FC2ブログ

“純A級”好きの心揺さぶる、アキュフェーズ A-200♪

CLASS-A MONOPHONIC POWER AMPLIFIER Accuphase A-200

イメージ 1

イメージ 2

アキュフェーズHPより抜粋


A-200は理想的なスピーカー駆動を実現するため、M-6000の卓越した構造技術を導入、大型ヒートシンクを筐体の左右に配置、2台の完全同一回路のパワーアンプ・ユニットが並列動作しています。これにより極めて低出力インピーダンスのパワーアンプを実現、さらに最高グレードの素材や回路・パターン技術などを駆使することにより、「ダンピング・ファクター:1,000」以上となる驚異的な値を達成しました。

A-200が実現したもう一つの特徴はSN比の大幅な改善です。入力部に最新の「インスツルメンテーション・アンプ」を導入、これをダブル構成としてICを使用しない完全ディスクリートで構成し、出力段とのゲイン配分を最適化し「GAIN MAX時:126dB」、「GAIN-12dB時:132dB」の驚異的な高SN比の実現に成功しました。これはアキュフェーズのパワーアンプで歴代最高性能を誇ります。



小生は、純A級動作のパワーアンプが好きである!!

節電やエコが声高に叫ばれる昨今、電気をひたすら垂れ流す純A級パワーアンプは、日陰者的な存在である。オデオ市場でも、高効率で経済的なD級アンプ、デジアンなどは脚光を浴びるものの、純A級パワーアンプにスポットライトが当たることは、ほとんどない。

、、、、が、そのサウンドは、明らかに魅力的だ!!

これは、技術的なこととは別に、感覚的なことなのだが、とにかく音楽が内包する“旨味”を、寸部も欠損することなく聴き手に届けてくれる才に長けているのが純A級アンプだ。逆に、“音”そのものを冷静に、分析的に聴かれるような“音マニア”には、あまり好まれないのかもしれない。

発熱が尋常でないが故のブラシーボではないが(笑)、純A級アンプの音は、ほんとに熱く熱く、聴くものの心を高揚させるエネルギーに満ちている。なんだろう、音楽の持つ魂~音魂みたいなエネルギーが、ダイレクトに聴き手に迫ってくるのが純A級の魅力である。

そんな、魅力に絆されて、こまでに、さまざまな純A級パワーアンプを愛用してきた。ステレオパワーアンプではエクスクルーシブM-4(ちなみにM-5は高効率A級で純A級ではない)やクレルKSA-50、KSA-80などを愛用、純A級モノラルパワーアンプでは、マークレビンソンML-2L、ソニーTA-NR1、クレルKAM-100MkⅡ、パスラボAleph2といった名機たちを愛用してきた。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ちなみに、現有しているソニー、クレル、パスラボの3セットは、奇しくも全て100W/8Ωモノラルパワーである。

そこで、冒頭のモノラルパワーアンプだ!

アキュフェーズにとっては、1991年に発売された「A-100」以来の純A級モノラルパワーアンプである。プリアンプの「C-3800」、セパレート型SACDプレーヤー「DP-900」、「DC^901」に続く「アキュフェーズ創業40周年記念モデル」の第3弾である。なんでも、「最高峰の性能と音質を目指した」歴代最高の高SN比だという。

そして、このアンプ、前述した拙宅の純A級モノラルパワーアンプ3セット同様、“100W/8Ω”なのだ。う~む、、、興味が沸々と湧いてくる(笑) 是非とも、自宅で同じ純A級の愛機たちと聴き比べてみたい、そんな衝動に駆られてしまう。。。

実は、アキュフェーズ初の純A級モノラルパワーアンプである「A-100」は一時期、10年ほど前であろうか、かなり真剣にUSEDを探したことがあった。その時は、北海道のオデオショップで、出物があるとの情報を耳にし、ココロは「はい!買います!!」で、即電話を入れたのだが、タッチの差で売約済みになってしまった・・・

以降、再び「A-100」に巡り合うこともなく、アキュフェーズからは、純A級モノラルパワーアンプの新製品が発売されることもなかった。そこに、なんと!「A-100」発売から21年の時を経て「A-200」の登場である!!金額は、131万2,500円! 清水の舞台から飛び降りたつもりで逝ってみるか!と思いきや、、、1台のお値段・・・・・2台で、これまた笑うしかない、262万5,000円也!!!

清水の舞台どころか、スカイツリーの天望回廊から飛び降りたつもりにならないと無理であろう(爆)

まぁ、実際、買えるか買えないかは別として、一度はこの耳で聴いてみたいパワーアンプであることは間違いない。おそらく現行・純A級モノラルパワーアンプでは世界最高峰の製品であろう。まっこと、“純A級”好きの心揺さぶるニクイ奴である(笑)

コメント

コメント(20)
No title
ガハハハハハハハ~
昨日のA-200試聴会、行かんかったゾォ~!!!
あんなもん行けるか
行ってどうなるモンでもないし・・・
耳が肥えるだけで、百害あって一利なしヤ!

で、バチ屋へは行ったゾ

宝くじに当たったらこうたるワイ
みんなセットで

あっA-200は2台でエエなぁ
ウーファーはM-6000を使うから
どや
エエやろぉ~(大爆笑)

Zジジイ

2012/09/17 08:31 URL 編集 返信
No title
何だかすごいマシンですね。
諭吉さんが束にならないと買えないなんて・・・(;^_^A

絵里奈

2012/09/17 13:00 URL 編集 返信
No title
仙人さま 今日は~。

小生も純A級信者ですが、アキュの凄さはともかくとして(笑)、何時も行っているAKBショップの店長さんとお手伝いの店員さんに、ハイエンド製品の話を聞く事があります。

彼らの経験では、パワーもプリも極め付きはFMアコースティックだろうと言っていましたが、聴いたことがない小生は「そうなんですか~、上には上がありますね」というのが精一杯です(笑)。
プリでは、初期のレビンソンも良いということでした。

そういえば、千葉市稲毛のJAZZ喫茶「Candy」は、エベレストとFMアコースティックのコンビで鳴らしており、キャノンボ-ル・アダレイの口元から唾が飛ぶのが見えるほどの音を聴きました。
ということは、聴いたことがあった。。(爆)

こば

2012/09/17 17:54 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪
A-200試聴会に行きたくて堪らない、、、その気を紛らわすため、パチ屋とは・・・
素直じゃないですねぇ~ウフフフ(= ̄▽ ̄=)

>あっA-200は2台でエエなぁ ウーファーはM-6000を使うから
ほうほう、もうすっかり妄想モードできあがりじゃないですか!(爆)
A-200+M-6000のマルチ駆動、逝ってみましょう!(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2012/09/18 01:37 URL 編集 返信
No title
絵里奈さん、こんばんは♪
諭吉さんが束になって逃げていったので、、、、
もう手元には、漱石さんしかいらっしゃいません!(爆)
最近では、諭吉さんの顔を忘れてしまうほどご無沙汰ですよー━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2012/09/18 01:38 URL 編集 返信
No title
こばちゃんさん、こんばんは♪

>パワーもプリも極め付きはFMアコースティックだろうと言っていましたが
FMアコースティック、、、パワーFM811とか711を聴いたことがありますが・・・う~む、小生にはサッパリとし過ぎていて、イマイチでした。。。確かに、綺麗で美しいサウンドなんですけどねぇ♪あと、値段の割には筐体の作りが粗雑過ぎます。アキュどころか、国産中級プリメインの作りにも劣るような・・・

ただし、他には比肩するものがない、独特のサウンドであることも事実なので、プリ選定など使いこなし次第で、“凄音”を発する可能性があるでしょう! 確か、JAZZ喫茶「Candy」では、プリでなくイルンゴのフェーダーを使われていたような、、、違いましかねぇ。おそらく、「Candy」は、難物FMアコースティックを見事に使いこなしているのでしょうね!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2012/09/18 01:54 URL 編集 返信
No title
A級大パワーのアンプは音も熱いでしょうけど筐体の熱さも半端では無いでしょう。
でもそれを差し引いても余りある魅力はエコの精神とは相反するものでしょうね。
まあ元々エコという物と芸術とは相反するものと思わなければ成り立たないと思いますが・・・・・

私のようにメインを真空管にしていると熱だけには免疫が有りますけど、消費電力はとてもとても(下手するとブレーカーが・・・)

でも最近の皆様の記事を見て悪い虫が・・・・・・・

izumikta

2012/09/18 11:41 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

>元々エコという物と芸術とは相反するものと思わなければ成り立たない
おっしゃるとおり、芸術は節約と対極に存在するものですからねヽ(^О^)ノ
オデオ機器は、インバーターエアコンとは違いますから・・・でもPCオデオまで領域を広げると、省エネ型ノートPCなんて、けっこうありますよね。。。う~ん、PCは白物家電のカテゴリーなんでしょうか(笑)

>下手するとブレーカーが・・・
はい、拙宅でも一時落ちまくりまして、60A契約にしてから大丈夫になりました!

>でも最近の皆様の記事を見て悪い虫が・・・・・・・
ほうほう、izumiktaさんのシステムは、もう完成されたものと思っておりましたが、何か触手が動く製品がありましたでしょうか、、、悪い虫は、退治するのに厄介ですからねぇ(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2012/09/19 01:08 URL 編集 返信
No title
こんにちは。

オーディオ好きの夢とか目標とかをカタチにしたような製品ですね。
こういう製品を出すことが、アキュフェーズの業界における責任みたいなところがあるので、よろしいんじゃないでしょうか。

当方、様々な制約がありすぎて、“使ってみたい”などという気持ちが湧かないのは、ちと寂しいですが。(*^-^*)

たっちん

2012/09/19 13:07 URL 編集 返信
No title
たっちんさん、こんばんは♪
最近では、メーカーが心血を注いだこのようなプレステージモデルを発表することはほとんどありませんからね、、、貴重ですね。かつては、このようなフラッグモデルのエッセンスを受け継いだ現実的なモデルが多数開発されて、オデオファイルを喜ばせたものです。

>当方、様々な制約がありすぎて、“使ってみたい”などという気持ちが湧かない
小生は、やはり、そのお値段(笑)高すぎ晋作(爆)
重量級とは言え、前身のA級モノラルパワーのA-100と比べれば、コンストラクションもかなり合理化され軽量化してますからねぇ。そのA-100よりも4割近くも高額というのは・・・まぁ、オデオバブルは今に始まったことではないのですが、アキュも、そのうち4桁万円まで逝くのではと危惧しております┐(●´Д`●)┌

なめちゃん仙人

2012/09/20 00:41 URL 編集 返信
No title
こんばんは♪

純A級アンプイイですよね。原理的にスイッチング歪が発生しないのが、精神的に安らぎます。放熱には気を使いますがね。
石っぽさが多少軽減される様な気がします。クラシックも少し安心して聴ける様な。
小生はそんなハイパワーの物もモノラルampも持ち合わせていませんので、超ド級の良さは存じかねますが、30年来愛機のCA-2000は一応純A級です。20Wなので、発熱は可愛い物でストーブにはならないです。アンカ程度か。AB級と切り替え可能ですが、私の良い耳でも違いは聴き取れません。まあ、あんまり真剣には聴き分けしていませんが……
確かに、出力に余裕があった方が良いけれど、大きいのはお高いのでね。五味さんも、音を大きくすると音像が大きくなると申しておりました。
だから、小生もボリュームを控えめにしちょります(笑)
ご近所とも円満に。

しんのすけ

2012/09/22 05:36 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪
純A級の持つ独特の暖かみ、とういうか有機的な聴こえ方は、音楽をより良く聴かせるような不思議な魅力がありますね!ハイパワーアンプで優秀なアンプは、もうほんの一握りですからねぇ~ある意味、A級アンプよりも難しいのかも・・・しかし、真に優れたハイパワーアンプで聴くpppは格別ですから。fffで魅力を感じるようではまだまだでしょうねぇ(笑)

>ご近所とも円満に。
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~小生は、ご近所と円満にフルボリューム(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2012/09/23 01:17 URL 編集 返信
No title
球以外だったらA級

別荘でtwinMONO A級が吼えてまづ

大王

2012/09/28 01:07 URL 編集 返信
No title
さぶちゃん大王さま、こんばんは♪
プチご無沙汰で~す(笑)
そのアバターも、もうすぐ見れなくなると思うと感慨深いですねヾ(@゚▽゚@)ノ

“twinMONO A級”とは、如何なるMONOでざんしょか!!!\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2012/09/28 01:12 URL 編集 返信
No title
こにゃにちは~
A級アンプは厚みや温かみもあって音がよさそうです。
重量も半端じゃないような~Σ(゚Д゚)??

うちでA級100Wなんて使ったら即電気代が上がったと
厳しく指摘されそうです。シック!シック!(ノД`)バイ~♬WINK♫

ぶにゃ~んと歌う猫♪

2012/10/03 15:17 URL 編集 返信
No title
ぶにゃんさん、こんばんは♪
PCの件は大変でしたねぇ~v(≧□≦)v
やっとひと段落、といったところでしょうか。。。

>A級アンプは厚みや温かみもあって音がよさそうです。
そうですね!最近のA級アンプは、更に解像度や緻密さも増して、音楽に対する適応度が増しました。タマアンプもそうですが、使い出すとハマるのが純A級アンプですヽ(^О^)ノ

>うちでA級100Wなんて使ったら即電気代が上がったと
確かにエコではありませんね!アイドル時に平気で300~400Wの電気を垂れ流しですから・・・

>厳しく指摘されそうです
トーデンのヤローが値上げした!!、、、ということにして切り抜けましょう\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2012/10/04 00:40 URL 編集 返信
No title
一個体が46㌔ですか ああ凄い...実は明日38キロの個体が到着予定 この重さはあたふたなんですよ これ以上となると それだけで気が遠くなりますね(爆)

SEED

2014/01/07 17:23 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんにちは♪

>...実は明日38キロの個体が到着予定
ははぁ~、あの大きな皿が2枚クルクルと回るやつですねー!(笑)

小生が、一人で運べる限界は50Kgまでですねぇ~
それ以上は、毛布に載せてズルズルズル~(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2014/01/08 12:45 URL 編集 返信
No title
表示名を決めました。nam*hat*man*4 です。今回のお祭りの足を引っ張ってすいませんでした。表示名を買えようといじっているうちに締め切りをオーバーしてしまいました。改めてよろしくお願い申し上げます。
さて、小生がうっかり買ってしまったスピーカーは、ウーハーやスコーカーが重たく駆動力の強いアンプを必要としているので、現在は疑似A級(150w出力のうち100w)を使っておりますが、まだ重たいようで、リズム隊がのっそりしたままで悩んでいます。純A級はこの点ではどうでしょうか?

ひろ☆

2014/11/12 09:41 URL 編集 返信
No title
ひろ☆さん、こんばんは♪

いえいえ、今回は残念ながら選に漏れましたが、
また次回、祭りにご参会いただければ幸いです!ヽ(^О^)ノ

また、HNも決められたので、是非、ブログ開始してみてはいかがでしょうか!?

純A級とはいえ数多の機種があり、またスピーカーとの相性があるので一概には言えませんが、総じて、見かけの出力以上の実質的な駆動力に長けているのが純A級です。また、ご指摘の低域の制動力の高さもA級ならではでしょう。

拙宅でも、アキュのM-1000(1000W)よりも、アレフ2(100W)やかつての愛機マークレビンソンML-2L(25W)のほうがパワフルにさえ感じることもあります(笑)

いずれにしても、カップリングするスピーカーとの“相性”は大きいので、
導入に当たっては、よく吟味する必要があると思います☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/11/13 01:23 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR