FC2ブログ

スイス美人の甘美な囁き♪(アーカイブ)

スイス美人の甘美な囁き♪

萌え〜、萌え〜、のヘッドフォンのあとは、正統派美人のお話でいこう。

それも、そんじょそこいらの美人さんとはわけが違う!

彼方にマッターホルン、モンテ・ローザをはじめとする美しきアルプス連山を望み、アルプスの少女ハイジを育んだ、魅惑の小国スイス生まれの美女「ゴールドムンド Mimesis7.5」だ。

小生、これまでさまざまなブランドのプリアンプを愛用してきたが、ゴールドムンドだけは一度も使用
したことがなかった。プリアンプ以外でも、ゴールドムンドの製品はDAコンバーターMimesisi10を使用したことがあるだけだ。

\¤\᡼\¸ 1

どうも、ゴールドムンドの音というと、「ハイスピード」「独特の静寂感」「驚異的な透明感」・・・といった
ニュアンスが支配的で、小生の追い求める「熱き血潮漲る肉感的なコク」とは無縁の存在のように思っていた。

そのため、ゴールドムンドを積極的に導入する、という気にはなれなかった。

そんな、ゴールドムンドの中でも以前より一目置いていたのが、A1モジュールを初搭載したゴールドムンド初期の名作プリ、Mimesis2、および後継のMimesis2aと兄弟機のMimesis7.5だった。

Mimesis7.5の前身はMimesis7があるが、これは型番こそ継承すれど、音は7.5とは別物で
個人的にあまり評価をしていない(ユーザーさんスミマセン)。

Mimesisi2(2a)およびMimesis7.5の音は、よく言われる「ハイスピード」ではあるものの、
それ一辺倒に終わらず、初期ムンド独特の「トロリとした甘美さ」「有機的ななめらかさ」を感じるのだ。

この「トロ〜リ感」、残念ながら現在のゴールドムンド最新鋭機では、ほとんど失われてしまっている。

ゴールドムンドの現行機種は、どちらかというと、「高解像度で高SN比」「抜群のfレンジ感」といった、
米国系ハイエンドにありがちな音傾向が強く、個人的にはあまり魅力を感じる音色ではない。

\¤\᡼\¸ 2

という訳で、以前よりMimesis2(2a)と7.5は、良い出物があったら、是非、我がシステムに招聘したいと思っていた。今回、たまたま格安でなかなかの程度のMimesis7.5を発見、導入することと相成った。

ご覧のとおり、フロントパネルはシンプルの一言。
余計な虚飾を排したデザインは、白々と煌くアルプス連山のごとき孤高の美しさを感じさせる。

Mimesis7.5のフロントパネルは、実は2種類ある。

ラックマウントハンドルの付いたデザインの前期型と、小生が今回入手したフラットなパネルデザインの後機型だ。数的にはハンドル付きの機種が多いようだが、小生の好みとしてはよりシンプルなハンドルレスのデザインに軍配が上がる。

ボリュームの質感も最高。 

重からず、軽からず、適度なトルク感をもったボリュームが、指に吸い付くような操作感を抱かせる。

ゲインが高めであるため、8時の位置でもかなりの音量になる。 9時では爆音だ。
マランツのプリアンプSC−5Ver.2+BB−5Ver.2が10時近く上げても大人しいのと対照的だ。

ゲインが高めのプリアンプは、総じて温度感の高い濃密でホットな音を聴かせる傾向があるようだ。
小生の過去使用した機種では、クレルのKRC2やKBLが同様の傾向であった。

\¤\᡼\¸ 3

さて、実際の音は、どれほどのものだろう。

パワーアンプにアキュフェーズM−1000、プレーヤーにエソテリックP−2s+D−3で聴いてみた。

設置して、さて、音出し・・・・・一聴、酷い音である。。。

なにやら鼻づまりのようなヌケの悪いこもった音で、ヴァイオリンの倍音やピアノの余韻もデッドで
聴くに堪えない。これは、拙宅システムと相性が悪かったのか! と、あぶら汗がドッと噴出した。

いや、待てよ。。。Mimesis7.5はフロントパネルにパワースイッチが無く、基本的に常時通電の機種だ。こまでの常時通電機種は、ワディア、クレル、マークレビンソン、ジェフローランドと、いずれも電源を落とした状態からの寝起きが抜群に悪かった。

2日、3日、そして1週間。 予想通り、「激変」した。
日を経るごとに、音場の見通しが良くなり透明度が向上、ゴールドムンドらしい艶やかさも出てきた。
最終的には、これは見事としか言えない「トロミ感」を聴かせた。

意外だったのは、中低域が結構図太い表現をすることだ。
ベースが分厚く、しかもキメが細かいため、ベースラインの微細なうねりが明確に感じ取れる。

女性ヴォーカルは抜群。 
ノラ・ジョーンズの1stアルバム中、プリアンプの能力次第では、声を張った時にチリチリと破綻する部位がある。Miesis7.5は見事にクリア。張りのあるノラの声が艶やかに天空に吹き上がり、部屋中に響き渡る。

このトロミを伴った艶は、至極魅力的なサウンドだ。
ヴォーカル再現能力では拙宅プリアンプ群の中でも三本の指に入るのではないだろうか。

80年代のちょっと録音の悪いヴォーカルものも大変身。
シンデレラがボロ着から可憐なドレスに変わるが如く、艶めかしい人肌を感じさせるヴォーカルに変身する。今、この記事を書きながら、中森明菜が歌う山口百恵の名曲「秋桜」を聴いている。
ん~、鳥肌が立つほどのリアリティ! こりゃ〜たまらんワイ。

これは、当分、様々なCDを聴きなおす日々が続くのでないだろうか
 
 
コメント(28)
 
 
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
こらゃーまさしく「プリプリプリティー」ですね
2009/8/29(土) 午前 4:22 ¤µ¤֤Á¤ã¤ó
¡­饢\¤\³\ó
やはりここにこられるのですね、ゴールドムント…。
通電しっぱなしてのは、日頃工場で「使わない電源は切る!」を励行している私には「うーむ…」です(笑)
私も(私は?)、プリはシンプルな面構えが好きです。
そしてノブは適度な大きさがあって、その操作感たるや操作することが至福の喜びのような「まったり」ボリュームは適度な重さと粘りを手に伝え、もった瞬間金属の重厚感と冷たさが伝わり「くりっく」と切替ノブは静かにでも確実に切り替わるセンスの良さみたいなプリが欲しいです(開発者でもある私的には、このフィーリングを永続することは地獄の苦しみなんですが(笑))。
我が家には、そんなプリがないですから。
私も仙人様の足下にも及びませんが「プリ大好き男」です。 ºï½ü
2009/8/29(土) 午前 7:12 [ Nally ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
またまた憧れの物が登場です

20代の頃にショップで聴いて

解像度に驚いた記憶があります
2009/8/29(土) 午前 9:01 ¤Ԥ¡ë¤â¤ó
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
さぶちゃんさん、こんにちは♪
松金ねぇーさんのムッチリとしたフトモモも良いですが、
スイス娘のきめの細かい色白肌もなかなかですぞ〜( ̄ー ̄)
たまらんですわ、、、グヘ、グヘ、グヘへ〜ψ( ̄▽ ̄)ψ
2009/8/29(土) 午後 0:53 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
Nallyさん、こんにちは♪
オーディオ製品において、ボリュームやスイッチ類は、唯一、マンインターフェースを感じさせる部位ですから、その触感は極めて重要っですよね!
これは、また別の機会に記事にしたいと思います。

Nallyさんもプリプリ娘がお好きなようで(笑)深みにはまらないようご注意あそばせ\(≧∇≦)/
2009/8/29(土) 午後 0:58 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
ぴぐもん711さん、こんにちは♪
聴かれたことがありましたか!
拙宅では不思議と解像度よりも、中低域のダイナミックなコク・旨みに魅かれました。
おそらく、拙宅の他の機器との組み合わせの妙で、このような音が聴けたのでしょう(^o^)v
2009/8/29(土) 午後 1:01 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
  
¡­饢\¤\³\ó
なめちゃん様
今日は。7・5は本当に素晴らしいですね。高音域については申すまでもないですが、中・低音域に着目されているのは、さすがです。他の機器が凄いので、その魅力が発揮されるのでしょうね。
私は、十年以上もこれ(ハンドル付きです)をレファレンスにしていました。その間、ずっと通電し、発熱していた訳ですが、故障も劣化もありません。
一、二度、ガリが生じましたが、ヴォリュームを速く回転させましたら、直りました。CD端子入力が最善でしょうけれど、AUX入力端子を使いますと、また違う音質が楽しめます(より感度が高く、生々しくなります)。
私も、今は眠らせている7・5(眠れる美女)を、いつか目覚めさせるつもりです。
2009/8/29(土) 午後 2:35 [ リラ1890 ]
 

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR