FC2ブログ

SONY SCD-1、秋の大移動♪(アーカイブ)

SONY SCD-1、秋の大移動♪

記事日時:2010/09/18 02:36:15

やっと、やっとである! ここ数ヶ月は、異常なまでの酷暑に身も心も憔悴しきり、オデオにも気合の入らない日々を送っていた。

今週後半に入り、昼間は相変わらず暑いものの、朝夕は涼しい風が吹き、やっと秋を肌で
感じられるようになってきた。

これまでは、ちょっとオデオ機器をもちあげて移動するだけでも、全身から汗が滴り落ちて収拾が付かなくなるため、先般導入したSACDプレーヤー、SONY SCD-1もゴールドムンドのDACの上に無造作に置いたままになっていた。

さすがにコレはマズかろうと思っていたのだが、とても炎暑の中、室温30℃を越えるリスニングルームで27kgの金属塊を持って右往左往する気力もなく、そのまま放置プレー状態を続けていたのだ。

今夜は、室温も27℃まで落ちてきたので、一念発起してSCD-1の大移動を行うことにした。また、SCD-1とあわせて、行き場のなかったCECのトランスポートTL-2も再度設置することにした。

さて、何処に置こうか・・・すでに拙宅のリスニングルームは山のようなロートルオデオ機器群で足の踏み場もない。現状では空いているスペースがないので、既設の機器を移動することにした。

白羽の矢が立ったのが、その昔AVに凝っていた時、9.1chのデュアルセンタースピーカーとして使用していたオンキョーのモニター500の設置場所だ。

おそらく、しばらくはAVに戻る気もないので、現在では全く使用していないモニタ-500を撤去、その場所にSCD-1とTL-2を設置することにした。

イメージ 1

 
↑ これが以前のモニター500×2を横置きデュアルセンターで使用していた状態。

ワイヤーラックの上に硬質アクリルシートを置き、鹿革スペーサーを介してSCD-1を設置、TL-2は、それまでのスパイク+マグネシウム・スパイク受けをやめて、岡山にあるオーディオ101の楓製ブロックボードの上にオーテクのインシュを介してTL-2の底面を直接受けることにした。

いや、しかしSCD-1の重いこと重いこと! 棚板に載せるまでは良かったが、そこから所定の位置まで移動するのに、まぁどうにも動かせず、1cm刻みで、横へ奥へとずら… (以後、記事消失のため、写真のみ掲載)
 
イメージ 2

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR