのだが(笑)

イメージ 4

いやはや、なんとも痺れるシングルジャケ!!!(爆)

昨今、自費制作のCDでも、もうチョイと見栄えのするジャケが作れるのだが・・・
ここまで、ダザダサでショボイと、逆にインパクト大と言えるかもしれない(笑)

ちなみに、「第10回世界歌謡祭」って、一体なんだったのだろう?、、、よく知らん!!(爆)

前回に続き、今回もハンディレコーダーで遊んでみた! プリはジェフのコヒレンス、その他は前回同様だ。

DAITOKAI / CRYSTALKING

Recorder ZOOM Q2HD
Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: Jeff Rowland D.G. Coherence
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : ESOTERIC P-0
Master Clock Generator: ESOTERIC G-0dRb(G-0d+Rubidium Frequency Unit)
D/A converter: dCS Delius
D/D converter: dCS Purcell



当時、テレビで聴いていた時の印象とかなり異なる。これほど多くの音が刻み込まれているとは思わなかった。
現在のオデオシステムで、“あの頃”の歌謡曲を聴くと、頭の中にあるイメージとは異なり新鮮で楽しい。

歌謡曲と言えば・・・・・・久々に、コレも聴いてみた。

イメージ 5

例の難敵、セシウム明菜である(笑) 

音作りにクセのあるアルバムで、低域~中域の音粒が非常に多く屈強なエネルギーを保持している。そのため、相当な解像度を持ってしないと、ある種の混濁感が生じ、明菜嬢のヴォーカルが音海に埋没してしまう。

現状の拙システムで聴くセシウム明菜嬢は絶品!背景とは綺麗に分離し、左右のスピーカー間にナマナマしく明菜嬢のヴォーカルが表出する。コヒレンスをACモードからバッテリーモードを切り替えて聴くと、背景のSNが更に数段向上、すぅ~っと部屋の空気が澄んだようにも思える清涼感がヴォーカルや楽器群を際立たせる。

プリの能力次第では、ボリュームを上げるとゴチャゴチャとしてうるさく感じるCDだが、コヒレンス+dCSを軸とした拙システム構成では、音場の広がり、音像の定位とも申し分なく、ボリュームをグングン上げて行っても、バランスが崩れず耳につくピーキーさは微塵も感じられない。

先般、ブロ友・こばさんもレコーダーで“自分録り”していたので、小生もトライしてみた(笑)

EKI / Akina Nakamori

Recorder ZOOM Q2HD
Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Pre Amp.: Jeff Rowland D.G. Coherence
Power Amp.: PASS labs ALEPH 2
Transport : ESOTERIC P-0
Master Clock Generator: ESOTERIC G-0dRb(G-0d+Rubidium Frequency Unit)
D/A converter: dCS Delius
D/D converter: dCS Purcell



やはり、低域の再現は難しいようだ。実際に聴く出音は、超低音が抜群の沈み込みで「ズズズゥ~~~ンンッ」と空気を震わすような低音感なのだが、コレの再現はハンディレコーダーとYouTubeでは無理(笑)

ヴォーカルは瑞々しさが少々後退し、明菜嬢のヴォーカルはヒアルロン酸不足の乾燥肌か(爆)

バックのストリングスとヴォーカルの分離感の良さは、Q2HDでの録音でも何となく聴き取れるようだ。グッ!と腰の入ったヴォーカル、フワッとした心地良い響きの雰囲気は、感じ取っていただけるものと思う。


////////////////////////////////


さてさて、ここまで来ると、後は音楽を聴いてオデオ人生の余生を送るしかないのか。

それとも、SACDやアナログを、もう一歩先に進めるか。

PCオデオについては、オデオという“趣味のカテゴリー”とは異なる視点で進めるのが賢明だろう。
PCで可能な様々なコンテンツの内の一コンテンツという立ち位置が、一番、着手し易く違和感もないと思う。

まぁ、当面はサイコー!な現状を維持しながら、無限に広がる音楽世界に身を委ねたいと思う。

コメント

コメント(20)
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

>富山にも約1名 生存しとります(自爆)
ほうほう、ここにも、オヤジ企画のもって“鴨”がひとり!!(爆)
Zジジイさん的には70’sのほうがエエでしょう♪

>私の方は日々刻々と変化しており
WEケーブル症候群の効力で、サイコー!の真っ只中ではないのでしょうか!(笑)

>諸般の事情で(爆)
周りがかなりの爆音のなかで、“ルーティンワーク”をされていたのでしょうか(爆)

YouTubeでも、仙人郷の空気感が少しでも伝われば幸いです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/10/29 00:54 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

はい!何故か分かりませんが、ぜっこちょー!過ぎてます(爆)
オデオ的には弄るところも無いので、音楽を聴くか、“自分録り”で遊んでおります♪

CLIMAX BESTシリーズ、聴いていると、ついつい当時に思いを馳せてしまいます!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/10/29 00:57 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

はい!相変わらず、なんでもかんでもごった煮状態で音楽を楽しんでおります!(笑)
まぁ、izumiktaさんも、かなり“幅広”ですよねぇ~ヽ(^О^)ノ

>明菜さんのジャケットの秀逸性に再度唖然!!
パッケージ裏面の全身バージョンもエライことです!!
ニヤニヤを奥様やお嬢様に見られないようにしてくださいねぇ~
家長としての威厳が・・・(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

大都会、ギンギンのヴォーカル、ギターソロもエエ感じで録れてました!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/10/29 01:06 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

ほうほう、気に入っていただけましたか!!
このセシウム明菜盤、その他の楽曲はジャズ系アレンジも多くあり、
KTさんのジムランマルチならば、かなりエエ感じで鳴ると思います!

>ワタクシも、このセシウム明菜嬢、探します。。。
ゲスブにご一報いただければ、小生とZジジイさんとの共通の知り合いである「私の友人の知人の・・・・のカレ」がセシウム明菜嬢のマスター的な何か?を送ってくれるかもしれません(爆)(^o^)v

なめちゃん仙人

2014/10/29 01:16 URL 編集 返信
No title
ごまりさん、こんばんは♪

>大都会、まさにクイーンです(爆)
ベースは「ボヘミアン・ラプソディ」でしょうか!(笑)
「ボヘミアン・ラプソディ」75年、「大都会」79年と、時代的にもクロスしますね。
何らかの影響を受けているかもしれませんよぉ~(笑)

>かのマーティー フリードマンが、今や日本人化していますが
日本人より日本人ぽいですね!
見た目は、完全にジンガイですけど(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2014/10/29 01:26 URL 編集 返信
No title
デュプレさん、こんばんは♪

空気が乾燥してきて、人間にとっては風邪のもとですが、
オデオにとっては環境良好のようですね!(笑)

>以前より良く聞こえるのです不思議なものですね(^_-)-☆
久々に聴くと、そういうことが良くありますね!
コルトレーン&ジョニー・ハートマン、秋の夜長にはピッタリのアルバムです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/10/29 01:30 URL 編集 返信
No title
「ぜっこうちょー!!」とは、ご機嫌ですね。

俺も「第10回世界歌謡祭グランプリ」って何だかわかりませんでした。
発売された頃も、ジャケットのそのコピーを見て、なんか凄いんだろうなぁと思ったくらいです。

79から80年代は俺が中1からの10年間、エアチェックしたり、車の免許取った頃にドライブで聴いたり、思い出がいっぱいです。
ん、でもなぜか良く聴くのは70年代が多かった。

「大都会」EPあったはずなので、探して聴いてみます。

おやじ sp.

2014/10/29 01:54 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪

はい!何を聴いても満足度が高いので、
過去、再生が難しかったCDを片っ端から聴いております(笑)
いまのところ、「ぜっこうちょー!!」に待った!をかけるタイトルは出てきません♪

>俺も「第10回世界歌謡祭グランプリ」って何だかわかりませんでした
いやいや、改めてググってみたら・・・ウィッキーさん曰く、
70年~89年までヤマハ主催で開催されたエライ賞だったんですね!ヽ(^О^)ノ

上條恒彦、中島みゆき、サンディー、世良公則&ツイスト、
円広志にボニー・タイラーやセリーヌ・ディオンまで!!w(゚o゚)w
歴代に受賞者にはビッグネームが連なっておりました。

>ん、でもなぜか良く聴くのは70年代が多かった。
音楽的にも、オデオ的にも、やはり70年代は刺激的であったし、
アツく面白い時代だったからではないでしょうか。

>「大都会」EPあったはず
おやじsp.さんのアナログシステムならば、きっと魅力なクリキンが聴けるでしょう!

なめちゃん仙人

2014/10/29 02:23 URL 編集 返信
No title
おお! オデオ絶好調は何より! 仙人様のお耳も絶好調なのでしょう!

クライマックス・ベスト、イイ選曲ですよね。うちも2枚ほどありますが、おかげで歌謡曲CDを買うきっかけ(ハメ?)になりました。

我が家のオデオ、あ~あ~、果ってしぃない~ 夢を追い続けぇえ~え~♪ で頑張りたいと思います、、、

ぜっぷりん

2014/10/29 12:19 URL 編集 返信
No title
ぜっぷりさん、こんにちは♪

はいはい!ぜっこーちょー!!でおまヾ(@゚▽゚@)ノ
本日は、週末また休みなしなので、お休みの日にしちゃいました!
午前中より、ジャズ→クラ→フォーク→クロスオーバー(笑)→しばじゅん(爆)の流れできてます!

ほうほう、ぜっぷりんさん宅にもクライマックスシリーズありましたか!
40代半ば以上~アラ還過ぎまでのオヤジどもを、見事にカバーした企画ですね(笑)

“アノ”の影響か、ぜっぷりん邸にドカン!とプロミキサーが来る日も近いのでは!?\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2014/10/29 13:08 URL 編集 返信
No title
こんばんは。
「今夜も最高 !!!」のoguです (笑)
仙人様の郷も音楽の秋で絶好調のご様子、素晴らしいです !!!

>コヒレンスをACモードからバッテリーモードを切り替えて聴くと、背景のSNが更に数段向上、すぅ~っと部屋の空気が澄んだよう
正に、其の通りですね !!!
拙宅では、低域のドライブ力も向上する様です !!!
持ってて良かった~ (笑)
心の底からそう思えるプリですね !!!

ogu

2014/10/29 18:41 URL 編集 返信
No title
おこんばんはですぅ♪

おぉ、、、ぜっこーちょーでナニよりですっ^^ /

ワタクシ、KT邸でのクワちゃんの音が耳から離れずに。。。T T

ま、そんな中での大都会(笑)
仙人さまの動かない動画で聴いて、オデオで聴きたくなりました☆

エエ曲ですよねぇ、ひっさしぶりにLP聴いてみました♪

男のカワサキ

2014/10/29 19:20 URL 編集 返信
No title
大都会素晴らしい♪ 優秀録音です こんなにヴィブラートをきかせているとは思いませんでしたよ♪

SEED

2014/10/29 21:27 URL 編集 返信
No title
oguさん、こんばんは♪

お互い、「今夜も最高 !!!」と「ぜっこーちょー!!」同士、
秋の夜長のオデオは、楽しいですなぁ~(笑)

>拙宅では、低域のドライブ力も向上する様です !!!
SNが向上したことで、音像の力感が明瞭化、
低域のドライバビリティ、高域の分解能に寄与しているようです!

持ってて良かった、一家に一台、コヒレンス!!!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2014/10/30 01:33 URL 編集 返信
No title
内緒さん、こんばんは♪

またまた、相変わらずお戯れを!!

小生、如何に誘惑されようとも、無い袖は振れませぬぞ!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2014/10/30 01:36 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんばんは♪

>ワタクシ、KT邸でのクワちゃんの音が耳から離れずに。。。T T
いずれにしても、クワドエイトが絶好調なことは証明されたので、
あとは、たもchanさん邸に合わせて、飼い慣らすだけでしょう!ヽ(^О^)ノ

>仙人さまの動かない動画
微妙に動いてますよ。オートフォーカスが!!(爆)\(≧∇≦)/

クリキンの大都会、改めてエエ曲だとカンドーしました(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/10/30 01:40 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんばんは♪

やはり、テレビのイメージが大きいので・・・改めて聴くと、
エライちゃんとしてます!当たり前ですが!!(爆)\(≧∇≦)/

ヴォーカル、ハモリ、バックの演奏・・・
いやいや、たいしたもんですクリキンは!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/10/30 01:44 URL 編集 返信
No title
こんばんは

いつもながらスゴ録、感服しましたm(__)m

>灰 汁を抜いたようなサウンド…
あはは、自分の事を言われているようで耳がいたいですね(^^;
私も歌謡曲は大好きです(*^^*)
CLIMAXシリーズは美味しいとこ取りな感じかして何故か手が出ません。
でもクリキン聞いてみようかなぁ(^^)

ggくん

2014/10/31 00:59 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

ありがとうございます!
ハンディレコーダーで、そこそこは上手く録れたようです。

>自分の事を言われているようで耳がいたいですね(^^;
いえいえ、とんでもないでしょう!
パスにワディアにマクレビ、JBL・・・どちらかと言えば、
仙人郷が目指すところの“濃旨サウンド”ではないでしょうか♪

>CLIMAXシリーズは美味しいとこ取りな感じかして何故か手が出ません
確かに、美味し過ぎて腹いっぱいな感じです(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

クリキン、あっぁあああああ~~~~~が、タマリマセンです!\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2014/11/01 00:53 URL 編集 返信
No title
にっぱーさん
絵里奈さん
izumiktaさん
非公開さん
コロッケさん
Chaosさん
flattwinさん
こばさん
さぶちゃんさん

今回もたくさんの「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

これからも、“歌謡曲”と“自分録り”は定期的に記事に取り上げたいと思います!

引き続き、よろしくお願いいたします☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/11/01 00:58 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR