FC2ブログ

デンマーク生まれの髪美人♪(アーカイブ)

デンマーク生まれの髪美人♪

\¤\᡼\¸ 1
\¤\᡼\¸ 2
\¤\᡼\¸ 3
季節の変わり目ということもあり、寒い日と暑い日が交互にやってきて、体調もいまひとつ優れない。

こんなときは、オーディオもアナログでゆったりリラックして聴こう、てなわけで
今日は仕事も早くはけ、夕方には帰宅しアナログ三昧ですごした。

カートリッジは、ここ最近、もっぱらDENONのDL−103LCばかりで聴いている。

眉間にしわを寄せて聴くわけではないので、トラディッショナルなDL−103LCでも十分なのだが、
小生の好きな女性ヴォーカルを聴いていると、いまひとつ色気が不足しているように感じてきた。

そこで、今回新たに入手したカートリッジが、デンマークの名門オルトフォンのMC型カートリッジ
「MC20 Super」である。

小生、かつてMC20系統では、オリジナルのMC20、MC20Mk?を使用した経験があるが、
優しいまろやかな音で、SPUシリーズのような重圧感はないものの、気楽に聴く時のカートリッジ
としては最適であった。

MC20 Superは、型番からいえば、MC20系統のものであるが、中身は全くの別物である。

プラ系のボディは、高剛性に富んだメタルハウジングになり、ボディ共振を追放した設計は、
実に透明度の高い精緻な「美サウンド」を構築している。
その実力は従来のMC20シリーズはもとよりMC30も凌ぎ、MC2000に比肩し得るクオリティだ。

DL−103LCが、質実剛健「俺は男だ!」系の『古きよき日本男児』とするならば、
MC20 Superは、さしずめブロンドヘアーが眩い『デンマーク生まれの金髪美人』といったところか。

「美人」のカートリッジには、「美人」のLPをという訳ではないが、
小生が疲れた体を癒す時の常用アルバム、ノラ・ジョーンズ「カム・アウェイ・ウィズ・ミー」と
ステイシー・ケント「ドリームズヴィル」だ。

どちらも、最近入手した重量盤で、ノラはCLASSIC RECORDSの200g盤、
ステイシーは欧州限定LIMITED EDITIONの180g盤だ。

両アルバムとも、CDでは100回以上は間違いなく聴いているヘビーローテーション、
耳だこアルバムであるが、アナログで聴くと、また気分も新たに聴けるものだ。
双方、全曲癒しモード満載のヴォーカルアルバムである。

DL−103LCに比べMC20 Superは、ノラのスモーキーで張りのある声が、
より実態感をもって耳元にせまってくる。 
バランスも秀逸、ヴォーカルに付帯する「フワッ」とした余韻がとても綺麗に響く。
バックのアコースティックな楽器群も、103LCでは若干マッタリと緩んだ演奏に聞こえてしまう
こともあるが、MC20 Superでは一本芯が通った演奏で曖昧さが無く、ヴォーカルを惹きたてる。

ステイシーは、ヘンリー・マンシーニのタイトル曲と「ハシャバイ・マウンテン」が実に心地ちよい。
白人女性ヴォーカルのスタンダードを思わせるような癖の無い歌唱だが、端端の表現がチャーミングで
甘くとろけそうだ。

「オルトフォン」は、ギリシャ語の「真正な」「正統な」を意味する“orto”と、
同じく「音」を意味する“fon”の2つを組み合わせた造語だそうだが、
MC20 Superは、まさしく『正統派・金髪美人』である。

つかれた体に、優しい女性ヴォーカルが浸透していく・・・・心地よい・・・・ウトウト・・・・
しかしながら、アナログ唯一の弱点は、このまま爆睡できないこと。

拙宅のアナログプレーヤーは、オートリフト機能がついてないので、片面が終わったらリフトアップ
しなければならないからだ。

まぁ、ちょい寝しながら、いろいろな美女たちと戯れるのも一興だが。

ÊĤ¸¤ë
コメント(10)

¡­饢\¤\³\ó
いいですねえ。両方ともアナログ盤をお持ちなんですか。
CDは持っているのですが。
ふとしたことで自然な音のアナログが聞きたくなることがありますね。
2008/10/11(土) 午前 7:59 (^^¢öflattwin(^^)v
¡­饢\¤\³\ó
なめちゃんも、flattwinさんも、気だるい彼女がお好きなんですね。
200gのノラと金髪美人のコラボ・・・それは浸みるでしょうね♪
2008/10/11(土) 午前 11:48 loverysugichan
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは、

>ステイシー・ケント「ドリームズヴィル」
は、私も推薦版書庫に入れています(CDですが)。
アナログ盤だと、さらに実体感を持って聴けそうですね。
ころがっているオルトフォン(MC10MK?=元気はつらつ、VMS20?=重厚)の古いリード線を交換して、久しぶりに音を出してみたくなりました。
2008/10/12(日) 午前 0:33 ¤¿¤äÁ¤ó
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
こんばんは、flattwinさん♪
flattwinさんも両盤お持ちでしたかぁ〜
やはり癒されたいのですねぇ〜(笑)

当然のことながら、音場の透明度、SN比、音の一粒一粒の粒子の細かさ、分離の良さなど、オーディオタームでいえばCDのほうが数段上なのですが、こと、ヴォーカルの実態感ではアナログもまだまだ負けておりません。

自然に身を任せてくつろげるのが、アナログの魅力でしょうか(^o^)v
2008/10/12(日) 午前 1:06 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
こんばんは、杉ちゃん♪
200gノラは沁みますね〜最新のアナログプレス技術&ビニール素材でつくれた重量盤は、かつてのシェフィールド・ラボのクオリティを凌ぐもので、目から鱗の高音質でした。
セカンドアルバムの「フィールズ・ライク・ホーム」も200gノラで入手しましたが・・・・こちらも沁みまくりですわ(^o^)v
2008/10/12(日) 午前 1:13 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
こんばんは、たっちんさん♪
そーですねー、たっちんさんもご推薦のステイシー嬢でしたね!
「ドリームズヴィル」の180g盤は、まだHMVで取り寄せできますよ〜
国内在庫切れで海外より取り寄せだと、3週間ぐらいかかりますが。

>ころがっているオルトフォン(MC10MK?=元気はつらつ、VMS20?=重厚)
『正統派・美人』たちがころがっているんですねぇ〜
それは、綺麗なランジェリー(リード線)に着せ替えて、可愛がってあげなければ(^o^)v
2008/10/12(日) 午前 1:20 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
こんばんは。ノラ・ジョーンズのアナログ盤いいですね。ノラ・ジョーンズはセカンドまでは素晴らしいと思ったのですが、その後の2枚が僕的には残念です。ステイシー・ケントって歌手は耳にしたことがないので、今度聴いてみたいと思います。
2008/10/13(月) 午後 10:06 [ Beans Sound ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
こんばんは、BeansSoundさん♪
ノラはSACDもなかなか良いのですか、ことノラの声に焦点をあてると、アナログが魅力的な心地よさを感じさせてます。

>その後の2枚が僕的には残念です。
小生も同様に感じます。
クオリティを落としているわけではないのでしょうが、ファーストに見られたノラの輝きが見られませんね。

ステイシーの可憐な声は、“球”にピッタリなのでBeansSoundさんのシステムとも相性が良さそうです・・・お試しあれ(^o^)v
2008/10/14(火) 午前 1:17 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
先ほど、お使いのオーディオ機器をまた覗いてきたのですが、やはり凄いですね。ハイエンドマニアの方は綺麗に並べてあるだけなんですが、こちらはどれも使っている雰囲気が漂っています。
いつか、一台のアナログプレーヤーに一台のプリメインアンプと一組のスピーカーなんて時は来るのでしょうか(笑)
その特はブログのタイトル名を「オーディオ仙人 枯淡の境地」にしてください(笑)
2008/10/15(水) 午後 10:42 [ Beans Sound ]
Yahoo!\¢\§·¿¡¼
こんばんは、BeansSoundさん♪
大変むさくるしいところ、覗いていただきありがとうごさいます(^o^)v

>ハイエンドマニアの方は綺麗に並べてあるだけなんですが、
まぁ、拙宅では最新“ハイエンド”とは程遠い、ロートル機器群ですし、オーディオ修験者の「修行の場」なので、ごらんの惨状です(笑)
いつしか、達観してミニマムシステムに落ち着くことを夢見ています(^o^)

「オーディオ仙人」ですか・・・手元にはゲルマニウムラジオ1台とか(笑)・・・なんだか凄みがありますよね\(*^Ο^*)/
2008/10/16(木) 午前 1:08 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/namechan999/17659552.html

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR