FC2ブログ

③ビューティ・ペア~YAMAHA C-2 & C-2x激聴♪(アーカイブ)

ビューティ・ペア~YAMAHA C−2 & C−2x激聴♪


 
コメント(32)
 
 
 
¡­饢\¤\³\ó
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます☆

あら、仙人様も腰痛ですかぁ。
僕も年末から、くり太郎のせいで腰痛再発しちょります(T_T)
抱っこが辛いどす!!
ベッドに寝かした途端に泣かれた日にゃあ、こっちが泣きたくなります(T_T)

早朝の冷え込みでイキナリきたりしますから気を付けてくださいねん。 ºï½ü
2011/1/9(日) 午後 11:49 [ すけ ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
すけさん、あけましておめでとうございます♪
腰痛になるほど、くり太郎くんはスクスクと成長されているようですねぇ(笑)夜鳴き攻撃は参るでしょう・・・24時間、おかまいなしですからねぇ〜!でも、これからですよぉ〜つかまり立ち歩きぐらいになると恐ろしいですからね・・・

小生一度、朝寝ているときに1歳過ぎの息子がまとわりついてきたのですが、無視して寝ていたら突然お凸に衝撃と激痛が!!息子がオロナイン軟膏(大)の入ったガラス瓶を思い切り小生の眉間に叩きつけたのでしたΣ( ̄□ ̄;)

まぁ、すけさんもいろいろと大変でしょうけど、いずれ良い思い出に変わるので、頑張りましょう。必死に子育てしているうちに、いつの間にか子供は大きくなってますよ!!

ありがとうございます!
お互い足腰には気をつけて、この冬を乗り切りましょう☆〜(^-゜)v
2011/1/10(月) 午前 1:14 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは。

詳しいレポートさすがに良く分かりました、
微妙な違いの中に、初期のC−2は帯域的に無理をしないで
バランス的には良さそうですね、なめちゃんさんの好みも
加わっているかもしれませんが、良く分かる気がします、

私的にもう一度手に入れるなら、元祖C−2ですかね、
問題は状態と言うかレベルですよね、同然1番古いので
そのまま使える物があるのかですね。
2011/1/10(月) 午前 6:02 [ ウッド ]
¡­饢\¤\³\ó
天の声をお聞かせください仙人様
私たちの年代では、YAMAHA C2シリーズは特別な存在でした。その意味で今回、シリーズの比較レポートは、とても貴重で参考になりました。
ところでPROCEEDですが、プリとして使用する場合PAVとPREの二機種がありますね。もちろんPAVはAVが中心ですが、純粋にオデオで使用する場合は、同じと考えてよいのでしょうか。何しろ定価が倍くらい違うので、もしや・・・と考えてしまいます。
仙人様の天の声をお聞かせください。
2011/1/10(月) 午前 10:46 [ saintaubin1er ]
¡­饢\¤\³\ó
こんにちは。

最近C-2を手に入れたのですが、いろいろと手を加える前に、皆さんの意見を伺ってからと賞賛、批判が出尽くすのを待っています。
欠点も含めて、忌憚の無い意見が聞けるといいですね。

仙人様、待ってますよぉ〜。
2011/1/10(月) 午前 11:35 Chaos
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
ウッドさん、こんにちは♪
そうですね。初代C−2は、不思議とライン入力もアナログ的なバランスというか、帯域内の密度を高めて、ギュッと聴かせる凝縮感があります。高域や低域の、「あと一伸び」は電源周りに手を加えれば何とかなります。

なにより安い(笑)程度に目をつぶれば1万円台でも入手できますし、そこそこ良い程度でも2万円台でいけるでしょう。C−2xは、下手をすると7万とか8万とかのプライスタグがつきますからね。いずれにしても、定期的にメンテされてないタマならコンデンサは逝ってますので、事前にある程度メンテして使用する必要があるでしょう(^o^)v
2011/1/10(月) 午後 0:33 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
Xってやはり凄い様ですね。
欲しくなっちゃいます(^_^;)
でも私の投資限度を超えているので無理ですがぁ〜
ちなみにC−2シリーズは熱対策が最悪なので、ノーメンテだと
正常な音が出ていない可能性がありますね!
私が入手したC−2aに付いていたコンデンサーはすべてダメでしたから・・・
2011/1/10(月) 午後 0:53 ¤¯¤\〜
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
saintaubin1erさん、こんにちは♪
C−2シリーズ、一家に一台、是非どうぞぉ〜(笑)

>純粋にオデオで使用する場合は、同じと考えてよいのでしょうか。
実際比較試聴したわけではないので、あくまで推測ですが、DACチップを使ったボリュームなど、音質の要となる部分は共通なので、純粋なオデオプリと見た場合、PAVとPREの音質はほぼ同等ではないかと思います。

>何しろ定価が倍くらい違うので
当時はまだまだTHXデコーダーやドルビーデコーダーのチップが高価だったため、 価格に繁栄されたのでは。また、V系を混在させるためより頑強なシールディング筐体設計や電源強化等で価格が上がっているようにも思えます。

逆に、ビジュアル系が入っていることから、中古価格はPAVのほうが安いのではないでしょうか。価格が同じなら、よりシンプルなPREをチョイスしますね☆〜(^-゜)v
2011/1/10(月) 午後 1:14 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
Chaosさん、こんにちは♪
C−2+P−102は興味深い組み合わせですよね!
Chaosさんが手を加えられ、最終的にどのような音が聴けるのか楽しみですヽ(^О^)ノ

>皆さんの意見を伺ってからと賞賛、批判が出尽くすのを待っています。
C−2シリーズは名機だけにいろいろな意見がありでしょうね!拙宅の初代C−2(改)に関しては、過去何度か記事にしておりますので、皆さんの様々な意見が読めると思います。ご参考まで☆〜(^-゜)v
2011/1/10(月) 午後 1:25 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
くぅ〜さん、こんにちは♪
あの薄い筐体にアレだけの内容を詰め込むのと、独特のコンストラクションとメンテの兼ね合いから、基板が底面に向けて取り付けてありますからねぇ〜 放熱性は悪いですよね。。。

特に発熱するようなパワーアンプに重ね置きして、長期に渡り使われてきたタマなどでは、コンデンサを含め、中のほとんどのパーツが熱劣化していると思います。これまでの使われ方次第で、相当、程度が左右されるプリとも言えるでしょう。

C−2a、早く復活すると良いですね☆〜(^-゜)v
2011/1/10(月) 午後 1:31 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
ふたたび仙人様

丁寧な天の声ありがとうございました。
なるほど、価格の差は映像方面分と考えてよいわけですね。
うちのほとんどの機材は予備機や何とかなる物があるのですが、プリだけはC34V一台のみです。何しろお歳なので、いつ何時入院という事になるかも知れず、そうなるとお手上げのため予備機兼、別の音を聞かせてくれるプリを探さねばと思い・・・。

そうなると案外選択肢が無いことに気がつきます。ここが難しい所ですが、天の声は大変参考になりました。ありがとうございました。
2011/1/10(月) 午後 4:52 [ saintaubin1er ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
saintaubin1erさん、こんばんは♪
ヾ(@゚▽゚@)ノあはは!!天の声か悪魔の声かぁ〜(爆)

C34Vの予備機として、C34とは趣の異なる音色を狙うなら、プロシードはアリではないでしょうか。おそらく、全く異なる音色を聴かせると思います。C34Vに聴きなれた耳には、少々細身で鮮烈な音に感じるかも知れませんね。面白い選択だと思いますよ☆〜(^-゜)v
2011/1/11(火) 午前 1:33 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
こんにちは〜。腰の状態は回復基調に乗ったようですが、症状は非常にセンシティブ(笑)なので、くれぐれもご注意くださいませ。(私も30代のころ、格闘した経験が・・・)

さて、ソフトですが、『ソフィスティケイテッド・レディース』はなんとも豪華な歌手陣ですね。

アリス嬢は、デビュー盤の憂いを含んだジャケ写真はお気に入りでしたが、リストオンリーという点で伸ばしかけた手が止まりました。(笑)
映像でご紹介のカンパネラは、稀有な叙情的アプローチと思いきや、ビルトゥオーゾの資質もちゃんと見せて、素敵な演奏です。o(^o^)o
こりゃ、ショパンは聴かねばなるまい・・・ということになりそうです。

プリのCxは聴いたことがありませんが、腑に落ちるインプレでした。ヤマハの音は、音の雑未や付帯要素を排除して素の美しさを追及する行き方でしょうか。これは同社得意のDSPで、効果を付加する大前提になっているのかも。

ヤマハの音は、個人的には均整の取れたモデルを見る思いで、見とれはしても抱きしめたくはならない・・・わかりますよね(爆)
2011/1/11(火) 午前 10:53 ¤¿¤äÁ¤ó
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
たっちんさん、こんばんは♪
腰がまぁまぁになってきたら、今日は背筋やら首筋やら、あちらこちらが痛みまする・・・・トホホ(┬_┬) 最近、肉体の衰えを顕著に感じますね。やはり、適度な運動をしないといけないのでしょうかねぇ〜

>ビルトゥオーゾの資質もちゃんと見せて、素敵な演奏です。o(^o^)o
いや、なかなか、優れた技量と音楽性の深みを兼ね備えたピアノ弾きだと思いますよ。また、各々の音楽家&楽曲に対する解釈を、自らキチンと踏まえた上で演奏しているので、ブレが少ないですね。まぁ、なんといってもキレイなんですけど(爆)

>同社得意のDSPで、効果を付加する大前提になっているのかも。
なるほど!そういう事も考えられますね。かつてのヤマハは“残響”に対して、非常に研究熱心でしたからね。 素ッピン美人のヤマハさん・・・ですね!

>見とれはしても抱きしめたくはならない・・・
つまり、マッキンは抱きしめたくなったと・・・そういうことですねぇ(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ
2011/1/12(水) 午前 1:51 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
 

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR