FC2ブログ

究極の松田聖子!? アナログマスター/ダイレクトDSDによるハイブリッドSACD化♪

イメージ 1

さてさて、テレサ・テンのStereo Sound Flat Transfer Series発売と同時に舞い込んできたビッグニュースだ!

小生が以前より切望していた松田聖子嬢のアルバムが遂にハイブリッドSACD化されることになったのだ!

驚いたのは、販路が通常のオープンではなく、ステレオサウンドでの独占販売。これまで、アイドル歌謡の歌姫では、山口百恵と中森明菜がアルバムのハイブリッドSACD化されているが、いずれも所属レーベルからのオープン・リリースである。

百恵嬢、明菜嬢と並ぶビッグネームの聖子嬢ならば、相当なビッグセールスが見込めるはず。本来ならば、ソニーが昨今の80年代アイドル歌謡ブームに乗っかって一大キャンペーンを張るのが当然だと思うのだが、何故の販路を限定したリリースなのか・・・不思議である。

今回リリースされるのは、初期アルバム『SQUALL』『風立ちぬ』『PINEAPPLE』『CANDY』『ユートピア』『SUPREME』の6タイトル。個人的には、『SUPREME』よりも、『North Wind』か『Silhouette 〜シルエット〜』をリリースして欲しかった。が、初期アルバムではオデオ的にも一番好ましく思う『ユートピア』が含まれているのは嬉しい。

第一弾は、9月25日に『SQUALL』と『風立ちぬ』が発売される。価格は、いずれも3,780円(税込)と、テレサ・テンCD-Rから比べれば、はるかに良心的価格だ(笑)もちろん、収録曲数は2曲ということはない!(爆)

オリジナル同様の楽曲を収録。カラオケとか何とかバージョンとか余計なオマケが無いのも良い。

イメージ 2

「Stereo Sound STORE」 HPより抜粋
http://store.stereosound.co.jp/products/detail.php?product_id=2012



松田聖子「風立ちぬ」(CD/SACD)【9月下旬発売・予約注文品】
型番:SSMS-002
¥ 3,780
発売日:2014年9月25日
海外発送:可

※2014年9月23日~25日に東京有楽町・国際フォーラムで開催される「2014東京インターナショナルオーディオショウ」の当社ブースにおいて、限定数を先行販売する予定です。
是非会場にお越しください。(通常のご予約注文の出荷は、9月25日以降を予定しております。)


アナログマスターからダイレクトにDSD変換。
CD層の音もオーディオライクです!

この松田聖子SACD化プロジェクトにおいて、スーパーバイザーとして音質の監修を務めるのは、高級オーディオ専門誌「季刊ステレオサウンド」での連載をはじめ、高音質な音楽ソフトに関する著作が豊富な嶋護(しま・もり)氏。東京・乃木坂のソニー・ミュージックスタジオ 東京で実施されたマスタリングにも立ち会っていただきました。

そして、オリジナルマスターからのリマスタリング作業を担当したのは、Sony Music Studios Tokyoに所属の鈴木浩二氏。鈴木氏は、音楽ジャンルやレーベルの枠を超えて数多くの作品の録音やマスタリングを手がけているエンジニアです。

実際のマスタリング作業は、まず、マルチチャンネルマスターからトラックダウンされた1/4インチ アナログ・ステレオマスターそのものをよく聴くことからスタート。幸い、マスターの音質はきわめて良好で、嶋、鈴木両氏によるディスカッションの結果、この音を極力そのままSACDという大きな器に移し替えようというマスタリングの方向が定まりました。その結果実施されたのは、若干のEQとレベル調整のみで、今回はフィルターもリミッターも排除されています。

そこで得られたサウンドはそのままDSD(ダイレクト・ストリーム・デジタル)へと変換されてDSDマスターとなり、ディスクのSACD層へと記録されることになりました。

一方、本盤はハイブリッドSACDですので、CD層も持っています。今回は、ここに記録されるサウンドにもリマスターが施された新しい音源を収録。上記でDSD変換されたデジタルデータをPCM変換することで、CD層の音源を制作いたしました。したがって通常のCDプレーヤーでお聴きいただいても、これまで以上にオーディオライクな音でお楽しみいただくことができます。

イメージ 3

オリジナルのアナログマスターテープを再生するのはスチューダーのA820。
その出力がダイレクトにDSDされている

イメージ 4

マスターテープの音そのものを活かすためのマスタリング風景。背中はエンジニアの鈴木氏


●お願い
今回のリマスタリングでは、SACD層とCD層を問わず、マスターテープのダイナミックレンジを完全に収録するために基本音量レベルを低く抑えています。そのため、通常のボリュウム位置では、ラウドネス効果により音の精彩を欠くように感じることがあります。できるだけボリュウムを上げてお聴きくださることをおすすめいたします。

Specifications

■スーパーバイザー:嶋護
■マスタリング エンジニア:鈴木浩二(Sony Music Studios Tokyo)
■ディスク形態:SACD/CDハイブリッド版(SACD層はステレオのみ)
■デジパックジャケット仕様、嶋護氏による特別解説書(4ページ)つき
■完全限定生産 ステレオサウンド独占販売品

※お知らせ:本商品は株式会社ステレオサウンド独占販売品のため、小社ホームページ「ステレオサウンドストア」、および通信販売のみのお取り扱いとなります(一部のオーディオショップを除く)。



う~む、、、これは、また買ってしまいそうな悪い予感?がする(爆)

拙ブログの来訪者には、聖子嬢フリークが多いので、もう既に予約されている御仁もいるだろう!

ただ、個人的な意見を言わせてもらえば、何枚かづつチマチマとリリースするよりも明菜嬢のようにドドン!と全アルバムをBOXで発売して欲しかった。まぁ、単に1枚1枚買うのが面倒臭いだけなのだが(笑)

手元にある9タイトルあるマスターサウンド仕様アナログ盤との比較試聴も、是非、試みたいので、今後、更なるタイトルのハイブリッドSACD化を望みたいものである。

イメージ 5

コメント

コメント(20)
No title
デュプレさん、こんばんは♪

見境なくCDを買っているうちに・・・気がつけば、玉石混淆7000~8000枚?(笑)
でも、LP3000枚よりスペースをとらないのは、
さすが、“コンパクト”ディスクです(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2014/09/13 00:51 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

ガラードが奏でるアナログサウンド、素敵な歌声でしょうね!

ggくんさん宅では、アナログ松田聖子 VS 究極の松田聖子ですね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/09/13 00:54 URL 編集 返信
No title
今晩は。ご無沙汰してます。
20数年前ですが、私は一人で日本武道館までライブを聴きに行ったことがあります。そのくらい松田聖子さんが好きでした。
そんな私としては、パイナップル、ユートピア、風立ちぬの3枚が欲しくて、検討中です。

兵庫の耳悪オヤジ

2014/09/14 00:05 URL 編集 返信
No title
兵庫の耳悪オヤジさん、こんばんは♪

こちらこそ、ご無沙汰しておりますヽ(^О^)ノ

な、なんと!武道館ライヴまで行かれたのですか!!
これは、筋金入りの熱烈な聖子嬢ファンですねぇ~\(o ̄▽ ̄o)/

このハイブリッドSACD、例のCD-R価格だと、とても手が出ないのですが、
この価格だと、え~い、買っちゃえ!!的気分になります(笑)
もちろん、オヤジ殿も逝っちゃうんですよね!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2014/09/14 02:11 URL 編集 返信
No title
こばさん
しんのすけさん
さくどう親父さん
非公開さん
デュプレさん
flattwinさん
にっぱーさん

今回も、「ナイス!」いただき、誠にありがとうございますヽ(^О^)ノ

ジャズやクラに造詣が深いオデオファイルの中にも、
「実は聖子嬢のファン・・・」という御仁が結構多いようです。
まぁ、故にステサンが専売でリリースするのでしょうけどねぇ!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/09/14 03:07 URL 編集 返信
No title
限定かなぁ 今後はこうゆうパターンが増えると思います
嬉しいことですね♪

SEED

2014/09/15 07:30 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんばんは♪

今後ますます売れなくなるであろうパッケージメディアですから、
エラいコストのかかるメガ流通に乗っけるよりも、
このようなダイレクト販売形式のほうが効率良いでしょう。

ゆうパックの場合は、送料がかからないのも良いですね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/09/16 01:58 URL 編集 返信
No title
こんばんは。

ご指摘の通り、謎に満ちた販売方法ですが、好きなアーチストの音の良い音源が出てくれるのは、ファンには朗報。
2曲タイプの製品と比べるとリーズナブルなのもありがたいですね。(*^-^*)

たっちん

2014/09/16 05:08 URL 編集 返信
No title
>実は、しんのすけさん、SACDが嫌いでしょ!!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

諸事情により、現在当家ではSACDは再生できにゃ~い(自爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

しんのすけ

2014/09/16 06:57 URL 編集 返信
No title
おっとそちらに反応しましたか 確かにそれもありですね♪
私が言いたかったのは、多分予想なのですが、普通にコンパクトディスクやエセハイレゾを売るよりは、工程を極力排除してマスターに近い高音質のものを少数でもいい 好まれる方に売る 単価は高いがその方がうれ、利益もあがる

生き残っていくのはそれかなぁ~と考えている次第です♪

どうでしょうか?

SEED

2014/09/16 11:06 URL 編集 返信
No title
たっちんさん、こんばんは♪

>好きなアーチストの音の良い音源が出てくれるのは、ファンには朗報。
販路は限定でも良いので、しばじゅんもSACD化して欲しいです(笑)

>2曲タイプの製品と比べるとリーズナブル
ごく一般的な、新譜ハイブリッドSACDと同レベルの価格なので許せます!
既発の中森明菜嬢のSACD化アルバム1タイトル@3,292円と比較しても
チョイ高目ぐらいですからねぇ~☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/09/17 01:03 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪

諸事情とは、これ如何に!!(笑)

さっさとSACDプレーヤーを買っちゃってください(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2014/09/17 01:05 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんばんは♪

>工程を極力排除してマスターに近い高音質のものを少数でもいい 好まれる方に売る
今回のように販路を限定すれば、それも可能ですからねぇ~ヽ(^О^)ノ
でも、聖子嬢は、結構な枚数、予約が入るのではないでしょうか!!

いやいや、小生もすっかり乗せられて2タイトル、予約しちゃいました(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/09/17 01:09 URL 編集 返信
No title
SEEDさん

「ナイス!」までも頂戴し、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

今後リリースされるステサンSACDのタイトルにも注目して行きたいと思います☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/09/17 01:12 URL 編集 返信
No title
いっその事、Dolby C でメタルテープ版の企画もやってほしかった。
メタルマスター若しくはMA-R復刻版で。。。

wuc**i_cc*i1

2014/09/17 07:29 URL 編集 返信
No title
wuc**i_cc*i1さん、こんばんは♪

カセットテープならば、可能な限りDレンジを稼ぐためNRはdbxで逝きましょう!(笑)

このSACD盤をNakamichi 1000ZXLかTEAC Z-6000で録ったら、
かなりエエ感じになるのでないでしょうか!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/09/18 01:50 URL 編集 返信
No title
おぉ~、1000ZXLっすか。50諭吉、否、50太子以上の超弩級デッキですな。
dbx付いてないからユニット買わんとあきまへんな。
小生、777ES君なのでCが最強NRなんす。
聖子タンのSACDプロジェクト、是非、indexもDSD化してほしいっす!!!

wuc**i_cc*i1

2014/09/18 07:19 URL 編集 返信
No title
wuc**i_cc*i1さん、こんばんは♪

1000ZXL、カセットデッキでは数少ないオープンリール並みの厚みを帯びたサウンドが聴けるモデルでした。当時は、憧れましたねぇ~(笑)

ソニーのスリーセブンも名器中の名器ですね!
小生も777ESⅡが欲しかったのですが、とても買えるお値段ではなかったので、
555ESⅡで我慢した記憶があります(笑)

今回のセールス如何では、聖子嬢の初期アルバムは全てSACD化されるかもしれませんね!
そして、最後はBOX化して、もう一儲け!!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2014/09/20 01:39 URL 編集 返信
No title
やはりノイズリダクションはadres(Automatic Dynamic Range Expantion System)でしょう。
東芝マンセー!

jul**_1963j*

2014/10/29 02:47 URL 編集 返信
No title
jul**_1963j*さん、こんにちは♪

adresですか!懐かしいですねぇ~小生も1Uサイズのadresユニット持ってましたよ。
あと、dbxはエキスパンダー/イコライザーが一緒になったバカでかいノイズリダクションユニットを使ってました。ドルビーでも残る「サー」ノイズが、スッ!と消えたのは感激しましたねぇ(笑)

ノイズとの格闘が宿命だったアナログ時代ならではのオデオ機器でしたね♪☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/10/29 11:34 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR