FC2ブログ

プリプリ愛娘たちのホームステイ経験♪(アーカイブ)

プリプリ愛娘たちのホームステイ経験♪

最近、連日のように拙宅には、クロネコヤマト便がやってくる。
しかも、夜間指定が多いので、もうすっかりお馴染みさんになってしまった。

おそらく、ヤマトの配達人は、「“石”やら“オデオ”やらバカ重い荷物を運ばされる嫌な家」 ということで辟易しているのだろう(笑)

昨晩も、「ぴんぽ〜ん!」、ドアを開けるといつもの兄ちぁんがダンボールを両手に抱いて立っていた。

到着したのは、拙ブログのご常連Nallyさん宅に留学していた小生の愛娘プリアンプ、マークレビンソンML−10AとヤマハC−2だ。 無事3ヶ月のホームステイを終えて帰宅したのだ。

先般、ヤフーオークションで小生のNEC Aー10?をご落札いただいたのをきっかけに、Nallyさんとはお近づきになることができた。そこで、「プリをいろいろと体験してみたい!」とのご要望から、ならば我が娘どもの出番!と、拙宅プリハーレムよりご指名のML−10AとC−2を留学させることにしたのだ。

\¤\᡼\¸ 1

Nallyさん宅での、ML−10A&C−2の八面六臂の活躍(?)ぶりは、Nallyさんのブログ【謎のTANNOY RHR Special Limited】内の以下記事をご拝読いただきたい。

 ★【YAMAHA C-2様のご寄港…】 http://rhrsp.exblog.jp/11869731/
 
 ★【YAMAHA C-2 フォノイコライザーを聴いてみる】 
http://rhrsp.exblog.jp/11876704/
 
 ★【バイアンプへのこだわり】 
http://rhrsp.exblog.jp/12005965/
 
 ★【4台のプリアンプを試聴して…】 
http://rhrsp.exblog.jp/11937785/

改めてNallyさんの記事を読み返してみると、Nallyさんの両機に対する感想と、拙宅での両機に対する音の印象とが、ほぼ合致するのが面白い。

Nallyさん宅は、パワーアンプに真空管、スピーカーはタンノイRHRと、拙宅システムとは毛色が全く異なるのだが、ML−10Aは濃密でトロミのある熱い音、C−2は、若干冷やかなれど凛とした佇まいの美音という音色感は全く共通なのだ。

しかも、真空管パワー、845アンプが元々有している透明度のある音が、がらりと「熱く」「厚く」「力強く」なると仰る。プリアンプの支配力を、まざまざと見せ付けた事象であろう。

以前ほど、「プリ(コントロール)アンプ不要論」は聞かれなくなったが、まだまだプリアンプを軽視されている方もいらっしゃるだろう。良質なボリュームBOXがあれば良し、パワーアンプに直結すれば良し、等々の考え方は根強くあるようだ。

しかし、これは40年近くなるオデオ人生の経験から申し上げることだが、プリを軽視してはいけない。
音決めの上では、トランスデューサーたるスピーカーが最も重要なことは言うまでもないが、そのスピーカーを十全と鳴らしきる為に、パワーアンプやプレーヤーを手足の如く操ってシステムを一つのベクトルに向け統括する、全知全能のブレーンがプリアンプなのだ。

乱暴な言い方をすると、スピーカーとプリアンプさえ“コレだ!”という機種が決まれば、“オデオの旅”はゴールを迎えたも同然なのである。

今回、Nallyさんのプリアンプの感想を拝読し、改めてその思いを確固たるものとした。

第三者に拙宅システムを聴いてもらい、感想を得ることは多々あるが、第三者宅に愛機が遠征し、その使用感を伺うという体験はなかなかないだろう。

第三者の使いこなしを通じて、いろいろと新しい発見をすることができ、小生にとっても今回のホームステイは大変得るものが大きかったと言えよう。

Nallyさん、何かと癖のある娘たち(笑)をいろいろと面倒見ていただき、また有益な記事を書いていただき、本当にありがとうごさいました。


P.S. おいしいお茶、ありがとうございました!
 
コメント(24)
 
 
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは〜☆

お帰りなさいましたねっ^^

Nallyさんの使いこなしもさすがでしたねっ!
プリの重要性も見せつけられましたし♪
使いこなしもコレ!といった機材に出会うことも、全てが自分次第ということでしょうね。。
自分で色々と手をかけることが、最終的に実を結ぶことになるのを夢に見ながら・・・がんばります^^
2010/3/10(水) 午前 3:52 Ãˤ¦¡­«\掠\­
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは!Nallyさんのブログ、拝見しました。ヤホーとは雰囲気の違う?正しいオデオブログでした(笑)。常連様のコメと合わせて、たいへん勉強になりました。
当方はどちらかというとラインアンプに「プリいらない派」かもしれません。過去何台か、いわゆる中級機ジャンル(50万円まで)なので知れてますけど。失敗経験なのかもしれませんが、正直、ないほうがいいなあー、と。
パッシブ機や、いま使っているような可変出力DACに優秀なものがあれば、そちらを使いたいです。オデオ始めたころの、プリ=イコライザーアンプの先入観が、まだ解けないでいます。
現用プリメインの当方がエラソに語ってしまいました(笑)。あぁ、カネほすぅいーっ!
2010/3/10(水) 午前 4:00 ¤¼¤äפê¤ó
¡­饢\¤\³\ó
おはようございます。

オーディオシステムで「音を創り上げる所はプリアンプ!」と
お陰さまでかなりの物量をつぎ込みましたが・・・未だに
此処のコンデンサーは、あのコンデンサーが良いかも!?と
揺れ動いていますが、何せお高いので簡単には(^_-)-☆
2010/3/10(水) 午前 9:06 altum
¡­饢\¤\³\ó
Nallyさんのブログとなめちゃんさんの記事を拝見すると違うシステムなのに両方のプリアンプとも同じような音色で聞こえるようですね!
プリアンプは難しいですね。わたしのところでも紆余曲折してチェロのアンコールでなめちゃんさんのいう「ゴール」になんとか近づけました。
私もCDのパワーアンプ直結やフェーダーを試しましたが、やはりプリアンプがないと全体がまとまりませんね。
しかしML10Aは存在感がありますね!欲しくなりましたよ(笑) ºï½ü
2010/3/10(水) 午前 11:48 [ ジムラン21 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
なめちゃんさん、こんばんは。いいですね!お互いに?ヤマハC-2なんて、凄い銘記じゃあないですか!今でもヤフオクてオーレックスラムダ88などは高値で取引されてますよね。C-2はaからXになり、人気が衰えないですね。自分もプリ好きなので、色々欲しいなぁ!
2010/3/10(水) 午後 8:49 [ acc**hasec2*0* ]
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは。
またまた、物欲をかき立てる記事をありがとうございます。
Nallyさんと同じく845を使う身としては、「熱く」「厚く」「力強く」なるという言葉に思いっきり反応してしまいました。ML-10Aで中島みゆきを聴くとどうなんだろう?!
でも、レビンソンの私のイメージは、どちらかというとC-2よりなんですが、ML-10Aは違うんですね、KRELLの方がネットリ系だと思ってました。
2010/3/10(水) 午後 11:45 [ のんきち ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
たもchanさん、こんばんは♪
ホント、プリは面白いですよ〜! 機種によっては絶対的な支配力を発揮しますからね。オーケストラでいうところの指揮者のようなポジョンがプリでしょう。指揮者次第で曲想もオケも千変万化しますから・・・プリも同じです。Nallyさんもかなりハマってましたねぇ・・・特にML−10Aに(笑)

>自分で色々と手をかけることが、最終的に実を結ぶことになるの
仰るとおりです。いろいろとトライアルして行くうちに、自然とゴールは見えてくるものです。まぁ、小生も日々修行の身故、えらそうなことは言えませんが(笑)
という訳で、セシウム明菜、歌わせてあげてくださいねぇ〜(^o^)v
2010/3/11(木) 午前 0:39 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
ぜっぷりんさん、こんばんは♪

>ヤホーとは雰囲気の違う?正しいオデオブログでした(笑)。
あはははヾ(@゚▽゚@)ノ こちらは非正統派、変化球派オデオブログですかねぇ!

>オデオ始めたころの、プリ=イコライザーアンプの先入観が、まだ解けないでいます。
ああ〜! 実際多いと思いますよぉ〜小生も、過去同様の思いがありましたからね。実際、そうですし(笑)あと、接点が増える分、音楽信号が劣化、鈍化するだけ、みたいな事もよく言われることですよね。

実際は、インピーダンスの整合性など、多くの点で、プリ、特に良質なボリュームを通じてシステムを操るメリットは大きいと思います。単なるイコライザーだけでなく、電気的にシステム全体を統括する頭脳みたいなもので、プリがないと、手足が本能の赴くまま勝手に暴走するリスクがありますからねぇ〜 しかしながら、システム全体を任せるだけのプリに巡り合えるのは、なかなか一朝一夕にはいきませんけどねぇ(^o^)v
2010/3/11(木) 午前 0:55 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
 

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR