FC2ブログ

②軍事の平和利用、ここに極まる③ ・・・KRELL DIGITAL STUDIO(コメント・アーカイブ)

blog_import_5d6174feaab75[1]

ÊĤ¸¤ë
コメント(33)

¡­饢\¤\³\ó
この前、ハーマンの販売員から聞いたのですが、ハーマンが扱っているシルテックは電源ケーブル、タップもあるそうです。
ただ、シルテック得意の銀線の為、日本ではPSEにひっかかり、販売できないとのこと
PSEは銀線というだけで、電源ケーブルNGらしいです(バカじゃん!!)
まったく、古い家電製品じゃないんだから、オーディオ機器での火災事例も無いのに、、、

視野をもう少し広く持ってもらいたいですね~
2008/2/15(金) 午後 7:58 [ ひ〜る ]
¡­饢\¤\³\ó
PSE法によって一時、海外各メーカーの電源ケーブルが一斉に店頭から消えたときは衝撃的でした(>_<)
中古品も一切販売できなくなる…みたいな時期もありましたよね。

最近、やっと各社PSE法を取得してチラホラと製品を見かけるようになりましたが、シルテックみたいに未見の製品も多々あるのでしょう。

白物家電と芸術的なヴィンテージ機器を同等に扱うPSE法がまかり通る日本、全く国の芸術に対する見識の低さを露呈しているようで、悲しい限りです(T-T)
2008/2/15(金) 午後 11:24 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
こんにちわ よく参考にさせて頂いております
☆KRELL STUDIOは貴方様お使いのDACでは
一番の暖かく熱い温度感の高い音だったのですか?
ひとつ参考までにお聞かせ願えれば、と思っています
2010/1/31(日) 午後 3:08 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、はじめまして♪
ご訪問いただき、ありがとうごさいますm(_ _)m
基本的に海外機、特に米国系の機種は国産機に比べ温度感が高めです(一部、LUXMAN DA−07等を除く)。小生がこれまで使用してきたDACの中では、温度感だけで言えばTHETA DS Pro basic?とこのKRELL STUSIOが“熱い”ですねぇ〜
また、傾向は少々異なりますが、ジワジワと熱くなるのがカウンターポイントDA−10です。ちなみに“熱さ”と“厚さ”を兼ね備えたWADIA2000もあります。
参考になりましたでしょうか。また遊びに来てくださいねぇ〜(^o^)v
2010/1/31(日) 午後 6:04 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
小生の意図を組んで頂いてこれ以上ないくらい
参考になるコメントを頂きました。ありがとうございます。
とても勉強になりました。今後の参考にさせて頂きます。
2010/1/31(日) 午後 8:13 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんばんは♪
前述した各々の機種については、いろいろと記事に書いておりますので、お暇な時にでもご覧になってください。
また、気軽に何でもコメントくださいね! お待ちしておりま〜す(^o^)v
2010/2/1(月) 午前 1:00 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
随分掛かりましたが本日やっとヤフオクでSTUDIOを落札
致しました。今後到着が楽しみです。アドバイスありがとうございました。
2010/6/20(日) 午後 9:26 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんばんは♪
STUDIOご落札、おめでとうございま〜す\(^O^)/
実は、あのオク、小生も参加していたんですよ! see*5*75*6さん同様、是非、STUDIOを入手したいという知人(仮称A君)がいて、A君の代理入札でした(今時珍しいPC無し夫くん!)。A君の予算は上限10万円までということでしたので、今回は見事に敗退です(笑) A君の予算が10万円以上でしたら、 see*5*75*6さんと一騎打ちになってたかもしれませんね(爆)
何はともあれ、ぞんぶんにSTUDIOを楽しんでくださねぇ〜☆〜(^-゜)v
2010/6/20(日) 午後 10:35 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
内緒さん(笑)、こんばんは♪
ほぼ毎日ご訪問いただいているとのこと、ありがとうございますm(_ _)m

KSAの初代パワーということは、KSA100でしょうか。良いものを導入されましたね! 小生も何度か聴いておりますが、暖色系のまろやかで弾むような感触は素晴らしいと感じました。KSA200Sは確か第3期クレル(黒&グレー)の大型パワーですよね。実聴したことはありませんが、初代とはまた違った味わいがあるのでしょう。

小生がクレルのパワーの中で注目しているのは、意外と話題にでない第2期クレルの純A級パワー、KSA80です。初代KSAは、強制ファンを搭載することにより大変スマートな筐体でしたが、第2期はS/N感を上げるため、ファンを無くした結果、巨大なヒートシンクを搭載せねばならず、あのウニのようなデザイン(笑)が好き嫌いを明確化したようですね。

つづくよぉ〜♪
2010/6/21(月) 午前 0:26 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
小生的には、あの音は大好きですね!初代の躍動感のある純A級ならではの音に、高域の伸びとヌケの良さを加えた素晴らしい音です。そんな訳で、KSA80は拙宅に導入してみたいパワーの一つです。
機会があれば、内緒さんも聴いてみてくださいねー(^o^)v
2010/6/21(月) 午前 0:27 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
内緒さん、こんにちは♪
ホットなコメント三連弾、ありがとうございます! 内緒にしておくには勿体ないですよ(笑)

PAM3はCD入力信号の特性カーヴを可変にする等、凝ってますよね。新品時には、当時の内外の代表的なCDプレーヤー個々に対応した調整表までついていたようですね。

クレルとマッキン、各々は全く異なる音色ですが、組み合わせてみると、これはこれで、1+1=3〜4位の魅力的な音を聴かせます。KRC2+MC−2500で聴けた、コッテリとトロミのある艶やかなヴォーカルは実に魅力的でした。

KBLも確かにクレルを代表するプリで、その妖艶ぶりは拙ブログでも記事しましたが、もし、同予算で検討されるなら、ML−1LやML−10(A)Lなどのオールドレビンソンもご試聴され、比較検討されることをオススメします(^o^)v
2010/6/21(月) 午後 4:15 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
なめちゃんさん

コメントありがとうございます。PAM3、存じませんでした。どうやって
調整するのでしょうね?中を開けてなんでしょうね。なめちゃんさん
の書かれた記事を何度も読むのですが、やはり多くの機器を使われる
中でもお気に入りとそれに順ずる機器があるかと思いますが。
文面で推察するに、KBLが一番お気に入りなのかなあと思いつつも、
KRCも褒めておられるのでとても気になります(笑)
2010/6/23(水) 午後 11:00 [ see*5*75*6 ]
¡­饢\¤\³\ó
KSLとPAMしか聞いたことがないのですが、KSLは非常に
気に入りました。是非入手したいのですが、KBLにして置かないと
中途半端かな・・?という思いもございます。KBL、KSL
KRC2、もっともっと比較の感想をお聞かせ願いたい・・と、
厚かましいお願いでございますが。
2010/6/23(水) 午後 11:04 [ see*5*75*6 ]
¡­饢\¤\³\ó
KRELL STUDIO 本日届きました。
期待にたがわぬ素晴らしい音でした。なめちゃんさんのKBLの
音質評価記事の記述そのままな感じですね。音が非常に
煌びやかで、華やかで。同時代のKSA200Sと酷似しています。
KRELLの音は他の会社のコンポと全然鳴り方が違います。
とても個性があるし、楽しい音がします。
鳴った瞬間にもう雰囲気とか全然違うのが分かります。
今まではVRDS25XS一体型で使用していました。今回トランスポート
として使っています。使用したことがあるDACは10年前まティアック
のD-T1 MFのチュバログ、6万と18万の安価なものと、
日本の価格とはいえ95万のDACと比べるのが悪いのかも知れませんが、
それらは音が違うのは分かるけど、前と比べてどれほど違うのか
どっちが上とも言えず明確なグレードアップ感に乏しかったんです
DACでここまで音が変わるなんて!ずっと大事に使おうと思います
重ねてありがとうございました。
2010/6/23(水) 午後 11:12 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんばんは♪
本日も熱きコメント、ありがとうごさいま〜す\(^O^)/

>PAM3、存じませんでした。どうやって調整するのでしょうね?
当時の資料によると、通常のライン入力は10kΩ受けですが、CD入力は専用のバッファーアンプを介した47kΩ受けとなってます。天板をあけた基板上には左右それぞれ8接点のDIPスイッチがあり、このスイッチを可変させ個々のプレーヤーにあった特性をつくりだすようです。
実際の調整には、テストディスクで方形波を再生し、オシロで見ながら、方形波が忠実に再現されるよう、8個のスイッチを調整するという、超マニアックなものでした。これで、一つのCDプレーヤー専用の入力が完成するわけです! いや、凄いことを考えましたねぇ〜\(o ̄▽ ̄o)/
2010/6/24(木) 午前 0:59 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
すいませんコメントを忘れていました。マークレビンソンの
ML-1L なめちゃんさんリファレンス、ML-10Aもとても気になります。
実は以前もオールドレビンソンに着目し、候補に入れていたのですが
結局今のところ聞けたのはML-12A?だけです。なめちゃんさんは
オールドの中で唯一このモデルだけお気に召さないような記述を見ました。他の販売店のベテラン店員さんにも質問すると
「あれはまったく不出来で・・」と仰っていましたね。
僕の感想はオールドってやっぱ凄い!と思いましたが、そこまで
魂を持っていかれる程ではなかった。最新録音のモノが自分にとって
気持ちよい音で再生できる気はしませんでした
2010/6/24(木) 午前 1:10 [ see*5*75*6 ]
¡­饢\¤\³\ó
。これがML-1Lや
10Aなら、感想は全く違ったのでしょうか?同時に聞いた28Lを聞いて
これは素晴らしい!こっちが欲しい!と思ってしまいました。
最終的に26Lを買いましたが、とにかく音の凄みがあり感激しました。
彫りが深く、メリハリがあり、エッジが効いています。
素人の人が聞いて「これは凄い!」格が違うと納得させるHIFI系の
サウンドだと思いました。妖しいまでの色彩感、鳥肌ものでした。
ただ弟機で評判の悪い、自分にとって28Lの方がもっと楽しい、
華やかな音ではと・・音は凄いのだけど、
音楽を聴くのに緊張を強いられる気がして手放してしまいました。
10Aはなめちゃんさんの記事の影響でかなり気になっています。
ですが、普段は中古市場で流通が少ないですね。それが最近になって
なんだか急に立て続けに見かけて気になっています。ハイファイ堂
などで見かけました。試聴できる場所なら聴きに行きたいです。
2010/6/24(木) 午前 1:11 [ see*5*75*6 ]
 

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR