FC2ブログ

負けないで・・・瑠璃ちゃん♪(アーカイブ)

負けないで・・・瑠璃ちゃん♪

「母さん用意してくれた舞台…」負けないで、東京で吹く

asahi.com: 2011年5月15日12時3分 転載

震災から1カ月後の4月11日、津波に流された岩手県陸前高田市の自宅跡に立ち、トランペットを奏でる少女がいた。その少女が東京都内で今月20日に催される被災地支援のチャリティーコンサート「故郷(ふるさと)」に招かれた。鎮魂の曲は、あの日、がれきに囲まれながら天国の母らに捧げたZARD(ザード)の「負けないで」。

岩手県立大船渡高3年の佐々木瑠璃さん(17)は、母宜子さん(43)と祖母隆子(りゅうこ)さん(75)、叔母、いとこを亡くした。祖父廣道(こうどう)さん(76)は今も不明。「私は元気。心配しないで」。自宅跡で海に向かい、泣きながら旋律に託した。

\¤\᡼\¸ 1

4月11日、岩手県陸前高田市の自宅跡で、海に向かってZARDの「負けないで」を吹いたあと、祖母が買ってくれたトランペットを抱きしめる佐々木瑠璃さん(17)。この写真が12日付の朝日新聞(東京本社発行)に載った=森井英二郎撮影

翌日の朝日新聞(東京本社発行)に載った涙を拭きながら楽器を抱きしめる写真を、東京フィルハーモニー交響楽団のトランペット奏者安藤友樹さんらが見た。宮城県石巻市出身でコンサートの呼びかけ人。「写真から悲しい音色が聞こえるようだった。何かのきっかけにしてほしくて」と出演を依頼した。

コンサートに参加するのは、被災地出身者を中心としたプロばかり。最初、瑠璃さんは戸惑った。「私で大丈夫かな」。でも、数日考えて心を決めた。「津波の怖さ、被災者の悲しみが一人でも多くの方に伝わるのなら」と。

3月11日午後2時46分。

瑠璃さんは学校で吹奏楽部の練習中だった。教室の天井が落ち、校庭へ逃げた。3時21分、宜子さんから携帯電話にメールが届いた。「落ち着いて。あなたはそこにいなさい」

家族が迎えに来た生徒から下校が始まった。瑠璃さんの自宅は海岸から2キロ近く離れていたから、津波は届かないと信じ切っていた。「お母さん、早く来ないかな」

体育館で一夜を明かし、翌日の昼過ぎ、親戚が迎えに来た。「家族は」と尋ねると、言葉を濁された。

親戚宅で待っていたのは、父の隆道さん(48)。自宅2階にいて家ごと流され、窓から投げ出された。流れる畳にしがみつき、がれき伝いに高台へ逃れた。頭と左目は包帯でぐるぐる巻き。ぽつりと言った。「母さんが見つからないんだ」

市嘱託職員の宜子さんは、避難所となっていた市民会館で被災者の世話をしようとした時、濁流にのまれた。

「現実を受け入れられなくて」と瑠璃さん。空っぽの心で天井を見つめる夜が続いた。3月16日に宜子さんの財布、翌17日に遺体が見つかった。布団に潜ると涙が止まらなくなった。

29日に火葬が終わった。気持ちに区切りをつけるため、宜子さんが好きな「負けないで」を遺骨に聴かせようと思い立った。

「私はホルンを吹いていたのよ」。瑠璃さんが9歳で小学校のバンドに入ってトランペットを始めると、宜子さんはうれしそうだった。今も使う楽器はその時、祖母の隆子さんが「ずっと続けてね」と買ってくれたものだった。

2人は演奏会に熱心に来てくれた。「すごくよかった」「次も頑張ってね」。演奏が終わると、宜子さんは必ず声をかけてくれた。

身を寄せる親戚宅から自転車で往復3時間かけ、学校へトランペットを取りに行った。久しぶりに吹いた音色は「初心者みたいにフラフラ」。これでは聴かせられないと、練習して迎えた4月11日だった。

最近、やっと寝つけるようになった。徐々に、こう思えるようになった。

「亡くなった幼なじみがいる。両親を失い、転校した友人がいる。それに比べれば、私なんて……。この体験を語り継ぐ責任があるような気がするんです」

参加を決めたコンサートも「お母さんたちが用意してくれた舞台なのかも」。

将来は医師になりたいという。「最初は獣医師に憧れたけど、今の目標は救命救急医。人の命を助ける仕事をめざします」

コンサートは新宿区の東京オペラシティで、午後7時開演。入場料5千円。収益は被災地の学校への楽器提供などに充てられる。問い合わせは実行委員会(03・5449・1331)へ。(中川文如)


「負けないで」岩手の少女、天国の母へ涙のトランペット

asahi.com: 2011年5月20日22時40分 転載

東日本大震災から1カ月後、津波に流された岩手県陸前高田市の自宅跡で、海に向かってトランペットを吹いていた少女がいた。震災から70日たった20日、少女は東京オペラシティの舞台に立った。聴衆約1500人に披露したのは、あの時、天国の母らに捧げたZARD(ザード)の「負けないで」。

被災地で演奏する姿が朝日新聞(東京本社発行)に掲載された縁で招待された慈善コンサート「故郷(ふるさと)」。被災地出身のプロの音楽家らが企画した。

制服姿で舞台に立った岩手県立大船渡高校3年の佐々木瑠璃さん(17)は「負けないで」の後に「威風堂々」、そしてアンコールの「故郷」を吹いた。

父の隆道(たかみち)さん(48)、弟の証道(しょうどう)さん(15)も見守った舞台。「故郷」では演奏に聴衆の合唱が加わり、被災地や天国へ届ける歌が会場を包み込んだ。

\¤\᡼\¸ 2

「負けないで」を吹き終え、会場の拍手に涙する佐々木瑠璃さん=20日午後8時31分、東京都新宿区、森井英二郎撮影



4月12日付けの朝日新聞(朝刊)で最初にこの記事と写真を見たときは、不覚にも鬼の眼に、いや、ジジイの眼にも涙してしまった。

惨憺たる瓦礫の山、そこに立つのは純白の衣に包まれた少女、握るは虚ろな輝きを放つトランペット・・・まるで、地獄の舞い降りた天使が泣いているような、慟哭が聞こえてくるような光景。。。

なんとも、いたたまれないショットは、あまりにも痛ましく、4月12日時点では記事にする気になれなかった。

しかし、一ヶ月の時を経て、彼女は見事に東京オペラシティの舞台で羽ばたいた。

ならば、小生も記事にしようではないか!!ということで、今回ご紹介させていただいた。

きっと、天国の坂井泉水も、お母さんやおばあちぁんたちと一緒に応援しているはずだ!!

負けないで♪・・・・・瑠璃ちゃん!!!
 
 
負けないで

作詞 坂井泉水
作曲 織田哲郎
唄 ZARD

ふとした瞬間に 視線がぶつかる
幸運(しあわせ)のときめき 覚えているでしょ
パステルカラーの季節に恋した
あの日のように 輝いてる
あなたでいてね

負けないで もう少し
最後まで 走り抜けて
どんなに 離れてても
心は そばにいるわ
追いかけて 遥かな夢を

何が起きたって ヘッチャラな顔して
どうにかなるサと おどけてみせるの
"今宵は私(わたくし)と一緒に踊りましょ"
今も そんなあなたが好きよ
忘れないで

負けないで ほらそこに
ゴールは近づいてる
どんなに 離れてても
心は そばにいるわ
感じてね 見つめる瞳

負けないで もう少し
最後まで 走り抜けて
どんなに 離れてても
心は そばにいるわ
追いかけて 遥かな夢を

負けないで ほらそこに
ゴールは近づいてる
どんなに 離れてても
心は そばにいるわ
感じてね 見つめる瞳
 
コメント(24)
 
 
¡­饢\¤\³\ó
なめちゃん仙人さん
私も涙を誘われます。
記事。ありがとうございます。

瑠璃ちゃんも音楽があるから立ち上がれたんですね。
2011/5/22(日) 午前 6:03
¤ä¤ޤä¤Þ
¡­饢\¤\³\ó
なめちゃん仙人様
おはようございます。瑠璃さんのトランペットの調べが、天国にいるお母様や御家族に届きますように。瑠璃さんが悲しみに負けずに頑張ってくれますように。健気な瑠璃さん、ありがとう、彼女に手を差し伸べた音楽家の皆さん、ありがとう、と言いたいです。そして、なめちゃん仙人様にもお礼を申し上げます。心が沈んでいる私まで力をいただきました。
2011/5/22(日) 午前 6:09 [ リラ1890 ]
¡­饢\¤\³\ó
おはようございます。

とにかくこの「瑠璃ちゃん」の記事を知らなかったことに後悔。。
「負けないで」きっと天国の「坂井泉水」さんがこの曲に導いたのでしょうねぇ。

そして彼女の音色、悲しさに溢れる音色だったのか、それともこれから生きていく決意の力溢れる音色だったのでしょうかねぇ。
ぜひ、皆のチカラとなるこの演奏、一人でも多くの方に聴いてもらいたいですね☆

東京フィルハーモニーにも拍手!

勇気とチカラを与えてくれたことでしょう、ありがとうございました。
2011/5/22(日) 午前 7:25 Ãˤ¦¡­«\掠\­
¡­饢\¤\³\ó
おはようございます。

被災地の様子が報道されると、これに類する事が山ほど起きていますね。あまりにも悲しみの量が膨大過ぎて気持ちがマヒしてしまいそうです。

しかし、このように一つの切り口を具体的に紹介されると、その悲しみがより現実的に伝わってきます。

でも、全体が沈み込んでいるばかりではなく、大人たちよりも子供や若い人達が明日のために頑張ろうとしているところに希望を感じることができるのが救いです。
2011/5/22(日) 午前 7:37 Chaos
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
この話、一応知ってはおりましたが・・・
でも、私、この手の話って苦手なんですよねぇ〜!!!
まぁ、得意だって人もいないと思いますが・・・

私が考えてもため息しか出ないし
若いから頑張っていけるでしょう!!!ってことで勘弁してくださいよぉ〜
2011/5/22(日) 午前 8:36 [ Zジジイ ]
¡­饢\¤\³\ó
おはようございます。

昨日か一昨日のTVのニュースだったかYahooのニュースだったか
定かに覚えていませんが・・・有りましたね!

何せ、こういうニュースなりお話しにはトンと弱くなってますので
チラッ見です・・・記事を読みながらうるうる・・・(^_-)-☆
2011/5/22(日) 午前 10:05 altum
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
やまやまさん、こんにちは♪
オデオ&音楽オンリーの拙ブログで、なぜ、この書庫があるのか・・・

当初は、震災が落ち着いた時点で「非公開」にしようかとも思いましたが、悲惨な状況下にもかかわらず、被災者に希望を与える“音楽力”の逸話を耳にするにつれ、そのような記事と希望の糧となった音楽を紹介する書庫として残すことしました。

どちらかと言えば悲惨な側面ばかりがクローズアップされがちですが、瑠璃ちゃんのように「明日への希望」を持って力強く生きようとする若者たちの姿を、当書庫では積極的に発信していきたいと思います(^o^)v
2011/5/22(日) 午後 0:00 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
リラさん、こんにちは♪
人間、苦しみのどん底に叩き落された時、何かにすがろうとするものです。それは人それぞれですが、「音楽」という存在も大きな救いになると思います。

瑠璃ちゃんにとっては、「音楽」が心の支えであり、闇の中の一筋の光明だったのでしょう。そして、「音楽」を支えに生きる彼女の存在は、「音楽」を心の糧とする音楽家たちの心を揺さぶることとなったのでしょう。

>心が沈んでいる私まで力をいただきました。
「音楽」を心底愛するリラさんだからこそ、この話しが心の力になったのだと思います(^o^)v
2011/5/22(日) 午後 0:10 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
おはようございます。
ご家族が被災され、残された瑠璃ちゃんが、この様に前向きに頑張っている姿を拝見しますと涙がとまりませぬぅ〜。

…と同時に逆に勇気をもらって“本当にありがとう”と感謝したい
〜気持ちで一杯です。
2011/5/22(日) 午後 0:38 ¤֤ˤã〜¤ó¤Ȳ¦³¦ǭ¢ö
 
 
 
トラックバック先の記事

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR