FC2ブログ

異形のDAC~SUNVALLEY SV-192S、西方より来る♪

な~んか、涼しくなったと思ったら、またムワッ!とするような暑さが戻ってきた。

涼しくなったたら、オデオ部屋の機器レイアウト変更にとりかかろう、と思いつつも、この暑さではどうにもこうにも・・・・やる気がおきない。いまだ、新規導入のパワーアンプは、オデオ倉庫に待機中の状態だ(汗)

また、今夏の蓄積された疲労のためか、最近、体中がだるくてしょうがない。

まぁ、無理をしてもしょうがないので、暴飲暴食を抑え質素倹約?、ここ最近は、それこそ“仙人”のような暮らしぶりである(笑) しかも、先週末から5日間、小生にしては珍しくアルコール抜きの生活を送っているのだ・・・・これは“奇跡”に匹敵する!(爆)

さて、こんなダラダラとした腑抜けた小生に喝を入れるべく、西方より「異形のオデオ」がやってきのだ!

イメージ 1

イメージ 2

ご紹介しよう、日本が誇るガレージメーカー、「キット屋」(う~む、、、なんて、B級なネーミング(爆))のオリジナルDAコンバーター、「SUNVALLEY(サンバレー)SV-192S」だ。この異形のフロントパネルの製品、拙ブログへお越しの読者諸氏ならばすでに周知のオデオかもしれない。

それほど、発売当初は、オデオファイルの間で取りざたされたモデルである。オデオ専門誌で取り挙げられることは少なかったが、ブログやHPなど、“その筋”のネット界では、随分と評判を呼んだ製品と記憶している。小生も、当時、オデオブログなどで、この「異形」を頻繁に見かけたのでよく覚えている。

しかし、見れば見るほど、「異形」である。いや、小生、このフロントパネルのデザイン・コンセプト、決して嫌いではない。むしろ好ましい方か。VUメーターを配したレトロモダンの面持ちは、現行EMTのフォノイコ等を連想させるノスタルジックな雰囲気をもっている。

やりたいことは、よ~くわかる。しかし、インダストリアルデザインとしては、まだまだ完成の域に達していないように思える。一見、どうもアンバランスなのだ。何かしら中途半端、違和感を覚える。トグルスイッチやノブ、メーターなどのレイアウトが散漫で落ち着きが感じられない。

小生ならば、、、、真空管を見せるスクエアの小窓をパネルセンターに配置しその上部にSUNVALLEYロゴ下部の製品型番、左右のVUメーターはそのまま小窓と対称に配置、一連の「INPUT」スイッチ群を左VUの左隣に、「SRC OUTPUT」のスイッチ群を右VUの右隣に配置する。

フロントパネルの左右端をアングル状に延長し、ラックマウント用のネジ穴をあしらった19インチラックマウントサイズのワイド(483mm)にする。中央の真空管小窓を中心にシンメトリーなデザインにすれば、製品としてのボリューム感や存在感もでて、しかもバランスの良いデザインになると思うのだが。

あと、眩しいほどギラつく青色LEDは何とかしたものだ。光量を抑えて、もう少し上質感を醸し出したい。

イメージ 3

おっと!、試聴する前から、いつもの癖で言いたい放題、書いてしまった(笑)このご面相に惚れ抜いているSV-192Sのご愛用者の方々、さぞムカついたであろう! まぁ、単なる老いぼれ仙人の戯言と、聞き流し頂きたい、、、(汗)

で、・・・・・コイツ、別に小生が新規導入したDACではない(笑)

小生の棲家の遥か彼方、西方の地に居を構えるオデオ侍、オデオ武者修行を生業とするブロ友のNallyさん(【謎のTANNOY RHR Special Limited】主宰)から「コイツ、聴いてみませんかぁ♪」との果たし状、いや、お誘いを受け(笑)、拙宅に招き入れた次第である。実は、6月頃にお話しを頂いていたのだが、小生が例の「ブログ狩り」に遭遇してしまっため、ブログ再開まで製品発送をお待ちいただいていたのだ。

前述したとおり、小生も以前からSV-192Sの存在は認識していたものの、メジャーなオデオ専業メーカーの製品と異なり、気軽にどこのオデオショップでも試聴できるシロモノでもなかったため、一度も聴く機会に恵まれなかった。今回のNallyさんのお誘いの報を受け、これ幸いと応じたのは言うまでもない。

しかし、このDAC、実はNallyさんのものではない。Nallyさんも以前所有していたのだが、今は手放されたようだ。このSV-192Sの所有者は、同じく小生のブロ友、きゃーるさん(【きゃーるの気まぐれブログ】主宰)なのである!

今回はきゃーるさんも、小生がSV-192Sを借り受けることに快諾していただいた。多謝である!!
Nallyさんがきゃーるさんより借り受け、そして、小生のもとへ、、、嗚呼!嬉しき哉、ブロ友の輪!! 

特にSV-192Sのような、どこでも試聴できるものではないガレージメーカー製のオデオや、特注、時作品などは、こうしたオデオ友を介してでしか、なかなか聴ける機会はないものだ。本当にありがたい話である。

しかも、今回は、きゃーるさん自作の「ルビジウム・マスタークロック・ジェネレーター」までお貸しいただいたのだ!これは、ワンオフの自作品につき、正真正銘、世界で一台のオデオ機器である! 

イメージ 4

イメージ 5

実は、小生、これまで何度、エソテリックのマスタークロック・ジェネレーター「G-0s」(ルビジウム搭載)をポチしようになったことか(笑)それほど、小生のオデオテーマの大きなコンテンツの一つが、マスタークロック・ジェネレーターの導入であったのだ。

写真のとおり、自作品とはいえ、堂々とした体躯で、肉厚のシャーシが奢られており、実に見事な出来である。10MHzのルビジウム発振器が搭載されており、市販の製品ならば、ウン十万、下手をすれば百ウン十万のプライスタグを付けかねないシロモノだ。

S-192Sには外部クロックの入力端子があり、このクロック・ジェネレーターを組み合わせることで、更なる音質クオリティのUPを図れる可能性がある。拙宅の●ー●●●●にも(ブログ未発表(笑))外部クロック入力端子があるので、是非、その効果の程を試してみたいものだ。

さて、このSV-192S、拙宅システムでいったいどのような音を聴かせてくれるのか・・・・これからの試聴が楽しみでしょうがない!! ゆっくり、じっくりと、その実力の程を見極めていきたいと思う。

コメント

コメント(20)
No title
仙人様、こんにちわ^^ノ

今日も帰りが遅くなると思うのでお昼にカキコです^^;
仙人様直々に試聴いただけるとは、SV-192Sは幸せモノです(T_T)
しかもクロックまで(T_T)
SV-192Sのデザインは仙人様のおっしゃるとおりだと思います^^;
おそらく内部の構成を優先したレイアウトなのでしょうが、
高級オデオ機器はデザインと機能が融合して機能美まで昇格
しているようなものが多いですね^^
LED眩しいですけどそれでも一度照度を落としてもらった結果です^^;
最初はもっと眩しかったんですよ^^;
クロックは電源やシャーシ等物量を投入したとは言いがたく、
メーカー製の高価な物とは勝負にならないかもしれません(T_T)
一応将来的にディスクリート電源を搭載できるスペースは空けては
いるのですが、クロックの効果次第ですね。。。
それ以前に外部クロックつないだDACの音を聴いた事がなかったりしますけど^^;
へうたむさんご紹介のクロックは購入時に44.1K系と48K系のどちらかを
選択するようになってたと思いますが、これは一応両系いけます^^v。。。

きゃーる

2011/08/31 12:48 URL 編集 返信
No title
altumさん、こんにちは♪
はい、こちらへやってきましたよ!!
あちらこちらを渡り歩く、歴戦の勇者DACですね(笑)

>ヤット、コメントを書ける・・・なかなか機会が(^_-)-☆
いえいえ、覗いていただけるだけで嬉しいです!!
小生など、altumさんの高度なテクニカルネタに圧倒され、いつも読み逃げで~す(笑)σ(^_^;

なめちゃん仙人

2011/08/31 12:51 URL 編集 返信
No title
Chaosさん、こんにちは♪
出力段に真空管を使うDACやCDP、一時、流行りましたよね!
ミュージカルフィデリティやトライオード、英国のフュージョン(ZIA)などを聴いたことがあります。真空管バッファ(+ハイサンプリング)でCDで情報欠落のある超高域の倍音再生を試みようというものが多いようでした。この、SV-192Sも同様のコンセプトでしょう。

>全体的にシンメトリーになっていたら、と思います。
やはりそうですよね!! Wがそれほど無いにも限らず、スイッチやメーターなどギッチリと詰め込みすぎているのも、デザイン上落ち着きの無さをもたらしているのかもしれません。VUメーターのアンバーな色合いなど良い雰囲気なので、もったいないですね(^o^)v

なめちゃん仙人

2011/08/31 13:08 URL 編集 返信
No title
ぶにゃんさん、こんにちは♪
これ、かなり売れたみたいですよ。99,800円という値付けがニクイですよね(笑)また、この計測器を思わせるメカメカしい顔つきも、キカイ大好きオデオ小僧のマインドを揺さぶるには十分なインパクトでしょう!記事内で記したようなデザインだったら、小生も買っていたかもしれませんヽ(^О^)ノ

>即、試聴!と思いきや‥つづくなのでした~
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~これは拙ブログの常套手段ではないですかぁ~ぶにゃんさん、知ってるくせにー(笑)とことん、ひっぱりまっせー(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2011/08/31 13:15 URL 編集 返信
No title
へうたむさん、こんにちは♪

>きゃーるさんのクロックのほうが明らかに上ですね^^。
はい!シンプルでカッコよろしいですよ!重量もけっこうあり、どっしり感があります。写真では電源を入れてないので、消えてますがディスプレイも眩しすぎず暗すぎず良い感じですよヽ(^О^)ノ

>ルビジウム・クロックの完全キットが12万5千円で出てますね~
う~む、G-0sの十分の一ですね!!誰か、コレを購入していただいて、エソG-0sとの徹底比較試聴!なんてレビューをUPしてくれると嬉しいのですが(笑)どなたか人柱になってくれないでしょうかぁ~(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2011/08/31 13:24 URL 編集 返信
No title
きぁーるさん、こんにちは♪
いえいえ、こちらこそお貸しいただき、誠にありがとうございますm(_ _)m
SV-192Sのみならず、貴重な自作クロックまで・・・あっ!そうそう、Nallyさんブログのネタになっていた『週末ガサコソ』は拙宅でもありましたよ(笑)ネジ2本が・・・(爆)\(≧∇≦)/

>最初はもっと眩しかったんですよ^^;
Σ(゚〇゚;)ェエエ工!これより眩しかったのですかぁ~!!
非常用ランタンじゃないんですから・・・(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

クロック、更なる発展の余地は十分ありそうですね。Nallyさんも指摘されてましたが、内部に配されているBNCケーブル(二箇所)を変えると相当クオリティUPが見込めると思われます。別電源(バッテリー駆動)にしても面白いかもしれませんね!!

じっくりと試聴したので、少々の間、お借りいたします。また、よろしければ改めてUPする試聴レビューのほうも、お読みいただければ幸いです☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/08/31 13:36 URL 編集 返信
No title
こんにちは~

いやいや、これは楽しみです。私、これをヘッドホンアンプに
使おうかと検討中でした~宜しくお願いいたしますv(^^)

mpx

2011/08/31 14:54 URL 編集 返信
No title
これは楽しみですねぇ 試聴の結果を楽しみに待ちたいと思います^^

SFX

2011/08/31 18:14 URL 編集 返信
No title
仙人様、こんばんは。

必殺仕掛け人「Nally」です(笑)
いやぁ…SV-192Sのガジェット感…さすがのコメント感服です。
私は、同じ真空管バッファを使用したMF TRI-VISTA21の方が
好きなんです…D-3の次に好きな音色です。
WADIA2000はビロード過ぎてD-3は和風の絹の肌触りMFはD-3
を少し洋風に彫りを深くした感じ…私にとって絶妙な感じがたまりません…。
それに対してSV-192Sは…私にとって良き単体DACの登竜門でした。

あっ、それより仙人様の倉庫に眠るメインアンプが気になります。
まさか私が最近熱を上げているブランドなのでは…(笑)
SV-192Sのヒアリング結果、滅茶苦茶楽しみです。

Nally

2011/08/31 23:00 URL 編集 返信
No title
何だか見るからにすごそうなメカですね。
光がとても綺麗♪
お部屋のインテリアにもなりそう (^^♪

ポチッ!

絵里奈

2011/09/01 00:16 URL 編集 返信
No title
mpxさん、こんばんは♪
これをヘッドフォンアンプにですかw(゚o゚)w 贅沢ですねー(笑)
でも、キット屋店主の記事を見ると、「内蔵のヘッドフォンアンプが自慢!」みたいなことも書いてありましたので、結構自信があるのでしょうね☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/09/01 00:22 URL 編集 返信
No title
see*5*75*6さん、こんばんは♪
ハイな!! まずは、SV-192S単独での試聴、続いて、クロックジェネレーターをかましての試聴・・・・という具合にいきたいと思います。しばしお待ちを☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/09/01 00:24 URL 編集 返信
No title
Nallyさん、こんばんは♪
このたびは、いろいろと仕掛けていただき、ありがとうございます(笑)

>…SV-192Sのガジェット感…
そうそう、Nallyさん的に言えばガジェット感でしたね!早速好き勝手なことを書いてしまいました。まぁ、大目に見てくださいy(o^-^o)y

個性的な音色が光るWADIA2000などと比較すると、このSV-192Sは、それほど自己主張をしないというか、フツーというか・・・コワモテのご面相の割りに、根は優しいというか・・・(爆)逆に言えば、誰でも、どんなシステムにでも迎合し易いDACかもしれません。まぁ、詳細はまたレビュー記事で(笑)

>倉庫に眠るメインアンプが気になります。
あらためてソリッドステートパワーの導入ですか!、また何やら画策しているようですね(笑) 熱を上げている・・・たぶん・・・どうでしょう・・・これまた、乞うご期待!ということで(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2011/09/01 00:35 URL 編集 返信
No title
絵里奈さん、こんばんは♪
デジタル時代では、あまり見かけないアンティークなメーターが素敵でしょヽ(^О^)ノ

>光がとても綺麗♪
ハイ! 部屋の照明を落とすと、メーターと真空管のオレンジ色が、ランプみたいで雰囲気ありますよ! なんとも古っぽい、ノスタルジックな面持ちが和みま~す☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/09/01 00:42 URL 編集 返信
No title
仙人様、こんばんわ^^ノ

只今帰宅です><
ううう、またもネジが取れてましたか(T_T)
ちょっと長めのネジを仕入れておきます><

当方最近はオデオ中々できない状態ですので、
たいしたものではありませんが、ゆっくり試聴下さい^^
レポート楽しみにしております^^

きゃーる

2011/09/01 00:49 URL 編集 返信
No title
こんばんは~。

見慣れたDACが登場しましたね。(笑)

私もまだ手元に残しています。ただし、デフォルトの中華球はRCA管に交換してますが。

デザインはご指摘の通りで、通信機器のパーツを寄せ集めて適当に配置したようなレイアウトです。(^^;;
まぶしすぎるブルーのダイオードには紙を張って、輝度を落としてます。
一箇所、ライトアップされた真空管はカッコいいと思ってます。(汗)

アップサンプリング値の選択次第で出音の表情が変わるので、その点の面白みはあります。
仙人さま宅のシステムにどんな設定がマッチするのか、はたまた製品グレードが違いすぎで、DACとしてアンマッチの烙印をおされてしまうのか・・・注目しないわけにはいきません。
システムが違えば相性も違うわけですから、厳しい評価であってもユーザーさんに失礼になることはないと思いますよ~。

ということで、率直なレビューをお願いしま~す。(*^-^*)

たっちん

2011/09/01 01:47 URL 編集 返信
No title
きゃーるさん、こんばんは♪
外れていたのはNallyさんブログの写真にある長いネジと短いネジの両方でしたよ(笑)Nallyさんがキッチリ増し締めされたにもかかわらず輸送時の振動外れたということは、ネジ穴が緩くなっているのかもしれませんね。

>ゆっくり試聴下さい^^
ありがとうございます。お言葉に甘えて、ゆ~っくり聴かせていただきます(爆)ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2011/09/02 00:37 URL 編集 返信
No title
たっちんさん、こんばんは♪
そうですよねぇ~そうでした!たっちんさんも愛用者でしたね!!そうすると、ブロ友の方々では、たっちんさんにNallyさん、きゃーるさん・・・あらあら、けっこう皆さんお使いになられているのねー(笑)

>デフォルトの中華球はRCA管に交換してますが。
今回お貸しいただいた192Sは完全ド・ノーマルのようです。真空管の変更で音色の違いを楽しめるみたいですね!あと筐体も鳴きが多いので、インシュをはじめコンストラクションを強化すれば、相当の音質向上が見込めるかもしれません。まぁ、限られたコスト内で、かなり頑張った!!というところでしょうか。

>厳しい評価であってもユーザーさんに失礼になることはないと思いますよ~。
ご存知のとおり、小生、根が優しいですからねぇ~厳しいことはちょっと・・・・・言っちゃうかもしれませ~ん(爆)しかし、たっちんさんがおっしゃるように、他の機器との相性、また聴き手との相性もありますからね・・・・さて、吉と出るか、凶と出るか・・・・乞うご期待\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2011/09/02 00:51 URL 編集 返信
No title
仙人さま
こんにちは

きゃーるさんのケロクロックは仙人さまのところにきたんですね。
レポ楽しみにしております。
仙人さまに一つ提案があります。
へうたむさんのコメにあります「タキオン」のルビクロックですが私、所有しておりますよ~。私は2台も必要ないのでここはぜひとも仙人さまにG-Osをポチして頂きルビクロック3台による夢のバトルのレポなんていかがでしょうか
\^o^/

ご入り用でしたらいつでも申し付けくださいね。

ggくん

2011/09/02 21:16 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪
ほうほう、ggくんさんもクロック愛用派でしたか!
「タキオン」見てきましたが非常にシンプルなパネルで好感持てますね。

>ぜひとも仙人さまにG-Osをポチして頂き
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~それはムリッぽいですよぉ(笑)しかし・・・オーバー1000万円のスタジオ用セシウムクロックには興味がありま~す(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>ご入り用でしたらいつでも申し付けくださいね。
はい!お声掛けいただき、ありがとうございま~す!!
その際は、よろしくお願いいたしま~す☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/09/03 02:16 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR