FC2ブログ

LM3886、最後の聖戦~J−POPに挑む♪(アーカイブ)

LM3886、最後の聖戦~J−POPに挑む♪

前々回プリメインアンプ編、前回パワーアンプ編と、LM3886チャイナアンプ「YS1」を丸裸にするべく、試聴を重ねてきたわけだが、改めて読み直してみて、ひつと気になることが生じてきた。

それは、各々2回のテストでチョイスした視聴用のディスクである。

プリメインアンプ編の記事の折、「限界性能を探るため、過去の名盤は除外し、現代の優秀録音盤に絞って試聴ソフトを8枚チョイスした」と書いたとおり、ジャズやクラシックの優秀録音盤で試聴を続けたわけだが、果たしてそれだけで十分といえるだろうか?

YS1の1万数千円という価格を考えると、果たしてどれだけのYS1ユーザーが、ディープなオデオファイルに向けた優秀録音盤を聴くだろうか、とう疑問が生じたのである。

YS1のユーザーは、コテコテのオデオファイルよりも、むしろ、一般的な音楽ファンが「もう少し良い音で聴けないだろうか」という要望の製品のように思える。音楽は好きだけれど、本格的オデオ機器は敷居が高くて手が出しにくい・・・そんな、フレッシュな音楽ファンがYS1ユーザーには多いようにも思える。

また、YS1は、オデオ入門者の中高生や大学生に対し、オデオという趣味の門戸を広げる意味でも、存在価値のある製品だと思う。

ならば、オデオ的な高音質盤だけでなく、彼らライトな音楽ファンが好むジャンル、日常、気軽に楽しんでいるディスクも試聴すべきではないのか。そんな思いから、今回は、若い音楽ファンが好んで聴くであろう「J−POP」にスポットライトあてて試聴してみることにした。

\¤\᡼\¸ 1

で、今回、試聴ディスクとしてチョイスしたのが、J−POPを代表するアーティストの4枚だ。4枚とも女性歌手になってしまったのは許されたし。小生としては、女声のほうが、その質感の違い、オデオ的な変化を明確に捉えやすいので、女性ヴォーカリストオンリーとした。まぁ、単に女性の歌声が好きなだけ、というのが本音なのだが(笑)

アイドル歌謡から入りニューミュージックを経て現在のJ−POPに至るまで30年以上、その第一線で走り続けている「竹内まりや」、透明感のある声とミステリアスな存在感でJ−POPディーバの先頭をはしる「中島美嘉」、日本のR&Bディーバブームの火付け役ともなった5オクターブの音域を持つ実力派「MISIA」、そして我等が歌姫、“しばじゅん”こと「柴田淳」。 

以上、4名のJ−POP女性ヴォーカリストを通じて、YS1のJ−POP対応能力を検証してみた。

なお、YS1は、前回に引き続きマークレビンソンML−10Aをプリアンプとして組み合わせ、パワーアンプとして使用している。パワーアンプをして使うことで、YS1の持つ実力を限界まで引き出そうという目論見だ。

・・・・・と、実はこれ以降、一気に4枚のディスクについての試聴記を書いたのだが、「決定」ボタンを押すと、どうにも「5000字オーバーです!」のヤフー警告が鳴りっぱなしになってしまった。まったく、毎度毎度で困ってしまう。なんとか上限10000字にしてくれないだろうか。

何行か削ったり試行錯誤したのだが、改善される見込みがないので、急遽、パート?として、4枚のディスク試聴記を掲出することにした。引き続き記事をUPするので、ご一読いただければ幸いである。
 
 
コメント(10)
 
 
¡­饢\¤\³\ó
おっはようございますぅ〜♪

まいど「5000文字オーバー」だったのですねっ(笑)
次の記事、心して挑んでみたいと思います^^

MISIAの突き抜ける声はほんと気持ちいいですよねぇ〜
デビュー当時は何度かコンサート行きましたよ☆
普段、最近はジャズばかりなので気分転換になりますわ^^
2010/10/30(土) 午前 7:45 Ãˤ¦´«\掠\­
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
なめ仙人さん、おはようございます。このアルバム、全てありますよ(笑)愛聴盤ですね。さあ、次回の試聴記事が楽しみですね。中島美嘉は一ファンとしては、哀しいですが、早くの復帰を祈っています。
2010/10/30(土) 午前 8:06 [ acc**hasec2*0* ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
たもchanさn、こんにちは♪
まいどまいど、寝起きのウザイ長文でスミマセ〜ン(爆)

MISIA、コンサートまで行かれたのですか!ならば、CDも相当聴きこまれたことでしょう。日本のR&B系ディーバの中では、すこぶる音質が良いですね。特にSACD盤は、なかなか聴き応えがあります。メロディアスな楽曲も耳馴染み良いですねー(^o^)v
2010/10/30(土) 午後 1:12 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
acc**hasec2*0*さん、こんにちは♪
流石ですね!J−POP系もキッチリ押さえられているようですねぇ〜 まぁ、第一愛人の中島美嘉は全てお持ちでしょうけど(爆) 歌手に女優と、非常にマルチで豊かな才能をお持ちのアーティストなのでで、早々の復帰が望まれます (^o^)v
2010/10/30(土) 午後 1:24 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
どうして林檎ちゃんが・・・補欠には入ってますか〜^^
この中ではシバジュンですねえ、聴くとすれば。竹内まりやも昔はよく聴きました「す〜りき〜れたあ レ〜コオ〜ドか〜ら す〜ぎた〜日々〜がよみ〜が〜える・・」、、、「すてきなヒットソング」です^^。

中島美嘉のビブラートはカッコイイですよねえ、あの人はアップテンポのほうが合ってると思うんですけどねえ。それにしてもなんでも聴くんですねえ^^
2010/10/30(土) 午後 1:32 loverysugichan
¡­饢\¤\³\ó
なめちゃんさん、こんばんわ^^

5000文字制限にかかり、2分割ですか^^*
大レポートですね^^
確かにオデオ環境がイマイチだとソースにかなり
影響されますよね・・・
ウチも以前より良くはなりましたが、その傾向が・・・
竹内まりや、中島美嘉、MISIA、しばじゅんですか!
中島美嘉は声が個人的には好きなのですが、バックの音が
ボーカルを殺すような曲があって惜しいですね><
MISIAは好きですよん^^
知人が同級生だったみたいで、あたりまえでしょうけど
カラオケでも異常なほどうまかったらしいです^^;
しばじゅんはもう定番ですよね^^
以前は低域が汚く感じることもあったのですが、
最近だいぶ改善されました^^
2010/10/30(土) 午後 9:57 ¤­¤㡼¤ë
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
すぎちゃん、こんばんは♪
林檎ちゃん・・・・申し訳ない〜あくまで一般的なJ−POPアーティストをチョイスしたのでマニアックな林檎女王さまは控えに回っていただきました(笑)

竹内まりやは誰しもが、そのメロディーを耳にしているのでは、そんな“ポピュラーミュージック”というにはピッタリの世代を超えた普遍性を感じます。中島美嘉は、もったいないですね・・・もっと生々しい歌声を聴かせるようなレコーディングをして欲しかった。他にはいない、独特の美声の持ち主なので、残念ですねぇ(^o^)v
2010/10/30(土) 午後 11:40 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
きゃーるさん、こんばんは♪
2分割なんて、読み難くて、申し訳ございませ〜んm(_ _)m

>中島美嘉は声が個人的には好きなのですが、バックの音がボーカルを殺すような曲
まさに、今回の試聴で感じたのが、このバックがボーカルを飲み込んでしまう=バックと同化してしまう点です。これは、ディスク自体の特性でもありますが、YS1特有の中域の希薄なエナジー感が、より一層顕著にしたようです。

>カラオケでも異常なほどうまかったらしいです^^;
カラオケには絶対一緒に行きたくないですね・・・差がつきすぎちゃいますから(汗)でも、差がつくなんてもんじゃないほど、次元が異なるでしょうからOKですねー(爆)
しばじゅん「オートルの雲」、再生系のトランジェント特性が向上すればするほど、よりリアルなしばじゅんが聴けますよぉ〜☆〜(^-゜)v
2010/10/31(日) 午前 0:43 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
1個ほしい・・・・凸φ(..)ポチッ(爆
2010/10/31(日) 午前 9:28 ¤µ¤֤Á¤ã¤ó
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
さぶちゃん大王さま、こんにちは♪
大王さまの“あなろ熊城”は、欲しいものを全て手に入れたのでは(笑)
ポチさん、ありがとさ〜ん\(≧∇≦)/
2010/10/31(日) 午後 0:51 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR