FC2ブログ

激情のクレル再び!KRELL KPA Phono-Equalizer Amplifier 登場!♪

さて、前の記事より少々間が開いてしまって、今さら感はあるのだが・・・(汗)

出しっぱなしだったクイズの正解!(笑)

クイズ画像をよぉ~く見れは、基板に製品名の刻印が!!(爆)

賢明な読者諸兄は、すでにお気づきのとおり、”お気楽アナログ道”新規導入オデオ機器は、、、、
クレルのフォノイコライザーアンプの名器「KRELL KPA」だ!!

KPAは、その名の通り、「KRELL Phono-Equalizer Amplifier」の略である。

かつて、10年ほど前にクレルのKBLいうプリアンプにゾッコンだったことは、拙ブログの昔ながらの読者であれば記憶にあるだろう。そのKBLとのカップリングを前提としたフォノイコライザーアンプが、このKPAである。



KRELL KPA (540,000円/税込)
入力:RCA x 2、 出力:RCA x 1、 W48 x D35 x H7 cm 6 kg
■入力切替、カートリッジ負荷抵抗、ゲイン、バランス動作、RIAA偏 差(20Hz)、RIAA偏差(20kHz)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

当時は、KPAを入手しようと懸命に探したが、とうとう入手には至らなかった。

そして、10年の歳月が流れ・・・・・これまでプリアンプ内蔵のフォノイコで満足していた“お気楽アナログ道”も、ちょいと背伸びをして、お気楽じゃない単体フォノイコを探していたところ、偶然、かつての憧れKPAに出逢ったのだ! 

もちろん、即入手!入手価格も、ここでは言えないトンデモ価格(もちろん、安いほう!)である(笑)

程度は、US使用だが、国内100Vに仕様変更、2018年11月にオーバーホールをした上玉だった。しかも、入手後に知ったのが、オーバーホールを手掛けたのが、偶然にも小生の主治医ドクターS氏だった!

と、もう、伏字でいう必要もないだろう。数年前より、一般のユーザーに対してもオデオ修理を請け負うようになった エイブル (http://eiburu.kataranna.com/) の塩田氏である。それまでは、ハイファイ堂やオデオユニオン等、法人と提携の修理工房だったので、ドクターSとお名前を伏せていた。

十数年前までは、しょっちゅう、拙宅の前にはハイファイ堂のワゴン車が停まっていたものだ。

では、なんで法人じゃない小生が知っていると言えば・・・・十数年ほど前までは、仙人郷のあるマンションの1階に修理工房を構えていたのだ。ちなみに、仙人郷は、エイブルのほぼ真上の2階、修理依頼は10秒で持っていける距離だった。まさに、将軍様お抱えの御典医状態!(爆)

1階と2階で、爆音を撒き散らしていた?ので、いくら音大生御用達の防音完備マンションとは言え、近所宅は、さぞ迷惑であったろう(笑)ちなみに、エイブルの前はヤマハ音楽教室、今は何故か整体院!防音だと施術中の悲鳴が聞こえないからエエのか!(爆)

現在は、奥様の実家である熊本に居を移し修理工房を営まれてる。昨今では、オデオ誌に紹介されたりもしているので、ご存じの読者諸兄も多かろう。マッキンをはじめとする海外オデオ機器をメインにメンテ対応している。仙人郷のオデオ機器も、これまで十数台が塩田氏のお世話になっている。

イメージ 4

↑ オーバーホールで交換されたリレーやコンデンサー

今回のKPAのオーバーホールは、両ch共にリレー6個(G5V2 DC24V)全交換、各バイパスコンデンサーはニチコンのFine Gold(1000uF 25V)24個に全交換など、その他、各部に手が加えられている。

これまでクレルのプリアンプPAM-1が置かれていた場所に、KPAを設置した。↓ こんな感じ!

イメージ 5

イメージ 6

KPAの電源部は、オプション外部電源仕様と、KBLから電源供給を受けるタイプがあるが、小生が入手したのは、外部電源仕様。ただし電源ユニットは社外品のACアダプターのようなプアなモノなので、これはいずれ手を入れたいと思う。

純正オプション並みのトランス搭載のしっかりとした外部電源をあてがえば、KPAの潜在能力を十全に引き出すことができろだろう。どこぞに、KPAの外部電源を作ってくれる御仁はいないだろうか!?(笑)

電源ケーブルだけは、メガネ/3Pインレット変換プラグを介して、まともなモノに差し替えた。

イメージ 7

KPAは全段A級構成のフォノイコライザーで、2系統のRCA入力端子を装備している。使用カートリッジ(MM/MC)に最適なゲイン調整、ならびに負荷コントロールはフロントパネルで操作できる。

フォノイコの中には、各種切り替え調整をバックパネルで行う製品も多々あるが、その点、KPAは非常に使い易い。小生のように、MM/MCなど様々なカートリッジを頻繁に交換して使用する者にとって、フロントでコントロールできるのは有り難い。いちいち機器を引っ張り出して裏面で切り替えたりなどしたくない。

そして、KPAの最大の特徴が、HIGH(20kHz)とLOW(20Hz)のRIAAトリム搭載していることだ。これにより、レコードによる固有の録音の癖を補正したり、好みのイコライぜーションカーヴを設定したりと、いろいろな応用が効く機能である。

「こうすれば、こうなる」という決まったマニュアルは無いので、使いこなすには、それなりの修練が必要そうだ。己の“聴感”と長年の“勘”で設定値を決する必要がある。この辺りは、かなり“お気楽”ではないぞ!(笑) まぁ、当面はフラットポジョンで聴いてみたい。

イメージ 8

イメージ 9

KPAのサウンドは、プリアンプのKBLと相通ずるところがあり、温度感が高く彫りの深い音像描写がタマラナイ! 高密度で濃厚濃密ながら、繊細さと抜群の鮮度感も兼ね備えたサウンドは、現行のハイエンドフォノイコでも、なかなかお目にかかれない、いや、お耳にかかれない凄音である!

カートリッジへの対応能力も高く、全ての手持ちのカートリッジを再度聴き直したくなるほどの魅力を感じる。

もちろん、これまで常用していた Cello Encore Preamplifier や Mark Levinson ML-7A 内臓のフォノイコも、十分過ぎるほど魅力的で唯一無二のサウンドを聴かせてくれた。しかしながら、KPAは単体フォノイコならでは安定感というか、余裕を感じさせるサウンドが内臓フォノイコでは味わえない魅力を秘めている。

ただし、諸手を上げて万歳かというと、少々気になる点もある。
その辺りのことは、次回の記事にて、いつもの“自己マン録り”も交えならがら触れることにしよう。

さて、そのサウンドは如何に! KPA試聴編の記事を待て!!!(爆)

コメント

コメント(20)
No title
こんばんは~。

>高密度で濃厚濃密ながら、繊細さと抜群の鮮度感も兼ね備えたサウンド、、、
↑く~!!(≧∇≦)良いな~~!!

早く聴きたいっ!!!(*^o^*)

KT

2019/02/09 18:09 URL 編集 返信
No title
家庭電化製品ランキング1位です\(^o^)/

元新潟のU

2019/02/09 18:26 URL 編集 返信
No title
おこんばんはっ^^ /

とにかくクレルは統一されたデザインと、整然と並ぶ内部のレイアウトがサイコーですネッ☆

お気楽ではないお気楽アナログ、楽しいですネッ*^^*

男のカワサキ

2019/02/09 20:20 URL 編集 返信
No title
こんばんは

内容は良く分かりませんがなにげに凄そうな感じ!(^^)
自己マン録音期待しております♪

ggくん

2019/02/09 21:37 URL 編集 返信
No title
長谷川平蔵さん、こんばんは♪

>クレルはどちらかというとパワーアンプを得意
御意!!小生も、その昔、一聴惚れて導入したのがパワー1号機のKSA-50でした!
KMA-100MK2は、仙人郷で、いまだに現役活躍中です!ヽ(´▽`)/

クレル初期プリは、ラインのクオリティはほどほどながらも、
フォノイコは、クレル創業者のダン・ダゴスティーノが、当時は
大のデジテル嫌い&アナログフェチだっただけに、第一級のサウンドでした!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/02/10 00:42 URL 編集 返信
No title
oguさん、こんばんは♪

>前記事では、直ぐに騎手が判ってしまったので
クレル使いのoguさんには簡単すぎるクイズでしたね!(笑)ヽ(´▽`)/

>プレイバックのご紹介を、楽しみにしています
只今、手持ちのカートリッジ各種とスクランブルテスト中です!
早々に一発目の試聴記をUPしたいと思います!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/02/10 00:45 URL 編集 返信
No title
こばさん、こんばんは♪

>面構えと薄さがエエ!(笑)
この時代のクレルが個性的な意匠ですきですね!
フロントパネル中央のクレルのネームプレートが、
まるでカルティエのサントスみたいでステキです(笑)\(*^Ο^*)/

>気になるのが負荷切替機能です
ほうほう、気になりますか(笑)MUTEでMM/MCのゲインを切り替えて、
ワンロータリーで負荷抵抗を切り替えます。なかなか機能的な作りです。

>次回をジッとお待ちします
できるだけお待たせしないよう、努力いたします!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2019/02/10 00:53 URL 編集 返信
No title
さぶちゃん大王さま、こんばんは♪

>せっかくのDC入力なので外部電源はバッテリードライブにしてみたいですねぇ~(;^ω^)
御意!!ホント、電源部はなんとかしたいですね!
現状は、とりあえず動くレベルのスイッチング電源ACアダプターレベルなので・・・

Marantz SC-5ver2/bb-5ver2 や Jeff Rowland Coherence の
バッテリーセクションクラスで駆動できれば、エライことになると思いますが(笑)

>RIAAの調整は基本【MONO針】用です
KPAのRIAA調整は、ホント僅かなレベルなので副作用は少ないようです。
RIAAのバリエーション、1953~RIAA、1976~RIAA-IEC、
アレン・ライトのeRIAAなども演出できそうなので、楽しめますね!

ちなみに、小生手持ちのMONOカートリッジは、
SPU-MONO一筋であります!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2019/02/10 01:11 URL 編集 返信
No title
もっちゃんさん、こんばんは♪

はい!左右480mm、ジャストフィットであります!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>欲しかった機材でしっかりOH済みとなれば即買いしちゃいますよね〜
しかも爆安だったので!(笑)本来、プリのKBLとペアで使用されることを前提に
電源供給も構成されているので、意外と買い手が絞られるのでしょうね。

>自己マン録り楽しみにしてま〜す♫
アナログの“自己マン録り”は、CDよりも難しいですが・・・頑張りま~す!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/02/10 01:15 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪

ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>RIAAもちょこっと弄れるし
御意!!このあたりがアクティブに楽しめるフォノイコですね!
変化幅のトンコンみたいにドラスティックに変わるものではなく、
小生の駄耳で、辛うじて変化を聴き取れるレベルなので、
弄ることによる副作用も少ないと思われます。

>なかなか出物は無いのですね
現在、外部電源無しのKPAがヤフオクに1点出品されてますね!☆~(^-゜)v
https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k318324774

なめちゃん仙人

2019/02/10 01:21 URL 編集 返信
No title
にっぱー②さん、こんばんは♪

ありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>極上の個体ばかりですからね
このあたりのオールド/ヴィンテージ系オデオは個体差が大きいですからねぇ~
若干高くても、長い目で見れば内外共に程度のよいタマを抑えるのが得策かと!ヽ(´▽`)/

>流石、夢見た 恋人。^ ^
恋い焦がれた憧れの彼女と、偶然10年ぶりに再会した気分です!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/02/10 01:26 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

引っ張るのは、小生の得意技であります!(自爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

しばし、お付き合いの程を!!〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2019/02/10 01:28 URL 編集 返信
No title
おやじ sp.さん、こんばんは♪

>たぶん俺も一番乗りだったと思います
やはり、定時出勤されておりましたか!(笑)
タイムカードが押されていなかったので、欠勤かと思いましたよ!(爆)\(≧∇≦)/

>プリ側の一部という意味で、やはりプリフェチと、、、
なるほど!!それほど深いコメとは、小生も読み切れませんでしたぞ!(自爆)ヽ(´▽`)/

>ところで、RIAA以前のレコードを持ってるんですか?
1953以前!?、、、お気楽なヤツは、そんなモノを持っていたら
チコちゃんに叱られます!!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2019/02/10 01:33 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

>く~!!(≧∇≦)良いな~~!!
音色&音質は文句なしなのですが・・・・・フフフ・・・・・・ヾ(@゚▽゚@)ノ

>早く聴きたいっ!!!(*^o^*)
まずは、ジャズ系を“自己マン録り”しようと思っております。
乞うご期待!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/02/10 01:36 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんばんは♪

それは、めでたい!!━(*≧∇≦*)━☆★

先ほど確認してきましたら、まだ1位でした!
ご報告いただき、ありがとうごさいます!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2019/02/10 01:40 URL 編集 返信
No title
たもchanさん、こんばんは♪

>クレルは統一されたデザインと、整然と並ぶ内部のレイアウトがサイコーですネッ☆
御意!!特徴的なフロントパネルとカルティエもどきのネームプレート(笑)、
そして、惚れ惚れするようなハラワタがステキです!\(*^Ο^*)/

>お気楽ではないお気楽アナログ
お気楽な道を踏み外した小生・・・・・・大いに反省しております!(自爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2019/02/10 01:44 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

>内容は良く分かりませんがなにげに凄そうな感じ!(^^)
実は、小生も良く分っておりませんが・・・・・(汗)σ(^_^;
確かに凄そうであります!!(自爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>自己マン録音期待しております♪
何度トライしても、アナログの“自己マン録り”は、難しいですねぇ~!
なんとか、頑張りま~す!!ヽ(´▽`)/

なめちゃん仙人

2019/02/10 01:48 URL 編集 返信
No title
おはようございます~。

>高密度で濃厚濃密ながら、繊細さと抜群の鮮度感も兼ね備えたサウンドは、現行のハイエンドフォノイコでも、なかなかお目にかかれない、いや、お耳にかかれない凄音である!

耳の保養!楽しみにしてます!!(^^)/

びーわん

2019/02/10 06:35 URL 編集 返信
No title
びーわんさん、こんにちは♪

チョイといい過ぎたか!!(自爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

びーわんさんのお耳の汚さぬよう、精進いたしま~す!(笑)ヽ(´▽`)/

なめちゃん仙人

2019/02/10 12:27 URL 編集 返信
No title
マー さん
ブルーベリーナイト さん
たけいち さん
たもchan さん
KT さん
白プリ さん
絵里奈 さん
にっぱー さん
GOMALYN さん
きなこパパ さん
naimnacnap さん
こば さん
ogu さん
altum さん
そば好き さん
しんのすけ さん
プリウス さん
長谷川平蔵 さん
非公開 さん
キュスティーヌ さん
Zジジイ さん
うに さん

今回も、たくさんの「ナイス!」いただき、誠にありがとうごございます!ヽ(^О^)ノ

KPA、いろいろと楽しませてくれそうなので、
ポチポチ記事化して参ります!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2019/02/10 12:32 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR