FC2ブログ

③『LM3886チャイナアンプ vs JBL K2』 パワーアンプ編(アーカイブ)

『LM3886チャイナアンプ vs JBL K2』 パワーアンプ編


 
コメント(48)
 
 
 
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
Chaosさん、こんばんは♪
いえいえ、こちらこそ、長文駄文にお付き合い頂き、ありがとうございましたm(_ _)m

>そこには色付けが無く単なる『ひも』という認識でおりました。
全てのメーカーの開発技術者は、アンプの理想形として「ストレートワイヤー・ウィズ・ゲイン」を標榜し、自分のところの製品が一番フラットで理想形に近い!と息巻いているのですが、いざ、聴いてみると、やばり、その設計者の音の“個性”が色濃く現れているものです(笑)

故に、その“個性”をなんらかの形でコントロールし、聴き手の嗜好に合わせるためのオデオ機器が必要となってくるわけです。まぁ、それが人によって、プレーヤーであり、ケーブルであり、etc.なのですが・・・・小生にとっては“プリアンプ”がその役割を担ってくれているわけです(^o^)v
2010/10/25(月) 午前 1:21 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
chi*a_*_0*さん、こんばんは♪

>パワーはできるだけ無職透明の音質を持つ物を使う事ですね。
んん〜〜難しいですねぇ〜一概にそうとも言えず・・・パワーの基本はスピーカーを十全に制御できる駆動力ですから、駆動力に欠ける無色透明さは使い物になりません。しかし、得てして駆動力に長けたパワーはある種の色付け〜個性があるものです。まぁ、その色合いとプリの音色がシナジー効果となって更なる高みに達することが理想です。

かく言う小生も、マッキンのMC−2500とう無色透明とは縁遠いパワーをリファレンスのうちの1台として愛用してますから(笑)レビンソンも、以前はモノラルパワーのML−2Lを愛用してましたよ。

まぁ、言うなれば、「個性豊かな無色透明」でしょうかねー(爆)30年前のブツも、まさに主張のハッキリとした無色透明の音色です。いずれ記事にいたしましょう(^o^)v
2010/10/25(月) 午前 1:42 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
たもchanさん、こんばんは♪
富山遠征の旅、お疲れ様でしたぁ〜ヽ(^О^)ノ
ホント、お疲れのところコメント頂き、ありがたき幸せです!!

>「聴き疲れするほど刺激的で元気」なプリ
そんな聴き疲れするようなモノはありませ〜ん(爆)・・・ではお話にならないので・・・・
“聴き疲れ”はしませんが、元気なプリならば、クレルKBL、サンスイC2302、レビンソンNo.26Lなど。刺激的なプリならゴールドムンドのMIMESIS2、チェロのアンコール1MΩ、ジェフローランドのシナジーあたりでしょうか。いずれもふる〜いプリアンプです。現代のプリアンプは刺激がなく大人しい音ばかりですからね!

・・・・・でも、やっぱりML−10A(L)かなぁ〜(爆)(^o^)v
2010/10/25(月) 午前 2:00 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは〜。

これは、予想以上の結果と言ってよいでしょうね。
「プリは音色を、パワーは音ステージの大きさを決定づける」という概念的な理解をしておりましたが、今回のレポートは拝見すると、プリが音を十分に磨き上げておけば、パワーアンプはスピーカーを鳴らせるところまで素直に電力増幅をすれば、良い結果が得られるのだなぁとの感を強くしました。
たいへんな労力を伴う試聴だったと思いますが、とても勉強になりました。(*^-^*)
2010/10/25(月) 午前 3:28 ¤¿¤äÁ¤ó
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは! 中華アンプのパワーレポ、お疲れ様でありました!。たいへん偉そうで申し訳ありませんが、当初から結果が見えてました(笑)。ようやく、なめちゃんさん邸のド級システムをもって、当方の?仮説?を確かめることが出来、満足しております(笑)。

冗談はさておき、やはり、そうなるんでしょうねー。オヤジさんの手が入ったことで、その傾向はさらに強固になりました。普通の廉価機種だと、まず低音が出ないもんでしょう。それをまずあっさりクリアしている点、特筆すべきと思います。高音のコントロールは、プリ側でなんとかなりそう、、、の予感がありましたから、この中華アンプの潜在能力を買ってました。でなきゃ当方、くまさんにボリューム修理出しませんよー!(笑)

ただし日常、アキュプリとのペアリングは考えらえません。あくまで当方宅ではKA−7500か7300とのペアリングでいきます。理由は? うーむ、ここでは申し上げられません、、、どうぞ、お察しくださいませ(笑)。
2010/10/25(月) 午前 3:47 ¤¼¤äפê¤ó
¡­饢\¤\³\ó
おはようございます仙人様
いつも昼間の時間の書き込みで、「こいつ仕事してるのか?」と思われそうですが(爆)たまにはしてます。
いつもながら、自前の機器で、ここまで詳細な試聴記を書ける人って、果たして国内に何人いらっしゃるのやら・・・と感心しながら拝見しましたが、今回は中華アンプより「レビンソンのプリアンプのすごさに思い切り引っ張られました。
レレレビンソンが欲しいーーーっ、と思いましたが、先週突然のオクサマによる「人道上の車の入れ替え」ですっかり文無しとなり(トラポの支払いもまだなのに)手も足も出ないダルマ状態です。
このレポート、体と財布にわるいですー。(苦笑)
2010/10/25(月) 午前 8:58 [ saintaubin1er ]
¡­饢\¤\³\ó
なるほど〜なるほど〜なるほど〜THEオデオ〜(^〇^)♨♨♪
やはりプリアンプでおお化けしたようですね。ってそのプリが全く
高価なので当然と言えば当然なんですけど、ただ、むしろそれに負
けじと好戦したをYS1を称えるべきなんでしょうね。しかし、最
近ではデジタルアンプも含め、ローコストなアンプでもSPに対す
る駆動力は目を見張るものがあります。30年前では、到底考えら
れない。そう言う意味で今の若いオデオファンは幸せだと思うし本
当に羨ましい限りです。
2010/10/25(月) 午前 9:52 ¤֤ˤã〜¤ó¤Ȳ¦³¦ǭ¢ö
¡­饢\¤\³\ó
なめちゃん仙人さま

おはようございます。そして、ありがとうございます。
私の思いつきに、2度のわたって予想外の試聴報告を書いて頂き、感謝の言葉もありません。

その結果に対して、私が出来ること言えば、「ボリュームを完全パス」して、パワーアンプとして使うことくらいです。それでも、少しは音質向上を期待したいと思います。

小惑星探査機「はやぶさ」ではありませんが、「YS1」が帰って来ましたら、十分に労ってやります。
2010/10/25(月) 午前 10:34 ʼ¸ˤ¦Ìª¡ë­\ª\䥸
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
たっちんさん、こんにちは♪
富山遠征の旅、お疲れさまでしたぁ〜ヽ(^О^)ノ
お疲れのところ、コメント頂き、ありがとうございますm(_ _)m

>パワーアンプはスピーカーを鳴らせるところまで素直に電力増幅をすれば、良い結果が得られる
ご明察!さすがたっちんさん、見事にまとめて頂き、ありがとうございます!!
オデオのシステムアップにおいて、使い手の嗜好に最もシンクロするのが“音色”だと思います。プリアンプは、その“音色”決めの最重要キーコンポだと思うのです。プリ部分で音の色合いを足固めした上で、しっかりとした駆動力を持ったパワーが、その“音色”をトランスデューサーたるスピーカーから表出させるのでしょう。

・・・・・な〜んて、勝手に思っている仙人でしたー\(o ̄▽ ̄o)/
2010/10/25(月) 午後 2:33 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
saintaubin1erさん、こんにちは♪
小生も昼間、仕事の合間、休憩時間にノートPCよりコメしております!

またまた!おだててもなにもでませんよぉ〜レビンソンもあげませんよぉ〜(爆)「人道上の車の入れ替え」とは、地球にやさしいエコカー導入でしょうか!小生は、先月突如オルタネーターが逝ってしまい、秋の衝動買いが出来ずにおります・・・(−−;)

これからも、「体と財布にわるい」レポートが書けるよう精進してまいります(爆)\(≧∇≦)/
2010/10/25(月) 午後 2:39 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
ぶにゃんさん、こんにちは♪

>むしろそれに負けじと好戦したをYS1を称えるべきなんでしょうね。
おっしゃるとおりです! いくらプリアンプが重要とは言え、基本的な駆動力が無ければ、とてもあれだけきっちりとK2を鳴らすことは出来ないでしょう。

>今の若いオデオファンは幸せだと思うし本当に羨ましい限りです。
ブランドや価格にこだわらければ、1万チョイのアンプで十分オデオが楽しめることは、一昔前では考えられないことですよね。ホント、良い時代になったものです。若い方には、チャイナくんあたりからでも、気軽にオデオの世界に入ってきて欲しいですねぇ(^o^)v
2010/10/25(月) 午後 2:47 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
ぜっぷりんさん、こんにちは♪
返コメ、前後して申し訳ありませ〜んm(_ _)m
最近、老眼がひどく、PCの画面がぼやけて見難いのです・・・年は取りたくないものです(笑)

さすがはユーザーさん、結果は見えておりましたかぁ〜ヽ(^О^)ノ
ボリュームを引っこ抜いただけのことはありますねぇ〜(爆)そういえば、ぜっぷりんさんは当初よりパワーアンプとして使用してましたよね!!「現有機器のまとめ」記事にもLM3886はパワーアンプにカテゴライズされておりましたしねヽ(^О^)ノ
おそらく、実際に使用すれば、パワーアンプとしての可能性を実感できるかと思います。

>ただし日常、アキュプリとのペアリングは考えらえません
えっ!? そうなんですかぁ〜 200Xは、プリアウト2系統有りませんでしたっけ・・・トライアルしても面白かと思いますが。それとも組み合わせ済みで音色的にマッチしなかったのでしょうか? 「ここでは申し上げられません」・・・なにかありますねぇ〜\(o ̄▽ ̄o)/
2010/10/25(月) 午後 3:04 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
兵庫の耳悪オヤジさん、こんにちは♪
こちらこそ、今回はホントにありがとうごさいましたm(_ _)m
拙宅プリアンプの猛者どもより、相当爆裂な信号を流されたにもかかわらず、YS1は見事にその音を受け止め、K2を見事に駆動して見せました。たいしたチャイナくんです!!

週末にでもご返却発送いたしますので、万歳三唱で迎えてやってくださいませ(笑)返却の際は、またオヤジ殿のゲストブックでお知らせいたします。ホントにありがとうごさいましたぁ〜(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ
2010/10/25(月) 午後 3:11 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
とんでもございません、仙人様
だいぶ昔になりますが、オデオ雑誌編集者の方やライターの方と付き合いがありまして、スタンスも少しは知っているような・・・。
基本的に借りてきた機材をぱっと繋ぎ、ぱっと聞き、ぱっと原稿書かなければ、経済的に成り立ちません。
趣味の世界は経済の原則とは別次元。経験に裏付けられた、自腹切ってのレポートゆえに参考になることが多いのです。
ですからレレレビンソン、下さい(爆)
2010/10/25(月) 午後 4:59 [ saintaubin1er ]
¡­饢\¤\³\ó
長くてすいません仙人様
人道上の車とは、雪道でも安心できる4WDで、離れて暮らしている双方の両親が乗りやすい4ドアー・・・と言う意味ですよー。
で、立派なご発言のオクサマが選んだのは、ガソリンガブ飲みのエコカーならぬエゴカー。あまりの燃費の悪さに、お国の援助もございません。
いったいどこが人道的やねん(爆・呆・トホホ)
2010/10/25(月) 午後 5:23 [ saintaubin1er ]
 

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR