FC2ブログ

③ナカミチ栄光の1000番~コンプリート♪(アーカイブ)

ナカミチ栄光の1000番~コンプリート♪


 
コメント(43)
 
 
 
 
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
ナカミチさんってカセットデッキの会社だと思っていたくらい何も知りませんが、
これ、本体そのものが大変なデカさですねぇ〜
アルミドアもトレイも超重量級ですねぇ〜
こんなん初めて見ました!!!

>高い気密性は,反面内部からの共振に弱いことになります。
なるほど、言われてみればそうですねぇ〜
オーディオだけじゃなく、そんなことは、これまで考えたことがなかったような・・・
2010/11/21(日) 午後 10:15 [ Zジジイ ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
mpxさん、こんばんは♪
なにをおっしゃいますか、ご同輩(爆)\(≧∇≦)/
一緒に、深い深いオデオ海溝を素潜りしましょうねー(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ
2010/11/22(月) 午前 0:28 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
仙人様、こんばんわ^^

風邪流行ってるみたいですね。。。
私のまわりでも結構ゴホゴホいってる方がいます^^*
お大事にです<(__)>

ナカミチですか!
ナカミチというと高級カセットを思い出しますが、
CDプレーヤですか^^
すごくどっしりしてますね!
仙人様が驚かれる情報量ですから、とんでも
ないものでしょう!
続きの試聴レポート楽しみにしております^^
2010/11/22(月) 午前 0:40 ¤­¤㡼¤ë
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
Zジジイさん、こんばんは♪
そうですね!一般的に「ナカミチ」と言えばカセットデッキかカーオーディオが有名ですからねぇ〜でも、ホント、TX−1000ってもの凄い超弩級アナログプレーヤーも出していたんですよ! ほぼ同時代、ヤマハのGT−2000Xが32聖徳太子だった時に、TX−1000は110聖徳太子でしたからねーw(゚o゚)w
http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/tx-1000.htm

サイズは・・・デカイです!マークレビンソンNO.31Lが小さく感じますからね(笑)重さも20kgぐらいはあるでしょうか。“ミュージックバンク”と言うだけに、“音楽”をしまう洒落た“金庫”といった趣です(爆)

気密性と内部共振の問題は、リスニングルーム(住宅)を構築する際にも、検討しなければいけないテーマですね。あらゆる構造体に共通する観念だと思います(^o^)v
2010/11/22(月) 午前 0:45 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
きゃーるさん、こんばんは♪
きゃーるさんは大丈夫ですかぁ〜!今晩は少々楽になったので「しゃぶしゃぶ食べる会」(食ってばっかりかよ・・・)に参加してきたら、また体調がおかしくなり始めました・・・Σ( ̄□ ̄;)

小生、正直申し上げて、このナカミチペアは、筐体の美しさ、オブジェ的な満足感こそあれ、音質的にはそれほど期待しておりませんでした。しかし、「透明で繊細」という世評に留まらず、思いのほか表現力が多彩で豊かなことに驚いております。海外機の動物性蛋白質の“濃厚さ”とは異なる、出汁からじっくりと醸成した“濃密さ”を感じます(^o^)v
2010/11/22(月) 午前 0:53 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
なめ仙人さん、おはようございます。今日は早出です(爆)ナカミチTX-1000について一言。群馬県の高崎市の音楽センターに25年前にナカミチの会社がデモンストレーションで、来て始めて聞きました。その頃は景気もよかったため、年中どこかの都市でナカミチフェア?が行われてたみたいです。全てのナカミチ製品が並べられ、試聴可能て、プレーヤーはスレッショルドのアンプとお決まりのB&Wで鳴らしました。針は?良く覚えていませんが、確か、オルトフォンのMCかと?アームはSMEかな? 続けます?へ
2010/11/22(月) 午前 5:56 [ acc**hasec2*0* ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
?です。さて、デモンストレーション始まりました。あのプレーヤーって、何が凄いかっていうと、レコードをプレーヤーに載せるときにプレーヤーの出っ張っている棒に、レコードの穴を差しますよね?すると、どんなレコードでも置き方で、棒と穴に隙間が出来ますよね?その隙間がずれていては本来の音には成らないと、言うので棒と穴の位置を正確に合わせる装置を積んだプレーヤーでした。なんか難しいので、簡単に言いますと、この時の試聴レコードに針が降りて、鳴った瞬間、あ〜研ナオコのレコードだぁ。と、思い、聞いていました。すると曲目がその当時の流行りの曲目に。あ〜研ナオコって、カバーアルバム出してるんだ?と、思った瞬間、演奏が中断して、ナカミチのエンジニアが、今のレコードの歌手は誰だとおもいますか?と、聞いてきました?へ。
2010/11/22(月) 午前 6:04 [ acc**hasec2*0* ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
?です。すると、会場では、研ナオコだよね?の声が。すると、薄笑いを浮かべたエンジニアが。じゃあ、このプレーヤーの最大の機能のセンターサーチと言う、レコードの穴とプレーヤーの棒←スピンドルでしたよね(汗)のずれを←へんしん。ですよね。 直してから聞いてみましょうと。センターサーチオン。さて、試聴。会場からはどよめきが。実は、研ナオコだと思って聞いていたのは松田聖子のレコードでした。暫く驚きが止まりませんでした。最後にナカミチのカタログを全て持ち帰りナカミチのファンになり今に至ります。その会場では、ナカミチのデッキの修理もしてくれていましたよ。簡単に直るものは直してくれ、重いものは本社に持ち帰り送り返してくれたみたいです。あの時の純粋なオーディオ小僧のときめきが今も残っているかな?長文失礼しました。
2010/11/22(月) 午前 6:15 [ acc**hasec2*0* ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
本で凄いなって見ていましたが
実物を見たことがないです。
ナカミチ製品はメカ好きには堪らない魅力がありますね。
2010/11/22(月) 午前 7:05 ¹¬¤»¤¦Éõ¤¤ǭ
¡­饢\¤\³\ó
おはようございます。
どんじりで失礼、仕ります。それにしてもacc**hasec2*0* さんの米〜ながっ!おかっ!〜゚ロ゚‰。ところで、ナカミチってこんな凄い高級CDPを出していたんですね。当然、音もいいでしょうけど、日本製なのにジャーマンスピリッッの血が入っているかのように頑丈そうです。あの重厚なトレイの動きはどうでしょう。きっと指が挟まると痛そうなのでゆっくり開閉?やっぱり純正1000p+1000mbとのペアーとの組み合わせが最強ではないでしょうか?(場所を取りそう〜‰)またペアーでの試聴記、楽しみにしていまぁ〜す。☊
2010/11/22(月) 午前 10:29 ¤֤ˤã〜¤ó¤Ȳ¦³¦ǭ¢ö
¡­饢\¤\³\ó
あのぅ、ダイエットどころかリバウンドしていると思うのですが(爆)
ただ現実には出物があったら買うしかないほどの名機ですからいいですよね。続きのレポート楽しみにしております。^^
2010/11/22(月) 午後 11:09 [ 雪まるだ ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
acc**hasec2*0*さん、こんばんは♪
怒涛の三段ロケット発射、ありがとうございます(爆)
acc**hasec2*0*さんのナカミチ1000番に対する熱い思いが伝わってきましたよヽ(^О^)ノ

25年前というと、バブル突入の前夜祭の頃、音楽業界はCDで活気づき、オデオ業界は好景気から潤沢な開発費をベースに数々の名機が世に輩出された時期ですね。ナカミチも、そんなデモを実施するほど元気だったんですねー!

偏心の自動調整は、カセットデッキのアジマス自動調整と並び、ナカミチの独創性と技術力の高さが伺える機能ですよね。アジマス自動調整の効用は、実際、ナカミチのデッキを使っていたので経験しておりますが、TX−1000は未聴につき、偏心の自動調整は味わったことがありませんでした。しかし、偏心の狂いによって、松田聖子=研ナオコになるとは驚きですね(笑)小生もそのデモ、聴いてみたかったですねーヽ(^О^)ノ

おっと、こちらは二段ロケットです(爆)
2010/11/23(火) 午前 1:17 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
デジタルの1000p+1000mbにも、独創性豊かな“ナカミチスピリッツ”が十分活きています。最後のナカミチ1000番として、末永く愛でて行きたいと思っておりま〜す☆〜(^-゜)v
2010/11/23(火) 午前 1:17 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
幸せの黒い猫さん、こんばんは♪
確か、限定生産(受注生産?)か何かで、オデオショップでもほとんど見かけませんでしたからねぇ〜! そういう、あまり世間に露出しないところも、孤高の“ナカミチ神話”を築き上げた一因かもしれませんね(^o^)v
2010/11/23(火) 午前 1:25 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
ぶにゃんさん、こんばんは♪
acc**hasec2*0* さんは、ホント、炊き立ての熱い“米”でした(爆)
ぶにゃんさんはご存知ありませんでした? 当時は、「あのナカミチが弩級デジタル!?」と、かなり話題になりましたよ♪ 凝りに凝ったプレステージ機というポジションが、なんとなく、ぶにゃんさんご愛用のケンウッドL−02Aに近い気がします。どちらも、「そこまでやるんかいー!!」てな感じですからね(笑)

>あの重厚なトレイの動きはどうでしょう。
はっきり言って、遅いです。いや、厳かというべきでしょうか(笑)
5〜6秒ほどかけて静々とぶ厚い蓋が開き、中からトレイがでてきます。実に重厚な所作ですね。SCD−1のゆったりとした動きといい勝負ですよ(^o^)v
2010/11/23(火) 午前 1:38 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
雪まるださん、こんばんは♪
小生、あまり過去を振り返らないタイプなので・・・・・仙人の辞書に“ダイエット”という言葉はな〜い━(*≧∇≦*)━☆★ 雪まるださんのLo−Dと一緒ですよ! 今買わずして、いつ買うのか!!!という勢いで逝っております(爆)\(≧∇≦)/
2010/11/23(火) 午前 1:43 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
おひさしぶりです。
ナカミチというと、アナログ+テープデッキのイメージだったのでCDプレーヤーを出していたとは驚きです。
(販売店では良くナカミチのプレーヤーを見ますが、あれしか知りませんでした。)

なめちゃんさんの記事を読むと、トランスポート、DACがもうひとつほしくなりますねぇ、、、
2010/11/23(火) 午後 10:32 [ ひ〜る ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
ひ〜るさん、こんばんは♪
ご無沙汰しておりま〜すヽ(^О^)ノ
お気に入りからはひ〜るさんとこに飛べないなぁ〜と思っていたら、前のブログとはリンクされていないんですねー(汗)ヾ(@゚▽゚@)ノあはは♪

やはり、皆さん、ナカミチと言えばカセットデッキなんでしょうねー! アンプも、米国スレッショルド社のステイシス回路を搭載したパワーアンプ「PA−70」なんてのを出していたんですよ。プリ「CA−70」も薄型でなかなかのクオリティだったと記憶しております。残念ながらナカミチとしては、アンプの1000番は製品化されませんでしたが、中道氏が立ち上げたNIROブランドで「NIRO1000シリーズ」として世に出ました。プリの「NIRO 1000 Control Engine」は230万!!というもの凄いプライスタグでしたが・・・

ひ〜るさんのマランツSA−11S1(でしたよね?)も大分こなれてきたのではないでしょうか。そろそろ、DACかましたりして遊ぶのもアリかもしれませねー☆〜(^-゜)v
2010/11/24(水) 午前 0:29 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
 
 

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR