FC2ブログ

ビンテージCDPの実力とは如何に♪(アーカイブ)

ビンテージCDPの実力とは如何に♪

\¤\᡼\¸ 1
 
拙宅にただ同然でやってきた、かつての名器 ソニー CDP−R1+DAS−R1(以後R1)、
実際、どれほどの能力を有しているのだろうか。

実は、小生、R1を使用するのはこれが初めてではない。
確か、1989〜90年頃だと思うが、今は無き、銀座数寄屋橋にあった「ハンター」という
オーディオショップからR1の新古品を購入したことがある。

「R1a」へモデルチェンジするということで、かなり格安で買えた。
そのR1は、3年ほど愛用し、他のプレーヤー購入のためショップに下取られたと記憶している。
ちなみに、後継のR1aは拙宅システムで現役だ。

当時の記憶では、とにかく透明感が抜群に高く、その頃の平均的なCDPでは硬直しがちな高弦の響きを
実に繊細に表現する点、大層驚かされたものである。

R1の前は、ソニーのCDP557ESDを使用していたが、メカ系やDACのデバイスなどはR1より
新しいものを採用していたにもかかわらず、その音はR1が557ESDを遥かに凌駕していた。

さて、20年の時を経て、再び拙宅にやってきたR1、その実力や如何に。

写真の通り、最近お気に入りのアメリカ産御影石「ダコタマホガニー」のオーディオボードの上に
CDP−R1、DAS−R1を設置、DAS下のボードとワイヤーラック間には高分子系特注インシュレータ、
DASの天板とボードの間にはfoQシートで整振している。

小生、御影石ボードは様々な石材の種類を試したが、アメリカ産御影石「ダコタマホガニー」と
インド産赤御影石「ニューインピリアルレッド」の2種が、最も響きが自然で美しく、気に入っている。

CDP−R1とDAS−R1との接続は、勿論、伝家の宝刀「ツインリンク」だ。
同軸(PAD)での接続も試したが、「ツインリンク」と比較すると緻密さに欠け、音の魅力度は低い。

R1と組み合わせる機器は、比較的、プレーヤーの素の音を出してくれるアンプとして、
プリアンプにマークレビンソンNo.38SL、パワーアンプにアキュフェーズM−1000をカップリング、
スピーカーはリファレンスのK2S5500である。

試聴には、ヒラリー・ハーンのヴァイオリン、カーペンターズ「ナウ・アンド・ゼン」(SHM−CD)、
グレース・マーヤ「イパネマの娘」、しばじゅん等々、最近聴き慣れているアルバムを使用した。

一聴、かつて聴いたR1のイメージとは少々異なる。

以前の印象では、「全ての帯域でフラット&ワイドレンジ、余計な色づけは一切なし」と感じていたが、
どうやら、500〜700Hzあたりに独特明るさが感じられる。
ハイエンドSACDを聴きなれた耳には、高域も比較的早目にロールオフしているように聴こえる。

かつては、フラット&ワイドと思っていたR1も、それなりの色づけがなされてたようである。

拙宅では最も新しい部類のプレーヤー、エソテリックP−70(トランスポート)+マークレビンソン
No.30.6L(DAコンバータ)と比較すると、ヴァイオリンの奏でる音の礫が少ない。
全体に響きが浅く、平面的な表現になりがちだ。

カレンのヴォーカルも、若干硬い表現。
声の張るフォルテでスッと抜けずに、少々つまった印象を受ける。

しかしながら、これはあくまでエソテリック+マークレビンソンとの比較で感じられること。

R1単独で聴く分には、現代でも十分に通用するクオリティを有していると思う。
特にマルチビット特有の中低域の力強さが、曖昧さのないヴォーカル表現につながり、なかなかの聴き応えだ。
この中低域の表現力は、名デバイス「PHILPS TDA1541A」並列駆動の成せる技かもしれない。

確かにレンジ感や解像度など、オーディオ的な聴き方をすれば、R1は最新鋭機に劣るものの、
「音楽の旨み」と感じとれるプレーヤーとしては、現在でも存在価値は高いと思う。

日進月歩のデジタルプレーヤーではあるが、設計者が魂を込めて世に送り出したCDプレーヤーは
決して、20年やそこいらで陳腐化するものではないと言えよう。

そこには、技術の進歩や時代を超えた「サムシング」が機器に内在しているようにも思える。

CDプレーヤーの 『ビンテージ』 ここにあり、である。

ÊĤ¸¤ë
コメント(18)

¡­饢\¤\³\ó
またまた、銘記を手に入れられましたね。おめでとうございます。
膝の具合は大丈夫ですか?そちらの方が心配ですよ。無理は禁物です。お大事に。
2008/11/11(火) 午前 6:07 [ le8t ]
¡­饢\¤\³\ó
なかなか読み応えのあるレポートです。

エソテリック+マークレビンソンが比較の相手というのは可哀想。でも、この差は時代の差ではなく価格差ではないかと思います。ということは、メーカーが技術面でいろいろやってきた割には、進歩の幅は小さい?
音に結び付いていないところでの進歩はいろいろあり、それがある時点の飛躍の源になる、と思っておきましょう。

ともあれ、R1が高級機として十分な水準にあるということはよくわかりました。 ありがとうございました。
2008/11/11(火) 午前 6:37 ¤¿¤äÁ¤ó
¡­饢\¤\³\ó
むしろ私はCDPよりも「ダコタマホガニー」が気になってしまいました(笑)
冗談はさておき10年前のセルシオと最新のFitはどちらがいいかというような部分もありますね。FitではなくマークXあたりだと迷ってくる部分もあると思います。
何を求めるかで選ぶ基準が変わりますね。
ちなみに熟女よりも20代後半の・・(以下省略)
2008/11/11(火) 午前 8:33 (^^¢öflattwin(^^)v
¡­饢\¤\³\ó
むむむ

わたしなら30代半ばをえらびます。(爆
(CDPですょ!) ºï½ü
2008/11/11(火) 午後 1:06 [ さぶちゃん ]
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは〜
flattwinさんに一票!!車の話ですよ・・・
マークXって微妙な所がかゆいです。
クラウンですと、どうしましょうv(^0^ )v
2008/11/11(火) 午後 10:41 mpx
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
le8tさん、こんばんは♪
またまた部屋が狭くなりました(笑)
ご心配をおかけいたしました。
本日膝の水を抜き、抗炎症剤を注射したので、なんとか歩けるようになりました。
人間もオーディオ機器も 「ビンテージ」 ものはメンテが不可欠のようですね(^o^)v
2008/11/12(水) 午前 0:26 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
たっちんさん、こんばんは♪
>エソテリック+マークレビンソンが比較の相手というのは可哀想。
やっぱり可哀想でしたか・・・
でもR1、健気に戦いました・・・価格差+時代差を考えると大健闘といえるでしょう!

次回は 「オーディオばか」 の本領発揮(爆)、面白い機器とR1を対決させようと思います。
お楽しみに〜(^o^)v
2008/11/12(水) 午前 0:31 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
flattwinさん、こんばんは♪
「ダコタマホガニー」・・・見た目もなかなか良いでしょう!
黒御影や白御影よりも、瑞々しい潤いのある響きで気に入っております。
小生的には、10年前のセルシオならば、マークXよりも○でしょう。
20年前の初代セルシオだと・・・・ウ〜ム・・・・
でも内装のウッドパネルなどは、初代が7層仕上げで、セルシオ中一番コストをかけているんですよね・・・2代目からは至るところ簡素化されたましたから。
小生は40代後半の・・(以下省略)
2008/11/12(水) 午前 0:42 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
さぶちゃんさん、こんばんは♪
30代半ばって、どんなCDPですかねぇ〜?
そーいえば、川島なお美さん47才なんですねぇ・・・いいじゃあ〜りませんか、じゅくじょ。
いっしょに犬を可愛がりながらワイン飲みたい(爆)
あっ!、オバマさんも47才だー(^o^)v
2008/11/12(水) 午前 0:46 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
mpxさん、こんばんは♪
マークXは、ソニーのSCD−XA5400ESあたりですかね。
クラウンは、ソニーでは該当機種がないなぁ〜、マランツSA−11S2あたりでしょうか(^o^)v
2008/11/12(水) 午前 0:54 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
はじめまして♪私も小学生3年生からオーディオに目覚め30年が経ってしまいました。当時はとても新品の機械など買えずに、粗大ゴミで見つけては、2個1とか3個1に自分で修理をして楽しんでいました。CDP-R1羨ましいです。私は今CDP-701ESの鳴り方にとりこになっております。懐かしさ半分、今では無い新鮮さと当時は購入出来なかった事もありまして。・・・CDP発売当時はシャリシャリした音が不満でしたが今ではその音がとても魅力的です。このブログは近所の仲間のブログで知りました。よくCD-903が分かりましたね。これからも、楽しく拝見させて頂きます。
2008/11/12(水) 午後 10:37 [ yow**an2003 ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
yow**an2008さん、はじめまして♪
CD−903、ということは、ku****さんのご近所さんですね!
いやいや、気合の入ったシステムを拝見させていただきました。
小生の大学の同期が、当時NECのホームエレクトロニクス部門にいたため、同社のA−10とCD−903は愛用しておりました。
903のブラックフェイスと重量にやられたくちです(笑)
また遊びに来てくださいねー(^o^)v
2008/11/13(木) 午前 1:41 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
DCD-3500Gにしといてよかった(笑)
ついつい夢中で読んでしまいました、腹が据わってない証拠です(爆
2008/11/13(木) 午後 5:24 loverysugichan
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
杉ちゃん、こんばんは♪

>腹が据わってない証拠です
いえいえ、それは向上心であり探究心でしょう・・・まさに、オデオの本懐です。
3500Gは大分なじんできたのではないでしょうか(^o^)v
2008/11/13(木) 午後 10:19 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
ちなみにダコタマホガニーはどこで売っているのですか?
実は昔持っていたのですが友人に売ってしまったのです。
気に入っていたものですから。
2008/11/15(土) 午前 0:37 (^^¢öflattwin(^^)v
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
flattwinさん、こんばんは♪
やはり気になってますねぇ〜、ダコタマホガニー♪
小生はこちらから購入しました↓
http://page11.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/n69423370
ニューインピリアルレッドもなかなかですよ↓(^o^)v
http://page16.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/u28176824
2008/11/15(土) 午前 0:57 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
なめちゃんさんへ
バブル期のAudioはある意味の極致だったように思います。
最新鋭のプレーヤーでは演奏者が一人一人が浮き出るような解像度が得られますが、変わりにR1のようなナチュラルさはないと思います。

私は過去にSONYの555ESJを使用していましたが、同価格帯のプレーヤーであれば、最近のマランツ、デノンに負けない表現力があったと思います。

新しければよいわけでは無い、というところがオーディオの面白いところですね^^
2008/11/18(火) 午前 0:00 [ ひ〜る ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
ひ〜るさん、こんばんは♪
そーですね、「全てが浮き彫りにされればそれで良し」というだけでは芸術性が希薄ですねぇ。
デジタルハイビジョンも役者の肌の毛穴の形状まで露にするので、女優さんには不評のようですよ(笑)
かつての名器は、細部を描ききらずとも魂に訴えかける表現力が秀逸でした・・・・現行機も、そんなビンテージの音作りから、「サムシング」を学びとってほしいものです〜温故知新(^o^)v
2008/11/18(火) 午前 0:58 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR