FC2ブログ

『僕たちの未来』 柴田淳、問答無用の大傑作 -陶酔編- ♪

イメージ 1

本音を言うと、このテーマ、ブログ再開後、何にも増して早く書きたかったテーマである。

そう、拙ブログへお越しの読者諸兄なら良くご存知であろう、小生が“オデオ”と並んで拙ブログのメインテーマに掲げている“しばじゅん”こと柴田淳の新譜が先般8月3日、1年9ヶ月振りにリリースされたのだ。

そのタイトルは『僕たちの未来』。 デビュー10周年の節目を飾る通算8枚目のアルバムである。前作の『ゴーストライター』という突拍子も無いタイトルに比べてずいぶんと普通のタイトルになったが、その中身は、驚くほど濃い内容である。

これはもう、小生も気合入りまくりでレビューを書くことにしよう!

・・・しかしながら、気合が入りすぎて、早々に5000字制限を突破したので、今回は2部構成の記事とする(笑)この記事に続く第2部では、拙ブログで初、アルバム全曲レビューをオデオ&音楽的見地から書き綴りたい。

8月3日、仕事帰りに、いつもどおり事前予約してたHMV池袋店に立ち寄り、『僕たちの未来』を受け取り、いつものバーで一杯引っかけることも無くそそくさと帰宅。すぐにでも聴きたい気持ちをなんとか抑えつつ、万全の体制で聴くために1時間ほどパワーアンプ・ソニーTA-NR1をアイドルアップさせる。

パワーアンプが暖まるまで、ジャケやブックレットに目を通す。小生が購入した初回限定盤は特典が盛りだくさん。しばじゅん描き下ろしの絵本「魔法のマドラー」にレコーディングの模様を収録したDVD、しばじゅんお手製のゆるキャラ「ぽるちー」しーる、ツアー先行予約URL封入(商売熱心だねー!)、そして後述する必殺のボーナストラック(笑)さすが、10周年だけに気合が入っている!!

ジャケ写に関しては、限定盤のボックスのフォトよりも、インナージャケ(=通常盤ジャケ、↑ 背景赤の写真)のほうが小生のお気に入り。ジャケ写を眺めているだけで幸せな気分になってくるのは小生だけか(笑)

イメージ 2

ま~、そういいうわけで、ブックレットやオマケを眺めているうちにアンプも適度に暖まってきたようだ。いういよ試聴。マークレビンソンNO.31Lにディスクを収め、恒例のギギッ~というトップドアの閉まる音に続き、しばらくして流れてくるしばじゅんの歌声・・・・・

「なんだ、これは・・・」、これでのしばじゅん新譜試聴時の第一印象とは明らかに違う。「この世の果て」という壮絶なタイトルではじまる#1を聴いただけで、これまでと何かが違う、という印象を受けた。

そして、シングルカットの#2「あなたの名前」が鳴り始めると同時に、小生の全身の毛穴から歓喜の汗が噴出すのを覚えた。コレである!!小生がしばじゅんのアルバムに求めていた楽曲は!

J-POPでもなければ、歌謡曲でもない。演歌でもなければフォークソングでもない。どこか懐かしい調べ、、、それは、幼き頃の童謡を聴くような居心地の良さ、なんともいえぬ耳あたりの良いメロディーに小生の心は浮遊する。

ある意味、10年の時を経て、しばじゅんの原点回帰、「己の心情をストレートに吐露し、その感情で聴き手のハートを切り刻む」、というインディーズ~メジャー初期の音楽性を取り戻したような気がする。

ここ最近のアルバムは、小生としてはどうも今一つ納得のいかないものが多かった。おそらく、今後の自らの方向性への不安、そして、レコード会社をはじめセールスを意識した売り手側からのプレッシャーからか、現状打破の模索・試行錯誤を繰り返していたのだろう。

例えば、一連の「拝啓、王子様☆」シリーズであったり、JAZZの香りを漂わせるブラッシングが耳を引く『ひとり』収録「ひとり歩き」、ボサノバ調の『月夜の雨』収録「真夜中のチョコレート」、ハワイアン?のような『ゴーストライター』収録「うちうのほうそく」など、決して悪いわけではないが、変化球や隠し玉のような(笑)安定性に欠く楽曲が散見された。

これら変化球は、何故かアルバムにフィットしない。馴染まないのだ。なにやらしばじゅんがもがき苦しんでいる感が無きにしも非ずであった。まぁ、これは小生の勝手な解釈で、前述の変化球ファンが多いのも事実であるが。ファンの方々、許されよ!

しかし、『僕たちの未来』では、そのような試験的な楽曲はなく、全てが本来の“しばじゅん節”~しばじゅんワールドで埋め尽くされている。変化球なしのど真ん中ストレート一本勝負だ。これだけブレがなく、己を貫いたアルバムはデビュー盤『オールトの雲』以来ではないだろうか。

また、その音質も冴えている。第2部の個々の楽曲レビューでも触れたいと思うが、なかなか上出来のレコーディングである。これまでのアルバムは、曲によって音質のバラツキが見受けられたが、本作では無駄な装飾を極力排し、しばじゅんのヴォーカルを如何にストレートにディスクに収めるかを第一命題に録られているように思える。オデオ的に聴いても満足度の高いヴォーカルアルバムに仕上がっている。

そして、歌詞。いずれの楽曲も切なく苦しく悲しい切り口が多い。ボーナストラック以外全てが苦悩に満ちた恋心の吐露で満たされている。しかし、そのダークな表面だけを捉えて、しばじゅんを「失恋ソングの女王」と呼称するのは少々浅はかではないだろうか。

歌詞をよく読み込むとネガティブな要素だけに帰結していないように思える。さまざまな苦悩の果て、そこのある“未来”を聴き手に問いかけてくるような、、、そして、その“未来”は決して暗澹たるものではなく、各々の捉え方次第で、素敵な“未来”へと変貌する・・・そんな、かすかな“希望”=“未来”を見出すことができる歌詞だ。

そう、言うなれば「パンドラの箱」のような世界が、『僕たちの未来』の歌世界には展開されている。

ほんのひとかけらの“希望”を糧に明日を、未来を生きよう、、、そんなポジティブな語りかけが、一見ネガティブオンリーなしばじゅんワールドの奥底に存在しているように思えてならない。

さて、第2部では、各楽曲の徹底試聴だ!!

イメージ 3

コメント

コメント(20)
No title
コレクションがまた一枚増えましたね♪
陶酔しながらお楽しみ下さい (*^^)

絵里奈

2011/08/20 12:55 URL 編集 返信
No title
しばじゅんワールド再開ですね!
これが無くっちゃ仙人様じゃないです(笑)

それにしてもご説明がすばらしいです。
最新作の良さがとても良く伝わってきましたよ~
まだ買っていませんが・・・
ジャケも良い!

くぅ~

2011/08/20 19:02 URL 編集 返信
No title
気合入っていますね。
私なんか5000字制限なんて引っかかった試しがありません(^_^;)

元新潟のU

2011/08/20 20:39 URL 編集 返信
No title
少し入りにくい感じ、から何度も聞くうちに、鬼束ちひろさんの曲想に近い感覚を覚えました。
羽毛田丈史さんのところ
http://www.fishive.net/900info.htm
で、しばじゅんのアルバム紹介です。

Takeshi

2011/08/20 21:48 URL 編集 返信
No title
ぜっぷりんさん、こんばんは♪
おそまきながらレビューを書かせていただきました!
ぜっぷりんさんは、もうすでにドップリと深みにはまってヘビローのようですねぇ(笑)あとは10/21に向けて、更に聴きこむだけでしょう\(≧∇≦)/

第二部は、ぜっぷりんさんの感想と小生のレビューを照らし合わせてお読みいただけると面白いかもしれませんよぉ☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/08/21 00:23 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんばんは♪
この新譜はHDCDではないですが、しばじゅんCDの中で音質はピカイチですよ。特に低い帯域のダイナミックレンジは相当なものかと!!

捨て曲一切無しの12曲、是非、味わってみてくださ~い\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2011/08/21 00:26 URL 編集 返信
No title
mpxさん、こんばんは♪

>この記事が出たら大丈夫でしょう
ありがとうごあいます!! ボチボチ始動です。まぁ、“この関連”の過去記事はまだ「ファン限定」としてるのですが・・・時がきたら全公開いたしましょう(笑)

今宵はだいぶ涼しいのでオデオ&音楽に没頭しております☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/08/21 00:30 URL 編集 返信
No title
ぶにゃんさん、こんばんは♪

>そのままカートに入れっぱなしで忘れておりました。爆)♪~^^‰
そ、そ、それは、いかんざんしょー(○`ε´○)!
今すぐポチしましょうねー!! そして、「ばーちかるついん」で聴きましょう(笑)

はっきり言って、「ばーちかるついん」としばじゅんの相性はメチャクチャ良いですわ!小生、それでK2を使っているようなものですかからねー(爆)

さあ、さあ、オクへレッツ・ゴー━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2011/08/21 00:36 URL 編集 返信
No title
chi*a_*_0* さん、こんばんは♪
「さよならの前に」、、、おっしゃること、よぉ~くわかりますよ\(≧∇≦)/ 第二部で書きますが、これは、しばじゅんの中で稀代の名曲になる可能性アリですねy(o^-^o)y

はい、タマリマセ~ン(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2011/08/21 00:42 URL 編集 返信
No title
acc**hasec2*0*さん、こんばんは♪
はい、ひろし青年の期待通り“この”話題になりましたぁ~(爆)

>今までのはなんだったんだ?位に、変わりましたよね(笑)
グダグダいってたわりには、やる時はやるもんです、しばじゅん(笑)
ただ、れこだけの作品をつくってしまうと、“次回作”が心配ですねぇ~

ネシオ君を、よぉ~く見るとしばじゅんに見えるわけですね(笑)ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2011/08/21 00:49 URL 編集 返信
No title
絵里奈さん、こんばんは♪
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは~陶酔しきっちゃってヤバイっスねぇ~(笑)
絵里奈さんにも聴いていただきたいですねー、、、きてますよー\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2011/08/21 00:52 URL 編集 返信
No title
くぅ~さん、こんばんは♪
しばじゅんワールド全開です!でも、おそるべし、しばじゅん・・・この新譜が、小生のシステムの根底を揺るがすことになるとは・・・それは、また別の記事で(笑)

是非、買ってみてくださ~い!そして味わってみてください!!
ジャケを見てヨダレをたらしてくださ~い(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2011/08/21 00:56 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪
実は昨夜、全曲レビューも入れて記事を書き終えたのですが、どうにも5000字に収まらず、あっちこっちの文章を切り捨てたりして、なんとか収容しようとしたのですが・・・・収まりきれず2部構成にしちゃいましたぁ~(爆)

キーボードを打ち始めると止まらないのが悪い癖ですタイ(笑)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2011/08/21 00:59 URL 編集 返信
No title
Takeshiさん、こんばんは♪
見てきましたよー!これはかなりマニアックなサイトですねー!!
『「しゃべる羽毛田さん」が見たい方はぜひ入手してください!』・・・でこのアルバムを買われる方もいるのですねー(笑)

確かに本アルバムで羽毛田氏が担当された楽曲は名曲ぞろいですね☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/08/21 01:06 URL 編集 返信
No title
仙人様、こんばんわ^^ノ

やっと1週間が終わりました><
最近きっついですorz

おお、ついにしばじゅん記事フッカツですね^^
今TVでしばじゅんがでてますよお^^*
今回の新譜は原点回帰ですか!
今度聴いてみよう^^
そういえば福岡にも、しばじゅんが来るみたいです^^
今CMやってました^^

きゃーる

2011/08/27 00:35 URL 編集 返信
No title
きゃーるさん、こんばんは♪
ホント、涼しくなったり、暑くなったりで、身体への負担もキツイですねぇ~

>今TVでしばじゅんがでてますよお^^*
な、な、なんですとぉーーー∑(゚Д゚;ノ)ノェエエ工
ブログでコメントを書いている場合ではなぁ~い!!・・・って、もう終わっちゃたのねー(┬_┬)

>そういえば福岡にも、しばじゅんが来るみたいです^^
10月14日(金) 福岡市民会館 大ホール、きぁーるさん、いってらっしゃいませ~\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2011/08/27 02:17 URL 編集 返信
No title
こんにちはm(__)m。

こちらのブログをきっかけに、柴田淳さんのアルバムを購入しました。

女性ボーカルの良いアルバムを捜していましたので大変気に入っています。

これからほかのアルバムを揃えて行きます。

これからもブログ更新を楽しみにしています。

にっぱー

2011/10/06 14:03 URL 編集 返信
No title
こんにちは~

そう言えば、、、
ステレオ誌の8月号に柴田淳さんのアルバムの 記事が載ってました
長くアーティスト されているのですねぇ。

バンバンテレビに出るより ユックリとファンの事を考えて
交流を深め より良いアルバムを出してもらった方がファンとしては
良いですか?私は なめちゃん仙人さんの記事で初めて知りました(^^)

mpx

2011/10/06 18:15 URL 編集 返信
No title
にっぱーさん、こんにちは♪
はじめまして、、、ですよね!? また、改めて小生もお邪魔させていただきます!

しばじゅんアルバム、気に入っていただけて嬉しいですヽ(^О^)ノ
いろいろな方の意見と聞くと、しばじゅんの場合、小生のようにのめりこむほどハマる方と、全く受け付けない~スルーの方の2パターンに分かれるようです。それだけ、主義主張というか、個性が強いのかもしれませんね(笑)

そろそろファン限定にしていた書庫「しばじゅんに恋して」過去記事も公開に移そうかと思っております。お楽しみに☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/10/07 01:01 URL 編集 返信
No title
mpxさん、こんにちは♪

>ステレオ誌の8月号に柴田淳さんのアルバムの 記事が載ってました
ほうほう、そうですか!メディアへの露出は少ないアーティストなので、オデオ系雑誌に出るとは珍しいですね。小生も過去、デビューアルバムがオーディオアクセサリー誌に掲載されていたのを見たくらいです。もう10年前ですね!!

消耗品、使い捨てのようなチープな楽曲を毎月リリースするような連中には興味がありません。やはり、命を削って、魂を削って作り上げられた楽曲は、必然、聴く者の魂を揺さぶることになりますからねぇ~♪あわてず、時流に流されず、丹精込めた作品と提供してくれるアーティストが増えて欲しいですね!

>私は なめちゃん仙人さんの記事で初めて知りました(^^)
よかった、よかった!!
やっぱり、ファン限定にしていた「しばじゅん過去記事」を解禁いたしましょう☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2011/10/07 01:09 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR