FC2ブログ

オーディオバブルここに極まる! TechDAS Air Force ZERO ♪

いよいよYブログの更新可能な期間も、余命2ヶ月を切った。

ブロ友諸兄の中には、早々にYブログに見切りをつけ、新天地で活躍されている御仁も多々いるが・・・

中には、ブログ移行した後、ブログの記事やコメントの投稿等ができなくなるのを知らずに逝ってしまい、移行先をブログ内で告知できず焦っている御仁も見受けられた!(笑)

そんなこともあってか、移行ツールでの移行後でも、ゲストブック投稿出来る機能が追加されたようである。


◇ブログ移行後、移行先などを友人に伝えたい。
移行をすると、ご自身のYahoo!ブログの記事やコメントの投稿、編集はできなくなりますが、ゲストブックへの投稿は可能です。Yahoo!ブログのブログ設定から、「ゲストブック設定」を選んでいただき、ゲストブックへ投稿をお願いします。なお、移行の際に転送設定をされている場合には、書き込んだ投稿はほかのお客様には表示されませんのでご注意ください。


、、、だそうである。

まぁ、小生はオデオ関連ブログの殿(しんがり)を務めさせていただく所存である!(笑)

と言う訳で、今宵もグダグダと逝ってみよう!!!(爆)

ここ数年、“オデオバブル”とも呼ばれるオデオ機器の高価格は、その天井知らずの高騰ぶりに驚かされる。

それこそ、オデオ人口が激減し、30年位前と比較しても、1機種当たりの生産ロットは相当減少しているだろう。それこそ、かつての十分の一、いや、モノによっては百分の一ぐらいに減少しているかもしれない。

ならば、30年前なら50万円でリリースできたものも、現在の想定ロット数で開発費も含めてペイしようと思うと、100~150万円位に設定しないと利益が上がらないのだろう。

確かに、30~40年前の国産プリアンプのトップ機種は、一部手作り工房的なマニアックな製品を除いては、各社概ね50~70万円位の価格帯に収まっていたが、現行機種での値幅は、おおよそ100~200万強にまで上昇している。

かつての各社トップモデルは、アンプやプレーヤー、スピーカーにしても、高額とは言え、一般的なリーマンが頑張れば何とか手に届くモノであった。また、キャッシュはムリでも●●回ローンで買うことができる価格でもあった。

ところが、今や、ローン云々でさえ買う気が失せてしまうような価格帯にまで上り詰めた国産製品も散見される。

まさに、浮世離れした超超高価格製品、、、かつて、オデオ全盛の70年代、オデオ小僧が街のオデオ店を我が物顔で闊歩し、アタマの中でどうやったら買えるかソロバンを弾いていた頃には、想像もできなかった異常な世界の製品・・・・

その“極み”が、コレだ!!!

イメージ 1

■TECHDAS AIR FORCE ZERO    定価(予価):40,000,000円(税別)

株)ステラは、同社が手がけるTechDASブランドより、ターンテーブル「Air Force」シリーズのフラグシップとして、本体重量が350kgの超弩級モデル「Air Force ZERO」を正式発表した。価格は現時点で未定だが、4,000万円程度を想定しているとのこと。後述の理由により、生産台数は50台以下となる。発売は2019年秋頃を目指す。

本日開催された発表会では、ステラの代表取締役会長でありAir Force ZEROの設計責任者でもある西川英章氏が、レコード再生を行いながらその詳細について説明を行った。

同社はTechDASブランドの超弩級ターンテーブル「Air Force One」を2012年に発売。以降、Air Forceシリーズとしてラインナップを拡充していった。これと平行して2015年にはこのAirForce ZEROが開発中であることをアナウンス。2017年5月にはHIgh End Munichにてモーター部とプラッター部を先行して発表していた。当初は2017年秋とも言われた正式発表は度々延び、今回の発表に至った。

・・・・・・・・以下、興味がある方は、以下WEBへ。 
あまりにも西川会長の 「AIR FORCE ZERO 凄いぞー話し」 が長すぎて抜粋できないので!(笑)


イメージ 2

イメージ 3

読者諸兄、勘違い召されるな! 400万円ではないぞよ!(爆) 4,000万円じゃ!!(弩爆)

重量は、なんと350Kgにも及ぶ。コレと比較すれば、かつて、超弩級レコードプレーヤーの代名詞とも言われたトーレンスのリファレンス(重量90Kg)でさえ、コロンビアの名機・てんとう虫のポータプルプレーヤーに見えてくる!(爆)

いや、ホント、開発にゼニがかかっているのは西川う会長のご高説からも重々理解できるのだが、それにしてもレコードプレーヤーが4,000万とは・・・・開いた口がふさがらなくて、、、アゴが外れた!!(弩爆)

ここ最近のオデオバブルで、数百万クラスのプレーヤーは数多見慣れていたが、四桁万円を越えたレコードプレーヤーとなると、世界でも稀有であろう。

小生が知る限りでは、試作品レベルではなく製品化されたプレーヤーとしての超高額プレーヤーは、アコースティカル・システムズ社の「the APOLYT」(重量388Kg!)が3,400万円超、またドイツのトランスローター社の「Transrotor Artus」(重量220Kg!)が3,500万円だった。

小生の記憶では、製品化され流通にのったレコードプレーヤーで4,000万円越えした機種は、世界を見渡しても、この「Air Force One」が初めてであろう! ここまでくると、タンテにダイヤを埋め込んで、宝飾時計的な意匠したら面白かったのに!(笑)大陸方面のモチカネが爆買いするかも!(爆)

the APOLYT
イメージ 4


Transrotor Artus
イメージ 5


そうそう、4,000万円というならば、もう100万円ほど足せば、Lamborghini Aventador(ランボルギーニ・アヴェンタドール)が買えるではないか! うん、アレなら買ってもいいかな、、、絶対買えないけど!(自爆)

イメージ 6

イメージ 7

オデオ技術のさららる進歩、オデオ技術の底上げを図るためには、常に採算性度外視の実験機で日々技術の研鑽を積むことはオデオメーカーとして非常に重要である。しかし、実験機のような現実味のない“とんでも価格”の機器が、オデオ誌の1面を飾るのはいかがなものか。

昨今のアナログブームに刺激を受けて、オデオを始めてみようと思っている若者も、ウン百万ウン千万もする機器がゴロゴロと紙面を飾っていると、「コレは違う世界だ・・・」とオデオの世界に足を踏み入れるのを躊躇してしまうだろう。

オデオ初心者やアナログ初心者が、「コレならば、やってみよう!(買ってみよう!)」と思わせるような製品のクローズアップを、もっとオデオ業界やオデオメディアは注力して欲しいものである。超ハイエンドばかりに注目するのではなく、オデオの裾野を広げる可能性のある製品にスポットライトを当てて欲しい。

そんな視点から、小生が自信を持っておススメするレコードプレーヤーがコレ!!

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

1972年に初代SL-1200がリリースされて以降、常に進化をつづけてきたテクニクスが誇る国産DDプレーヤーの雄、SL-1200シリーズの最新鋭機 「SL-1200 MK7」 (定価:90,000円(税別)、発売日:2019年5月24日)である。

11年ぶりに旧モデル「SL-1200 MK6」 の後継機として登場。 昨今、矢継ぎ早にリリースされた上級機群、SL-1000R/SP-10R、SL-1200GAE、SL-1200G、SL-1200GR のノウハウをタップリと注いだ超お買い得機が SL-1200 MK7 だ。

メーカーとしてはDJ向けとしてリリースしているプレーヤーだが、ピュアオデオとして使用しても、その実力は1クラス2クラス上の製品を脅かすほどのパフォーマンスを有している。使いこなしとカップリングするカートリッジ次第ではオデオ初心者のみならずベテランのオデオファイルが使用しても、十分に満足できるものだろう。

うん? 小生、別にテクニクスの社員でも、テクニクスからゼニを貰っているわけでもないぞ!(爆)

DDの生命線~開発に最もゼニのかかるモーターは、新設計のコアレス・ダイレクトドライブ・モーターを搭載。

更には、Technics伝統のスタティックバランス型の最新鋭ユニバーサルS字形トーンアーム、専用開発した2層構造のプラッター、アルミダイカストとグラスファイバーを20%混入したABSによる2層構造のシャーシなど、この内容で10万円を切る価格は、圧倒的ハイCPといえよう。

使い手のスキルによっては、SL-1200 MK7 から Air Force ZERO を上回るサウンドを引き出せるかもしれない。クルマで言うならば、ハチロクでフェラーリやポルシェのフラッグシップをブッちする感覚であろうか(笑)
 

///////////////////////////////////////


とまぁ、今宵は少々、ジジイの愚痴っぽい記事になってしまたっが・・・・
オデオの行く末を憂いてのことと、ご容赦いただきたい(笑)

オデオの未来に
幸多からんことを!!

コメント

コメント(20)
No title
レコードプレーヤーに4000万円・・・
まぁ、庶民のモノではなく、超VIP顧客用のブラックカード
の持ち主しか無理でしょうな。ヽ(*´∀`)ノ
あの連中なら、すぐに決めれるしね。ヽ(*´∀`)ノヽ(*´∀`)ノ

アベンタドール・・・
背中から火を吹くかもよ。ヽ(*´∀`)ノ
やっぱラテンの魂は火を噴きながら走るヽ(*´∀`)ノ
これしか無いでしょうヽ(*´∀`)ノ

シェルティー

2019/07/07 23:36 URL 編集 返信
No title
こんばんは

「世界に20台の芸術品」として考えればそれもアリかと・・(^^)
しかし、「モーターは50個あるのみ!」という事なので交換用モーターが無くなったらジャンクになるんでしょうかね?
まあ芸術品と考えれば飾っておけばそれで良いのだと思いますが・・・
でもやっぱり「動かないターンテーブル」はジャンクだと思いたいです。

ggくん

2019/07/07 23:40 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

>たかがオデオに、、、、作るアホウに、買うアホウ!!!(爆)
コレ1台で、お二方の老後30年間が救われるのに・・・(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>ランボルギーニなら、わからんでもない!(笑)
だしょー!!!〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

>思わず、とってもエエなぁ~。。。と、一瞬、、、その気になりました!
おっ!ついに逝きますか!!\(●▽●)/
ならば、アナログ復帰記念として、仙人郷コレクションの中から
選りすぐりのカートリッジを一つ進呈しましょう!ヽ(´▽`)/

>一瞬でも凄いことです!!!(大自爆)
注意一秒、アナログ一生!!(爆)━(*≧∇≦*)━☆★

なめちゃん仙人

2019/07/07 23:44 URL 編集 返信
No title
KKD_FMさん、こんばんは♪

>よ~し❗
お逝きなさい!〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

>テクニクスですよね(爆)
テクニクスの・・・SL-1000R・・・ですよね(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2019/07/07 23:48 URL 編集 返信
No title
びーわんさん、こんばんは♪

>年金だけでは、にせんまん足らんと
コレ1台で、「老後60年の安心」と同じなんです!(笑)
120歳まで楽勝!という凄いプレーヤーなのです!(爆)\(●▽●)/

>ブログ移設は、見捨てないで下さい
皆一緒に、ノアの箱舟に乗って逝きましょう!(笑)

>籠城するつもりはないので(笑)
できれば、してみたい気分ですよ!(爆)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2019/07/07 23:55 URL 編集 返信
No title
びーわんさん、こんばんは♪

>100円レコードを4000万で
>かけてみたいもんです(爆)
小生は、コレでキャンディーズの「わな」EP盤をかけてみたいです!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2019/07/07 23:57 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

ご報告いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

ついに金メダリスト! これで、Yブログに未練はありません!(爆)ヽ(´▽`)/

まぁ、ライバルブログが減少した中でのメダルなので・・・
さしずめ、モスクワオリンピックでの金メダルみたいなもんでしょうか(笑)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2019/07/08 00:01 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんばんは♪

>家のローンを完済してもまだ残る(笑)、、、^^;
コレを買うような人って、絶対ローンじゃないですよね!(爆)
小生なら、フラット35で・・・・(自爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>恐ろしや、、、あぁ恐ろしや、、、T T
ほとんど、「世にも奇妙な物語」のようです!(笑)
そうそう、いくらタモリがオデオ好きでも、コレは買わんでしょう!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2019/07/08 00:04 URL 編集 返信
No title
シェルティーさん、こんばんは♪

>あの連中なら、すぐに決めれるしね。ヽ(*´∀`)ノヽ(*´∀`)ノ
Air Force ZERO を爆買するかも!
連中曰く、「一部屋に1台づつ欲しいんだよねぇ~」(弩爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

>背中から火を吹くかもよ。ヽ(*´∀`)ノ
ラテンは、火を噴きながら走るクルマ・・・
小生は、家計が火のクルマです!(自爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2019/07/08 00:09 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

>「世界に20台の芸術品」として考えればそれもアリかと・・(^^)
人間国宝が命を削って作りしレコードプレーヤーとか!(爆)\(≧∇≦)/

>交換用モーターが無くなったらジャンクになるんでしょうかね?
マブチモーターにお願いすれば、なんとかなるはずです!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

>でもやっぱり「動かないターンテーブル」はジャンクだと思いたいです
違う意味で、大陸の方々が買ってくるかと・・・
金属の塊として、キロ●円で爆買いしてくれるでしょう!(爆)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2019/07/08 00:15 URL 編集 返信
No title
うちはコンクリートの床なので設置可能です。
しかし、予算があと少し足りないので諦めます。(笑)

テクニクスファンとしてはSL-1200の販売継続は嬉しいです。
でも俺が使ってるSP10もSL-1300Mk2もそうですけど、プラッター表面にストロボが無いスタイリッシュなのが好きです。
用途としては、ピッチコントロール付きの1200よりフルオートの1300のほうが需要がありそうですけど。
やはりDJで名を馳せた1200の知名度に頼ってるのでしょうか。

おやじ sp.

2019/07/08 03:18 URL 編集 返信
No title
笑うしかない金額と重量ですね・・・
こういう物を聞いて、絶賛する記事を書かれるとますますオーディオ人口が減ってしまう・・・
最近アナログブームが再燃してDiskUNIONのフリーペーパー「レコードがある暮らし」には若いアーティスト達の書いた記事が載って良い雰囲気が漂っているんですけどね~

松下の音響部門トップのレディは音響学会トップでもありますから、頑張ってくれると信じています。
やはりオモチャでは無く信頼できるクォリティを確保した製品が、手に入る金額で存在することが必須ですよね。

izumikta

2019/07/08 09:47 URL 編集 返信
No title
おはようございます~。

ほんと、こんな値段みたら、今時の若者は遠ざかりますよ(*^^*)

明らかに、私が小僧の頃より、現代はシビアですし、紐も緩みませんし(ノ_・、)

ランボ4000マン、、、
すると、、、やっぱりGTRはバーゲンプライスです(笑)

GOMALYN

2019/07/08 11:44 URL 編集 返信
No title
おやじ sp.さん、こんばんは♪

>しかし、予算があと少し足りないので諦めます。(笑)
もう少ししたら、中古が2,000万位で出てきますから、
予算の範囲内で買えると思いますよ!(笑)ヽ(´▽`)/

>ピッチコントロール付きの1200よりフルオートの1300のほうが需要がありそうです
おそらく、初心者には、同時期発売のフォノイコ内蔵プレーヤーSL-1500C がエエと思います。
まぁ、それでも1200シリーズの下地があったからこそ出来た製品でしょう。

>やはりDJで名を馳せた1200の知名度に頼ってるのでしょうか
世界的にもDJ用ADPといえば、1200の名が上がりますから。知名度絶大です!
40年以上作り続けていると、DJ用途の買い替え需要もバカにならないでしょうからね!

日本のDDアナログプレーヤーの血脈を断ち切らないためにも、
1200みたいなプレーヤーは、これからもドンドン進化し継続して欲しいものです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/07/09 01:59 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

>こういう物を聞いて、絶賛する記事を書かれるとますますオーディオ人口が減ってしまう・・・
あまりにも浮世離れし過ぎていて、「自分とは関係無い趣味」と
捉えてしまう若者がいてもおかしくありません・・・(= ̄▽ ̄=)

>信頼できるクォリティを確保した製品が、手に入る金額で存在することが必須ですよね。
御意!!テクニクスの1200シリーズは、今後も作り続けて欲しいですね。
次世代のオデオファイルを醸成するため、テクニクスのみならず、他メーカーも、
5~10万円ぐらいのプレーヤーを、どんどんリリースして欲しいものです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/07/09 02:10 URL 編集 返信
No title
GOMALYNさん、こんばんは♪

>ほんと、こんな値段みたら、今時の若者は遠ざかりますよ(*^^*)
いえいえ、今時のジジイも遠ざかりますよ!(自爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>最近アナログブームが再燃してDiskUNIONのフリーペーパー「レコードがある暮らし」
何度か読みました。4,000万記事と対極的な記事ですな!(笑)ヽ(^О^)ノ

>やっぱりGTRはバーゲンプライスです(笑)
4,000万あれば、GT-Rニスモが2台買えちゃいます!(爆)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2019/07/09 02:19 URL 編集 返信
No title
こんにちは~。

よ、よんせんまん!!(*゚∀゚*)

ワタクシがやっとの思いで完済したローンと変わりませんがな!!(*≧∀≦*)

350kgと言えば、私のオデオ仲間がスカーリーのカッターレースをe-bayで購入した時に、やはり350kgだったので、皆でお手伝いした思い出が、、、(笑

ワタクシ的にはスカーリーで充分かと、、、もちろん私には買えませんがネ!!
第一、安普請の床が抜けます。。。(爆

KT

2019/07/09 17:44 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんにちは♪

よんせんまんりょう! Σ( ̄□ ̄;)
レコードプレーヤーを買う値段ではないですな!(笑)
そうそう、一般的な感覚では、もう家を買う値段ですがな!(笑)
コレに乗せるなら、純金製1枚100万円位のレコードでないと釣り合いが取れません!(爆)

>私のオデオ仲間がスカーリーのカッターレースをe-bayで購入した
スカーリーのカッティングレースを一般人が買う??
そのお仲間、とんでもない大変態ですな!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>第一、安普請の床が抜けます。。。(爆
木造家屋の2階には絶対無理でしょう!
コンサートグランドピアノ並みの重量ですから!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/07/10 12:42 URL 編集 返信
No title
お早うございます。

仙人さんのシステムがすでに天上界とおもっておりましたが、その仙人さんを
もってしてもオーディオバブルとは、さらにその上の世界が存在していたのですね。

そんなシステムで、さらに純金製のレコードなんてものがあるとして、それを聴くことを想像したら・・・私の駄耳ではその音の違いをきっと判別できません。

Chaos

2019/07/11 05:13 URL 編集 返信
No title
Chaosさん、こんばんは♪

>さらにその上の世界が存在していたのですね
仙人郷は修験の場ですが、そのはるか天上界の“黄金郷”には、
腐るほどたくさんのゼニをお持ちの御仁がいらっしゃいまして・・・(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

>その音の違いをきっと判別できません
きっと、Air Force ZERO を買われるような御仁も、
ブラインドで SL-1200 MK7 と聴き比べさせたら、
違いを判別できない方が大半のような気がします!(笑)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2019/07/12 02:37 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR