FC2ブログ

オーディオ界のロボコップ!ESOTERIC P-0の動作音♪

イメージ 1

「ロボコップみたいな音って、どんな音ですかぁ~♪」

と、脳天気に話しかけてきたM君、小生の会社では数少ない拙ブログの愛読者である(笑)

M君、実はオデオに関しては全くの門外漢なのだが、拙ブログにおける、小生とブロガーたちとの丁々発止?のやり取りが面白いらしく、旧ブログの頃からご訪問いただいている貴重な読者なのである!

そう、ESOTERIC P-0を語る上で、必ず登場するワードが「ロボコップみたいな動作音」である。

M君の問いかけに、

小生: 「ほら、あのウィィーーン、チュチュイーン!とかいうメカ音だよ」

M君: 「?」

小生: 「ほら、日清焼きそばUFOのCMでもあったでしょ(古っ!)、ウィィーン、ガシャンガシァンて」

M君: 「??」

小生: 「だぁ~かぁ~ら~、高見盛みたいな動きのロボットの警官がさぁ・・・・・」

M君: 「???・・・」

・・・・どうやら、M君は「ロボコップ」自体を知らないようなのだ(爆)まぁ、20代のM君では致し方ないか・・・

ちゅ~ことで、ここは、ウィッキーさんに紹介してもらおう!

イメージ 2

『ロボコップ』(RoboCop)は、1987年に公開されたアメリカ映画及びこの映画に登場する架空のロボット(あるいはサイボーグ)のニックネーム。殉職した警官の遺体を利用したロボット警官「ロボコップ」が活躍するSFアクション映画である。同じアメリカ映画である『ターミネーター』などと同様、低予算で作られながらも興行収入5300万ドルを超えるヒット作となった。本作の人気により、続編の『ロボコップ2』や『ロボコップ3』が作られ、後にテレビシリーズやアニメ、アメコミなども製作された。

本作は元々、バーホーベン監督がストップモーション・アニメーションの第一人者であるフィル・ティペットと共に進めていた『宇宙の戦士』の映画化企画(後の『スターシップ・トゥルーパーズ』)が一時頓挫したため、「それに代わるストップモーションを活かした作品」として企画されたものである。

脚本を担当したエドワード・ニューマイヤーは、当時ユニバーサル・ピクチャーズの役員であり、毎日の仕事が退屈で仕方がなかった。その時にマイケル・メイヤーからロボット警官の話を作ってくれと頼まれて、気分転換に本作の脚本を描きあげた。しかし、タイトルを見てアメリカ中の監督も敬遠し、アメリカには本作を監督する監督が一人も居ない状態となってしまった。そこで、バーバラ・ボイルがバーホーベン監督に白羽の矢を立てることになった。バーホーベンは最初のこの脚本を一ページ読んだだけで床に投げ捨ててしまった。しかし、妻から「シェイクスピアとは違うけど奥が深い作品よ」と言われて読み進める内に物語に夢中になっていき、遂に引き受けることを承諾した。

映画製作の際、監督からバンダイの村上克司へ『宇宙刑事ギャバン』からのデザイン引用の許諾を求める手紙が送られ、村上が快諾していた。ロケ地として本物のデトロイトは使われていない。撮影のほとんどは未来的な超高層ビルの多くあったダラスで行われた。

、、、、、わかったかな! M君!!

さて、P-0ロボコップ音、M君に理解していただく良い方法はないものか・・・いや、あったぞ!
そう、おもしろハンディレコーダー、ZOOMQ2HDである!!

で、今宵の小ネタは、オデオ界のロボコップ、ESOTERIC P-0の動作音を聞いてみよう!という企画だ(笑)
毎度、前フリが長くて、申し訳ない(爆)

では、まず、オリジナル「ロボコップ」さんの動作音から、どうぞ!!



はい、では続いて、オデオ界のロボコップさん、どうぞ!!



・・・・・ということなのだよ、M君!

ディスクが筐体内に挿入されてディスプレイ表示まで普通のCDトランスポート(CDプレーヤー)と比べて随分と時間がかかるのは、再生するたびにディスクに最適なトラックピッチ、線速度、再生開始位置を事前に判定し、そのデータを蓄積しているためである。

このディスクのデータ化は、ディスクの偏芯、湿度や温度などの外環境によるトラッキングのずれにも対応でき、アクチュエーターに頼らずに、レンズ自体を静止したままピックアップ全体を動かしてピットを追従するという、唯一無二、脅威の読取精度機構を可能としている。

というわけで、チョイ聞きにはうるさいロボコップ音も、実は、エエ音を再生するためにP-0くんが一生懸命頑張っている動作音なのだ(笑)そう思えば、この「ウィィーーーン、チュチュイーーーン」も頼もしく聞こえるではないか!!

P.S.
ぜっぷりんさんへ、これが「未確認飛行物体」です(笑)


コメント

コメント(20)
No title
ひ~るさん、こんばんは♪

>20代はロボコップを知りませんか???
M君が生まれたばかりの公開なので、、、
なんとなくCMでそれっぽいのを見た記憶はあるみたいです(笑)

>ちなみにふくらはぎ部に収納される「Auto9」は日本製ですよ!!!
AUTO9をご存知で!!あのクルクルやるヤツですよね。
小生、当時はAVに凝っていたので、ガスガン買って飾ってました。
他にスターウォーズがらみのグッズとか、、、エイリアンくんとか(爆)

>プリ部の電源部を入れ替えて最初に聞いたYoutubeがロボコップとP-0とはmmm
あっちゃーーー!!!これは申し訳ないモノを聞かせちゃいました(笑)
でも、ED209のバルカン、エエ音で聞けたでしょう(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2013/06/14 02:19 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪

>たしかに、ロボコップみたい。
P-0の見た目も、ロボコップみたい・・・いや、どちらかというとED209か(笑)

>「ウィ~ン」が「ウィッ!」で終ってしまいそうですね。
「ウィッ!」ならまだエエですが、「ウッ!」ってイっちゃうと・・・・ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2013/06/14 02:23 URL 編集 返信
No title
ぜっぷりんさん、こんばんは♪
えっ!!日清焼きそば「未確認飛行物体」見たことありませんかぁ!?
それでは、ご希望のお応えして?追記しておきましょう(笑)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2013/06/14 02:29 URL 編集 返信
No title
5555GETだぜぃΣ(ノ≧ڡ≦)てへぺろ

大王

2013/06/14 02:43 URL 編集 返信
No title
なめちゃん仙人様
おはようございます。再度の書き込みで、失礼します。CDプレーヤーで、曲が始まる前の作動音は、私の使ってきたすべての機種にありました。読み取りなどで必然的なものなのでしょうね。アキュフェーズも、トレイの出し入れは静かですが、この作動音は微弱ながらあります。DP700で、1枚の輸入SACD(しかも私の愛聴するアシュケナージです)だけ、演奏中にも振動音が聞こえるのに気付きました。これ1枚だけですので、盤の偏芯のためだろうと想像していました。仙人様からいただいたコメントで、私の想像が間違っていなかったことが分かりました。そのためのプロテクト機能まで付いているというのは、さすがエストリックです。なお、DP900では、この振動音も聞こえません。続きます。

キュスティーヌ

2013/06/14 05:23 URL 編集 返信
No title
ヤマハですが、私は最初の2000のプリ・メイン・アンプも長く使いましたし、プレーヤーの2000Lは今でも愛用しています。GT-CD1という重いCDプレーヤーも使いました。私はヤマハが好きなのです。しかし、現行の2000シリーズには納得できませんでした。音質はかつての重厚さからある種の軽快さに変わっていて、これは時代の趨勢からして肯定できましょう。しかし、アンプで、背面のRCA端子がRとLが斜めに配置されているのは、どうでしょうか。最悪はインシュレーターでした。ゴム製のような物ですが、これを外せば先端が尖った金属製インシュレーターになります。ところがゴム製のインシュレーターは青色のテープで張り付けてあるだけでした。何かの拍子で、このテープが外れ、1個のインシュレーターの尖った先端が剥き出しになったことに気付かず、重いアンプを引き摺ったために、床も、20年間大事にしてきたテーブルも傷だらけになりました。続きます。

キュスティーヌ

2013/06/14 05:52 URL 編集 返信
No title
これは、使用説明書に書いてあるでしょうから、読まなかった自分の責任でもあります。しかし、やはり造りとしては粗雑と言わざるを得ません。私はヤマハに電話して、プレーヤーを含めて、意見を申し述べました。苦情ではありません。S・S誌の最新号に、新しい3000シリーズの予告が載っていました。その写真を見ますと、アンプの背面の異様な斜め配置は改善されていました。しかし、食指は動きません。失った信頼を回復するのは難しいです。

キュスティーヌ

2013/06/14 06:08 URL 編集 返信
No title
オーディオ・ロボコップは「石川さゆり」を再生中に潜在メモリーの
中に「しばじゅん」が残っている事はないのかな(笑)

デュプレ

2013/06/14 12:27 URL 編集 返信
No title
リラさん、こんばんは♪
再訪問、ありがとうございます!!
DP-900、再生音の弱音部での静謐さも抜群ですが、動作の静けさも世界最高水準のメカニズムですよね。DP-900の静けさから比べれば、P-0は暴風雨の中で音楽を聴いているようなものです(笑)

A-2000、小生も良く記憶しております。相当な物量を投入しているプリメインアンプにもかかわらず、非常にシンプルで品の良いデザインでした。明るめのウッドとシルバーのフロントパネルが上質感を醸し出してましたね。

続きまぁ~す♪

なめちゃん仙人

2013/06/15 01:46 URL 編集 返信
No title
>GT-CD1という重いCDプレーヤーも使いました
ほうほう、これまた素晴らしいCDPをご愛用されていましたね。前身のCDX-10000は、その美音と美形、そして高級感溢れるトレイの動きに感動し愛用しておりました。GT-CD1も、小生、あの美しい鏡面仕上げのキャビに魅かれて買おうかと思いましたが、なかなか小遣いが溜まらず、購入を決意したときには廃番となっておりました。今でも使ってみたい1台です。

>音質はかつての重厚さからある種の軽快さに変わっていて
そうなんですか。みためもライトな感じになりましたから、、、デザインどおり、音も軽くなってしまったのですね・・・インシュレータの件は、あってはならないことです。そのような事故が起きる可能性が少しでもあれば、そういったリスクを事前につぶしておくべきでしょうね。

小生も、ヤマハは好きなブランドです!!あの重厚で上質なつくり、そして、「ヤマハビューティー」とも称せられた美音、是非、復活して欲しいものです☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/06/15 01:46 URL 編集 返信
No title
デュプレさん、こんばんは♪
な、な、なんと恐ろしいことをおっしゃるΣ(゚ロ゚ノ)ノ
「しばじゅん」の記憶が残っていたとは・・・おそるべし、しばじゅん(爆)
そういえば、ロボコップになっても「人間」の時の記憶は残ってましたね(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/06/15 01:50 URL 編集 返信
No title
こんばんは。

たしかに「ウィーー」という高めの動作音は、驚くほど共通してますねぇ。エレクトロニクス的同期音とで言いたくなる音です。

一方、ロボコップの「ガシャン」という器械的な動作音は、ウチのルボックスのトレイ移動時の音とそっくりです。こちらは、読取精度追求の高度なメカニズムとは無縁ですが。(^^;

たっちん

2013/06/15 02:25 URL 編集 返信
No title
たっちんさん、こんばんは♪

ほうほう、今宵は夜更しですねぇ(笑)これから徹夜のお仕事ですか!!

>エレクトロニクス的同期音
方や人間の脳を搭載したロボコップ、方や人工知能を搭載したP-0、
似たもの同士かもしれません(笑)
P-0ならば、ロボコップの「吹き替え」も務まりますね(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>ロボコップの「ガシャン」という器械的な動作音は、ウチのルボックスのトレイ移動時の音
はいはい、以前小生が愛用してました B226 signature もそうでした(笑)
ガシャシャン、ウ-ン・・・てな感じでしたね! \(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2013/06/15 02:49 URL 編集 返信
No title
懐かしい音ですね♪
でもこの音はかなり程度がいい個体ですね いい音がすると思います♪

SEED

2013/06/15 07:24 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんばんは♪

>でもこの音はかなり程度がいい個体ですね
えっ!そうなんですか!!
ロボコップ音で程度の良し悪しがわかってしまうとは!
SEEDさん、さては、“神耳”の持ち主ですねー(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2013/06/16 01:13 URL 編集 返信
No title
さぶちゃん大王さま、こんばんは♪
おっと!!!リコメが抜けておりましたぁ~許されよ~(゚∀゚∀゚∀゚)

でもって、5555GET、おめでとう!!!!
なんかあげたいところですが・・・身内に不幸(C32事件)がありましたので・・・(爆)

次のダミアンナンバー6666も是非、GETしてくださいねぇ~☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/06/16 02:01 URL 編集 返信
No title
いやいや悪い音も知っています 程度の悪いものは鈍い低音がします

これは少しかん高い音がしますからいいものだと思います

SEED

2013/06/16 13:50 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんにちは♪
なるほど!!そういえば、他で聞いたP-0の動作音は
低い?感じの音だったと記憶しております。

なんかちょっと嬉しくなりました!!ありがとうございますヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2013/06/16 15:08 URL 編集 返信
No title
遅ればせながらこんばんは^^;

やっぱP-0かっちょええですね。
前のスピーカー購入する時に使ったのを思いだしました。
でもこんなに動作音大きかったかな?

ロボコップなつかし~
LDがあるはずなんで見てみますね~^^/

ggくん

2013/06/18 18:19 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

>でもこんなに動作音大きかったかな?
これは、レコーダーを可能な限りP-0に近づけ、録音レベルMAXで録ったので、本来よりも格段大きな音になってますよ(笑)でも、分かり易いでしょ!!

>LDがあるはずなんで見てみますね~^^/
拙宅でもLDあると思いますが、LDプレーヤーが天井裏に・・・σ(^_^;

なめちゃん仙人

2013/06/19 01:48 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR