FC2ブログ

またまた念願叶う!しばじゅん 『COVER 70’s』 発売♪

朝夕はやっと秋めいてきた今日この頃、本来ならば、芸術の秋らしく、じっくりと音楽の鑑賞芸術に浸りたいところだが、いやはや、とんでもない仕事を請け負うことになり、ここ一週間は全くオデオに触れることさえできない毎日が続いた。

「時間的に無理な仕事」は慣れっこの小生ではあるが、今回、課せられた任務は、通常、急ぎで2ヶ月はかかる「仕込み~企画立案~ショー開催」を、約1週間でこなさなければならないというもの。会場を下見をする暇もなく、空いているホールをとにかく押さえ、音響や映像のリハなしで、いきなり本番で挑む無謀さに、寿命が縮む思いがした・・・

しかも、今回の案件は、県や市の行政トップまでかかわっての、エライ頭を使うコンテンツである。基本的にオツムがおバカな小生には、企画書を書いているだけで脳髄が耳から垂れ落ちそうになってしまった(爆)

、、、愚痴はコレまで(笑) まぁ、とりあえず、何とか峠を越えることができたので、久々、ブログの更新をしよう。

本来ならば、もう少し早くUPしたい記事であったが、前述のような理由で、すっかり遅くなってしまった。そう、しばじゅんこと柴田淳の新譜が発売されるのだ!! それも、なんと、以前より小生が切望していた懐かし歌謡のカバーアルバムである!

イメージ 1

【SHIBATA JUN Official site】より抜粋


デビュー10周年を締めくくる自身初のカバーアルバム『COVER 70’s』リリース!柴田淳が、自身初となるカバーアルバム『COVER 70’s』をリリース! 70年代の日本の名曲スタンダードを歌う、オトナのカバー集!!

◆タイトル
『COVER 70’s』

◆発売日
2012.10.31

◆初回盤
VICL-63934(初回限定盤) ¥3,300(税込)
※初回限定特典 1曲追加収録、書き下ろしライナーノーツ、スリーブケース仕様・他

◆通常盤
VICL-63935(通常盤)¥2,800(税込)

◆全12曲収録  初回盤のみ13曲収録 

◆収録曲目
(曲順未定)/()カッコはオリジナル曲アーティスト。
「東京」 (マイ・ペース)
「スカイレストラン」 (ハイ・ファイ・セット)
「みずいろの雨」 (八神純子)
「飛んでイスタンブール」 (庄野真代)
「Mr.サマータイム」(サーカス)
「あなた」 (小坂明子)
「木綿のハンカチーフ」 (太田裕美)
「青春の影」(TULIP)
「秋桜」 (山口百恵)
「22才の別れ」 (風) 
「異邦人」 (久保田早紀)
「迷い道」 (渡辺 真知子)

初回限定盤にのみ収録
「卒業写真」(荒井由実)

昨年デビュー10周年を迎えたシンガーソングライター柴田淳が11年目のデビュー記念日となる10月31日に自身初となるカバーアルバム『COVER 70’s』をリリースすることが決定しました。

カバーアルバムの選曲は柴田淳が幼少の頃より台所で母親が口ずさむメロディーや歌声が自然と聞えてきては一緒に口ずさんでいたという、慣れ親しんできた名曲の数々をセレクト。柴田淳のルーツとなる名曲達は世代を超えて、今なお語り継がれる日本の70年代フォーク、歌謡曲のスタンダード。誰もが一度は聴いたことがある名曲の数々が柴田淳の持つ独特の美しくも切ない歌声でしっとりと歌い上げられてた至極のカバーアルバムが誕生する。

サウンドプロデュースにはこれまでも数々の柴田淳作品をプロデュースしてきた羽毛田丈史氏が全曲プロデュース。なお、初回限定盤には「卒業写真」(荒井由実1975年発表のアルバム「COBALT HOUR」収録)が収録される他、柴田淳が自身の思い出とともに名曲を紹介するライナーノーツも用意される。



イメージ 2

なるほど、70年代といいながらも、70年代後半、77~79年ごろの“ニューミュージック”が多数収録されている点、しばじゅんの原点が伺えるともいえる。『幼少の頃より台所で母親が口ずさむメロディー』ということだが、小生もよく口ずさんでいた。小生としばじゅんのかぁちゃんとは同世代か(笑)

かつて、旧ブログにおいて、しばじゅんがカバーアルバムを出したらこんなアルバム・・・みたいな記事(2009年11月)を書いている。その時、小生が取り上げた楽曲と、今回実現した曲目を比較すると面白い。
【柴田淳 卒業写真♪(アーカイブ)】  【②柴田淳 卒業写真♪(アーカイブ)】

その記事で、こんなことを書いている↓

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

さて、ここで小生が仮に、しばじゅん「カバーアルバム」をプロデュース(ちょっぴり本業(笑))するとしたら、どのような楽曲をチョイスするのか検討してみたい。

アルバムタイトル: 『青しば、赤しば。』(仮題)

1.秋桜(山口百恵)
2.告白(竹内まりや)
3.難破船(中森明菜)
4.ムーンライトサーファー(石川セリ)
5.卒業写真(荒井由美)
6.クリスマスイブ(山下達郎)
7.踊り子(村下孝蔵)
8.I LOVE YOU(尾崎豊)
9.サイレントイブ(辛島美登里)
10.会いたい(沢田知可子)
11.抱いて・・・(松田聖子)
12.オリビアを聴きながら(杏里)

次候補:ダンスはうまく踊れない(井上陽水)
    YOU’RE MY ONLY SHININ’STAR(角松敏生or中山美穂)
    いい日旅立ち(山口百恵)
    君を忘れない(松山千春)
    半袖(今井美樹)
    セカンドラブ(中森明菜)
    なごり雪(イルカ)
    時代(中島みゆき)
    シングルアゲイン(竹内まりや)
    あなたに逢いたくて(松田聖子)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

、、、う~ん、小生が想定した中で今回選ればれたのは、「秋桜」と「卒業写真」ぐらいか。本業も当てにならないものだ(笑)78年の「オリビアを聴きながら」は絶対に入ると思ったのが、不思議だ。失恋の悲哀をサラリと描いた尾崎亜美の楽曲の世界は、しばじゅんワールドと見事にシンクロすると思ったのだが。。。

まぁ、次回作?の『COVER 80’s』(たぶん、でるだろう!?)では、小生の取り上げた楽曲もけっこう入ってくるのではないだろうか(笑)特に80年代の歌姫ツートップ、聖子嬢と明菜嬢の楽曲は、是非、取り上げていただきたいものだ。

いずれにしても、ヒット曲のカバーアルバムというのは、ヘタな歌い手が歌えば、ただのカラオケ自慢で終わってしまう陳腐な企画だが、そこは情念の歌姫しばじゅん!、名曲の新たな側面を抉り取り、我々にじっくりと聴かせてくれることだろう。

前回のアルバム、『僕たちの未来』では、小生の念願だったインディーズ時代の「Viki&JUN/心の声」のリテイクが現実のものとなり、今回は、これまた小生が心待ちにしていたカバーアルバムが現実のものとなった。

さて、残る小生の念願は二つ。ひとつは全アルバムのハイブリッドSACD盤化(おいおい、AKINA BOXか(笑))、そして、もう一つは、アルバムのアナログ重量盤化である! 

この2点、是非とも実現されることを切望してやまない。特に、しばじゅんをSPUで聴いたみたいのだ(笑) 



ユーミンなら「ひこうき雲」もイイねぇ~♪ ギターでの弾き語り、サイコー!!


コメント

コメント(20)
No title
絵里奈さん、こんばんは♪
ユーミンの「卒業写真」、お好きなんですねぇヽ(^О^)ノ
ユーミンの中でも、この「卒業写真」は特別!という女性ファンも多いですよね!

原曲の荒井由実のイメージが圧倒的なので、カバーするほうが大変でしょうね! YouTubeの「卒業写真」はかなり昔の映像なので、今回は、更に成熟した相当完成度の高い、しばじゅん版「卒業写真」が聴けるのではと楽しみにしております☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2012/09/23 02:10 URL 編集 返信
No title
杉ちゃん、こんばんは♪

>なめちゃんはシバジュンがほんとに好きなんですね~
はい!ぶっちゃけ、大好きで~す(爆)
でも、自分の娘、いや、妹みたいなもんですよぉ(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>↑、聴いてみて「シバジュンじゃんかよ~!」て思いました^^
ですよねー!!特に「ひこうき雲」は、コレがオリジナルみたい(笑)

>木更津の市民会館とは無縁の人なんでしょうね~(笑)^^;
う~ん、どうなんでしょう、、、木更津は分かりませんが、しばじゅんの庶民的でオトボケなキャラ的には、“市民会館”が似合うような気がします(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2012/09/23 02:16 URL 編集 返信
No title
mpxさん、こんばんは♪

>ベストでベストです~
ほうほう、mpxさん的にも、この選曲はいけてますかぁ(笑)
ならば、mpxさんも、小生同様、“オヤジ”ということですね(爆)

>あのぉ~しばジュンさんは、テレビ出演は、お嫌いですか~??
時たまドキュメンタリーとかで出るんですけどねー!
そうそう、ドラマで女獣医役としてチョイ出演したことがあるんですよ!
http://www.youtube.com/watch?v=7BJp4dTupxU
↑ 意外と小さいんですよねーしばじゅん☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2012/09/23 02:25 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんばんは♪

>「東京」は今でもよく聞きますけど、あのイメージにはまりません。
小生も、正直驚いています。
アルバムの全方向性を決定づける#1に「東京」をもってくるとは・・・
ハイ・ファイ・セットの「スカイレストラン」も良い曲ですが、しばじゅんのハイトーン・ファルセットを活かすなら「朝陽の中で微笑んで」のほうが、、、なぁ~んて、いろいろ注文を付けたくなりますが・・・まぁ、それはファンの勝手な妄想ということで(笑)

>しばじゅんてノンビブラートのロングトーンてイメージがありますけど
ほうほう、おやじsp.さん的にはそうなんですねぇ!?
小生は、徹底したノンビブラートが唯一無の個性としているユーミンに対し、ファルセット+独特のビブラート唱法が特徴のしばじゅんと捕らえているのですが。心の揺らぎとシンクロするようなビブラート、エエと思いませんかぁ\(≧∇≦)/

>聞きたいような、聞きたくないような、、、
まさに、「迷い道」くねくねぇ~♪
迷ったときは、迷わず、聴きましょう(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2012/09/23 02:47 URL 編集 返信
No title
柴淳のカバー良さげですね。
初回限定盤にのみ「卒業写真」(荒井由実)収録とは憎い戦略です。
酔っていたらポチッていたかも。

柴淳出演のYouTubeありがとうございます。
結構ちっちゃいんですね!

元新潟のU

2012/09/23 11:17 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんにちは♪

>初回限定盤にのみ「卒業写真」(荒井由実)収録とは憎い戦略です。
コレ、“ジジイ殺し”の最大のフックかも(笑)
小生も含め、「卒業写真」に思い入れのあるジジイ・ババアは多いですからね(獏)
酔ってなくても、ポチしちゃいましょう\(≧∇≦)/

>結構ちっちゃいんですね!
両脇の二人がデカイ!ということもありますが・・・小学生みたいです(笑)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2012/09/23 13:36 URL 編集 返信
No title
こんばんは♪

久保田早紀も八神純子もいいけれど…… 選曲が当たり前過ぎやしないでしょうか。万人受けするには仕方がないのでしょうかね。

★私が選ぶとこうなります。ちょっと80年代も入っていますが、私もそこまで年配ではないので…
1  古都めぐり/広谷順子
2  かげろう坂/西島三重子
3  ミスティ・ナイト/石黒ケイ
4  思秋期/岩崎広美
5  インスピレーション/高梨めぐみ
6  蒼ざめた朝/宮田あやこ
7  メランコリーシティー/田島裕子
8  雨・雨・ふれふれ/うらべまさみ
9  封じられた手紙/横山みゆき
10  Lost Love/高木麻早
11  風の中の栗毛/松任谷由実
12  屋根/高田真樹子
13  おもいでは琥珀色/豊島たづみ
14  薔薇詩集/神田広美
15  戻っておいで私の時間/竹内まりや
16  ときめきwining/小田陽子
17  Silent  Dream/麻生圭子
18  普通ので毎日/河合夕子

キリがないので、今日はこんなところにしておきましょう。

しんのすけ

2012/09/24 01:18 URL 編集 返信
No title
仙人さま 今日は。

今回のアルバムと仙人さまバージョンを見比べると、仙人さまの方に女の情念(いや、男の願望だ)を強く感じるのは、小生だけでしょうか(笑)。

小生は、まだまだ柴漬けには行かないようです。
何でかなあ?→多分、もっと濃い唄声か、そうでなければ美少女の歌が好きなんです(爆)。

こば

2012/09/24 10:45 URL 編集 返信
No title
こんばんは。

カバーアルバム『COVER 70’s』は、そのタイトルどおり懐かしい曲ばかりですねえ。
このアルバムの選曲の傾向は何となく分かりますね。

それぞれの曲のオリジナルとの対比も楽しみでしょう。
これらとは全く違った傾向の、意表を突いた曲も何曲か含まれると面白いかも?

Chaos

2012/09/24 22:42 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪
しんのすけさんが挙げられて曲オンリーでは、レコード会社の営業が怒ります!(笑)「それじゃ~売れない!」と(爆)まぁ、メジャー曲ばかりでは能がないので、挙げられてる楽曲をメジャー曲に数曲ちりばめると、より深みを増すアルバムになるかもしれませんね!

横山みゆきなら「秋止符」をあたりをもってくれば、より一般受けするかも(笑)岩崎宏美の「思秋期」、実は小生も大好きなのですが、明菜嬢の凄すぎる名カバーがあるので外しました。しばじゅんのカバーも聴いてみたいですが、、、石川ひとみの「まちぶせ」なぁ~んてどうすかぁ♪小生、めちゃめちゃファンでした(爆)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2012/09/25 01:24 URL 編集 返信
No title
こばちゃんさん、こんばんは♪

>仙人さまの方に女の情念(いや、男の願望だ)を強く感じるのは、小生だけでしょうか(笑)。
流石は、こばちゃんさん、年の功!?(笑)仙人の心の内を見透かされたようです、、、
更に言うならば、“オトコの情念”か!(笑)

>何でかなあ?
大丈夫です!聴いているうちにジワジワと侵食してくるのがしばじゅん菌、、、気がつけば脳を冒され、小生のようになってしまうのです(笑)“濃い唄声”は、何となく分かりますが、“美少女の歌”とは、これ如何に\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2012/09/25 01:33 URL 編集 返信
No title
Chaosさん、こんばんは♪

>このアルバムの選曲の傾向は何となく分かりますね。
メジャー曲ばかりですが、なかなか、面白い選曲だと思います。
「22才の別れ」(風)は少々驚きましたが(笑)

>これらとは全く違った傾向の、意表を突いた曲も何曲か含まれると面白いかも?
この中にあったら光るだろうなぁ、と秘かに小生が思っているのがしまざき由理の「面影」。そう、Gメン75のエンディング曲です!「ああぁ 一度だけ、恋した燃えたぁ~♪」なんて、しばじゅんにぴったり(笑) あとは、野際陽子の「非情のライセンス」や松坂慶子の「愛の水中花」とか(笑)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2012/09/25 01:46 URL 編集 返信
No title
こんばんは♪

「まちぶせ」は三木聖子でおま。

しんのすけ

2012/09/25 01:54 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪
三木聖子もユーミンも良いけど、小生的には一番キーが高い石川ひとみかなぁ~(笑)
あと、カワイイし(爆)━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2012/09/25 02:01 URL 編集 返信
No title
おはようございます。

大変な大仕事の後に、待望のアルバムとは、ナイスなプレゼントじゃありませんか。

選曲はメジャーどころですね。Jミュージックにうとい私でも、曲名からメロディが浮かばないのは「青春の影」(TULIP) くらいです。(聴けば、あぁって思うかもしれませんが)

1曲目の「東京」は、地方出身者の東京観が反映され、強い印象を受けました。
♪“東京へはもう何度も行きましたね 君の住む 美しい都”というサビをしばじゅんサマはどう歌っているのでしょうか。(*^-^*)

たっちん

2012/09/25 07:19 URL 編集 返信
No title
お仕事大変だったご様子で・・・・・・

そうですか、とうとうカバーアルバムですか。
カバーアルバムは原曲をどう料理して自分のものにするか興味有りますね~
出来れば個性を殺さないようなアレンジを望みます(多少原曲のイメージと違っても良いと思いますけど)

izumikta

2012/09/25 19:30 URL 編集 返信
No title
たっちんさん、こんばんは♪

>大変な大仕事の後に、待望のアルバムとは、ナイスなプレゼントじゃありませんか。
まだ、先週のドタバタを引きずっておりますが、何とか切り抜けました・・・
苦あれば楽あり?、、、オデオと新譜でリフレッシュです(笑)

>聴けば、あぁって思うかもしれませんが
各々楽曲が、その年を代表するメガヒット曲なので、きっと耳にされていると思います。今と違って、当時の歌謡曲のヒット曲は、街の至る所で流れてましたから、自然と耳に付きました。

1曲目は意外でした。確かにヒットしましたが、しばじゅんワールドとは全く結びつかない世界観だと思います。なぜ「東京」なのか、、、それは、聴いてのお楽しみ・・・でしょうか(笑)(^o^)v

なめちゃん仙人

2012/09/26 03:24 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

>お仕事大変だったご様子で・・・・・・
久々に痺れました(爆)
意識的にテンション上げながら、1日1時間睡眠で一週間突っ走りました!
まだ、全て終わったわけではりませんが、何とか一山越えることができました。。。

>出来れば個性を殺さないようなアレンジを望みます
そうですね!原曲のプレッシャーから逃れるために、わざと崩したアレンジで歌われるカバーもありますが、しばじゅんには原曲に正対して、正々堂々、挑んで欲しいものです(笑)

izumiktaさんの“しばじゅんコレクション”にも1枚いかがですか!?☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2012/09/26 03:36 URL 編集 返信
No title
こんにちは~^^)♪
おおっー噂には聞いていましたが遂にカバーアルバムが発売されるのですね!
最近カバーアルバムを買ったのは坂本冬美以来です(爆)選曲をみわたすと
とても良い選曲だと思います。

「みずいろの雨」「飛んでイスタンブール」「あなた」
「木綿のハンカチーフ」 「秋桜」「22才の別れ」「異邦人」「迷い道」 ・・・

こ、これは買うしかないでしょう~^^)♪迷い道くねくねぇ~(´∀`)9 ビシッ!

ぶにゃ~んと歌う猫♪

2012/10/03 15:01 URL 編集 返信
No title
ぶにゃんさん、こんばんは♪
はい!!! 遂にキタ━━━( ´∀`)・ω・) ゚Д゚)・∀・) ̄ー ̄)´_ゝ`)ノД`)・゚・。━━━!!!!!
もう、70年代に青春を過ごした御仁にはたまらない選曲でしょう!

もう、迷い道している場合でアリマセ~ン(笑)
ぶにゃんさん、いますぐ、アマさんで予約GO---━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2012/10/04 00:46 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR