FC2ブログ

♪夏がくぅ~れば壊れだすぅ~・・・突発性不具合症候群、蔓延♪

いやいや、エライ暑さだ!!

昨日は、山梨で遂に39℃を突破したとか。何か、週明けから毎日1℃づつ上昇しているような気がする(笑)
ならば、今日は遂に40℃越えか!(爆)

さすがに、この猛暑はこたえる。今宵、帰宅した後、後頭部がズキズキしてフ~ラフラ、チョイとプチ熱中症気味である。読者諸兄も、くれぐれも水分&塩分をきちんととって熱中症対策をしていただきたい。、、、とコレで終わったら、TVの天気予報だ(笑)

人間にコレだけ不調をきたす猛暑、当然、オデオにも少なからず影響を及ぼすことは言うまでもない。特に拙宅のように、ロートル機器群が数多くなると、何かしらの熱中症=不具合が生じる可能性が高い。

拙宅のオデオルームでは、エアコン20℃設定で冷房全開、風向を常時通電のロートル機器たちに向けてクールダウンしているが、それでも室温は28℃から下がらない。日の差ささない、この深夜の時間帯にしてそうなのだ!

まぁ、例年1台ぐらいは何らかの不具合を発症するのだが、今年は、“負の連鎖”とも言える“不具合の連鎖”が発生してしまった。そう、突発的に次から次へと謎の不具合が発生したのだ!

イメージ 1

まずは、これ、先日、懐かしさのあまり買い揃えたセパレートCDプレーヤーの始祖、ソニー「CDP-553ESD+DAS-702ES」である。奇しくも、愛用PCのVAIOくんと一緒にソニー三兄弟の様相を呈している(笑)

もう、四半世紀以上前の製品だが、そのフラットで鮮やかなサウンドは、現在聴いても十分に通用するサウンドで、超ハイエンドマシンとはまた異なる魅力に満ちている。肩肘張らずにいつまでも聴いていられる安心感がある。故に、小生も、疲れた深夜などには、このペアで聴くことがある。

今回、不具合が発生したのは、553ESDではなく、702ESのほう。

電源ONにして、1時間ぐらいは何の異変もなく聴いていられるのだが、1時間を過ぎた頃から、両チャンネルの再生音に「ザッザッザッザ・・・」というノイズが乗ってくるのだ。トラポやケーブル、プリを変えても発生するので、明らかに702ESの不具合であろう。

調べたところ、あまりにも古過ぎる機種ゆえ、ソニーサービスでは修理対応してないようだ。海外機ならば、主治医のドクターS氏に依頼するところだが、国産機となると・・・現状、いろいろと思案中である。

イメージ 2

つづいての患者さんはコレ!アキュフェーズのモノラルパワーアンプ「M-1000」。拙宅では、同じくアキュフェーズのP-600についで、古いパワーアンプだ。とても、ロートルな製品ではあるのだが、このパワーは拙宅の標準機として、なくてはならない存在なのだ。

新たに導入されたオデオ機器の裸の音を探る際には、必ず、M-1000で聴いている。それほど、耳に馴染んでいるし、信頼しているサウンドなのだ。M-1000の前には、同社のM-100というものラルパワーを愛用していたが、サウンドパフォーマンスは比較にならないほど向上している。

M-100を覆っていたベールを2~3枚引っぺがし、中高域の密度を高め、低域のトルクと駆動力を桁外れに高めたのがM-1000である。M-100が「十両」ならば、M-1000は不敗の「大横綱」といったところか(笑)8Ωで1000Wという出力は、数多あるこれまでのアキュフェーズ・パワーアンプの中でも唯一無二、M-1000を超える存在は無い。また、俗に言う“アキュトーン”の芳香を感じさせる最後のアキュパワーとも言えよう。

ただし、それなりのパワーをぶち込んでやらないと、「ワイドレンジだが、躍動感の無いおとなしいサウンド」という評価になってしまう。キッチリと鳴らしてやったM-1000は、実にパッション溢れる極彩色のサウンドである。その色香漂うサウンドはゴールドムンドのプレステージモデルも顔色なしの艶かしさである。

M-1000の不具合は、バランス接続時、1台が無信号時にも僅かにピークメーターの針が動くのだ。スピーカーに耳を近付けると、かすかにハム音が聴こえる。通常の音楽再生では全く支障が無いのだが、気になると、どうにも落ち着かない。これが、米国製パワーならばたいして気にしないのだが(笑)、こと、常に完璧な状態を誇るアキュフェーズでは心配でしょうがない。

イメージ 3

続いての患者さんは、これまたモノラルパワーアンプ、ソニーの「TA-NR1」だ。

以前にも何度か記事に書いたように、稀代の名器、マークレビンソンンML-2Lを打ち負かして拙宅に導入されたパワーだ。このアンプは、前述のM-1000と並んで、手強いヤツだ。音の源流(CDプレーヤーなど)の質が上がれば上がるほど、素晴らしいパフォーマンスを発揮する。逆に言えば、音の源流がプアだと、そのプアさ加減をそのまま鏡の如く、再生音に反映させてしまう。

NR1の評価として、良く聞く「フラットで淡白、温度感が低めのツマラナイ音」というのは、源流の再生系に問題があるのだ!NR1を導入されて、躍動感や温度感に不満を感じたなあば、NR1でなく、CDプレーヤー等のクオリティを疑うべきである。NR1の潜在能力は非常に高く、同時期のマークレビンソン20番台パワーを凌ぐもので、またマッキン以上に、濃厚でホットな表現にも長けている。

このNR1の不具合は、M-1000よりも重症で、1台からは出音がしなくなってしまったのだ。電源をONにしても、中央の温度計のランプが点らない。ならば、まったく通電していないかといえば、時間の経過とともに、もう1台の不具合の無いNR1と同様の感じで、筐体が温かくなってくる。どうやら、通電はしているようなのだ。

イメージ 4

今度の患者さんも重症患者。マッキンのステレオパワーアンプ「MC-2500B」である。

純A級モノラルパワーアンプが多勢に無勢を占める拙システムで、一人(1台)気を吐くAB級ステレオパワーアンプである。球時代の濃密で温度感の高いマッシブなサウンドか感じ取れる最後のパワーアンプとして、これも、拙宅ではなくてはならない存在のパワーアンプである。

コチラの不具合は、電源を入れると、プロテクターや異常を示すランプが点ることもなく、通電されるのだが、ある日突然、左chからの出音が無くなった。前日まで何の前兆もなかったのが、突然、逝ってしまった・・・ ちなみに、モードを切り替え、モノラルパワーとして使用すると、問題なく稼動する。

マッキン修理は、前述したドクターS氏がもっとも得意とするカテゴリーであるが、いやはや、重量があるので、どうしたものか・・・・60Kg以上のコイツを取り外して、オデオ部屋から引き摺り出し、、、なぁ~んてことを考えただけで、体の節々が痛くなりそうだ(笑)

イメージ 5

つづいての患者さんは、プリアンプだ。ゴールドムンドの「MIMESIS 7.5」である。

ゴールドムンド初期、一桁番のプリとしては、「MIMESIS 2」と並ぶ名器である。オールドムンド独特の甘美な響きを伴った美音は、小生のプライオリティである「女性ヴォーカル再生」になくてはならない存在のプリアンプだ。

MIMESIS7.5の不具合は、当初、左チャンネルに、「ザッ、ザッ、ザッ~」というノイズが不定期に発生し、そのうち、両チャンネルとも断続的に発生するようになった。ゴールドムンドの代理店が、MIMESIS 7.5を取り扱ったステラヴォックスではなくなったため、さて、どのように対処しようか、これも思案中である。

イメージ 6

そして、最後にサンスイのプリアンプ「C-2301 VINTAGE」だ。

国産機としては珍しく、確固たる自己主張を持ったサウンドのプリアンプだ。同時代のライバル、アキュフェーズC-280、エクスクルーシブC-5と比較しても、その個性とサウンドポリシーは際立っている。全域でぶ厚い肉付けの音像、まるでパワーアンプをイメージさせるような押し出しの強いエナジー感が素晴らしい。躍動感のなるサウンドは、国産プリでは稀有の存在である。

こちらは、ある日突然、両チャンネルからの出音が無音になってしまった。いくつあるアウトプットを試したが、どれもNG、唯一、独立したアッテネーターで音量調整するソースダイレクト・モードだと出音する。察するに、メインボリュームの不具合では無いだろうか。しかし、ノイジーでなく無音であるところが引っかかる。

サンスイは、何ヶ所か、専門の修理工房を知っているので、若干の安心感はあるが、万一、ボリュームが逝ってたりすると、パーツが無いだけに、修理不能に追い込まれる可能性がある。まぁ、こればかりは、修理に出してみないと何とも言えないところだが。。。

というわけで、なんと!!!!6台が一斉に不具合を訴えるという、異常事態が発生してしまった。

さてさて、どのような優先順位で治療にかかろうか・・・修理代も想定すると、頭の痛いところである。それでなくても、プチ熱中症で頭が痛いのに、、、、そこで、今宵の格言、「ロートル・オデオは、メンテとの闘いである!」。ロートル機器の不具合でお悩みの読者諸兄! めげずに闘おうではないか!!

コメント

コメント(20)
No title
ひ~るさん、こんばんは♪

>ただ、アンプの特徴をまとめて読めたのはありがたかったです。
ただ、壊れたぁ~!だけでは、読み手もツマラナイと思いまして、簡単にまとめてみました。
お読みいただき、ありがとうございますヽ(^О^)ノ

>SN比を稼いで、その中で特徴を出そうとするので、濃い味は出ずらいですよね
おっしゃるとおりだと思います。好き嫌いは別として、アンプの“個性”を楽しもう、という御仁は、どうしても古き良き時代の“名器”に頼らざるを得ません。まぁ、“個性”を極力排することに注力したのが、現行ハイエンドなので、致し方ないのですが・・・

>今年の夏はおっかないですねぇ。
人間にとっても、オデオにとっても、この酷暑は要注意でしょう!!
オデオは代替がききますが、自分の体は、そうはいきませんから・・・

>除湿機+扇風機のほうがいない時には効き目があるかもしれません
蒸し暑い日は、エアコンも、冷房より除湿モードのほうが良さそうですね!
、、、、が、今は冷房+スリムファンも稼働中です(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/07/11 00:53 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

>機器の修理も大変ですが、「足腰」の方がもっとヤバイような(爆)
機器はダメなら処分、、、という方法もありますが、己の「足腰」がダメになったからといって、「捨ててしまおう!」ちゅーわけにはいきませんから(笑)まぁ、今日1日、家でゴロゴロしていたら大分復活してきました。先ほどは、チョイと外出して、厚さ約5cm、400gの血も滴るステーキ+山盛りガーリックチップとフルボディのワイン1本を胃袋に収めてきたら、元気出まくりました(爆)

>「リコメ」の量が・・・・(爆)
コメをいただいた皆さん、きっと、小生のリコメを読まれているうちに、疲れて寝てしまうのではないかと危惧しております(笑)かく言うZジジイさんへのリコメもかなりの量に・・・(爆)

>そういう私もリコメが欲しいぃのぉ~!(自爆)
ちゅーことで、コレくらいの分量ではいかがでしょうか!!!
えっ!足りない!?、、、そんな訳アリマセンよねぇ~(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2013/07/11 01:02 URL 編集 返信
No title
33個もコメントがあるので全部読む気にもなれないのでコメント欄には全く目を通してません。
重複した内容だったら先にお詫び申し上げます。

うちもこのところマルチのバランスがおかしくて、プリやチャンデバ、パワーアンプ、ボリュームやスイッチというスイッチをグリグリ、カチカチやってます。

M-1000にハムですか?
プリからの信号では?
そんなことは当然チェック済みですよね。

俺が食い付いたのは、ココ↓
>M-100を覆っていたベールを2~3枚引っぺがし、中高域の密度を高め、低域のトルクと駆動力を桁外れに高めたのがM-1000である。M-100が「十両」ならば、M-1000は不敗の「大横綱」といったところか(笑)8Ωで1000Wという出力は、数多あるこれまでのアキュフェーズ・パワーアンプの中でも唯一無二、M-1000を超える存在は無い。

たしかにM-1000は素晴らしいんですよね。

そして、↓
>ただし、それなりのパワーをぶち込んでやらないと、「ワイドレンジだが、躍動感の無いおとなしいサウンド」という評価になってしまう。

ここなんですよ、問題は。

おやじ sp.

2013/07/11 03:17 URL 編集 返信
No title
ヤフーに怒られた。
500文字を越えたので、続きです。

M-1000は発売頃何度も試聴しましたが、どうしても小音量だとM-100のほうが馬力を感じるんですよね。
もちろん音質は比べものにならないほど素晴らしくクリアでした。

しかし中高域にM-1000てのも贅沢すぎるし、結局、後に出たP-800を中域に使いました。
今ではP-500ですが。

俺が最もアキュフェーズらしいサウンドだと思えるのはP-500から始まった一連のサイドウッドデザインのM-1000、P-800だと思います。
デジタル時代に対応したワイドレンジと透明感、初期の機種から受け継ぐエネルギー感、厚みと言ったいいところが凝縮された世代だと思っています。

これ以上書くとまた怒られそうなので、自分の記事にします。

失礼しました。

おやじ sp.

2013/07/11 03:31 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪
ヤフーさまに怒られながらの2段ロケットコメ、ありがとうございます!!!

>コメント欄には全く目を通してません。
>重複した内容だったら先にお詫び申し上げます。
そりゃ~そうでしょう(笑)おそらく、自分へのリコメだけでも読むのに大変かと・・・リコメの分量が多すぎて(爆)でも、大丈夫です、重複しておりません!アキュではデュプレさんとのP-600ネタぐらいですヽ(^О^)ノ

>M-1000にハムですか?
以前(10年ぐらい前)もバランスアンプに不調をきたし、今回とは異なる個体のほうで同様の症状が出ました。その時は使って丁度10年ほど経ったので修理&オーバーホールいたしました。M-1000の意外な弱点かもしれませんね。まぁ、それでも10~20年に1度なら弱点と言えないかもしれませんが(笑)

、、、で、M-1000、食いつきましたか(爆)
M-100愛用者のおやじsp.さんとしては穏やかでないでしょう(笑)

小生も2段ロケットで逝きます!続きまぁ~す♪

なめちゃん仙人

2013/07/13 00:46 URL 編集 返信
No title
>どうしても小音量だとM-100のほうが馬力を感じるんですよね
同感です。小生、M-100も約10年愛用しました(数年はM-1000と併用)ので、M-100のキャラもよく理解しているつもりです。おやじsp.さんのおっしゃるとおり、小音時では、M-1000と比較してM-100のトルクフルな中低域が際立ちます。中音量以上になると、M-1000の超低域での圧倒的な圧力がM-100を凌駕します。高域端での情報量もM-100を上回ってきます。小生思うに、おやじsp.さん宅のように気兼ねなく音量を出せる環境でこそ、M-1000は進化を発揮することでしょう。

>初期の機種から受け継ぐエネルギー感、厚みと言ったいいところこれが重要ですね!M-1000以降では、この初期からのアキュトーンを排除して、ワイドレンジ・高解像度・高SNの方向へと完全に舵を切りましたから・・・そういった意味では、正直なところ“音色”ではM-1000よりもP-600が好きなんですよ(笑)

>これ以上書くとまた怒られそうなので、自分の記事にします。
小生も怒られてしまいました(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2013/07/13 00:48 URL 編集 返信
No title
こんにちは。

>ロートル機器の不具合でお悩みの読者諸兄! めげずに闘おうではないか!!
このエールに強く反応させていただきました!!(笑)

こちらの重量級の名機たちと、ランク的には比較になりませんが、拙宅にもオールド機器があふれております。(^^;

手はかかりますが、そちらで聴いた方が楽しいので、21世紀の機器は数えるほどしかありません。

それにしても、60キロのアンプなんてどうやって動かすのかと心配になります。少し整理するおつもりは・・・ないですよね。(爆)

たっちん

2013/07/13 08:30 URL 編集 返信
No title
仙人様 こんばんは

初めて投稿させて頂きます
いつも楽しく拝見させて頂いております

こちらも古い機器が沢山有りますです
そのなかで、この暑さのせいか? 当方のNo31.5が、お漏らしをしてしまいましてね
オープンにして、クランパーはずしてCD乗っけますが、なにやら黒いものが、、、漏れだしていましてね
気付かないまま暫く使っていたんです
いくつかのCDは無事でしたが、愛聴版を一つダメにしてしまいました

一体何がどうなっているんでしょうねぇ

修理代考えると、暑さのせいだけでなく、頭がくらくらします、、、

仙人様も気をつけて(腰も、財布も?、暑さにも)くださいね

sup*e*ob*2

2013/07/14 00:00 URL 編集 返信
No title
たっちんさん、こんばんは♪

>このエールに強く反応させていただきました!!(笑)
小生もたっちんさんのことを思い浮かべながら・・・(爆)
共闘いたしましょう!!!!

>手はかかりますが、そちらで聴いた方が楽しいので
絶対的音質以前に、聴いて“楽しいか否か”は、聴きチョイスの大きな留意点だと思います。
ただ音質が良ければ、楽しい・・・という訳でもないのがオデオも面白いところです!

>60キロのアンプなんてどうやって動かすのかと心配になります
厚手のアクリル毛布に乗っけて引っ張ると、意外に女性でもスルスル運べるものですよ!
コレ、引越屋さんがやっていた技を盗みました(笑)

>少し整理するおつもりは・・・ないですよね。(爆)
はい!自信を持って・・・・ありません(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2013/07/14 00:22 URL 編集 返信
No title
sup*e*ob*2さん、こんばんは♪

はじめまして、ようこそ、拙ブログへおいでくださいました!
いつも、ご訪問いただき、誠にありがとうございます!
今後ともよろしくお願いいたしますヽ(^О^)ノ

>当方のNo31.5が、お漏らしをしてしまいましてね
No31.5が失禁するとは(爆)小生、初めて聞きました!!
黒いものということは油成分でしょうか?
スピンドル周りなのか、それともグリッドの稼動部か、それとも・・・・
いずれにしても、緊急入院の必要がありますね。

>修理代考えると、暑さのせいだけでなく、頭がくらくらします、、、
モノがモノだけに・・・ただ、液ダレがあってもCD再生は問題なくできていたとするならば、
意外と軽症かもしれませんね。

>仙人様も気をつけて(腰も、財布も?、暑さにも)くださいね
ありがとうございます。お互い、何とか頑張ってこの夏を乗り切りましょう\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2013/07/14 00:32 URL 編集 返信
No title
おこんちはですぅ♪

先週は熱中症に付き、、記事は拝見しておりましたが、、T T

ってかっ、、
いやいやいやいや、、、
故障もハンパやないのも仙人級っ><、、、
修理代だけでワゲオの値段を超えそうです、、(汗、、、

ウチも3階のオデオ部屋、日中はまったく冷えません><、、
ただ、仙人郷のように機材がパワフルなのではなく、壁をぶち抜き、元々6畳だった部屋が倍になったのにエアコンは6畳用のまま、、
それとボチボチエアコンの寿命ってことのようです。。T T
がっ、、
この夏はガンバリます(笑)

男のカワサキ

2013/07/14 19:21 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんばんは♪

熱中症、大丈夫ですかぁ~、まだまだ暑い日が続きますから・・・
十分に気をつけてくださいね!、、、と、他人のこと言えないのですが。。。

>故障もハンパやないのも仙人級っ><、、、
壊れる時は雪崩式に逝きますねぇ~
実は、今日もまた1台・・・・実はオデオでなくてクルマが逝きました(┬_┬)

某イタメシ屋で夕食をすませ駐車場に戻ってみると、
あ~らビックリ!、セル●オくんがペッタンペッタンに・・・Σ(゚ロ゚ノ)ノ
エアサスがうんともすんとも・・・エアサス自体が逝ったのか、
コンプレッサー/コントローラーなのか、まぁ、オデオ以上の修理費でしょうねぇ( ̄△ ̄;)

いやもう、変な汗かきながら、何とか自走で帰宅しました(笑)
昔、やんちゃな頃、ペッタンコなクルマをたくさん乗っていた経験が活きました(爆)

>がっ、、この夏はガンバリます(笑)
いやいや、命が大事ですから!
オデオを売ってでもエアコンを買ったほうがエエですよ!!
重篤な熱中症になったら大変ですからねー くれぐれもお体をお大事に☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/07/15 01:24 URL 編集 返信
No title
いゃ~あ 凄い 1つも買えません(爆)しかし凄いですね~ 曲によってきりかえるのでしょうか? 何が何だか(爆)

SEED

2013/07/15 09:14 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんにちは♪

>いゃ~あ 凄い 1つも買えません(爆)
ナニをおっしゃるSEEDさん(笑)
ロートル機器ばかりで、買値は激安ですよん♪

> 曲によってきりかえるのでしょうか?
パワーはシチュエーション、プリとの相性で切り替えます。チョイスの指標は、楽曲、気分、季節(熱い季節には純A級など発熱が激しい機器はお休み・・・)などです。今日は体調イマイチなんで、さっぱりそば、今宵はスタミナ確保でガッツリと焼肉、記念日には上質なフレンチで・・・食事みたいなものでしょうか(爆)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/07/15 11:44 URL 編集 返信
No title
仙人様、こんにちは。
エアサスが逝ってしまわれましたか・・・走行に関わるのですぐに治さなければいけませんね。
以前、妹夫婦の車(ドイツ車)で交換した際は、片手×十万程度かかった様です・・・(涙)

ogu

2013/07/15 11:54 URL 編集 返信
No title
oguさん、こんにちは♪

この猛暑の中、ブン回しでしたからクルマもこたえたのでしょう・・・
人間でさえヘロヘロですからねぇ(笑)

さきほど、クルマやに電話をしました。
まぁ、どれか一つのエアサスでは無いので大元のコンプかコンビュ関係ではないかと・・・
エアサス自体の換装になると、トヨタ車でも諭吉30人は確定のようです。
コンプなら8~9人ですみそうですが・・・

まぁ、その昔、AMGのカムシャフトがぶっ飛んでエンジンが逝った時は、
三桁諭吉いきましたから、それから比べればなんですが・・・
今は、バブルの頃のような不可分所得はありまんせからねぇ(笑)

やっぱり、電車が一番!?(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2013/07/15 12:16 URL 編集 返信
No title
こんちはですぅ♪

おぉ、、セルちゃん、エアサスですか、、
エアサス換装でも30人・・・やっぱオデオの方が高いかも(笑)
あ、、笑ってる場合ではありませんね、、><、、、
ワゲオの場合、エアサスもエアコンもコンピュータもナニも無いので、その点では安心です(笑)

そうそう、やはり電車が一番っ
ってもまぁ、、ソチラだと電車ってもごっちゃごちゃしててメンドそうですけどね、、^^;

男のカワサキ

2013/07/15 12:41 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんにちは♪

>エアサスもエアコンもコンピュータもナニも無いので、その点では安心です(笑)
やはり、バネサスが一番でしょうか(笑)
ユーロバージョンのバネサスに換装する手もありますねぇ♪

電車は待ち時間がイラッときますので。。。
こうなってくると、他のクルマにも興味が湧いてきており・・・
急にHAMMERが欲しくなってきました(爆)
今から見に行ってこよーっと!\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2013/07/15 13:30 URL 編集 返信
No title
SONY TA-NR1 1つのブロックが50キロもあるじゃないですか いやいや持てませんね~ 凄いナァ~ 一体何キロあるんだろう 床大丈夫ですか? 余計な心配ですね~

SEED

2013/07/16 19:22 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんばんは♪

>1つのブロックが50キロもあるじゃないですか
そうなんです!小柄なわりにM-1000(47Kg)より重いんですよ(笑)
やっぱり、オデオは体力です(爆)

>床大丈夫ですか?
戸建てでは厳しいので、コンサートグランド入れても大丈夫な耐荷重性と防音性を兼ね備えたマンションをチョイスしました。いわゆる音大生御用達ちゅーやつです(笑)それでも、チョイと重すぎかもしれませんね(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2013/07/18 00:16 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR