FC2ブログ

⑧極、激情のプリアンプ♪・・・KRELL KBL (アーカイブ)

img_0[1] (2)
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんばんは♪

AGI Model 511は、発売当時、“プアマンズレビンソン”と言われたりしました。小生も以前、聴いたことがありますが、それほどオールドレビンソンに似た音か?というのが正直な感想でした。どちらかというとパリッ!とした音でオールドマランツに近しい雰囲気でした。なかなかのプリですが、現在では程度の良いタマは極少のようです。

KRCおよびKRC2、音の本質的なところはKBLの延長線上にあると思います。KBLの濃厚で勢いのあるサウンドに加え、低域はKBLよりも彫が深くなっていると思います。洗練されキメ細やかさも磨きがかかっていますね。

ALTEC A7、いいじゃないですか!! K2とは対照的なクラシカルなスピーカーで、現代的なレンジ感や解像度を求めるには不向きですが、パーン!と弾ける様なロックやモダンジャズを再生させたら、これほど魅力的なスピーカーはないでしょう。スペースさえ確保できるなら、トライする価値はあると思いますよ(^o^)v
2011/4/19(火) 午前 1:35 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
ALTEC A7、良さそうですか! 今後オクのチェックに励もうと
思います^^

agi511はレビンソンとは音質傾向が違うんですね、
いろいろ検索しても具体的にはどんな音がするのか?ということが
描いてない事が多くて、参考になりました。
音はよくても往時の性能が発揮できていないんですね
メンテ済みのものならばいけるのですかね・・

KRC関連は、やはり良いものですが
どちらかというと、それらを増やすより
オールドレビンソンやらジェフに手を出したほうが
幸せなのかな?と頂いたアドバイスを拝見していて
思いました。いつもご教授ありがとうございます^^
2011/4/19(火) 午前 9:16 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんにちは♪
A7とK2、両方が聴けるなんて、夢見たいですよ!羨ましいですねぇヽ(^О^)ノ

オールドレビンソンのML−1LやML−10L(A)も是非聴いてみて下さい。ML−7Lは若干神経質(細身)の感じで、クオリティ感は高いものの好き嫌いの分かれるところです。クレルとはまた異なる、アグレッシブで濃厚なサウンドが聴けると思いますよ(^o^)v
2011/4/19(火) 午後 1:53 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
いつもアドバイスありがとうございます^^
A7 MD-1 ML-10AorML-1L などなど
狙っていきたいなと思っております!
2011/4/20(水) 午後 10:50 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんばんは♪
珍しくML−10Aがオク出しされてました!!
http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h152326350
ずいぶんと強気の即落設定ですけどねー(笑)
注目してみてはいかがでしょうヽ(^О^)ノ
2011/4/21(木) 午前 1:49 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
おおおお! これはありがとうございます。
よーし・・資金でいける範囲で参戦してみますね!
ところでML-1Lと10Aの細かなインプレといいますか
両者の音の違いなど、もう一度お聞かせ願えませんか(汗)
2011/4/21(木) 午後 10:37 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんばんは♪
コメ、見落としてました・・・・スミマセンですm(_ _)m
で、オークション、終わっちゃいましたねぇ〜今回は残念でした・・・・10Aは日本未発売故、なかなか良品は出てこないんですよね。ML−1Lはタマ数が沢山ありますから入手しやすいと思います。

H堂の売値を見ると、1Lと10Aはどっこいどっこいの値付けをしてますが、私見では音質の面で10Aが1Lを大きく凌駕していると思います。でなれけば、以前1Lを使用していた小生が改めて10Aを絶賛したりはいたしません。
2011/4/23(土) 午前 0:48 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
1Lに限らずJC−1からスタートするオールドレビンソンの音の完成形が10Aだと思います。次モデルNO.26SLには無い音の熱さ、濃厚で肉厚、ボディ感に富んだ音像表現、空気の重ささえ感じさせるような音場構築能力・・・全てにおいて満足しております。精緻な解像度の点ではML−7Lが頭一つリードしますが、総合的なバランスでは10Aを選びます。まぁ、拙宅の場合、10Aのコンデンサや電源トランスを強化換装した10A(改)なので、ノーマルの10Aとは少々異なりますが(笑)

そうそう、H堂にML−10Lが出てましたねヽ(^О^)ノ
2011/4/23(土) 午前 0:48 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
そうですよね、なるほど了解です 参考になりました。
10Aと1Lはほぼ全てにおいて10Aのほうが上なのですか?
モジュールも含まないですしそうすると10A完全上位になる
のですね。以前一度みたオークションは20万だったか25万だったか
あたりだと思いますが、特に数が少ない10Aですし相場はあってない
ようなものなのですかね・・・即決も出せはしましたが、僕も
なんとなくあの値段は強気なような気がしまして24.2諭吉で
撤退しましたがいつかは手に入れたいですねってまずは
聞いてみないと・・
2011/4/23(土) 午前 1:12 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんばんは♪
オールドレビンソン、まぁ、ML−6Lと7Lは少々音の傾向が異なりますが(細身、繊細)、クレルのKBLやSTUDIOの音色と相通ずる“色気”があるんですよね。これは、既にクレルをご愛用の see*5*75*6さんなら十分感じていることだと思いますが。

オールドレビンソンはKBLよりも更に聴感上の温度感が高く闊達とした雰囲気です。ただし1Lはレンジ的にKBLには及びません。音像の彫の深さもKBLほどの厳しさはありません。フランク永井ではないですが、「中低域の魅力」が特徴です。その点でDレンジ、fレンジ的にもぶ厚く伸長させ、1LとKBLの良い面を兼ね備えたのが10A(改)と言えるでしょう。

さて、see*5*75*6さんはどう感じるでしょうか(^o^)v
2011/4/23(土) 午前 1:33 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
おおお・・・お話を伺っていると、やはり1Lより10Aという感じですね。少々無理をしても即決逝っておくべきでしたですかね。
いつもいつも、アドバイスありがとうございます。
2011/4/23(土) 午前 2:19 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんばんは♪
まぁ、焦らずにゆっくり探してみてはいかがでしょう!!

あと、これは前に一度お話ししたかどうか忘れましたが、現状のKBLをもう1台用意して、KBL2台をモノラルプリとして使用する、という究極の選択もあります(※モノラル使用の機能あります)。小生もこれだけはチャレンジし損ねたことで、今でも悔やんでいることです。

小生がもし“3度”KBLを使うとしたら、このモノラルプリ使用にチャレンジしたいですね(^o^)v
2011/4/24(日) 午前 1:09 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
すみません早くも質問が溜まってきました。

KBLモノ化は凄いですね!なにかでソレをやったという人の
話は聞きましたが、ただ片チャンから干渉する
混濁が無くなるだけかな?と思っていたのですが、
プリアンプのモノ機能というのは
ただ2台で1チャンずつ使用するのとどこがちがうのでしょう?

KBLとKRC2との比較についてもう少しお聞きしたいのですが、
KRCやKRC2はやはりKBLの狂気的なまでの中低域の力感
は後退しているのでしょうか?

最近密かにKMA200?にグレードアップを果たしましたが、
なめちゃんさんがお考えになる、こういう方向性の
パワーアンプではですね、以前激賞されていたジェフ
モデル9などが最高峰になるのでしょうか?
初期クレルの高域の伸びと美しさは消えて欲しくないのですが・・
最高のものという定義で、なにか思い当たるモデル
というものはございますです?
2011/4/24(日) 午後 11:07 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんばんは♪
KBLのデュアルモノ使い、小生も実際試してみたことはないので何とも言えませんが、メーカーとして“最高のKBLの使用法”と位置づけている位ですから、相当なものでしょう。デュアルモノ化することにより、チャンネルセパレーションはもとより、電源部が独立強化されることによるエナジー感の向上、フルバランス対応ボリュームのMONO使いによる定位感の向上などなど、全てにおいてKBLが強化されるはずです!まぁ、操作性は簡便でなくなりますが・・・
お持ちかもしれませんが、参考までにKBLのオーナーズマニュアル(英文)です ↓
http://www.krellonline.com/assets/support/KPLKPA_MAN.pdf

>入力系から高級ケーブルを使っていって入り口から音を良くするべき
OKではないでしょうか!入り口のクオリティが低ければ、出口をいくら強化しても意味がありませんからねぇ。すっかり、WWにハマッタようで何よりです(笑)GOLDに逝くと、更に底無し沼に・・・(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ
2011/4/25(月) 午前 1:42 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í
¡­饢\¤\³\ó
WW、EDP3が5本SEP3が2本、SEP5-2を一本購入してなんと8本のWWに増殖してしまいますた。違いが凄すぎるためハマったのですが、高域がキンキンというかギンギンしすぎてうるさすぎるかもしれないですね、気のせいでしょうか?ELP3は恐らく日本で一番売れた電源ケーブルだったとは最近知りました。いいものを紹介して頂き本当に感謝です^^
2011/4/27(水) 午後 8:49 [ see*5*75*6 ]
¡­饢\¤\³\ó
揃えすぎてしまったかも知れませんね(汗) ところでなにかの
表記でSEP3は現行のSEP5-2などより良いと聞きましたが、
現行モデルは皮膜のヌルヌルもしませんし、非常に取り回し
しやすくて最高ですが、音は昔のモノの方がいいんでしょうか?
あの太さと固さとヌルヌルを改善したけど音質は下がった
とかありそうな気もしますが・・・しかし高域の派手さが凄いですね。
2011/4/27(水) 午後 8:53 [ see*5*75*6 ]
Yahoo!\¢\¡ø·¿¡¼
see*5*75*6さん、こんばんは♪
WWやキンバー(銀線)等は個性が強いので、はまれば他では聴くことのできない美麗で艶やかなサウンドが聴けますが、全ケーブルを一ブランドで埋め尽くすと、個性過多で「ギンギン」になってしまうのかもしれません。ケーブルも薬と一緒で適量が良いかと(笑)なので、拙宅ではWWもPADもカルダスやオルトフォンなど、様々なブランドのケーブルが混在しトータルでバランスをとっております。まぁ、これは暇を見ては抜いてはハメ、ハメテては抜く作業の繰り返しで、やっと何となく方向性が見えてくるものですが(笑)

ヌルヌルですかぁ〜確かに(爆)最近のWWはあまり深く聴いてませんが、“普通の音”になったように感じました。前述した高域の艶やかさといった個性が減少したせいかもしれませんね。一長一短といったところでしょう(^o^)v
2011/4/28(木) 午前 0:59 ¤ʤá¤Á¤ã¤óÀç¿Í

コメント

コメント(0)
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR