FC2ブログ

秋のオデオ大移動、MarkLevinson NO.31L ⇔ ESOTERIC P-70 ♪

これまで何度かブログ記事に、涼しくなったら機器の移動を、、、なんて書いてきたが、今年も昨年ほどではないにしても残暑が厳しく気が付けば10月半ば近く・・・ホント、近年、春と秋が短いのを実感する。

近い将来、「日本の四季」が死語となり、「日本の二季」になりそうな、そんな危惧を抱いてしまう。
まぁ、短く限られた秋なので、延び延びになっていたオデオ機器移動にもそろそろ本格的に着手することにした。

まずは、先般導入したDAコンバーター、エソテリックD-70vuとトランスポートのP-70を接続する上でのベストフォーマットとされる「デュアルAES/EBUインターフェース+ワードシンク」で聴くために、現在、3m以上離れている両機をできるだけ近接設置することにした。

以前より所有していたP-70は、現状、リファレンスDACのマークレビンソンNO.30.6Lと並べて設置してある。この位置は、ワイヤーラックの最上段、丁度、小生の顔ぐらいの高さにある。まずは、これを移動し、トランスポートのマークレビンソンNO.31Lと入れ替えるところから始めよう。

イメージ 1

↑コレは少々前の写真。実際は若干異なっており、P-70上部、ベリンガーSRC2496の上にはベリンガーDEQ2496が設置してあり、P-70のスパイク受けはIronAA弁慶の弁慶ベースからクライナのM1/3マグネシウムインシュレーターに変更されている。

今回の移動工程としては、

①P-70をワイヤーラックから取り出す

②P-70が設置してあった場所に、マークレビンソンNO.31Lを移動。

③マークレビンソンが設置してあった場所にある、ナカミチ1000mb+1000pをワイヤーラックの空いている場所に移動。

④ナカミチペアが設置してあったクリプトンのオデオボード「ダイハード」の上にD-70vuを設置、マグネシウムインシュ+スパイクを介しP-70を設置、最短距離でデュアルAES/EBUケーブルとワードシンク・クロックケーブルを接続する。

まずは、P-70をワイヤーラックから取り出そう。お、重い!重すぎである!!万一に備えて腰にはコルセットを巻き、手首にリストバンドをして事にあたったが、小生の顔ぐらいの高さから、二の腕の筋力だけで25Kgを微妙に浮かべて降ろすには無理がある!また、P-70の底面には三点スパイクが固定してあるため、ズルズルと引っ張ってから降ろすこともできず始末が悪い。

涼しいはずが、汗びっしょり、ヒーヒーハーハー言いながら、なんとか、下へと降ろした・・・・

そして、今度は、NO.31LをP-70があった場所まで持ち上げる。P-70ほどではないにしても、NO.31Lの20Kgは疲弊した二の腕にくる(笑)なんとか持ち上げ、念のため動作確認をする。NO.31Lのローディングパネルのオープンボタンを押すと・・・・・ハウア!! ワイヤーラックの天板にあたってしまうではないかぁ~!!!

以前、愛用していたCDプレーヤー、ケンウッドLD-1は、NO.31Lと同じくローディングパネルが上方向に開いてCDをセットするトップローディング型であったが、ラックなどへ設置したときの配慮から、ローディングドアの開閉角度は45度/60度/85度の3段階が選べるようになっていた。さすが使い勝手に対する細やかさは国産機の身上であろう。

NO.31Lは、そんな配慮はまったくない(笑)そもそもアメリカンハイエンド機にとって、狭っくるしいラックに収めて使用するなんてことは前提条件としていないのであろう。開閉角度はおそらく85度オンリーだ。

NO.31Lのローディングパネルが上部のワイヤーラック棚とぶつからないようにするには、目測ではあと+2~3cmの空間が必要だ。ならば、P-70設置時から敷設してあった御影石ボード(天地約3cm)を外せばなんとかなりそうだ。

やむなく、一旦、NO.31Lを降ろし、更に約25Kg!の御影石ボードを降ろし、またNO.31Lを持ち上げる・・・・・という、地獄のトレーニングのような作業を強いられた。NO.31Lのフットとワイヤーラックの間には、万能型インシュレーターのコルク+鹿革インシュレーターを挟み込み、共振対策を採った。

イメージ 2

で、なんとか、↑ こんな感じで落ち着いた。やはり、NO.31LとNO.30.6Lがペアで並ぶと壮観である。あわせて同時期のレビンソンプリアンプのトップモデル、NO.38SLも既設されており、比較的新し系のレビンソン村ができあがった(笑)

もう、ここらへんで大分体力を消耗してのだが、次のステップ③に進まなくてはならない!

・・・・・と思ったのだが、もはや小生にナカミチペア34Kgを移動する気力は残っていなかった(爆)

という訳で本日はココまで。降ろしたP-70はとりあえず、NO.31Lが置いてあった場所(ナカミチ1000mbの上部)に、マグネシウム・インシュレーターを介してスパイク設置した。

↓ 写真奥に見えるのがP-70。以前はこの場所にNO.31Lが設置してあったので、なんとなくご記憶の読者諸兄も多いのではないだろうか。P-70とD-70vu、NO.31LとNO.30.6L、、、離れ離れになっていた運命の2台が遂にめぐり逢った・・・・季節はずれの“織姫と彦星”のようだ(笑)

写真では見えにくいかもしれないが、手前のD-70vuのディスプレイ部には、デュアルAES/EBU入力を意味するXLR1&XLR2のブルーLEDが2灯が点灯しており、伝送Fsが「176.4kHz」と表示されている。

イメージ 3

この位置だと、D-70vuと長さ1mのケーブルでコネクトできる。デュアルAES/EBUケーブルにはインピーダンスを110Ωに設定し、デジタル(AES/EBU)・アナログ信号兼用としたユニバーサルケーブル、オヤイデSL110XX(1.0m)を使用、P-70とD-70vuのワードシンンクをはかるワードクロック用ケーブルには超ハイCPの5N銀を採用したSilverlineシリーズ、ZAOLLA(ザオラ)/ZBNC103を使用した。

P-70とD-70vuのサウンドについての詳細は、また別の機会に触れることとしよう。一聴した限りでは、先日のD-70vuにだけ「けろクロック」(ルビジウムクロックジェネレーター)を咬ました時と比べても、更に音像のフォーカスが向上し低音域の分解能が一段と向上したように思える。

やはり、トランスポートとDAコンバーターのワードシンンクをはかることは、かなり有効なようだ。願わくば、先般きゃーるさんからお借りした「けろクロック」のような高精度クロックジェネレーターから、P-70とD-70vu両機へワードクロックを供給できればベストであろう。これは、今後の拙システム・デジタル系の課題でもある。

当面はこの状態で聴いていこう。体力の回復を待って、更なる移動を試みたいと思う。

しかし、つくづく思うのは、オデオは体力勝負だということ!
聴き手の日々肉体の鍛錬が、オデオサウンドの向上にもつながる・・・・な~んて言ったら大げさだろうか(笑)

コメント

コメント(20)
No title
さぶちゃん大王さま、こんにちは♪
いえいえ、ハルク老眼です(爆)
最近、シェルのリード線など細かい作業が大変で~す(笑)σ(^_^;

>P-70・D-70をイジッたあとにはブルメスターぶっこんでPL70を
P-70・D-70を売り払ってもブルメちゃんは買えませんよぉ~ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2011/10/15 12:58 URL 編集 返信
No title
リラさん、こんにちは♪
リラさん宅の愛機、アキュフェーズのプリ+パワーは相当な重量でしょうから、一度設置した後、あらためて移動させるのはかなり困難でしょうね。マッキントッシュのパワーも、軒並み30Kgオーバーでしょう。しかし、一度そのサウンドに魅了されると、重さや大きさも忘れ欲しくなるのも、オデオ人の悲しい性です(笑)

>47インチ以上を2階に上げるには、3千円加算されるそうで
エエェーー!!そんなにとるんですかぁ~w(゚o゚)w
47インチとはいえ、100Kgもするようなシロモノではないでしょう。それぐらいはサービスで運んでもよいと思うのですが。大手量販店の対応はそんなものなのでしょうか?

>私の行き着く果てはニアフィールドか、と寂しく思い始めております。
小生もSPからリスニングポイントまで2m強ですから、どちらかというとニアフィールドでしょうねぇ。大空間での大音量再生も爽快ですが、ニアフィールドリスニングで精緻な再現性を楽しむのも、また格別だと思います☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/10/15 13:48 URL 編集 返信
No title
幸せの黒い猫さん、こんにちは♪

>45度だと狭くてディスクの出し入れに無理が有るだろうって感じですが
確かに、L-D1のスタビライザーは縦長なので、45度だとディスクをセットしてスタビを載せるのに大変かもしれませんね。60度は上方のスペースが限られる置き場では有効でしょう。N.31Lも、せめて、60度と85度に切り替えられると便利なんですけどねー!

>おかげで30kg位までは重たいと思う感覚がなくなってきました(^_^;)
ほうほう!慣れとは怖いですねぇ~(爆)
でも、やはり“30kg”が一つのボーダーラインなんですね☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/10/15 13:53 URL 編集 返信
No title
ぶにゃんさん、こんにちは♪

>それ相応の重量がなくては良い音は望めません~!!
かつて“長岡教”に籍を置いた小生としては、どうしても重量のあるオデオに目がありません(笑)ここ10年ぐらいですね、先般のクレルPAM-1やレビンソンML-10Aのような薄型軽量オデオに目が行くようになったのは(爆)\(≧∇≦)/

>とにかく、傷を付けないように慎重に配置替えを行ってください。
はい、頑張ります!!でも、機器に傷をつけないよう慎重をきたしても、自分の身体を痛めては元も子もないですからねぇ(笑)機器も身体も痛めぬよう、慌てず急がず、秋の大移動を行いたいと思いま~す☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/10/15 14:02 URL 編集 返信
No title
体力勝負は本当ですね。
私などはこれをこう動かしたいと思ってもイザ動かそうとすると「止めとこう!!」と逃げてしまいますよ(泣)

izumikta

2011/10/15 14:59 URL 編集 返信
No title
沢山の機器があるので移動させるのは大変ですね。
デリケートそうな機器なので、落としたりぶつけたりしないよう、ご注意を。

重そうな機器もありそうなので、足腰を傷めないように、お引っ越しは
休み休み行って下さいね (^.^)

絵里奈

2011/10/15 17:42 URL 編集 返信
No title
なめちゃん仙人さん、こんばんは(爆)甘いですなぁ~(笑)そんな事で、二の腕がぱんぱんになるなんてぇ~(笑)ひろし青年宅も、にゅう~はこぶね。に、むけて、引っ越しの準備中で、二の腕なんて、何回、切り落としたか(爆)バンテリンと、キューピーコーワゴールドと、ユンケルの高いのにお世話になりますね(笑)

acc**hasec2*0*

2011/10/15 19:46 URL 編集 返信
No title
機器がたくさんあるということは・・・・
そういう事になるんですネ(爆)
お疲れさまです!!!

私、P-700とA-50Vについては、たぶん10年間は動かしたことが無いと思います(笑)

機器の移動なんて・・・
ケーブルをつなぎかえるだけでも汗ビッショリになりますよぉ!

Zジジイ

2011/10/15 23:48 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪
オデオも仕事も“体力”が要のようです(笑)

>「止めとこう!!」と逃げてしまいますよ(泣)
確かにizumiktaさんの秘密基地?オデオ別荘?の写真を拝見すると、とても動かそうという気にはなりません(爆)WEなどのSP軍団やEMT930STをはじめとする山のようなオデオ機器・・・・見ただけで戦意喪失ですよ(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/10/16 00:41 URL 編集 返信
No title
絵里奈さん、こんばんは♪

>落としたりぶつけたりしないよう、ご注意を。
はい!何分おっちょこちょいなので・・・・以前は、デスクトップPCを移動中、手が滑って落としバラバラにしたり(汗)注意一秒、怪我一生、じゅ~ぶん、気をつけたいと思いま~す☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/10/16 00:41 URL 編集 返信
No title
acc**hasec2*0*さん、こんばんは♪
ほうほう!ひろし青年宅はリニューアルオープンですか!!
それでは、きっと引越しを機に、いろいろとニューアイテムを仕入れているんでしょうなぁ(= ̄▽ ̄=)新居公開をブログでいかが? 久しぶりに、ブログ更新、期待してますよぉ~♪

>ユンケルの高いのにお世話になりますね(笑)
小生はユンケルの安いやつ(定番)のお世話になってますよ! 先ほども1本飲んで気合いを入れてリコメしております(笑)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2011/10/16 00:42 URL 編集 返信
No title
ジジイさん、こんばんは♪

>P-700とA-50Vについては、たぶん10年間は動かしたことが無いと思います(笑)
う~ん・・・パワーアンプはねぇ・・・小生もM-1000ペアとTA-NR1ペアは10年近く動かしてませんねぇ~というか、動かせませんね、、、あっ!一度5~6年前にオーバーホールに出すんでM-1000を玄関まで毛布に載せて引きずったことがありました(笑) アキュから送られてきた箱を持ってきた運送屋さんが、玄関先で梱包しその場で持ち帰っていただきました(^o^)v

>ケーブルをつなぎかえるだけでも汗ビッショリになりますよぉ!
それは、ひょっとして何かの病気ではないですかぁ(爆)もっさい会が控えている大事なお身体、くれぐれもご自愛くださいませ~(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2011/10/16 00:43 URL 編集 返信
No title
ご苦労様でした。
やはり、系統図を起こさないとどうなっているのかワカリマセン。

うちもスピーカーの上に上げてしまったM-100とP-600を
移動したいのですが、動かせません。
設置したときは、どうやって一人でM-100やP-600を顔の高さまで
持ち上げたのか、今でも信じられません。

おやじ sp.

2011/10/16 01:05 URL 編集 返信
No title
おやじspさん、こんばんは♪
ワカリマセンよねー!実は小生もよくワカランのですわ(爆)
でも、全ての機器が接続されており、即音出し可の状態ですヽ(^О^)ノ
音が出せなくなったものは、オク逝きとなります(笑)

>一人でM-100やP-600を顔の高さまで持ち上げた
ええぇーーw(゚o゚)w 40Kgのシロモノを一人でですかぁ~!!
アンビリーバボーですねぇ~!特殊な油圧ジャッキでジャッキアップしたとか(笑)
それとも“火事場のオデオ力”でしょうか(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2011/10/16 01:18 URL 編集 返信
No title
仙人様、こんばんわ^^ノ

おお、オデオ機器の大移動ですか!
仙人様のところは重量級の機器が山のようにあると
思われるのでお一人では大変だったことでしょう。。。
オデオラックの耐久性もかなりのものですね^^
私もこういったラックを一つ入手しよういかなと思ってます。
くれぐれも腰やお膝を痛めないようにして下さいね^^

きゃーる

2011/10/16 18:02 URL 編集 返信
No title
きゃーるさん、こんばんは♪
今晩もやるか!と思いましたが、暑さがぶり返し、室温は現在29℃もあるので止めることにしました(笑)一応、エアコンも稼動しているんですけどねぇ~(汗)やはり、25℃を下回ってくれないと身体を動かす気になれませんね!

ルミナスのワイヤーラックは音もこもらず、一棚あたりの耐荷重が150~200Kgもあるので大抵のオデオは大丈夫です。ワイヤーのビビリ共振を指摘される方もいますが、平行面のあるオデオラックのほうがよほど共振や不要輻射で音を濁します。ワイヤーの鳴きは、フォックシートやマスのある御影石を複合的に組み合わせることにより、至極簡単に抑えることができますからねぇ♪何より安い!(爆)

>くれぐれも腰やお膝を痛めないようにして下さいね^^
ありがとうごさいます! 慎重に安全に、事に当たりたいと思います☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/10/16 23:20 URL 編集 返信
No title
こんばんは。

オーディオとは体力を要する趣味であると再認識しました。
道理で、オーディオ趣味の女性が少ないはずですね。

手足を怪我したり、脚の骨を折ったりしても修復します。
でも、オーディオ機器を落として壊したら自動では修復できません。
結論として、機器を落としそうになったら手足を犠牲にして保護しましょう。

Chaos

2011/10/17 02:27 URL 編集 返信
No title
タイもカンボジアも水浸しで仕事にならず帰ってきました☆

いまやオーディオはスポーツです!
怪我をしない様に!またお邪魔します(^_-)-☆

-

2011/10/17 19:54 URL 編集 返信
No title
Chaosさん、こんばんは♪

>道理で、オーディオ趣味の女性が少ないはずですね
言われてみればそうですね!ということは、オデオファイルは皆、マッチョマン!?(爆) 確かに、オデオが趣味で、格闘技も・・・・な~んて方は、けっこういらっしゃいますよ(笑)パワーアンプを上げたり下げたりしながら大胸筋のビルドアップに励まれているのかも!!

>結論として、機器を落としそうになったら手足を犠牲にして保護しましょう。
結論・・・・過激すぎます\(≧∇≦)/
小生の場合、経年劣化が激しいものですから、怪我をしたり骨を折ったりしたら修復できません! まぁ、ビンテージ系オデオと一緒ですね(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2011/10/18 00:54 URL 編集 返信
No title
ぬらりひょんさん、こんばんは♪
ご無沙汰しております!!!いやぁ~お元気ですかぁ~ヽ(^О^)ノ
大水害の映像をニュースで見るにつけ、ぬらり殿の身を案じたおりました。いくら妖怪とは言え、水没すればNGでしょうからねー(笑)

ご帰国されたようなので、またボチボチ、ブログでも再開されていはいかがでしょう。気分転換には最適ですよ! 一度は抹殺された小生も、8月半ばからブログ再スタートいたしました(笑)

お互い怪我のないように、オデオというスポーツを楽しみましょう☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/10/18 01:00 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR