FC2ブログ

断腸の思い、ラックスマンC−06αとの別離♪(アーカイブ)

\¤\᡼\¸ 1
\¤\᡼\¸ 2
\¤\᡼\¸ 3
 
マランツSC−11S1の参戦で、拙宅システムはまたしてもメタボ傾向になってしまった。

コレでは、いかんぞ!

ここで思い切って、昨年宣言したプリアンプ部門のダイエットに手をつけよう。
数多い拙宅プリアンプの中で、白羽の矢が立ったのがラックスマンC−06αだ。

今回は、先だってヤフオクにて放出したCDプレーヤー ケンウッドL−D1以上に悩んだ。

C−06αの詳細は、以下の記事と重複するのでここでは多くを触れないが、その程度の良さは抜群で
最後までオーディオ倉庫にストックするか迷った。

「プリアンプ戦線異常アリ」
http://blogs.yahoo.co.jp/namechan999/16347800.html

しかしながら、他プリアンプと比較するとラックで寝ている時間が長く、新たにSC−11S1が加わったことで、
今後、更に睡眠時間が長くなる可能性が出てきた。

前にも述べたが、オーディオ機器は飾り物ではない、常に灯を入れ使ってやらなければ意味がないと思う。
故に、新しい主人の下で寵愛されることを祈り、放出することに決めた。

豊潤で甘美な伝統のラックストーンに、鮮烈なディティールで音像を描く再現性を加味したNEOラックストーン、
プリフェチならば一度は味わっていただきたいものだ。

そのトロッとした語り口は、女性ヴォーカルファンや弦楽ファンを魅了してやまないだろう。

今回もいつもながらの1万円スタートだ。
乾坤一擲のオークションを堪能されたし。
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b95919447

ラックスファン、プリアンプファンの諸兄、この機会に是非お試しあれ。

ÊĤ¸¤ë
コメント(13)

¡­饢\¤\³\ó
そうですよね。動かしてナンボですものね。
私も複数機器を所持するようになってからそのような傾向が出てきました(笑)
2009/1/11(日) 午後 2:16 (^^¢öflattwin(^^)v
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
flattwinさん、こんにちは♪
いつもながら素早いレスポンスですねぇ〜ビックラコンですw(゚o゚)w
どれもドキドキワクワクしながら導入した機器なのですが、手元に複数機器があると、どうしてもその中で傾ける愛情の度合いに差が出てきてしまいます。女性と一緒でしょうか・・・・
毎回毎回、心の中で「すまん!許せ!!」と手を合わせながらのオク放出です(^o^)v
2009/1/11(日) 午後 2:31 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
ラックスのプリはとても濃〜い音で、良くも悪くも全てをラックストーン一色にしてしまうところがありましたね。ラックスファンとしてはパワーアンプ以上に美味しいプリだと思います。現行のプリは、この時期とは異なり、ラックストーンが薄れてしまった様で、ちよっと物足りないかもしれません。確かに使ってナンボの機器ですから、新しいオーナーに可愛がられて使われた方が、喜ぶでしょう。
2009/1/11(日) 午後 3:18 [ le8t ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
le8tさん、こんにちは♪
そーですね。C−06あたりまでかなり色濃くラックストーンが感じられましたが、C−06αは、そこに現代的な切れ込みや高解像度をブレンドし、見事にベストバランスの音調を確立したと思います。
C−10以降は、更にラックストーンが薄まり、現行C−1000fやC−800f等では昔のラックストーンの面影は皆無といえるでしょう。
新ご主人様のもと、お輿入れの日を楽しみにしておりま〜す(^o^)v
2009/1/11(日) 午後 3:37 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
どれもこれもリファレンスと呼べる物ばかりですからねえ、こちらは^^
私のようなものでも、オークションに出品と聞くと
一応は反応しないわけには参りません(笑)

私の使っていたL-550というプリメインのプリ部は
無色透明なものでしたよ^^
2A3のシングルに繋ぎ音だししたのですが、「墓場」のような音。。
死んだような音という積りです(^^;
その後、通常のプリメインとして聴くと「花屋」のような音。
絢爛豪華・・・言い過ぎさせて下さい(笑)

プリ部の恐ろしさを感じたものです^^
オークション、ヒット数が気がかりですね。
2009/1/11(日) 午後 5:19 loverysugichan
¡­饢\¤\³\ó
なめちゃん様
今晩は。私も昔、このプリ・アンプを使ったことがありまして、懐かしく思いました。とても甘美な音がして、タンノイのようなスピーカーに合うかも知れませんね。対になっていたA級メイン・アンプが不調でしたので、一緒に処分してしまいましたが、少し後悔しています。マランツのプリ・アンプが素晴らしいとのこと、プレイヤーのSA11S1がありますので、合わせてみたいところですが、このシリーズのメイン・アンプに心が動いています。
2009/1/11(日) 午後 6:12 [ リラ1890 ]
¡­饢\¤\³\ó
>NEOラックストーン
私は、L−507で思いっきり古いラックストーンに回帰しておりますが、豊潤・甘美・再現性を併せ持つというこのNEOもまた魅力的ですね。

>タンノイのようなスピーカーに合うかも知れませんね。
おまけに、リラさんのこういうインプレもあって・・・。

シンプルで美しいデザインにはかねてより注目しておりました。世の中には、魅力的なオーディオ製品が多くて、嬉しいやら困るやら。トホホ〜
2009/1/12(月) 午前 0:15 ¤¿¤äÁ¤ó
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
杉ちゃん、こんばんは♪
日本経済活性化のため、大いに反応してください(笑)

>「墓場」のような音。。
なにやらマイケル・ジャクソンが踊りながら出てきそうですねぇ
550は確か純A級でしたよね。A級動作のパワー部を活かすために、あえてプリ部を無色透明にしたのかもしれませんね。
トータルで「絢爛豪華」のラックストーンが香るよう設計されたのでしょう。
プリアンプやパワーアンプは単独で完結する機器なので、個々にラックスの主義主張(トーン)を盛り込んだのかも・・・なんて小生の勝手な想像ですが。

オークションのほうは出品して半日で、アクセス数236、ウォッチ数54、入札者1名とまずまずの出足です。
杉ちゃん、おひとついかが?(^o^)v
2009/1/12(月) 午前 0:57 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
リラさん、こんばんは♪
リラさんもご使用の経験がありましたが。さすがに経験豊富な御仁ですなぁ
「対になっていたA級メイン・アンプ」はM−06αかM−07ですね。M−07は当時、小生も使いたくて仕方がなかったアンプでした。いまだにオークションで見かけると敏感に反応してしまいます。

SC−11S1と対になるパワーSM−11S1と上級のMA−9S2を、SC−11S1とのカップリングで試聴したことがあります。
MA−9S2の圧倒的なスケール感や底知れぬ低域再現性は、SC−11S1の敵わぬところですが、S/N感の高い繊細な描写力はひけをとりませんでした。
ただし、厚みや押し出し感といったものはそれほど持ちあわていないので、大編成のシンフォニーやビッグバンドのJAZZよりは、小編成の弦楽やピアノ、オペラ、しっとりとした女性ヴォーカルなどに向いていると思います。
現行マランツもなかなか魅力的なラインナップを揃えてきましたね(^o^)v
2009/1/12(月) 午前 1:15 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
たっちんさん、こんばんは♪
L−507の「思いっきり古いラックストーン」は、球時代のラックスとシンクロする音なので、またNEOとは違うメイプルシロップのような甘く切ないメロディーを奏でてくれる魅惑のアンプではないでしょうか。

タンノイといえば、「ラックスかウエスギ」と言われましたからねぇ〜ハズレはないでしょう。

>シンプルで美しいデザインにはかねてより注目しておりました。
はっきり言って、C−06αの美しい意匠は、SC−11S1よりもはるかに魅力的です。
プッシュボタンまわりの仕上げやロータリースイッチの造詣など、ため息が出るほど美しいですね。細部の仕上げもアキュ以上の緻密さです。
同社のC−1000fや800fも含め、現行機にはこの美しさがあまり感じられないのが残念でなりません(^o^)v
2009/1/12(月) 午前 1:29 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
これは、デザインもカッコイイですねぇ。

私も、現行ラックスマンのフラッグシップセパレートモデルからは「ラックスらしさ薄くなっていると思います。

しかし、夏前に出していたら私のプリアンプはnuforceではなく、ラックスだったかも?!
2009/1/14(水) 午前 2:21 [ ひ〜る ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
ひ〜るさん、こんにちは♪
やっぱり、かっこいいですよねぇv(^◇^)v
「nuforceではなく、ラックスだったかも」とは意外です!
ひ〜るさん宅はラックス系マターリの音ではないと思っていたので(^o^)v
2009/1/14(水) 午後 5:22 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
lifeoffmanさま、ご落札いただき、ありがとうございます♪
希望落札価格にてのご落札、大変感謝しております。
lifeoffmanさま宅には、夫婦となるE−06αが待っているとのこと、さぞ嫁ぐC−06αも幸せなことでしょう!
不束者ですが、何卒よろしくお願い申し上げます(^o^)v
2009/1/21(水) 午前 0:42 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
 

コメント

コメント(1)
No title
SEEDさん、こんばんは♪

「ナイス!」ありがとうございますヽ(^О^)ノ

どうやら、アーカイブ巡りをしていただいているようですね!
サンキューです!!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2014/06/15 00:21 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR