FC2ブログ

AC100Vからの決別、バッテリー駆動POWER-REGULATER THE J-1 PROJECT PPR-100♪

先日の記事では、電源ケーブル換装の効用について書かせていただいた。

しかし、改めて、あの記事を読み返すと、肝心なことを書き記していないことに気がついた。今宵は、電源ケーブル記事の補講の意味も込めて、拙宅システムの電源ケーブルの“その先”について触れてみたいと思う。

電源ケーブルを良質な製品に換装すると、確かに音は変化する。そして、オデオ的に良い方向へ変化する可能性も大きい。しかし、電気供給の源が交流電源(商用電源)である限り、電源ケーブル本来の性能を発揮しているとは言い難い。

ご存知通り、AC100Vは、発電所から様々な経路をたどって送電されてくる過程で、オデオにとって非常に好ましくない様々なノイズを拾い、オデオの再生音に多大なる悪影響を及ぼしている。

送電経路でのノイズは、電源対策としてポピュラーな200V引き込みや、究極の電源対策として一時脚光を浴びたマイ電柱、マイ柱上トランスを実現したとしても避けられるものではない。ならば、至高の電源対策とはいったいなんであろうか。

送電過程でのノイズから逃れるための手法は二つ。一つは、自分自身のプライベートな発電所=自家発電システムを構築すること。水力発電や風力発電、やれるものならやってみろの原子力発電所(笑)などを自宅敷地に設ける・・・という手法だ。

まぁ、この手法は現実味が薄いであろう。以前、自宅敷地内に小さなビルほどもあるオデオ専用の自家発電システムを構築したオデオマニアの方の記事を目にしたことがあるが、そんなことができるは、極めて限られた、ちょーモチカネの御仁だけであろう。はっきり言って、我々庶民には、実現不可能である!

もう一つの手法とは、AC100Vから決別し、バッテリー駆動による電源供給だ。

この手法は、熱心なオデオマニアにとっては、昔から良く知られた手法であろう。よく見かけるのは、自動車用バッテリーや乾電池を並列駆動し、オデオへ電気を供給する手法だ。しかし、バッテリー駆動の場合、バッテリーの質が音質に及ぼす影響は極めて大きい。自動車用バッテリーや乾電池は、本来的にオデオ再生に特化したものではなく、オデオ機器への給電に最適なバッテリーとは言い難い。

イメージ 1

そのバッテリーの質にトコトンこだわったのが、拙宅電源システムの要でもあるJ1プロジェクト(the j1 project)のバッテリー駆動POWER-REGULATER「PPR100」である。拙宅では、プリアンプやプレーヤーの能力を十全に発揮させるため、なくてはならない電源系アイテムである。

J1プロジェクトといってもピンとこない読者諸兄も多かろう。しかし、丸や四角の青色インシュレーターならば、一度は見たことがあるのではないだろうか。アメリカの軍需産業用として開発された複合素材を採用したIDSコンポジット(Isolate Damping Specialty Composite)である。海外のハイエンド機などでは標準のインシュとして数多く採用されている。

イメージ 2

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

the j1 project(ジェイワン・プロジェクト)-ナスペックHPより抜粋-

アメリカの若い工業デザイナー達が興味を持つ、航空機、ヨット、自動車、スポーツやオーディオの分野において、これまでに培った経験と幅広い知識を基に、さまざまな問題提起を行い、アイデアを寄せ合い具現化する技術家集団です。

株式会社ナスペックは技術供与と商標の権利を獲得し、その技術を受け継ぎました。
機器本来のポテンシャルを最大限に引き出す事の可能な、幅広い製品群をプロデュースしていきます。


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

イメージ 3

PPR100は、オーディオ用として使える電源を開発することを「AC100Vからの決別」を目的に開発されたバッテリー電源ユニットだ。熱変化、安定度、経年耐性など、様々な角度からオデオにとって最高のバッテリーとインバーターの開発からはじまり、配線方法、振動対策、インバーターのノイズ対策などに対しても万全を期した究極のオデオ用バッテリー電源システムである。

PPR-100の筐体は、W340xH260xD480、質量38Kgという、パワーアンプ並みの巨躯で、12Vの巨大な蓄電池を内蔵している。連続最大出力は100Wで、連続50Wで8時間、100Wで4時間の宮殿を可能としている。最大出力を鑑みると、プリアンプなどの小さな消費電力のオデオ機器に適していると言えよう。

拙宅では、プリアンプ、アナログプレーヤー、デジタルプレーヤーを電源ボックスを経てPPR-100からの給電を受けている。ちなみに、写真の上の電源ボックス、フルテックe-TP60につながれているのはアナログ系の機器群、ナログプレーヤーGT-2000Lの外部電源と、フォノイコライザーとして活用しているクレルのプリPAM-1の左右独立電源である。

イメージ 4

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

製品の特徴

○どんな使用環境にも関係なくきれいな100V/60Hzが供給できるピュア電源 
○完全に汎用のAC100Vよりアイソレートされた電源
○DC12V→AC100VインバーターにMFC処理が施された電磁波対策やJ1素材による
 振動対策によりクリーンな高S/Nの電源完成。
○キャスター付き 
○フロントパネル アルミ 厚さ5mmの堅牢設計 
○バッテリーは音質的に優れたアメリカ製を採用

PPR-100の内容

○連続最大出力 100W
○連続使用時間 約4時間(100W使用時)約8時間(50W使用時)
○バッテリーの電圧が規定値以下に下がった時にAC100Vに自動切換え(ノイズレス)
○充電はバッテリーが規定値以下に下がった場合は自動的に充電モードに切替え
○そこまで下がらない場合は手動切替え(フル充電は約10時間)
○夜使って、寝ている時や出勤時に充電。
○充電方式はバッテリーにやさしい方式を採用。
○出力コンセントはフルテックを使用
○寸法:340mm(W)×260mm(H)×480mm(D) ハンドル、キャスター別
○総重量 : 37.95Kg

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


イメージ 5

↑↑↑ バッテリー充電時/AC駆動時のディスプレイ 下の「BATTスイッチ」でAC/DCに切り替えをする。


イメージ 6

↑↑↑ バッテリー駆動時のディスプレイ 一番上のグリーンランプが点灯している状態が、フルチャージ時。


電源ケーブル同様、電源ユニットも玉石混合、実に様々な製品が存在する。

アイソレート・トランス(ノイズカット・トランス)を搭載したものや、AC100Vを内部で直流化してピュアな交流波形をつくりだすアイソレーション・レギュレーターなどが一般的だ。面白いところでは電源波形の歪みを検出し、瞬時に補正して本来のサイン波形を出力するアキュフェーズ方式がある。

アキュフェーズのクリーン電源は特に効果は高く、小生もかつてPS-500とPS-1200を愛用していた。一聴、ノイズフロアが下がり聴感上のS/N比が良くなるのだが、噴出すような音の勢い、弾けるようなエナジー感はノイズとともに失われ、ひっそりと大人しいサウンドになるのが、イマイチであった。

PPR-100の凄いところは、際立ってS/N比が向上するのはアキュと同様なのだが、更に、音楽の持つエネルギッシュな躍動感やカミソリのような先鋭感といった音楽の生々しさにつながる要素が全く欠落しないところだ。これは、他社の電源システムにはない、PPR-100ならではの魅力である。

筐体のバカでかさとお値段から、それほど市場に流通しなかったのだろう、オデオ系メディアへの登場回数も極めて少ない。そんな数少ないインプレッション記事の一つが、手元にある「電源&アクセサリー大全2006」に掲載されている。小生の感ずるところと近いので、転記しておこう。



◎総合音質評価

桁違いの透明度と情報量 表現力もリアルで際立つ

まるでパワーアンプのようなサイズで、質量も38Kgだ。フル充電に4時間かかるという(100W使用時)。突入時の鳴きと、バッテリーモードでの持ちの短さを差し引いて、サウンドはまさに隔絶している。S/Nがどこまでも深く、のぞきこみたいようなケタ違いの透明度であり、ソースそのものの情報がひとつ残らず、すくい出されてくる印象。

ソロ・オーボエは息を呑む。空間にポッカリと漂うほぐれた管の余韻もそうだし、拍手の生々しい響きと広がりと。またノイズにしても空調の低域音がこれほどはっきり聴こえたこと自体、バッテリー駆動の凄さだろう。音色もただ美麗で清々しいだけでなく、ジャズベースのタイト感やアグレッシブなピアノテクを際立たせるスリリングさも併せ持つリアルな表現力だ。ハマる音である。(林 正儀 AA115)



なにやら、林氏もだいぶコーフンした模様のインプレである(笑)

とにかく、バックグランドノイズが激減することと、音の歪感の減少は一聴して分かる。これが、微細な信号を取り扱うプリアンプには極めて有効に働くのだ。また、大元の電源クオリティが著しく向上したことにより、良質な電源ケーブルの効果も、より明確に感じ取れるようになる。

このPPR-100、現状では生産を終了している製品のようだが、一聴の価値ありの名品である。読者諸兄も、機会があれば、是非、入手していただき、ご自分の耳で、その効果のほどを体感していただきたい製品である。

電源を制する者、プリアンプを制す!

プリアンプを制する者、オデオを制す!

コメント

コメント(20)
No title
幸せの黒い猫さん、こんばんは♪

>自分もPSオーディオのクリーン電源を使っていますが
パワープラントと呼ばれているものですね!なかなか良さそうな製品ですね。
オデオも弄りまくっていくと、最後は“電源”に辿り着くようですヽ(^О^)ノ

>自分はプリメインなのでオーディオは制す事が出来ません(^_^;)
いえいえ、制した後に、達観してプリメインに逝かれる方も多いですから☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/03/10 01:23 URL 編集 返信
No title
こばちゃんさん、こんばんは♪

>「タマを集めるものはオデオを制す」になりませんかねえ。
いやいや、タマ御殿の主・こばちゃんさんの場合、
このコトバ以外には、しっくりといくワードがありませんねぇ(笑)ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2013/03/10 01:26 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

>由緒正しい板だったんだぁ(笑)
はい!確かZジジイさんブログにもさり気なく登場していた、
あの青い板は、軍事技術の粋ともいえるエラ~イ板なのです(爆)

>プリの前にコレじゃないですか!
いえいえ、コレは、Zジジイさんみたに、ありとあらゆることをやり尽くしてヒマになってしまった御仁が、最後に辿り着くオデオの楽園“幻の電源郷”なのです(笑)ヽ(^О^)ノ

>どうしてもソノ気になれないままで終わっております!!!
汚れが取れますからねぇ・・・・そう、濁点が取れるんですよ!
「ガツン!!」が「カツン・・・」に、「ドカン!!」が「トカン・・・」に(笑)
Zジジイさんとしては、濁るところは濁ったほうが好ましいのでしょう(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2013/03/10 01:33 URL 編集 返信
No title
たっちんさん、こんばんは♪

>電源を電気回線から遮断して、ノイズを切り離したいという希望は多いでしょうね
コレの効果は、明確にサウンドに跳ね返ってきますから!
バッテリー駆動を体感すると、商用電源に混在してくるノイズが、
如何にサウンドにとって有害かが分かります。

>パワーアンプには容量の制約で使えないんですね
パワーではジェフのDCシリーズや、マランツで別筐体のバッテリ駆動が存在しましたが・・・
バッテリー駆動の有効性は、どちらかといえば、微細信号を扱うプリやプレーヤーに発揮されると思います。莫大な電気を喰らって駆動するパワーアンプは、むしろAC駆動のほうが好ましい鳴り方をする場合もあるので、難しいですねぇ~\(o ̄▽ ̄o)/

>「家族を制するものオーディオを制す」
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~!おそらく、ほとんどのオデオ人は、
一生“ソレ”を制することなく、生涯を終えることでしょう(笑)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2013/03/10 01:51 URL 編集 返信
No title
おはようございます。

流石仙人さま、レアな物をお使いですね。

最近、私もクリーン電源を手に入れましたがおっしゃるとおり電源が綺麗になると力感が薄くなる気がしてどう使おうか思案中です。
また、電源ケーブルも今までの評価で良かったのか?とも思っており仙人さまおっしゃるところと共通しているようで安心しました。(*^^*)

最近はDC電源を基にしたAC電源も以前に比べれば手に入りやすいのでチャンスがあれば色々試してみたいと思います。

ggくん

2013/03/10 09:41 URL 編集 返信
No title
再び登場(笑)あちらこちらで、中古を探しましたがありませんでした。こうなったら、テクニクスの7000辺りを買って、バッテリー電源として使っていたやるう~♬

acc**hasec2*0*

2013/03/10 13:40 URL 編集 返信
No title
なめちゃんさんこんばんは、まさに仰る通りですね。私も最近電源のノイズに悩まされており、アイソレーション電源が必須の状態です。ML-10Aのノイズは電源でした。家庭用電源は怖いですねー。

S2KML7

2013/03/10 20:13 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

>電源が綺麗になると力感が薄くなる気がしてどう使おうか思案中です。
いやまったく、コレは不思議ですよねぇ~!皆、一様にその傾向があります。
電源の“ヨゴレ成分”が、聴感上のエネルギッシュさにつながっているのか・・・
このPPR-100は、力感を失わずにヨゴレだけを払拭した感のある数少ない電源機器でした。

>最近はDC電源を基にしたAC電源も以前に比べれば手に入りやすい
そうですね!電源ケーブル同様、内外のさまざまなメーカーからリリースされているので、
小生もいろいろと試してみたいと思っております☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/03/11 00:30 URL 編集 返信
No title
acc**hasec2*0*さん、こんばんは♪
再来場いただき、ありがとうございますヽ(^О^)ノ
まぁ、非常にマニアックな商品ですし、外観もアキュのように洗練されておらず無骨な御面相なので、あまり売れなかったのではないでしょうか(笑)オクでも、見かけたことがアリマセンからねぇ!

>テクニクスの7000辺りを買って、バッテリー電源として使っていたやるう~
あのバッテリー、1.5万ぐらいで補修部品として買えますよ(笑)
小生が愛用の7000も一度、交換しております!!
PPR-100のバッテリーは7000搭載のウン十個分の容量でしょうか!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/03/11 00:37 URL 編集 返信
No title
S2KML7さん、こんばんは♪
その後、ML-10Aの体調はいかがでしょうか!
海外機は国産機と比べ、電源系からのノイズを拾いやすい設計のモノも多いですから!

汚れた電源環境、特に拙宅のような集合住宅の場合、
何らかの電源ユニットは必需品です☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/03/11 00:42 URL 編集 返信
No title
こんばんは。
お持ちの電源系アイテムも凄いですが、後ろに写っているステサンが
連番になっている!
何冊お持ちなんでしょうか!? 流石、仙人様。

stealth F19

2013/03/11 01:43 URL 編集 返信
No title
stealth F19さん、こんばんは♪
ステサンはオデオの資料として重宝しますので、創刊2号から取り揃えております。
最近は購入しても、中身を熟読することはほとんどありませんが・・・

そうそう、何号か友人に貸して戻ってこなかったのがあったと思います(笑)σ(^_^;

なめちゃん仙人

2013/03/12 00:24 URL 編集 返信
No title
こんにちは♪

PPR-100は初めて知りました。凄いですね。
私も以前から、商業電源には不満を感じておりますが、なかなか手付かずです。
アースも不完全状態です。
当然、極性あわせ位は完全実施していますが・・・
なので、超高効率ampのLXA-OT1に、鉛蓄電池より高音質な1.5Vのアルカリバッテリーで
給電して、38cmウーハーの高能率スピーカーを駆動しております。
低音のしまりも問題なく、弩迫力で近所から苦情が来ますよ(笑)

「自己満足を制す者、オデオを制す!」
「妥協を制す者、オデオを制す!」
「音楽を純粋に楽しむ者、オデオを制す!」
なんていかが。

しんのすけ

2013/03/12 01:17 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪
あっ!一瞬コメが消えてビックリした!!!

やはり、ご存知ありませんでしたか・・・かなりマイナーな製品なので・・・σ(^_^;
外観デザインも、アキュのクリーン電源などと比べると、
質実剛健で野暮ったく、一般受けはしないで意匠でしょう。。。

>アースも不完全状態です
そうですね!アースの取り方、落とし方も大きく音に影響しますからね!

バッテリー駆動のサウンドは、一度味わうとハマリますよね!!

まぁ、皆さん、いろんな感じでオデオを制しているようです(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/03/12 01:20 URL 編集 返信
No title
驚かせてすみませんでした。

制す!を追加してました。
ちなみに1.5Vは10本で~す。

しんのすけ

2013/03/12 01:53 URL 編集 返信
No title
当然ながら知らない製品です(爆)
でも凄い物をお使いですね~

電源は重要ですけど、先立つものが必要ですから・・・・
でも一度はやってみたいですね~

ここまでやって貰う機器達も幸せ者ですね(^。^)

izumikta

2013/03/12 18:53 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪
アルカリ10本ですか、、、年間の消費本数を考えると・・・
PPR-100が買えちゃうかもしれませんねー(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2013/03/13 01:51 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

>でも一度はやってみたいですね~
博士タイプのizumiktaさんならば、かなりのめり込みそうですね(笑)

でも、街中と異なり、izumiktaさんのオデオ別荘の電源環境はかなり良さそうですから、
バッテリー駆動の効用も少なそうです☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/03/13 01:57 URL 編集 返信
No title
J-1プロジェクトがバッテリー駆動の製品を出していたとは知りませんでした。
私もこだわって、電源タップを3種類使い分けていますが、まだまだひよっこですな(笑)

清流、グランド取りにこっているひーるでした。

ひ~る

2013/03/16 01:35 URL 編集 返信
No title
ひ~るさん、こんばんは♪
J-1プロジェクトと言えば、インシュやコンセントプレート、タップなどの小物アクセサリーのイメージが主ですが、こんなデカブツもリリースしておりました(笑)

上流に、このようなバッテリー駆動の電源ユニットをもってくると、電源ケーブルや電源タップがより活きると思います。特に電源が汚れがちの都会では効果大です。なかなか中古でも見当たらないと思いますが、運よく見つかればお買い得ですよ!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2013/03/16 01:50 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR