FC2ブログ

難敵現る!? Stereo Sound 石川さゆり・スタジオマスター第4弾を聴く!♪

イメージ 1

誰か、逝ってくれ!!

・・・・・と小生がブログ記事で叫んだのが、ちょうど1ヶ月前の9月5日。

何を逝って欲しいって!? そう、ステレオサウンド誌がリリースしている高音質CD-R「Stereo Sound Flat Transfer Series」の第4弾、石川さゆり「飢餓海峡〜ギターバージョン〜」「花火」のことである。

そして、間髪いれずに「ワシが買わずに誰が買うんじゃい!!」と応えていただいたのが、ご存知ブロ友のZジジイさんだ!(爆)まぁ、冗談半分だとは思っていたが、ホントウに逝ってしまわれた(笑)Zジジイさん“漢”である!!!

そんな、Zジジイさんの手元に届いたさゆり嬢CD-R、さぞや天国の調べにご満悦かと思いきや、「ナンやこれは!?(怒or悲or哀)」というではないか!( )内は小生の推測であるが・・・まぁ、そこらへんの詳しいことはZジジイさんのブログをご覧になっていただきたい。
【ナンやこれは!?】

Zジジイさん宅のシステムは、JBLの4365という素晴らしいスピーカーを、世界最高峰プリの一にも讃えられるアキュフェーズC-3800を核としたアキュの最新トップモデル群で鳴らすというハイスペックなシステムである。鳴らないものは無いのではないか、と思われるほどのハイパフォーマンスであろう。

それら、スーパーオデオ機器をもってして、上手く鳴らないモノとは如何なるものぞ!・・・とオデオ好きなら誰しもが興味を抱くのは当然のこと(笑) 小生も、それほどの難敵ならば、一度、拙システムで鳴らしてみたいと思った。

「鳴らぬなら、鳴らしてみせよう さゆり嬢」という太閤殿下の心境になった小生に、「鳴らせるものなら鳴らしてみよ!ふふふふっっ・・・」と笑ったか否かは定かではないが、此度、Zジジイさんの多大なるご好意で、この貴重なCD-Rをお貸しいただく機会を得たのだ!

イメージ 2

で、はるばる仙人郷に到着したさゆり嬢のCD-R、相変わらず大げさな箱に入っている(笑)
定価8,400円ともなると、箱もバカでかくなるのか!(爆)

さて、実聴の前に、Zジジイさんの「ナンやこれは!?」のポイントを書き出してみると・・・

●ギターの低音が・・・最近の寺島さんの好みより凄いかも(爆)
●やっぱり、このギターの低音は好きになれない!
●このギターの低音はこんな音らしい(爆)
●ブヨブヨとまでは言わないが、ナンか妙に音が拡散し・・・

サラリと読むと、「ギターの音がNG?」と思いがちだが、ポイントはギターと同時にでてくる「低音」という単語だ。この楽曲はヴォーカルとアコースティックギターのみの構成である。当然「低音」を発する楽器はギターのみである。

小生が想像するに、ギター云々というよりも、ヴォーカルと同時録音で十全に録られた(ギターが発する)膨大な低音エネルギーが、上手い具合に捌ききれず、ヴォーカルをマスキングしているのではないだろうか。

また、このエネルギーでにより部屋のいずれかの部位で定在波が発生し、混濁したギターの響きがヴォーカルの邪魔をしているのかもしれない。この点では、先般の記事で取り上げた「セシウム明菜」盤と良く似た傾向と思われる。

イメージ 3

また、今回のCD-Rのニュースリリースに限って、第3弾までにはなかった、以下のような「注釈」がリリースのトップに記載されている。ひょっとして、構造的に何かしらのトラブルがあったのかもしれない。まぁ、単に注意書きを加えたのかもしれないが・・・小生としては、少々違和感を感じた。

【ステレオサウンド・フラット・トランスファー・シリーズをお求めの方へ】
本シリーズの記録メディアには録音の現場で使われているプロ用のCD-Rを使っています。CD-Rは、一般に、音楽ソフトとして販売されているディスクとは構造や仕様が大きくことなるため、お取り扱いには細心の注意を払っていただきますようお願いいたします。保管には、風通しのよい冷暗所が最適です。また、ディスク信号面、レーベル面ともに水濡れは厳禁。湿った状態で擦りますと、無地レーベル面ばかりか銀素材による反射層まで剥離してしまいます。水滴や汗などが付着した場合は、柔らかい布などで軽く押さえたのち、自然乾燥してください。この際、日光をはじめとする強い光にさらさないようお願いいたします。CD-Rは紫外線を嫌います。また、レーベル面にセロファンテープやステッカー、シールなどを貼らないでください。はがす際、レーベル面や保護層、ひいては反射層が破壊される可能性があります。CD-Rが通常の音楽CDにくらべてデリケートであることをご理解いただき、すばらしい音楽をいつまでもお楽しみいただけますよう、ご配慮をお願いいたします。

/////////////////////////////////////////////////////

それでは、早速「飢餓海峡」を聴いてみよう。

今回の試聴システムは、このCD-Rに収められた膨大な情報量を捌くことを念頭に、圧倒的な情報量を誇るDAコンバーター、マークレビンソンNO.30.6Lを軸に形成した。中低域のエネルギー感と全帯域での解像度では、NO.30.6LがエソテリックD-70vuを凌ぐ。

エソテリックP-0+G-0dRb ⇒(AES/EBU、44.1kHz)⇒ マークレビンソンNO.30.6L ⇒ 
マークレビンソンML-7A ⇒ パスラボ アレフ2 ⇒ K2 S5500 

イメージ 4

イントロダクション、スライド奏法で斬りこんでくるアコースティックギターの響きが凄まじい。響きの一音一音の微細な動きが手に取るように聴こえる。ギターの余韻が空間に消えている減衰感が素晴らしい。そして、鋭利な刃物で切り裂くような弦のインパクト音、恐るべき解像度である。

ただし、本来であればミックスダウンの際に使う、イコライザーやコンプレッサーなどのエフェクトを一切使用しない一発録りのため、完璧な再生は容易ではない。ちょっとした部屋のクセや定在波による濁りがヴォーカルとギターの絶妙なバランスを崩してしまう。

また、電源系がノイジーだと微細な響きが再生し難い。試しに拙宅のプリ&デジタル系をコネクトしている巨大バッテリー電源ユニットJ1プロジェクトPPR-100のモードをDC駆動からAC駆動に切り替えたら、途端に音場が狭まり空間が平坦になってしまった。これほど、DC/ACで変化するディスクは稀有である。

さゆり嬢のヴォーカルは透明感に溢れ、解像度が低いと濁りがちなサ行の発音もヌケが良く澄みきっており、その透明度の高さはバイカル湖か摩周湖か、てな具合である(笑)極めて“静寂”なのに音楽は“躍動”を感じさせる巧みさがある。SNの高い空間にヴォーカルとギターが浮かんでは消えていく・・・電気的処理を一切加えないサウンドは、獲れたての生シラスの如き鮮度の高さを誇っている。

そして聴きどころの一つは「・・・つれぇ・・・・てってぇ~」のさゆり嬢のヴォーカルの微妙なかすれ具合。色気と狂気をミックスさせたような歌唱に鳥肌が立つ。ヴォーカルとギターの繊細なバイブレーションを十全に再生出来た時のリアリティは当代随一のクオリティであろう。さゆり嬢のヴォーカルを時には支え、時に背中を押すようなバランスでギターが響くさまは、まさにオデオ的快感だ!

Zジジイさんほどの御仁が苦戦するだけに、フラット・トランスファー・シリーズの中でも最も再生が難しいタイトルかもしれない。幸い拙宅では、システムが10年に1度?の「サイコー!」状態なので何とか鳴らしきってくれたようだ(笑)ちなみに、カップリングされている「花火」がフツーに良い音だ。いや、フツーにもの凄く良い音なのだが、「飢餓海峡」の前ではかすむ。

この「飢餓海峡〜ギターバージョン〜」、“オデオばか”ならば一度はチャレンジしてみる価値ありだ!
さぁ~て、貴殿はどうする!?

最後に、このような貴重なディスクをお貸しいただいたZジジイさん、ただひたすらに感謝感謝である!!

コメント

コメント(20)
No title
おはようございます。

再生の難しいCDなんですね。
あのステサンのCDが悪いはずは無いでしょ う(*^^*)
Zジジイさんところではどんな感じで鳴ってるんかな?
富山のオフ会の楽しみがひとつ増えました(^^)

ggくん

2013/10/06 10:21 URL 編集 返信
No title
「このエネルギーでにより部屋のいずれかの部位で定在波が発生し、混濁したギターの響きがヴォーカルの邪魔をしているのかもしれない。この点では、先般の記事で取り上げた「セシウム明菜」盤と良く似た傾向と思われる。」

むむむっ、、、
我が家にはふさわしくないCDだ(笑)
定在波満載のウチでは、、><、、、
ただ、、アッキーナはおそらく、、OK^^ /
あ、、ウーハー切ったままだった(笑)

ジジイ邸、どのように鳴るのか楽しみです*^^*

男のカワサキ

2013/10/06 10:31 URL 編集 返信
No title
( ノ゚Д゚)こんにちは。

まぁ~(ーー;)。アキフェーズは再現性が厳しいから・・(ーー;)。。○

えっ?(´Д`)、そんな事では済まされない?(๑≧౪≦)/爆♪

ぶにゃ~んと歌う猫♪

2013/10/06 17:18 URL 編集 返信
No title
夜になったので再登場です(笑)

う~ん
ナンなんでしょうねぇ~
コレと明菜は(爆)

いろいろ書いてありますが・・・
音はたしかにデカイけど
定在波は窓とドアを開けたら関係ないし(激爆)

ほかのステサンさゆりは絶好調だと思っているけど・・・
俺のシステム、アレも本当はダメなんですかねぇ~???

このままいくと
明菜と飢餓海峡さえ聴かなきゃエエという結論になってしまいます(自爆)

Zジジイ

2013/10/06 22:26 URL 編集 返信
No title
Zさんが持ってきたけど、一瞬しか聴かせてもらえませんでした。
ウチではうまく鳴らなかったようです。

おやじ sp.

2013/10/07 00:19 URL 編集 返信
No title
oguさん、こんばんは♪

>拙宅のCOHERENCEバッテリー駆動時もこの辺りの表現は秀逸です!!!
背景がスッ!と静かになり細やかな表情が浮き彫りになるのが、
バッテリー駆動の醍醐味ですよね!!
COHERENCEの解像度の高さは、内外プリの中でもピカ一でしょう!

>明菜嬢の例のアルバムを聴いてみようかと考えています。(笑)
おっ!oguさんも始動ですか!!
COHERENCEを核としたogu邸でのセシウム明菜嬢、
どのような表情を見せるか楽しみです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/10/07 00:33 URL 編集 返信
No title
acc**hasec2*0*さん、こんばんは♪

あらあら、ひろし青年、お持ちでいらっしゃるw(゚o゚)w
それじゃ~P-0で試聴済みですね!
CD-Rなのに、プロテクト無しのリファレンスモードに静かに再生しますからねぇ♪
実際、ディスク・クオリティは相当高いのでしょう。

>復刻森高ランドのBlu-rayに夢中で~す(笑)
えっ!!それは、音が良いのですかぁ!?\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2013/10/07 00:40 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

>我が家では到底無理です(ToT)/~~~
いえいえ、機器のバランス感覚と音量の兼ね合いで、
バッチリいけますよん!!

問題は、相変わらずお値段が高い!ということぐらいでしょう(笑)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2013/10/07 00:43 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

>まずは予想した通りの展開で・・・
Zジジイさんが「正直に書いてエエぞー!」との下地を受け、
そのまんま、書いちゃいましたぁ~(笑)

>今とても気分が悪いので
まぁまぁ、気になさらずに(笑)
今、拙宅は十年に一度のお祭り気分なので、全部「サイコー!」なんです!
スカスカ音源の「キャンディーズベスト」ですら、至高の音に聴こえました(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2013/10/07 00:48 URL 編集 返信
No title
こばちゃんさん、こんばんは♪

>明菜嬢といい、このさゆり姫といい、難物ですね。。
明菜嬢よりも、さゆり嬢のほうが単純にエエ音だと思います!
・・・・おっと!↑上でZジジイさんが睨んでいる(爆)

こばちゃんさん宅のダブル100ならば、バッチリだと思いますよん☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/10/07 00:51 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

>あのステサンのCDが悪いはずは無いでしょ う(*^^*)
はい、シンプルな構成だけに、音の良さが際立って聴こえます♪

>富山のオフ会の楽しみがひとつ増えました(^^)
おそらく、某達人さんという方が、これから●●-●を製作されるそうなので、
聴き比べもできるかと存じます(笑)
そうそう、ggくんさんとこにも某達人さんからご連絡が行くものと思います!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/10/07 00:55 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんばんは♪

>我が家にはふさわしくないCDだ(笑)
そうそう、たもchanさん宅にはアノさゆり嬢がありましたよね!!
アレが鳴れば問題ないかと・・・
・・・あっ!、また↑上でZジジイさんが睨んでいる(爆)

>ジジイ邸、どのように鳴るのか楽しみです*^^*
11/9での皆様の感想が楽しみです!!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/10/07 01:02 URL 編集 返信
No title
ぶにゃんさん、こんばんは♪

>アキフェーズは再現性が厳しいから・・(ーー;)。。○
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~♪
ぶにゃんさんのアキュフェーズはどうでしょうかぁ~♪

アキュとさゆり嬢の相性はエエのではないでしょうかぁ~
あっ!!またまた↑上でZジジイさんが睨んでいる(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2013/10/07 01:06 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、おばんです♪

再登板、お疲れさまです!!\(≧∇≦)/

>ほかのステサンさゆりは絶好調だと思っているけど・・
おそらくですねぇ~単に、この「飢餓海峡」という楽曲が嫌いなのではと・・・
それでは、身も蓋も無いですかぁ~(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>明菜と飢餓海峡さえ聴かなきゃエエという結論になってしまいます(自爆)
それが一番の妙薬かと!!
嫌なモノは無理して聞く必要ありません!!
でも、11/9には皆さんに聴かせてあげてくださいねー━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2013/10/07 01:11 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪

>一瞬しか聴かせてもらえませんでした
例の“高速チェンジゃー”で試聴したからでしょうか(笑)

>ウチではうまく鳴らなかったようです
う~ん、、、さだまさしがイケるなら鳴るはずですが(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2013/10/07 01:14 URL 編集 返信
No title
こんばんは。

難物ディスクも、天上システムではきれいに分離して鳴りましたか。さすがです!!

ただ、Zさんのコメントを読むと、「俺、このギターの音キライ!」と言ってるだけで、実際にはちゃんと鳴っているような気もします。(笑)

ステサンの解説では、元の音源は94年のアナログマスターということでしたよね。2012年の「石川さゆり全曲集」に入っているのも、たぶん同じ音源からのもので、そちらは聴いたことがありますが、ギターの響きがきれいな普通に良い音というレベルでした。

しかし、本誌の記事ではおよそ使わないこういう音源で善良なオデオファンが苦しんだり、散財したりと、ステサンも罪な商売をはじめたものです。(*^-^*)

たっちん

2013/10/09 02:40 URL 編集 返信
No title
たっちんさん、こんばんは♪

>きれいに分離して鳴りましたか。
ちゃんこ鍋の具の一つ一つが良く見える、
味噌系スープでなく比内鶏でとった澄んだスープ、そんな感じの音です(笑)

>実際にはちゃんと鳴っているような気もします。(笑)
小生もそんな気がします!嫌いなギターが、存在感タップリに鳴っているもんだからイヤでしょうがない・・・みたいな(笑)実は、「サイコー!」の状態で鳴っているのかもしれません(爆)

>善良なオデオファンが苦しんだり、散財したりと、
パッケージとか見ても、お金がかかっているようには思えないので(自宅PCで出来るレベル)、利益率は相当高いのではないでしょうか。CD-Rも、それほど特殊な素材ではありませんから、、、「こりゃ~、やめられんぜ!!」だったりして(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2013/10/09 13:02 URL 編集 返信
No title
にっぱーさん、非公開さん、こばちゃんさん、
今回も拙記事に「ナイス!」いただき、ありがとうございます!!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/10/09 13:06 URL 編集 返信
No title
円盤再生が実現してこれを聴きました
素晴らしいですね♪ 確かにギターの低域が凄い これはシステムによっては破綻するでしょうね うちは大丈夫でした どちらかというと飢餓海峡より花火が好きです♪

SEED

2013/12/31 19:38 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんばんは♪

ギター1本ですが、そのリアルなエネルギーは凄まじいものがありますね!!
コイツを十全に再生するのは、なかなか大変だと思われます。

SEEDさん宅では、バッチリのようですね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/12/31 23:19 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR