FC2ブログ

Western Electric 101D プリ、見目麗しき歌姫との宴♪

いやはや、なんとも面白いプリアンプである!

え!何がっ面白いかって!?
ブロ友、こばちゃんさんからお借りしている真空管プリアンプ「Western Electric 101D Preamplifier」だ。

「Western Electric 101D Preamplifier」の紹介記事から一週間近くも経ってしまったが、毎夜、納会やら忘年会でデロンデロンになった脳みそを奮い立たせ、せっせと試聴に励んでいる(笑)

酔っ払ったドタマには、真面目なクラや小難しいジャズなどは受け付けるはずも無く(笑)、必然的に「酔ったらオネーちゃん」的ヴォーカルアルバムばかり聴いている(爆)汗水たらしながらラッパを吹くオッサンうよりも、ジャコウの香りを漂わせしなを作る美女のほうが、小生は遥かに燃えるのである!

早速ではあるが、そんな見目麗しき歌姫たちと「Western Electric 101D Preamplifier」との宴を、さくさくっ!とアイデアフラッシュの如く、書き留めてみよう。今回は、ひつとの記事では最大人数、9人のキャバ嬢、いや歌姫との宴である(笑)まるで、キャバクラの高速チェンジ如きインプレになることをお許しいただきたい(爆)

まずは、試聴システムの紹介。女性ヴォーカルをいかに艶かしく再生できるか、を念頭にシステムアップした。

CDトランスポート:クレル MD-1
DAコンバーター:ゴールドムンド MIMESIS10
プリアンプ:Western Electric 101D Preamplifier
パワーアンプ:パス・ラボラトリーズ Aleph 2
スピーカー:JBL K2 S5500

CDトランスポートはMD-1と並行して、適宜、エソテリックP-70(マスタークロックジェネレーター・エソテリックG-0dより88.2kHzにてクロック供給)を使用する。また、SACD盤再生には、ソニーSCD-1を使用する。

パワーアンプには、真空管プリとの愛称が抜群によりパスラボの「Aleph 2」チョイスした。ヴォーカルにめっぽう強い、クレルKMA-100MkⅡとも組み合わせてみたが、少々深情け過ぎるヴォーカル?になってしまい、パスラボに戻した。

さぁ~て、、、、、じゃぁ~、いくよぉ~~~~♪

イメージ 1

●『COVER 70's(初回限定盤) [Limited Edition]』 柴田淳

やはり1枚目はコレを聴くしかないでしょう(爆)一聴、不思議に思えたのは、あれほど膝の上に乗っかってきたしばじゅんが、チョイと離れてしまったこと。といって、ヴォーカルが遠ざかってしまったわけではない。若干距離を置きながら、ウフフと優しく微笑みかけてくれる・・・そんな感じだ(どんな感じだ!?)。

これは、ある意味、バックの楽器群の音像が、ヴォーカルに負けず劣らず際立ってきたからかもしれない。WE101Dプリは、とにかく音像を凛々しく、力強く描写するのが得意なプリのように思える。バックが、より明瞭になったため、相対的にヴォーカルが一歩下がったように感じたのだろう。

しばじゅんのヴォーカルは、明るくフレッシュ。はちきれんばかりの瑞々しさだ!ただし、#7「青春の影」では、しばじゅんお得意の感情の起伏を表すようなビブラートによる陰影描写は、少々浅い表現になる。映像で言うところのグレースケールがフラット気味になる感じだ。光が強く当たるヴォーカル、チョイとハレーション気味である(笑)しかし、この闊達さは、くせになる聴き心地の良さだ。

#10「スカイレストラン」では、なんとも色っぽいヴォーカルがたまらない。例えば拙宅のクレルPAM-3だと、少々ベタっとして粘りすぎるのだが、WE101Dプリでは適度なトロミが加わる感じで、惚れ惚れする。ブレスの際の「ふはぁっ・・・」という吐息が、艶かしく耳に絡みつく。

ピアノやギターのアコースティック感もよく表現し、響きが強く実在感のある再現性だ。全体に「くっきり、はっきり」とした快活な表現がWE101Dプリの特徴と見たが、楽曲によって、がっちりハマる曲と、いまひとつしっくりこない曲があるのも事実だ。

イメージ 2

●『歌姫』 中森明菜

しばじゅんを意識したわけではないが、こちらも明菜嬢のカバー集『歌姫』(1994年発売)である。13年にもおよぶ歌姫シリーズの記念すべき第一作がこの『歌姫』だ。発売以来、18年間、常に小生のシステムチェック用試聴ディスクの筆頭として活躍してくれたCDである。

このCD、決して抜群に高音質というわけではないのだが、小生がヴォーカルを聴く上で最も重視している“肉声感”が抜群にリアルなのだ。もちろん、楽曲も魅力的なナンバーが揃っているのだが、最大の聴きどころは明菜嬢の“肉声”そのもの。明菜嬢のヴォーカルが、色艶、粘り気、伸びやかさ、閃き、トロミなど、あらゆるヴォイスの要素が最高点に達した28歳の時に収録されたのが、この『歌姫』である。

#2「愛染橋」(オリジナル:山口百恵)を聴く。千住明のアレンジによるドラマティックなストリングスが荘厳に深く響く。ストリングスを主とするバックと、明菜嬢のヴォーカルとの分離も良好。ここの音粒を際立たせながらも、流麗に融合し、美麗な音楽を奏でる。WE101D、恐るべしである!そして、明菜嬢の絶品ともえいるヴォーカル、子音は若干強めに出るが、何よりも深みがあり柔和で肉厚な“声”の実在感が素晴らしい。



気をよくして、#4「思秋期」(オリジナル:岩崎宏美)を聴く。イントロのストリングス、エネルギーたっぷりに響き、心にしみる。そして、美しいバックを背景に凛と立つ明菜嬢のヴォーカル。なまなましく、ゾクゾクする。明菜嬢との真空管のマッチングが良いのだろうか。プリによっては、ヴォーカルのエッヂが甘く、不鮮明な表現をすることもあるが、WE101Dプリは、ただひたすらに鮮明でリアル。



難曲#6「終着駅」(オリジナル:奥村チヨ)はどうだろう。小生の大好きな奥村チヨの大好きな楽曲(笑)明菜嬢は、この楽曲を、より情念たっぷりに歌いきる。地を這うように湧き上がるビブラート、WE101Dプリでは、少々軽いか。明瞭なヴォーカルは良いが、更にウェイトが乗ってくれると背筋がゾクッとくるはずだ。この「ゾクッ!」感が出せるのは、拙宅プリでもレビンソンML-10A改、ただ1台である。

////////////////////////////////////////////////////////

う~む、、、、二人の歌姫に少々のめりこみすぎたようだ!これでは、チェンジが思うように進まずお店も迷惑するので(なんのこっちゃ!)、ここからは、少々スピードを上げて、花びら大回転である(爆)

・・・・・と思い、勢いにまかせてキーボードを叩き続けていたら、アッ!という間に5000字枠を突破してしまった(笑)そんな訳で、この続きは、すぐこの後「PartⅡ」にて・・・・・・・・大回転!!!!!!

コメント

コメント(9)
No title
おっはようございますぅ♪

おぉ!!!
忙しいこの時期のこんな時間にレンチャン投稿ごくろうさまですぅ~^^ /

ボーカルモノ、大繁盛ですネッ☆
しばじゅんとアッキーナ、二人でコレだけの記事!
続きがどうなるのか?
とても酔いながらの記事とは思えぬ迫力に、寝起きのワタクシは完全ノックダウンっ><、、、

試聴記にコレだけチカラが入るということは、このこば屋プリ、タダモンではありませんネッ^^♪

男のカワサキ

2012/12/22 04:42 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんにちは♪

>忙しいこの時期のこんな時間にレンチャン投稿ごくろうさまですぅ~^^ /
酔っ払っての投稿、しかも、皆さんのように下書きせずにド~ン!と一気に書くタイプなので、誤変換、誤字脱字等、多々あると思いますが、お許しください・・・σ(^_^;
最近では、昼飯時に持ち歩いてるミニノートでリコメしてます!!

>寝起きのワタクシは完全ノックダウンっ><、、、
久々に寝起きを襲ってしまいましたね(笑)
まぁ、最近は、週一の更新ペースなので、1回の記事がこれくらいのカロリーで丁度良いでしょう!歌姫一人一記事にすれば、9日分ですからねー(爆)\(≧∇≦)/

>このこば屋プリ、タダモンではありませんネッ^^♪
WEのタマの良さが良く出てますね!!
また、出音が市販のメーカー製プリとは異なるので、聴いていてとても楽しいです☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2012/12/22 13:33 URL 編集 返信
No title
さすが、人生をオーディオにかけた音ですね!
まいりました。

manami

2012/12/22 19:36 URL 編集 返信
No title
書き忘れ
オーディオ?PC?なのか「歌姫」を聞いて品のある音に驚きました。
それで、まいったんです。

manami

2012/12/22 20:05 URL 編集 返信
No title
仙人さま 今晩は。

怒涛の試聴、まことにありがとうございます。感謝の言葉もないくらい感激しております。

杉さんのところのオフ会で、このプリを入れてしばじゅんを聴いたとき、小生のシステムでははっきりしなかった彼女の声の繊細さと歌に込めた心情が心を打ちました。

小生もしばじゅんの歌唱力を認めます!(笑)

こば

2012/12/22 22:04 URL 編集 返信
No title
manamiさん、こんばんは♪
人生にオデオをかけた、“オデオばか”です(笑)\(≧∇≦)/
「歌姫」音源はPCでしょう。昨今、PC再生の音もそこそこ聴けるようになってきました。
味わいや趣味性の点では、まだまだこれからの発展途上だと思いますが☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2012/12/23 01:01 URL 編集 返信
No title
こばちゃんさん、こんばんは♪

>感謝の言葉もないくらい感激しております。
いえいえ、こちらこそ、WEを聴く貴重ないただき感謝感激であります!!
フォノイコとあわせて、もうチョイとだけお借りいたします!!
年明けにはご返却いたしますので、しばしのご猶予をヽ(^О^)ノ

>彼女の声の繊細さと歌に込めた心情が心を打ちました。
ほうほう!実は、杉ちゃん、隠れ“しばじゅん教徒”だったりして(爆)好き嫌いはあるでしょうが、このアルバムは“声”を認識するのに適したサウンドクオリティを持っていると思います。愛聴盤にはならなくても試聴盤にはなると思います(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2012/12/23 01:07 URL 編集 返信
No title
キャ○クラで指名を変えると、女の子同士で大喧嘩になることがあるそうです。
客の都合で、アッチの娘が良くなっただけなんですけど、指名されてた嬢にすると
自分の客を取ったと言うことになるそうです。
くれぐれも、同じ店では指名を変えないように。
お店にも迷惑になるかもしれません。

花びら大回転ならOKです!(爆

おやじ sp.

2012/12/24 01:47 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪

>くれぐれも、同じ店では指名を変えないように。
これからは店の子、全員指名するようにしますネ!(爆)\(≧∇≦)/

>花びら大回転ならOKです!(爆
あれェ~オデオの話しが・・・・・(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2012/12/24 01:52 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR