FC2ブログ

③ESOTERIC D-30で、とろけるジュリー・ロンドン♪(アーカイブ)

ESOTERIC D−30で、とろけるジュリー・ロンドン♪


 
コメント(31
 
 
 
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
たっちんさん、こんばんは♪
いえいえ、庶民派の方はマッキンのプリなんぞはお使いになられませんよぉ〜(笑)

たっちんさんも、一つ道を間違えれば、今いらっしゃる「スピーカー酒池肉林地獄」から「トラポDAC酒池肉林地獄」へと鞍替えになる可能性大です(爆)気をつけてくださいねーヽ(^О^)ノ

>正直、音は良くないと思っております
そうですね!ヒスノイズは盛大に入っておりますし、ヴォーカルは銭湯で収録したみたいなエコーだし(笑)全体の雰囲気が大きく変わるものではありませんが、ヴォーカルににじみはSN等は大分改善されております。ジュリーの中でも特にお気に入りの1枚があれば、紙ジャケリマスター盤を試して見る価値があると思います(^o^)v
2011/1/29(土) 午後 2:26 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
saintaubin1erさん、こんにちは♪
TL−1も非常に素敵なトラポですよね。小生もTL−1とTL−2、2台とも使いたいぐらいですよ。TL−1の音質については、やはり「世界初ベルトドライブ」の気負いがあったのでしょう。TL−0を含めての、そのあたりの記事はTL−2導入記に書きましたので、お暇な時にでもご来訪くださいませヽ(^О^)ノ
http://blogs.yahoo.co.jp/namechan999/31246093.html

以前よりもソフトの購入数が減りましたね。かつては月200枚ぐらい買っていた時もありましが、今は厳選したディスクを月10〜20枚ぐらいでしょうか。 小生、ネット通販ではほとんど買わず、ショップでウロウロしながら大人買いするパターンでしたが、勤務先の銀座(一昨年より移転)にあったHMV2店舗やCDショップがつぎつぎと無くなり、チョイと立ち寄って衝動買いする機会が減ってしまいました。

500字オーバーです(笑)続きまぁ〜す♪
2011/1/29(土) 午後 2:40 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
まぁ、今後は“乱買い”することを慎み、ホンモノ中のホンモノを見極めながらの厳選盤のみを買っていこうかと思っております。置き場所も、そろそろ限界ですからねぇ(笑)ご提案の『CDソフトベスト3』、年末恒例企画にでもしてみましょうかねぇ〜(^o^)v
2011/1/29(土) 午後 2:40 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
仙人様、こんにちわ^^

今喫茶店でコーヒー飲みながらブログ巡回中です^^
窓の外は雪がちらちらと^^*
D−30はセッティングにシビアに反応するんですね^^
潜在能力が高い証なのでしょうか^^
ポン置きがデフォの私には使いこなせないかなあ><
STリンクはNallyさんもお気に入りの接続方式ですね^^
2011/1/29(土) 午後 4:17 ¤­¤㡼¤ë
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
きゃーるさん、こんばんは♪
今日は寒かったですからねー!!きゃーるさんとこでは雪ですかぁ〜拙宅の界隈では、また今年は雪が降ってないですねぇ〜例年、2〜3回は積もるのですが、温暖化の影響なんでしょうかねぇ。。。降る所はとことんふるのが今年の特徴のようですねヽ(^О^)ノ

>D−30はセッティングにシビアに反応するんですね^^
筐体の構造は、ガチガチで堅牢に出来ているため、ポン置きされがちですが、全体をリジットにつくって、底面のピンポイント3点で支えているため、遊びがない分、設置面の音色がもろ再生音にかぶってくるようです。

STリンク、他の接続方法と比べてみれば一目瞭然、実に素晴らしい接続方法なのですが、エソも最近の機種では搭載されなくなりましたね。STは原価がかかりすぎる割に互換性が乏しいため、メーカーとしては「おいしくない」のでしょう。大変、残念なことです(^o^)v
2011/1/30(日) 午前 1:04 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
仙人様、おはようございます、Nallyです。

携帯で仙人様のブログを拝読していたのですが、結構見れるものですね。

やっぱりSTには、アドバンテージがあるみたいですね。
そんな意味で最近の機器にSTがないのが残念です。
どちらかと言うと光は、おまけ的扱いですね。

バランスのホット、D−3とマドリガルの組み合わせもクロスだったような…
今日は、大阪なので帰りに日本橋でケーブルとコネクター買って帰って自作します(笑)
2011/1/30(日) 午前 9:12 [ nalikin ]
¡­饢\¤\³\ó
凄いなぁ。改めてなめちゃんさん宅の機器のすごさに脱帽です。床、抜けません?
2011/1/30(日) 午前 11:42 [ le8t ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
Nallyさん、こんにちは♪
一瞬、新しい方かと思いましたよ(笑)携帯だとHNが成金!?さんなんですね(爆)

Nallyさんブログでも検証されてましたが、やはりSTは良いですね。DENONのセパレート、DP−S1+DA−S1のように2本のSTでデジタル信号とクロック信号を伝送し、同期を図るのがベストでしょう。

>どちらかと言うと光は、おまけ的扱いですね。
TOSの発光素子がLEDであるのに対し、STは高額な半導体レーザーのモジュールになるので、採算性が悪くメーカーも使いたがらないのだと思います。以前、輸送事故でエソDD−10のST端子が破損した時に、メーカー修理で端子モジュール代8万円でしたからね!もちろん、輸送保険適用でしたけど(笑)

レビンソン(プロシード)もバランス出力は#2HOTですよ。ジェフ初期以外の米国メーカーは、ほとんど#2HOTでしょう。おっと!!クロスケーブルを自作するということは・・・・某マドリガルのプリ逝っちゃったんですかぁ〜\(≧∇≦)/
2011/1/30(日) 午後 0:44 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
le8tさん、こんにちは♪
床は抜けませんが、小生のアタマはヌケてま〜すヾ(@゚▽゚@)ノ
le8tさん宅ではアナログ注力中のようですね!!
拙宅でも、「お気軽アナログ道」の後継プレーヤーを模索中です☆〜(^-゜)v
2011/1/30(日) 午後 0:53 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
こんにちは。

エソテリックの製品は、その構造的なものが先入観としてあるからか、力強く張り出しの強いイメージがあり、現に以前試聴した時に印象どおりの音だったような記憶があります。

>総じてリアリティ豊かなヴォーカルを聴くことができる。

この辺りも充分に対応しているのですね。と言っても、それに接続される機器やそのインターフェース方法でも、かなりの差が生じるようですね。
2011/1/31(月) 午後 5:07 Chaos
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
Chaosさん、こんばんは♪

>力強く張り出しの強いイメージがあり
オデオ誌の論評も、そのような論調が多いですが、P−2s+D−3などはフワッと漂う綿アメをイメージさせる、絹ごしの繊細な柔らかさがあり、従来語られるエソのイメージとは乖離してます。D−30以降の二桁番機は、まさの其の一般的なイメージ通りの音傾向だと思います。

ヴォーカル対応度の高さは、「TL−2+D−30」の組み合わせだからこそ、成し得た特質だと思います。従来、D−30とのカップリグを想定したエソのトランスポートP−30との組み合わせでは、かなり固めの音調になりますからね。機器を活かすも殺すも組み合わせ次第、ということでしょうか☆〜(^-゜)v
2011/2/1(火) 午前 0:35 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
こんにちは、コメント遅くなってしまいました。

恥ずかしながらエソのP−10を使っています、そのほかの製品は
一切聞いた事が無いので、特徴など大変参考になりました、いつかは
P−2sを手に入れたいなと思っています、P−10はかなりメリハリのある
3次元的再生能力に優れた、ついつい聞き込んでしまう表現力が
たまらない魅力です、そこで質問なんですが、P−2とP−2s
は同じ傾向なんでしょうか、P−2とP−2sの間には5年の時間差
が有るます、P−10も89年ごろですから、構造的にはP−2
と共通点があるようです、もし分かったら教えてください。
2011/2/2(水) 午前 10:23 [ ウッド ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
ウッドさん、こんにちは♪
小生もP−10をD−10との組み合わせで愛用しましたよ!エソは初代P−1から愛用してます。P−2も使いました。P−10は価格的にP−2の弟機という位置づけでしたが、音色的には遜色の無いものでした。

P−10のほうが開放的に伸び伸びと鳴ったのでシステムによってはP−2よりP−10を好まれるかもしれません。P−2はP−10より大人し目の音調ですが、細部のディティールや高域の伸び等、情報量は明らかにP−10よりも上です。本質的にクオリティの高いP−2、聴かせ上手のP−10、といったとろでしょうか。

P−2sは上記の全ての面で、P−10&P−2を大きく上回ります。低域のガッシリとした骨太感、高域の繊細さと伸長、圧倒的な情報量の多さが、音像や音場を実にシャープにリアルに再現します。その描き方も決してキツクなることなく、柔和で優しい聴き心地でタマリマセン! P−10とP−2の良いところを取り入れ、更に一段と磨きをかけてクオリティを高めたのがP−2sでしょう(^o^)v
2011/2/2(水) 午後 0:19 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
 

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR