FC2ブログ

中古コレード、ただひたすら、洗うべし!洗うべし!♪(アーカイブ)

中古コレード、ただひたすら、洗うべし!洗うべし!♪

『お気楽アナログ道』を再開して以来、廉価な中古レコードをちょくちょく購入している。

かれこれ20数年前、小生のオデオスタイルがアナログからデジタルへ移行したことに伴って、約3000枚のアナログ盤を処分したことは以前の記事にも書いたが、やはり、ソフトがあってのハードである。

現状は、たまたま処分を免れてオデオ倉庫に眠っていたLP200枚ほどを聴いていたが、ふと、懐かしい青春のポップスやアイドル歌謡を聴いてみたくなったのだ。今更アナログで、ジャズやクラの名盤、ファーストプレスなどプレミアム盤を買い戻す経済力も気力もないので、これはこれで一つの『お気楽』な楽しみであろうと思っている。

なんといっても、1枚1円〜100円ぐらいで買えるのが良い!お財布に優しい道楽である(笑)

ただし、問題は盤質。プレミアム性の低いポップスや歌謡曲のレコードは、ほとんどが廃棄される寸前のモノだったりするので、良好な保存状態の盤はほとんど見受けられない。ゴミあり、カビあり、指紋アリ、静電気タップリが当たり前である。乾式のレコードクリーナーで磨いた程度ではどうにもならないものが多い。

当然、そのままかければカートリッジにも良くないし、プチプチバチバチノイズで聴けたものではない。そこで、中古盤のクリーニングと相成るわけだ。当然、スプレータイプのレコードクリーナーなどではキレイになるわけもなく、ここは徹底したクリーニングが必要となる。

本来は、バキュームタイプなど専用のレコード洗浄マシーンを使用するのがベストであろうが、そんな御高いモノは『お気楽アナログ道』には縁のないシロモノだ(笑)ここは、『お気楽』に原価ゼロ円でキレイキレイしたいと思う。

そこで、昔よくやった“水洗い”だ。中性洗剤をぬるま湯で薄めガーゼで丹念にこすり洗いをする。その後、よくすすぎ自然乾燥、というのが当時の一般的な洗いパターンであった。貴重な盤は、洗剤による盤質の劣化を嫌い、精製水のみで拭き洗いすることもあった。

ただし、水洗いで大変だったのが、いかにセンターにある紙のレーベル面を濡れずに行うか、ということであった。この部分を濡らさずに洗うことはかなり難しく、慎重に洗おうとすると十分に洗うことができなかった。そんなことお構いなしにレーベルごとジャージャー水洗いする豪傑もいるにはいたが(笑)

今回は、そんなレーベル面の保護対策に心強いアクセサリーを入手した。トークシステム社製レーベルカバー「LC−1」という製品だ。ネット通販で四千円ちょっとで入手した。ディスクユニオンの通販でも販売しているようだ。

\¤\᡼\¸ 1

\¤\᡼\¸ 2

本品は、レーベル面が隠れるほどの大きさの透明アクリルの円盤2枚にゴムのパッキンをつけ、レコードの中心の穴を利用してレコードを2枚の円盤で挟み込み、ネジで締め付けることによりレーベル部が濡れないようにする治具である。このパッキンは密着性の高いOリングで、レコード全体を水につけてもOKという優れものだ。

ご覧の通り、本品を装着すると、レーベル部だけを見事に保護することができる。

あとは35度ぐいらいのぬるま湯を100円ショップで売っている大きさ「中」の洗面器にはり、食器洗い用の中性洗剤を極少量入れて泡立てクリーニング液を作る。その後、LC−1の両方のネジ部を両手に持ちレコードを立ててクルクルと回し信号面にクリーニング液を付ける。

ここらから先はいろいろな洗い方がある。前述したようにガーゼで丁寧にこすり洗いをしたり、100円ショップで売っているメラミンスポンジや0.02mmの超極細毛で有名なライオンの歯ブラシ・デンターシステマでこすり洗いしたり・・・・まぁ、洗い方はアイデア次第、いろいろ試行錯誤して自分にベストの手法を見つけるのが良いだろう。

「LC−1」発売元のトークシステムは、前述のライオン歯ブラシ・デンターシステマのブラシの部分4個を切り取り加工し、ネジで固定して洗浄ブラシとする安直な(笑)アクセサリーまで製品化している。しかも、完成品「BH−1A」が8000円、キット「BH−1B」でも6000円と言うビックリ価格だ!

デンターシステマ1本300円ぐらいなので、この価格はアレだが・・・・まぁ、大部分がアイデア料というところであろうか(笑) お金のある方は、このようなレコード専用アクセサリーとして市販されている洗浄ブラシを使用するのも手であろう。

まぁ、拙ブログのお越しの方々はオデモ猛者ばかり、皆、レコード洗浄法には一家言ある方ばかりであろう。小生のレコード洗浄法は、できるだけゼニをかけない『お気楽』な手法としてご笑読いただきたい。

\¤\᡼\¸ 3

小生は、写真の「ハケ」を使用し音溝に沿って堆積したゴミを掻き出すように洗っている。「ハケ」の大きさ(約12cm)が丁度レコードの盤面の大きさと同じぐらいなので、小さな歯ブラシを使うより、洗う効率が良い。片面1分ぐらいでキレイに磨き洗いすることができる。

しかもブラシの素材は天然素材の豚毛である。歯ブラシのようなポリエステル樹脂でないので、レコードにも優しい。もち手はプラスチックで軽いため、操作性もすこぶる良い。

実はこの「ハケ」、レコード洗浄専用品ではない。ふすまを張り替えるための糊を塗る時に使用する「ハケ」なのだ(笑) 100円ショップでも売っているので、ブラシ部分が劣化すれば気軽に買い換えることもできる便利モノだ。

タバコのヤニや固着した頑固な汚れなど、この「ハケ」でも落とせない場合は、前述した歯ブラシ・デンターシステマを使い丹念に音溝を洗浄してやる。この場合、LP1枚を洗浄し終えるのに10分程かかるが、ほぼ完璧に汚れを落とすことができる。

洗い終わったら、多量で水でよ〜くクリーニング液を流し落とすこと。この洗剤成分が音溝に残ったまま乾燥してしまうとノイズの元になる。LC−1は、こんな時もレーベルを気にせずにシャワーでジャージャすすぐことができるので便利である。

すすぎ終わったら、キッチンペーパータオルなどでよく水分を取り乾燥させる。小生の場合、レコードの穴に割り箸を通し、これまた100円ショップで売っているA4サイズ対応の書類ストッカーを乾燥台として利用している。そのまま1〜2時間ほど完全乾燥させる。

\¤\᡼\¸ 4

乾燥後は、ビニールむき出しのピッカピカバージン状態になる。このままレコードをかけると強烈に静電気が発生するので、仕上げとしてナガオカ等の帯電防止スプレーを吹き、微細なホコリを乾式クリーナーで吹き上げてやる。これでクリーニングは完了である。

レコードジャケットに収納の際、できれば内袋も新しい袋に換装してあげたい。古い内袋内には静電気で残留ホコリが滞留している可能性もあるからだ。新袋にしてあげれば万全であろう。

今回は、相当酷いバチバチスクラッチノイズまみれのレコードでトライアルしてみたが、ほぼ8割程度ノイズが低減した。通常の再生音量ではほとんど気にならない程度である。盤面のキズに伴うノイズは消しようがないが、音溝にこびりついたホコリやゴミ、クリーナーの残りカス、静電気によるノイズなどは見事に低減することが可能だ。

中古レコード盤、明日のためのその一!
ただひたすら、音溝をえぐるように、洗うべし! 洗うべし!! 洗うべし!!!
 
コメント(42)
 
 
¡­饢\¤\³\ó
最近はイージーに流れているのでこの手の記事がハードル高く感じます
昔はそんなじゃなかったんですけどね。
いつのまにかナマクラになってしまった・・反省
2011/4/21(木) 午前 2:22 (^^¢öflattwin(^^)v
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
flattwinさん、こんばんは♪
かく言う小生も、レコード洗浄など20年ぶりにやりました(笑)
やってみると、これが結構楽しいモンですよ・・・・基本的に掃除は好きなほうなんで(爆)
ついつい何時間も洗いまくってしまいましたぁ〜\(≧∇≦)/
2011/4/21(木) 午前 2:49 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは! なななんと、妖怪レコ洗いがこちらにも!(笑)

皆様、中古盤の洗浄には流儀をお持ちのようで、お聞きしていて楽しいです!。当方も休みの日はレコ洗いがほぼ日課になっております(笑)。

当方の冷蔵庫の野菜室には、500ミリ5、60円の精製水が、その場を占領しております!。せっかくなので、後で画像アップしときますねー(笑)
2011/4/21(木) 午前 3:43 ¤¼¤äפê¤ó
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは〜。

私も、このレーベル保護ツールを買ったときは楽しくて、記事にもまとめたものですが、最近はあまりやっておりません。

これから暖かくなるし、汚いレコードも溜まってきたので、これを読んでまとめ洗いをしようと思ってしまいましたよ〜。

刷毛の使用、書類ストッカーの使用は参考になりました。
私も、同じく割り箸使用でしたが、引き出しにはさんで乾燥させてました。(爆)
2011/4/21(木) 午前 4:26 ¤¿¤äÁ¤ó
¡­饢\¤\³\ó
おっはようございますぅ〜♪

レコード盤洗いなど、皆さんそれぞれのやり方を知ることは、とても参考になりますねっ☆

一枚百円のレコードはボクはそのまま洗ってます、、
レーベル保護グッズ、ほしいなぁとは思ってますが・・・f ^^;
乾燥の書類箱?はいいですね!
ちょうどいい大きさですね、それはすぐにマネできそうです*^^*
2011/4/21(木) 午前 5:24 Ãˤ¦´«\掠\­
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
なめちゃん仙人さん、おはようございます。やってますね(笑)最近やたらに買い込んでますからね(笑)自分は、木工ボンドパックがすきですけどね〜(笑)これも、安いですからね。昔あった、ナガオカのレコパックが一番、いいのですけどね〜。ちなみに、我が仲間の、船長の戯言さん。←ホームページ、このままの名前です(笑)が、自分なりにお安くレコパックを作っていますから、覗いて見てくださいね。まあ、タダとは言えませんが、本家レコパックよりも相当お安くできるみたいですよ。塗って、乾かし、剥がす。材料も簡単なものなので、お試しあ〜れ〜。
2011/4/21(木) 午前 5:26 [ acc**hasec2*0* ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
木工用ボンドを盤面全体に
厚く塗り乾いて透明になったらペリペリと剥がして
溝の奥のゴミを取ろうとしたり
件のように水洗いしたりと自分も程度の悪い盤を
如何に綺麗にするかを悩んで実行していましたが
今の所ははレイカのバランスウォッシャーで落ち着いています。
でもこの保護カバーは良いですね。
今後の参考にさせていただきます。
2011/4/21(木) 午前 7:15 ¹¬¤»¤¦Éõ¤¤ǭ
¡­饢\¤\³\ó
書類ストッカーは参考になります。
私は、扇風機ですぐさま強制乾燥です(笑)
2011/4/21(木) 午前 7:54 [ どまんなか ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
仙人様おはようございます

洗浄は素晴らしいです


私も洗ってますが、どうしようも無いレコードはCDに買い直してます(-_-;) レコードもCDも海賊版は音が悪いです
2011/4/21(木) 午前 8:08 H2\졼\µ¡¼
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
ぜっぷりんさん、こんにちは♪
レコ洗いが日課とは・・・・ぜっぷりんさんは“洗い大王”ですねぇヽ(^О^)ノ

小生も大事なブツは精製水と無水アルコールで丁寧に仕上げますが、一山○○○円のボロLP(笑)「は水道水でジャージャー洗っちゃいま〜す。しかし、冷蔵庫を精製水が占拠している風景は、結構不気味じゃないですかぁ〜(爆)\(≧∇≦)/
2011/4/21(木) 午後 3:08 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
 
 

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR