FC2ブログ

お気楽アナログ道~廉価盤『Art Pepper Meets The Rhythm Section』に ortofon SPU Synergy で挑む!♪

あっ!という間に令和元年も、あと二か月を切った!

気がつけば、毎年恒例の師走大忙しモードに突入である!(笑)

そして、来月12月10日は、小生、満10億●●歳の誕生日である! 
また一つ、歳をとってしまう・・・・もう、朧げながら彼方に人生のゴールが見えてきた!(爆)

まぁ、ゴールインするまで、もうしばらく時間がありそうなので・・・
オデオとブログで余生を送ろうと思う(笑)

FC2ブログに引越してきてから、イマイチ、ブログに対するモチベーションの上がらないのだが、
今宵もユルユル、マタ~リとオデオネタ記事を書いて行こうと思う。

今回は、FC2ブログ移行以来、初めての「お気楽アナログ道」!
最近は、デジタル系レビュー記事ばかりだったので、たまにはアナログも逝ってみるぞ!(笑)

昨今、ブロ友の記事で、良くこのアルバムの記事レビューを見かける。

そう、 50年代のモダン・ジャズの名盤中の名盤、『Art Pepper Meets The Rhythm Section』 である。

拙ブログのカテゴリー、ジャズカテのFC2ブロガーならば、100人中100人が知っているであろる、いや、
100人中100人がCD、LP、etc.、何らかの形でアルバムを有しているのではないだろうか!

85a9314b[1]
つい先日も、ブロ友の「KOBA」さんのブログ記事で、
『Art Pepper Meets The Rhythm Section』のCD&LPの自録り記事を拝読した。
KOBAさん記事 ⇒「♪この盤はアナログの方が好き…♪」

アナログ盤には、高音質アナログ盤でオデオファイル御用達のレーベル、Analogue Productions の
180g重量盤を鳴らされており、ペッパーのラッパは、実に高密度で伸びやかな響きが印象的だった。

Analogue Productionsは、1992年にアメリカの中西部カンザス州で設立されたレーベルである。
オリジナルのマスターテープからマスタリングを行い、オリジナルの33rpm 180g LPのみならず
更なる高音質を狙った45rpm 200g LPにも注力して、多くの名盤をリリースしている。

2011年からは系列会社であるQuality Record Pressingsで新譜の全てのプレスを行い、
旧譜も徐々に再プレスを行いより高音質・高品質なアナログ高音質盤を世に送り出している。

当然のことなたら、お値段も結構するようなので、そうそう入手できるモノではないが。
仙人郷にも、『Art Pepper Meets The Rhythm Section』のLPは有るが、もちろん只の廉価盤(笑)

ずいぶん昔に、何の変哲もない、廉価輸入盤(US/OJC盤)を1,000円ぐらいで買った記憶がある。
高音質盤やオリジナル盤でないところが、実に「お気楽アナログ道」らしい!(爆)

IMG_3400.jpg
で、この廉価盤、安かろう悪かろうで、音質はイマイチ。
全体的に平面的で曇った印象。ペッパーのラッパやガーランドのピアノも、元気がなく生気に欠ける。

この辺りは、前述した Analogue Productions180g重量盤とは大きく異なる。

ジャケのクレジットには、Rematered 1988 by Phil De Lancie (Fantasy Studios, Berkeley)の
リマスター表記がある。年代的にOJC(オリジナル・ジャズ・クラシックス)のデジタルリマスターであろう。
音の薄さと硬さはCD用マスターをそのままプレスしたのだろうか。

このイマイチサウンドの廉価盤を、仙人郷のオデオを駆使することで、何とかステキに鳴らしてやろう!
というのが、今宵の「お気楽アナログ道」のテーマである!

そこで、小生がチョイスしたのが、以下のシステムである。

Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Harmonic Enhancer: muRata ES105A Suono
Pre Amp.: Mark Levinson No.32L
Phono-Equalizer Amp. : KRELL KPA
Power Amp.: KRELL KMA-100MK2
Analog Player: YAMAHA GT-2000L
Outer Power Supply: YAMAHA YOP-1
Amorphous MC Transfomer: Technics SH-305MC
MC Cartridge: ortofon SPU Synergy

IMG_33942 (2)
アナログサウンドの要となるカートリッジには、オルトフォン最強カートリッジの一角
ortofon SPU Synergy をあてがう。力強さ、キレ味の鋭さ、密度の高さ、はSPUの中でも随一!

ペッパーさんの、ともすれば薄口で頼りなくかじるラッパを、豪快で研ぎ澄まされたサウンドで鳴らすには
ベストカートリッジだと思う。更に、色合いの濃さをフォノイコアンプの KRELL KPA で付加する。

そして、 KRELL KPA からのサウンドを正確無比にパワーに伝達するプリには、
圧倒的情報量と高精細を誇る Mark Levinson No.32L をチョイスする。
最後に、芸術的な甘美さを醸し出すパワー KRELL KMA-100MK2 で、ラッパの豊潤な響きを醸成する。

、、、と上手くいけばよいのだが(笑)

それでは、早速、“自己マン録り” 逝ってみよう!

A面1曲目、お馴染みの「You'd Be So Nice To Come Home To 」と、
2曲目の「Red Pepper Blues」を録ってみた。

いつもどおり、上質なイヤフォン、または、ヘッドフォンで聴かれることをおススメする!
もちろん、できる限りの爆音上等! 脳内補正×夜露死苦!!(爆)

なお、末尾の「オマケ」も、お楽しみに!!(自爆)

IMG_3385.jpg
You'd Be So Nice To Come Home To / Art Pepper Meets The Rhythm Section
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q8 + XYH-5)


Red Pepper Blues / Art Pepper Meets The Rhythm Section
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q8 + XYH-5)

★おまけ!★

今回、 KRELL KPA と Mark Levinson No.32L 間のRCAケーブルを
オルトフォンからシルテックに変更して、試聴&自己マン録りをしたのだが・・・

なんか変!なんか、違和感がある!で、最初は分らず“自己マン録り”までしてしまったのだが・・・
ペッパーが右から、ガーランドが左から聞こえてくるじゃあ~りませんか!(爆)

確認してみると、変更したシルテック、右と左を間違えて KRELL KPA に刺さっていた(苦笑)

ステレオ初期の左右振り分け録で、耳ダコの本アルバムだったから分ったものの、
新録のLPだったら気が付かなかったかもしれない。

で、恥を偲んで、左右逆の“自己マン録り”、逝ってみよう!!(自爆)

You'd Be So Nice To Come Home To / Art Pepper Meets The Rhythm Section  左右逆バージョン
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q8 + XYH-5)

コメント

コメント(22)
ク・・・レ・・・ル・・・ゥ
こんばんは~

・・・と言っても、例の化け物フォノイコアンプのクレルでしたか。

しかし、KMA-100MK2x2台じゃないですか!
相変わらず、タダでは済まされない感じ(爆)

何時もの、家でスピーカーを前にして聴くほど
あのいやな超ステレオ感が無かったのは、ヘッドフォン効果だったのだろうか?

音質も演奏も最高な1枚で、何度も聴きましたが・・・
最高にイヤなあのステレオの出音(爆)
・・・若干ガーランドのピアノが、割れ気味に聴こえました^^;

KKDFM

2019/11/06 23:53 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:KKDFMさん
こんばんは♪

これまたエライ早いコメいただき、ありがとうございます!ヽ(´▽`)/

>しかし、KMA-100MK2x2台じゃないですか!
いや、モノパワーですから、2台ないとステレオになりません!ヾ(@゚▽゚@)ノ

クレル、参考になりましたでしょうか!?(爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃
あちらは、今しばらくお待ちを!(笑)

>あのいやな超ステレオ感が無かったのは、ヘッドフォン効果だったのだろうか?
お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
音像をグッと手元に引き寄せて鳴る方向でプレイバックしたので、左右セパレート感が薄れたかも!?

>・・・若干ガーランドのピアノが、割れ気味に聴こえました^^;
これぞ、歪たっぷり廉価盤&録音レベル・レッドゾーン仏恥義理の効果かと!(自爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

脳内補正MAX、そこんとこ夜露死苦!!(弩爆)━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2019/11/07 01:03 URL 編集 返信
こんばんは。
フライングですね、早出ご苦労様です。(笑)

輸入の廉価盤はたまに酷いプレスの物など、当たりハズレがあって恐いです。
これはかなり良いみたいですね。
最新リマスターなどの整然とした音よりフツーの音のほうが好きなので心地よく聴けました。

このカートリッジはお気楽とは思えませんが、昨今のアナログ事情を考えると遙か彼方天空の果てにあるようなハイエンドから見れば、お気楽と言えなくはないかもしれません。

おやじsp.

2019/11/07 01:20 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:おやじsp.さん
こんばんは♪

>フライングですね、早出ご苦労様です。(笑)
朝練で汗を流しておりました!(爆)\(≧∇≦)/

>輸入の廉価盤はたまに酷いプレスの物など、当たりハズレがあって恐いです
酷い時には、新譜なのに傷だらけ!油まみれ!みたいなタマもありますから。

>これはかなり良いみたいですね
まぁ、輸入廉価盤としては、可もなく不可もなく・・・ですね(笑)
ローマス/ハイコンのカートリッジには向きませんが、SPUならそれっぽく鳴らしてくれます!

>お気楽と言えなくはないかもしれません
昨今の超ハイエンドは、三桁万円当たり前!みたいな阿呆な世界になっておりますから・・・
そんな超ハイエンドと同等かそれ以上のパフォーマンスを聴かせるシナジーの価格(215,600円)は
“お気楽”大特価に違いありません!(爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2019/11/07 02:22 URL 編集 返信
諸般の事情で、朝の4時から・・・(自爆)
午前1時から起きておりますが、、、朝っぱらから、絶対に飽きない名盤を聴かせていただき、サイコーです!
自然な鳴りっぷりとアナログらしさを堪能いたしました!
やっぱ、さりげないフツーが一番!!!
そして、この微妙な温もりがエエですねぇ~!!!

20の頃に、友人宅の立派なオデオルームで、、、ペッパーさんが右側にいて・・・
いつも俺のジャズの先生でしたが、、、恥をかかせてしまったという、忘れられない思い出があります!(爆)

Zだよ~ん

2019/11/07 04:26 URL 編集 返信
左右
左右逆で別物手拗ね。

元新潟のU

2019/11/07 06:15 URL 編集 返信
アナログ沼は深そう…
お早うございます。

拙駄記事をご紹介いただき、汗顔の至りでございます。(笑)
買い求めた盤が幾らだったか憶えていませんが、お気楽アナログとはいえ始めたばかりの時期なので力んでいたのでしょう。。

早速、粗忽爺なので「おまけ」の方をクリックしてヘッドフォンで聴かせていただきました。
左右逆は一瞬で気付きました。この曲の出だしを聞いてこれまで何回も接続し直したことか…。。(自爆)

で、一番上を聴かせていただきましたが、仙人さまのお書きになったことに影響されて、何やら日頃聴いているCDの音に似た感じを抱きました。

こうして比較して聞くと、アナログもというかアナログだからこそかもしれませんが、盤による違いがあるんですねえ。オリジナル盤収集に拘る方の気持が分かりましたが、ジェッタイ真似できません。。(自爆)

KOBA

2019/11/07 07:59 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:Zジジイさん
こんばんは♪

流石に、その時間は寝てました!(笑)

>自然な鳴りっぷりとアナログらしさを堪能いたしました!
朝っぱらからお聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
xrcd2などと比べると、ずいぶんと脇の甘い音ですが、廉価盤でコレぐらい鳴れば、まぁ、良しとしましょう!(爆)

>そして、この微妙な温もりがエエですねぇ~!!!
KRELLのフォノアンプとパワーアンプが効いているような気がします。

>ペッパーさんが右側にいて・・・
ほうほう、ご同輩じゃ!(自爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃
まぁ、たまにはペッパーさんに右側で吹いていただくのも一興です!(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2019/11/08 01:40 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:元新潟のUさん
こんばんは♪

ペッパーさんとガーランドさん、
たまにはポジションを入れ替えて演奏していただくのも乙なモノです!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2019/11/08 01:43 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:KOBAさん
こんばんは♪

>拙駄記事をご紹介いただき、汗顔の至りでございます。(笑)
勝手にネタにしてしまい、スミマセン! 使わせていただき感謝感激であります!ヽ(´▽`)/

>買い求めた盤が幾らだったか憶えていませんが
結構お高い「お気楽じゃない価格」だったに違いありません!

で、お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>この曲の出だしを聞いてこれまで何回も接続し直したことか…。。(自爆)
左右の違いが、ハッキリしてますからねぇ~!ある意味チェックディスクですね!(爆)
廉価盤だけに、出だしのところから歪みっぽさを感じます!(汗)

>盤による違いがあるんですねえ
リマスターによるバランスの違いはCD以上に明瞭ですね。

>オリジナル盤収集に拘る方の気持が分かりましたが、ジェッタイ真似できません。。(自爆)
まぁ、ソコは、「お気楽じゃないアナログ道」の方々のテリトリーですから・・・(笑)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2019/11/08 01:55 URL 編集 返信
いいなぁ
おはようございます。

温もりがありながらグイと締まった音が羨ましい。
KRELLの本領発揮でしょうか!

たまには私もアナログ鳴らしましょうかねー(#^.^#)

ggくん

2019/11/08 08:47 URL 編集 返信
お間違えもご愛嬌
こんにちは~
仙人さんでもまちがえることあるんですね〜(^o^;
ヘッドフォンだと違和感+結構違いがわかるものですねっ
更に左右逆はエネルギーが発散した感じで密度薄い音になるんですね(^.^;

アナログ+レビンソンにKRELL KMA-100MK2 の組み合わせで、厚みや濃厚感際立つ音を堪能しましたっ
(^^♪

もっちゃん

2019/11/08 12:02 URL 編集 返信
反則!!(^^ゞ
こんにちは~。

まず、、、ワタクシのと同じOJC盤の再生で、このベースは反則ですっ!!(≧▽≦)
敵わんな~、もう~~!!!(爆

更に、ドラムスのバスドラのみならずタムまで、スキンにスティックが当たる瞬間が判るなんて、、、(´・ω・`)

SPUシナジー+クレルフォノイコ恐るべし!!!\(^o^)/

ワタクシ、もはや戦意喪失。。。(自爆

KT

2019/11/08 14:42 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:ggくんさん
こんばんは♪

お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>温もりがありながらグイと締まった音が羨ましい
なかなかグイとは来てくれませんでしたが、この組み合わせ厚みがでました!

>KRELLの本領発揮でしょうか!
KRELLフォノ+パワーがエエ感じで作用してくれてようです。
あと、要の ortofon SPU Synergy がガツンとした力感と締まりの良さを演出してくれました。

>たまには私もアナログ鳴らしましょうかねー(#^.^#)
ggくんさんも、お気軽じゃないアナログプレーヤーをお持ちですから、
カートリッジ遊びでもしながら、ガンガン鳴らしてやりましょう!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/11/09 01:51 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:もっちゃんさん
こんばんは♪

>仙人さんでもまちがえることあるんですね〜(^o^;
まぁ、間違えるほうが多いですね!(自爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>ヘッドフォンだと違和感+結構違いがわかるものですねっ
お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
ニアフィールドでSPからの出音を聴いていると、意外と違和感なく聴けちゃいました(笑)
ヘッドフォンでムリですが(笑)、これはこれで、有りかなと・・・(爆)

>厚みや濃厚感際立つ音を堪能しましたっ(^^♪
薄っぺらい廉価盤のサウンドに対して、厚みや濃厚さを感じとっていただければ、
今回のオデオの組み合わせは、まずまず成功かと思われます!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/11/09 01:58 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:KTさん
こんばんは♪

お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>まず、、、ワタクシのと同じOJC盤の再生で、このベースは反則ですっ!!(≧▽≦)
おっ!KTさん宅も同じ盤でしたか!
ならば、van den Hul EMT には負けていられません!(爆)\(≧∇≦)/
ベースサウンドは、、、まあまあ聴けるレベルでしょう(笑)

>ドラムスのバスドラのみならずタムまで、スキンにスティックが当たる瞬間が判るなんて、、、(´・ω・`)
そこまで聴き取れるKTさんの地獄“オデオ”耳?のほうが凄いッス!(爆)ヽ(´▽`)/

>ワタクシ、もはや戦意喪失。。。(自爆
いやいや、「次はこのカートでペッパーさんを!・・・」とか思っているでしょう!?(爆)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2019/11/09 02:06 URL 編集 返信
おはようございます
拝聴致しました。
SPUシナジー+クレルフォノイコ 相当な実力と理解致しました。

仙人様のデジタル環境でXrcdを鳴らしたものと比較させて頂くと、ogu的には尚愉しかった様にも思いますが・・・(笑)

ogu

2019/11/09 08:58 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:oguさん
こんばんは♪

お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>SPUシナジー+クレルフォノイコ 相当な実力と理解致しました
このアルバム、ジャズフリークのoguさんならば数えきれないほどのスゴ音を聴いてこられたでしょう!
そんなスゴ音と比べれば、小生の駄音など、お耳汚し程度のサウンドでしょうが、
廉価盤なりに頑張ってみました(笑)ヽ(´▽`)/

>仙人様のデジタル環境でXrcdを鳴らしたものと比較させて頂くと
それは、御意!! そのネタいただきました!(爆)
次の記事で使わせていただきます!〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2019/11/10 00:51 URL 編集 返信
良い感じですね
仙人さん、こんばんは(^_-)-☆

SPU Synergyさんと、 Mark Levinson No.32L 、 KRELL KMA-100MK2、K2 S5500 ですからぁ~、
少なくとも、お気楽ではないですわ(笑)

少し遠いところから録っているのが、完全にセパレートした感じでなくて自然ですね。
太鼓の感じが、リアルです。サックスの音色も勿論ヨロシイです。

うちでも、挑戦したいけど、今、ミニSPしか稼働しておらずなので、情けない事になるから、やめとくかな(/ω\)

しんのすけ

2019/11/12 20:10 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:しんのすけさん
こんばんは♪

>少なくとも、お気楽ではないですわ(笑)
あっ!小生の脳ミソがお気楽と言う事で!(自爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

で、お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>完全にセパレートした感じでなくて自然ですね
コレ、CDのほうが物性の良さが裏目に出てか、きっちり分れて不自然さが増します。

>太鼓の感じが、リアルです。サックスの音色も勿論ヨロシイです
拙宅のお気楽なアナログにしては、太鼓の打音などレスポンス良く鳴ってくれてます。
このあたりは、SPU Synergyの実力でしょう。

>うちでも、挑戦したいけど、今、ミニSPしか稼働しておらずなので、情けない事になるから、やめとくかな(/ω\)
おっ!逝っちゃいましょう! 再び、「ペッパーさん祭り」か!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2019/11/13 01:33 URL 編集 返信
Ameba Blog
にゃんここと平蔵です。ご無沙汰しています。

Ameba Blogに引っ越して頑張っています。

今日はオーディオタグカテゴリーで1位、2位、3位になれました。
https://blogtag.ameba.jp/detail/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA
Yahooのときより閲覧者数は3倍はあります。

にゃんこ

2019/11/13 11:23 URL 編集 返信
なめちゃん仙人
Re:にゃんこさん
こんばんは♪

ご無沙汰しております!ヽ(´▽`)/

平蔵さんは、にゃんこさんにHNを改名してのですね!
あまりにも違い過ぎて、笑っちゃいました!(爆)\(*^Ο^*)/

アメブロの住み心地はいかがですか?
Yブログもあと一ヶ月ほどで終了なので、とりあえずYブログにある拙ブログは
アメブロに避難させておこうと思います。

>Yahooのときより閲覧者数は3倍はあります
拙ブログもYブログ時は300HIT前後だったのが、FC2では記事更新無い時でも500HIT前後、
新記事UPすると1000HITをオーバーします。
YブログのカウントはUUで、他ブログはPV(FC2は選択性)なのかもしれませんね。

ただ、コメ数だけは、以前が30~40コメ、多い時は50コメ越えだったのが、
今は、せいぜい20~30コメ。ずいぶんと減りました。新規の来訪もないですね。

今後とも、宜しくお願いいたします!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/11/13 23:30 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
39位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
1位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR