FC2ブログ

頂きモノ! *Ki-Ra-Ri* /妹尾美穂 を dCS Verdi Encore で聴いてみた!♪

さぁ~て、Yブログも残すところ1ヶ月強となった!

読者諸兄も、着々と引越しの準備をされたり、すでに引っ越されたりと、だんだんYブログも寂しくなってきた・・・

まぁ、小生はYブログのオデオブログ系「殿(しんがり)」を務める所存なので、8月もブログ更新するぞ!
、、、と、豪語したものの、最近では週報と化している拙ブログの記事UP、更新できても、あと3~4回だろう(笑)

さて、今宵は、チョイと前になるが、そのYブログ終了を記念して開催されたブロ友「たもchan」さんのプレゼント企画で当選した“頂きモノ”のお話。  当選発表の記事 ⇒ おおきにでした^^ /

プレゼント企画は2回に分けて開催され、第一弾では4位入賞、第二弾では銀メダル獲得と、絶望的にクジ運のない小生にしては、珍しいことが起きたのだ! これで運を使い果たしたのならば、この後のリバウンドが・・・・・恐ろしいぞ!(爆)

そんな訳で、たもchanさんから頂いたのが、この二つ!

イメージ 1

右側が、4位入賞賞品の「謎のリードワイヤー」(笑)これは、いずれナニかのシェルとカップリングで聴いてみたいと思う。記事化は、いましばらくお待ちいただきたい。ひょっとすると、引越先の記事になるかもねー!(笑)

そして、左側が今回の記事の主人公、新進気鋭?のピアニスト・美穂タンこと妹尾美穂嬢の1stアルバム「 *Ki-Ra-Ri* 」のCDだ! ブロ友間では、よく知られた御仁のようだが、小生は1枚もCDを持っていなかったので、「当選した暁には・・・美穂タン!」と、たもchanさんに懇願したのだ!(爆)

美穂タンは、たもchanさんが、かなりご執心の女性ジャズピアニストで、記憶では7~8年前に、たもchanさんブログで、かなりガッツリと特集記事を書かれていた。このデビューアルバムも、「3枚(2枚?)も買っちまったぜ!」と書かれていたのを覚えている。

小生としては、その天真爛漫な笑顔のジャケと『 *Ki-Ra-Ri* 』というチョー!可愛過ぎるタイトル、そして、記事に貼りつけてあった無気味なヴォーカリストとのデュオ動画が災いして、CDを買わなかった(笑)

まぁ、小生同様、「美穂タン、知らんかった!」という御仁も多々いるだろう。

ご存じの方は、「何を今さら!」であろうが、ここで一応、美穂タンのご紹介コーナーだ!

イメージ 2

『 *Ki-Ra-Ri* 』 妹尾美穂 (2010/11/17) ~1st Original Album~


1. *Ki-Ra-Ri*
2. MOET
3. Evening Glow
4. Odara
5. mo-ri
6. Song of silence
7. Spartacus
8. Bright Cherry Blossoms
9. A Nightingale Sang in Barkeley Square


内容紹介

~爽やかで詩人のようなジャズ・ピアニスト~時に情熱的に、
時に官能的に、聴く者の心に絵画を映し出す美穂ワールド!

「妹尾美穂のピアノは初めて聴いたが、すでに誰にも似ていない独自の個性があり共感を覚えた。
爽やかで大自然と融合する音楽と呼びたいナチュラルな響きがあり、
オリジナル曲も親しみやすいスムースに流れる美しい旋律があり、楽しく聴くことができた。
僕はもともとオリジナル中心の演奏はあまり好きではないのだが、妹尾美穂の場合は例外だ。
彼女の書くような綺麗なメロディを持ち、心に沁みる曲ならオリジナルも大歓迎だ。(岩浪洋三)」解説より


アーティストについて

●妹尾美穂(p)
岡山県生まれ。くらしき作陽大学音楽科ピアノ専攻卒。クラシックピアノを渡邉康雄氏に師事。
8年間小学校で音楽講師を務め、ピアニストへ転向。ジャズピアノを菊池ひみこ、堀秀彰両氏に師事する。
自己のトリオ妹尾美穂TRIO[伊予平(b), コウ(ds)]は岡山をはじめ中国地方で活動中。
多田誠司(as)、三木俊彦(as)、スコット・ハミルトン(ts)など多くのミュージシャンとのギグも積極的に行っている。

●鳥越啓介(bass)
高校時代、吹奏楽部に入部しコントラバスを弾き始める。1997年上京。
1999年、PHATのメンバーとなり、2001年、東芝EMI Blue Noteレーベルよりメジャーデビュー。
シングル1枚、アルバム2枚を残し、2003年、渋谷クラブクアトロでのワンマンライブを最後に解散。
その後ジャズ、邦楽、ポップス、タンゴなど国内、海外公演、様々なセッション、レコーディングに参加。

●藤井学(ds)
14歳から友人とバンドを結成しドラムを始める。20歳から名古屋にて本格的にライブ活動を始める。
その後上京し、名古屋時代より共に活動していた滝野聡のデビューと共に、滝野バンドに参加し、ライブハウス、ラジオ等で活躍。一時広島で活動した後、現在は東京を拠点に、国内外の多くのミュージシャンのライブ、レコーディング、イベントなどで活躍中。





そんなこんなで、美穂タン初体験である!

まずはさておき、早速聴いてみよう!ということで飽きずに“自己マン録り”じゃ!!

このCD、オデオ的にも結構エエぞ!という話は事前に伺っていたので、試聴機器には、送り出しをdCS系で固めた、仙人郷トップチームで挑む! 特に要のプリアンプには、ピアノの再現性において仙人郷プリ軍団でもアタマ一つ抜きん出たパフォーマンスを聴かせるレビンソンのNo.32Lをチョイスした。

その他の機器は、ご覧のとおりである。


Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Harmonic Enhancer: muRata ES105A Suono
Pre Amp.: Mark Levinson No.32L
Power Amp.: Jeff Rowland D.G. Model12
Transport : dCS Verdi Encore (1394 DSD UPS)
Master Clock Generator: ESOTERIC G-0d
Rubidium atomic frequency reference oscillator: Timelord Chronos GPS Special
D/A converter: dCS Elgar plus 1394


イメージ 3

さて、ナニを録ろうか!? このCD、そんなに聴き込んでいないので、迷ってしまう。

美穂タンに関しては初心者なので、ここは、ベテランの方の意見を参考にしよう!(笑)

前回の記事のコメント欄に、ブロ友の「おやじsp.」さんより、以下のようなコメをいただいていた。



  久々、定刻出勤です。

  パソコンのトラブルであまり良い状態では聴けませんが、
  後のほうが雰囲気がよろしいような気がします。

  次回は美穂たんでしょうか!?
  俺は2番と6番が好きです。
  楽しみにしてます!



「楽しみにしています!」とまで言われれば、リクエストいただいた2盤と6番を録らないわけにはいくまい!(爆)

で、#2「MOET」と#6「Song of silence」を、録ってみた。

レコーダーは、最近、雨の中、屋外の録音で酷使してからイマイチ調子の悪いZOOM Q8(汗)

今回の“自己マン録り”でもそうだが、どうも高域の情報量が実際のスピーカーからの出音と比較して、2割ほど情報量が欠如しているように聴こえる。逆に、低音についてはブースト気味・・・ 無音部分では、録音レベルを抑えても、「シーーーー」というデジタルノイズ?が僅かに入る。

まぁ、その辺りの実際の出音とは異なる点については、読者諸兄の賢明なる“脳内補正”でカバーして欲しい!

それでは、おやじsp.さんの推薦曲、2曲続けて聴いていただこう。

もちろん、いつもどおり、良質なイヤフォン、またはヘッドフォンで爆音再生をおススメするぞ!(笑)

イメージ 4

MOET / MIHO SENOO (*Ki-Ra-Ri*)
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q8 + XYH-5)



Song of silence / MIHO SENOO (*Ki-Ra-Ri*)
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q8 + XYH-5)


なるほど、レンジは大変広々として個々の楽器の響きも美しい高録音だ。

シンバルの高域は控え目だが、力感を伴ったピアノの音像描写や、実在感たっぷりに深く沈み込むベースの低音感がオデオマインドを擽る。特に、マッシヴという程でもないが、筋肉質でストレートな質感のベースは小生好みだ。“自己マン録り”では、少々ダブついて聴こえるが、実際は、もっと締まっている。

美穂タンのピアノはステキ!(笑) テクニックもなかなかのものだが、それをあからさまに表出しないのが良い。オリジナルの楽曲は、いずれもメロディが立っており、美しく可憐な調べの楽曲が多い。ジャズと言うよりもフュージョンやヒーリングに近い曲調だが、これはこれで、なんとも心安らぐ雰囲気を持っている。

「Song of silence」などは、映画やテレビドラマのテーマ曲としてイケそうな耳馴染みの良さだ。

では、最後に、小生的に好みの#7「Spartacus」も録ってみよう!

たもchanさん、今回は2つもステキなモノを頂き、本当にありがとう!感謝感激じゃ!!
次の機会には、たもchanさんご愛用のレビンソンを頂ければ、言うことなしである!(自爆) 

Spartacus / MIHO SENOO (*Ki-Ra-Ri*)
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q8 + XYH-5)

コメント

コメント(20)
No title
リクエストにお応え頂きありがとうございます。
バラードが好きなもので、この2曲がお気に入りです。
Spartacusもビートが効いてて好きです。

ライブの極秘映像があります。
https://blogs.yahoo.co.jp/ju12317/12317818.html
https://blogs.yahoo.co.jp/ju12317/12317832.html
https://blogs.yahoo.co.jp/ju12317/12327055.html

Song of silenceはライブのほうが断然良かったです。

おやじ sp.

2019/07/28 15:41 URL 編集 返信
No title
こんにちはっ^^ /

盛り上げていただきありがとうございました♪

美穂タン、やはりキラリとイキたいところでした(笑)

このCD、おかげさまで4~5枚は買いました^^;
今はもう気にしてもしゃーないと開き直れましたが(笑)

仙人郷のコレだけのシステムで再生していただければ、今は子育てにも忙しい美穂タンもきっと喜んでくれると思います^^

男のカワサキ

2019/07/28 15:42 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

>いい音しています♪
お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

ナイス! 脳内補正です!!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2019/07/28 17:34 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪

>美穂タンは、お名前は存じ上げておりますが、曲を聴いたのは初めてです(^^;;
小生も知ってはいたのですが、CDを聴いたのは、お初です!

>マイクがよろしくないのかな(=^ェ^=)
ZOOMの限界ですね!脳内補正をONにしないといけません!(笑)ヽ(´▽`)/

>仙人郷でこの感じだと、拙宅での再生はかなり難題かも
いえいえ、オデオ的に難儀な音源ではないですよ!
拙宅でも、実際の出音は眠たくなるほどバランス良くストレスフリーで鳴っております!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/07/28 17:40 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

早速、お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>たしかにこれは正にヒーリング、癒し系ですね!
はい、適音のボリュームで聴きながら、リクライニングチェアに腰かけていると・・・
・・・・・zzzzzであります!(爆)

>一応、最近の4365の調子には合いそう
御意!Zジジイさん邸のシステム群では、アキュ+4365が一番似合いそうな音源です!(^o^)v

なめちゃん仙人

2019/07/28 17:44 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

>この手の顔は、、、、大の苦手です(大自爆)
Zジジイさんは、ロリ系ではなく妖艶系ですかね!?(笑)ヾ(@゚▽゚@)ノ

>俺の顔にマッチしません(大爆笑)
いえいえ、意外と対照的な御面相がマッチするものです!(笑)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2019/07/28 17:47 URL 編集 返信
No title
おやじ sp.さん、こんばんは♪

>バラードが好きなもので、この2曲がお気に入りです
一聴、大人し目かと思いきや、ベースのサウンドなんかは、オデオ的にもイケてます!ヽ(´▽`)/

>Spartacusもビートが効いてて好きです
イントロダクションからスピーディーな展開で、楽しめました!

ほうほう、美穂タンの極日映像付き記事、拝読しました!
小生の記憶にないなと思ったら、小生がまだそちらへお伺いする前の記事ですね!

生“Song of silence”拝見しました!エエですね!ヽ(´▽`)/
この当時、ZOOMがあれば、更にエエ動画が録れていたでしょう!

ホント、映画音楽みたいです。 京アニの作品とかで流れそうです・・・
チョイと“和の調べ”も連想させるような、キレイなメロディを書きますねぇ!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/07/28 18:03 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんばんは♪

これから、ガンガン盛り上がることでしょう!ヽ(´▽`)/
昨今再燃しているタピオカブームみたいなものですね!(笑)

>美穂タン、やはりキラリとイキたいところでした(笑)
今回はオヤジsp.さんのリクエストにお応えしました!
更に盛り上がるようならば、「*Ki-Ra-Ri*」も逝きましょうか!(笑)

>このCD、おかげさまで4~5枚は買いました^^;
マジっすか! スゲー!!(爆)\(◎o◎)/!

>今は子育てにも忙しい美穂タンもきっと喜んでくれると思います^^
あんれまぁ~!w(゚o゚)w お子さんもいらっしゃるとはビックラコン!!
そうか!このジャケの美穂タンは9年も前ですもんね!(笑)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2019/07/28 18:11 URL 編集 返信
No title
> なめちゃん仙人さん

マイクと言ったのはZOOMじゃなくて、ソースの録音の事ですよぉ~(^^;;
でも、ご説明により元の録音もよろしそうですね。紛らわしくてすみません。

しんのすけ

2019/07/28 18:52 URL 編集 返信
No title
こんにちは~。

日々、あくせくした中、みほたん聴いて癒されます(笑)

Moetは私もお気に入りです♪
どれも、映像が浮かぶ、ヴィジュアライズされる作風がいいんですよね~(o^O^o)

2ndではギタリスト参加もあり、ギタリスト好きには、ええねぇ~♪ってポイントもあります(^ー^)

GOMALYN

2019/07/28 19:01 URL 編集 返信
No title
家庭と住まいランキング6位です(^^)v

元新潟のU

2019/07/28 19:36 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪

ブックレートにレコーディング機材やマイクポジションの記載がないので詳細は不明ですが、
レコーディング自体は、かなり良質なマイクとミキシングで収録されていると思われます。

機会があれば、聴いてみてくださいねぇ~!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/07/28 22:55 URL 編集 返信
No title
GOMALYNさん、こんばんは♪

>日々、あくせくした中、みほたん聴いて癒されます(笑)
やはり、美穂タンのヒーリング効果は抜群のようですね!(笑)

>どれも、映像が浮かぶ、ヴィジュアライズされる作風がいいんですよね~(o^O^o)
小生、映画音楽的と言いましたが、映像との親和性が良い音楽、
つまりは、映像が浮かぶ曲調なんですね!ヽ(´▽`)/

>2ndではギタリスト参加もあり、ギタリスト好きには、ええねぇ~♪
ほうほう、そうなんですか!それは、興味深いですな!!
たもchanさん、2ndも手元に4~5枚あったら、
1枚くれないかしら!?(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2019/07/28 23:02 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

ご連絡いただき、ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

記事UP当日にもかかわず、エエペースで来てますな!(笑)
目指せ!金メダル!!(爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2019/07/28 23:06 URL 編集 返信
No title
こんばんは~

妹尾美穂嬢和みますねっ
(*^_^*)

知らなかったので調べて見ると、鍵盤ハーモニカとかもやってるみたいですね〜
キュートですっ(≧▽≦)

もっちゃん

2019/07/28 23:54 URL 編集 返信
No title
もっちゃんさん、こんばんは♪

お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

美穂タンを聴いて、皆さん、和まれているようです!(笑)\(*^Ο^*)/

このジャケを見て、当初「この嬢ちゃん、ホンマにピアノ弾けるんかいな?」と思ってましたが
いえいえ、なかなかどうして芸達者!(笑)\(≧∇≦)/

ピアノの腕前もなかなかですが、デビューアルバムにして10曲中7曲が
オリジナルというのも、たいしたものです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/07/29 01:40 URL 編集 返信
No title
こんばんは

美穂タン、私的にはドストライクなご面相なんですが・・・
アルバムは一枚もないんですね~(^^)

自己マン録音お疲れ様でした。
プレイバックが素晴らしいのは言うに及ばず、私の好きなピアノの“カッキーン”という感じがイイですね♪
でもなぜかポチには至らず・・・残念(≧∇≦)

ggくん

2019/07/30 23:55 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

おっ!ggくんさんはカワイイ系が、お好みのようで!(笑)ヽ(´▽`)/
小生は、陰のある系、または、美魔女系が好きです!(自爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

>私の好きなピアノの“カッキーン”という感じがイイですね♪
流石、拙ブログの“自己マン録り”を聴き慣れているggくんさんだけに、
脳内補正MAXでお聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>でもなぜかポチには至らず・・・残念(≧∇≦)
あれま!何故でしょう!? 曲調がお口に合いませんでしたかな(笑)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2019/07/31 02:57 URL 編集 返信
No title
こんにちは~。

美穂タンと藤井さん、それぞれcorner pocketで聴きましたよ~!!(*^◯^*)

corner pocketでのライブを彷彿とさせるプレイバックであります!!\(^o^)/

KT

2019/08/06 17:24 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

ほうほう、corner pocket でナマ美穂タンですか!w(゚o゚)w
うらやましいですねぇ~ヽ(^О^)ノ

>corner pocketでのライブを彷彿とさせるプレイバックであります!!\(^o^)/
お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
「corner pocketでのライブ」は、脳内補正し過ぎです!(爆)

〝自己マン録り”はイマイチですが、実際は、そこそこエエ音で
美穂タンが聴けております!(笑)━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2019/08/07 02:03 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR