FC2ブログ

空前絶後の4筐体パワー、Jeff Rowland Design Group Model12 襲来!♪

いやいや、マイッタ!マイッタ!

持病の“ぎっくり腰”が発動してしまった!!

殺人型酷暑と様々なお仕事が重なり疲労が蓄積していたところに、オデオでの肉体労働がトドメを刺した!(笑)

“例のブツ”をオデオ倉庫からオデオ部屋に搬入するために、重量物のオデオ機器をアチコチ移動する作業を一晩中8時間かけてやっていたところ・・・・・来た来た!、腰に来たぞ! “ぎっくり腰”発動!!(自爆)

で、とりあえず“例のブツ”の設置まで辿り着いて、その後は寝たきり老人状態。。。

その“例のブツ”とは・・・・

チョイと前に記事にした、パワーアンプの新たな旗艦となる Jeff Rowland Design Group Model12 である!

上代は、 2,808,000円(税込)!! これは、小生が過去45年のオデオ歴で導入したパワーアンプの中では最高価格である。もちろん、実際の購入価格は、ずっと安いものの、小生がこれまでパワーアンプに支払ったゼニでは、最高額である。すっかり、懐が寒くなってしまったので、当分の間、飲み会は控えなくてなるまい!(笑)

イメージ 1

以前の記事では、Model9シリーズと Model9 か Model10 のいずれかを導入的な書き方をした。この時には、予算的に Model10 の上級機~次世代ジェフパワーのトップモデル Model12 はムリと思われたので、「次は Model9 or Model10 」としたのだが・・・・ 結果、予算度外視となった(笑)
What's next “Jeff Rowland D.G.”? Model9 or Model10 ♪

実際、程度極上の Model9T と Model10 、 Model12 の3機種を散々比較試聴した。ちなみに、Model9T はインプットにジェンセン社の超精密トランスを採用した Model9 のバージョンアップモデルである。 このトランスこそが、ジェフサウンドの要であり、後継の Model12 にも搭載されている。

比較試聴の結果、まずは Model9T が落選、Model10 と Model12 での比較では、実質 Model10 ×2構成からなる Model12 が、あらゆる面で Model10 を超越しており、文句なしに Model12 を新規旗艦とすることに決した。

ただ、 Model10 も非常に状態の良いタマだっただけに、予備機として Model10 も購入した(笑)

当初、見た目のド迫力にも魅かれて Model9T でほぼ決定か!と思っていたが、いざ実聴してみると Model9T が圧勝と思われた低域のエネルギー感は、ほぼ互角。自宅では、まず考えられないような趙爆音でシンフォニーを聴いた際の広大な音場とド迫力で僅かに Model9T 優位かと思われる程度。

音楽の一番の美味しい中域は Model12 の独壇場、艶めかしく豊かで濃密な女性ヴォーカルは Model12 の最大の魅力であろう。試聴では、女性ジャズヴォーカル、そして明菜嬢&しばじゅんを聴いて、 Model12 に惚れこんでしまった。

Model9T のヴォーカル描写も十分過ぎるほど魅力的なのだが、どうもパワー一辺倒で押してくる剛直さが耳に残る。 Model12 のようなしなやかさや滑らかさ、しっとりとしたヴォイスのナマナマしさに欠ける。迫力は出るが色気が出ない。対する Model12 の豊潤で肉感的なヴォーカルは、独特のエロスを感じる。

Model9T と Model12 の女性ヴォーカルの違いを、読者諸兄が大好きな“巨乳”に当てはめてビジュアル化してみると、 Model9T のヴォーカルは、↓ こんな感じ・・・・・(爆)

イメージ 2


で、 Model12 のヴォーカルは、↓ こんな感じ・・・・・・(自爆)

イメージ 3

まぁ、好みは人それぞれで、「俺は前者のほうが萌えるぜ!」という御仁もいるだろうが、小生は比較的ノーマルな感性の持ち主だと思うので(笑)、後者の豊満な“巨乳サウンド”に大いに魅かれるのだ!(爆)

イメージ 4

*********************************************************************************************

オーディオの足跡HP ~ http://audio-heritage.jp/JEFFROWLAND/amp/model12.html

Jeff Rowland Design Group Model12   2,808,000円(税込)

最新のテクノロジーと強固なシャーシ構造、強力電源を採用したステレオパワーアンプ。

Model12はModel10のハイパワー出力モデルにあたり、電源部2台とアンプ部2台で構成されています。

出力段はバランスブリッジ回路構成を採用しており、コモンモードパワーサプライエラーを排除し、各出力デバインスの残留ノンリニアリティ成分をキャンセルしています。独自のバスバーによる電力配送方法やワイヤリング技術を採用することで出力段におけるリニアリティを工場させています。

パワーステージには優れた特性を持つパワーデバイスを採用しています。このデバイスは1個で68W(4Ω)、38W(8Ω)の連続平均出力を誇り、ピーク出力は135Wという能力を持っています。また、115dBものゲインを持っているためドライブ段にアンプモジュール等が不要となり、シグナルパスを極端に短くすることができます。また、このデバイスは高調波歪が0.03%(30W)と少ないだけでなく混変調歪が0.004%(60Hz:7kHz=4:1、SMPTE)と少ないなどの特長も持ち、しかも高スルーレート(19V/μs)でゲイン帯域幅が8MHzと広いにも関わらず、ノイズレベルが2μV(代表値)という優れた性能を持っています。Model12では1シャーシあたり厳選した12個のパワーデバイスを使用しています。

外部からの有害な電磁波の影響を排除するため、シグナル経路の短縮化や各ステージのレイアウトの合理化、密閉シャーシなどを採用しています。また、インプット信号にのって混入する高周波を押さえるためにアクティブトランスを搭載しています。このトランスはジェンセン社ビルウィットロックとの共同開発によるもので、今までのパッシブトランスと同様の働きを行い、ラジオ波の混入を防ぐことでクリーンな入力信号を得ることができます。

電源部には軍用機器や医療機器に採用されている最高グレードのPFC(パファー・ファクター・コレクション)機能付き第二世代超高速スイッチング電源を採用しています。PFCモジュールはマイクロプロセッサーコントロールによって電源への入力電流を電圧と同相で取り入れます。そして、電源の電流波形を完全なサイン波に構築し、パワーファクターはほぼ100%に保持し、機器内部及びACラインに電源周波数の高調波成分を出さないクリーン電源となっています。このPFCの後、DC-DCコンバーター(600Wx2)によってアンプ駆動の電源に変換されます。このコンバーターはゼロクロス電圧、ゼロクロス電流でスイッチングするためにスイッチングノイズが微少で、50万サイクル超高速スイッチングにより超高効率となっています。また、瞬間的に大電流を供給する場合にも出力電圧は降下せず、正確に電流を供給できます。

電源部を別筺体に収めた構造を採用しており、電源回路からアンプ回路に悪影響が及ぶのを防いでいます。

シャーシにはジェフローランド伝統の航空機グレードハードアルミ切削加工を採用しています。このシャーシは新設計によって剛性を高めています。

イメージ 5

*********************************************************************************************


とにかく、航空機グレードのハードアルミ切削加工のボディは金属の塊~まるで金庫のようで頼もしい。

ギラギラ・ヌメヌメとした輝きを放つ御面相は、美麗の極致である。一目見てジェフと分るのこの外見は実に個性的で好き嫌いが分かれるかもしれない。小生としては所有欲を満足させてくれるタマラナイ魅力を感じるのだ。

この強固なメタルボディは、モノラルで電源部とアンプ部の2筐体に分れており、ステレオ再生では計4筐体の大規模な構成となる。とは言え、同じ4筐体でも Model9T の巨躯と比べれば、大分扱い易いサイズになっている。

仮に、 Model9T を導入していたならば、ぎっくり腰では済まされなかったであろう!(笑)

アンプ部と電源部との間は、超極太のカルダス製DCケーブルでジョイントされる。スピーカーケーブルの接続端子は万力型のオリジナルで、世界中のあらゆる極太&超重量級ケーブルも問題なくホールドすることが可能だ。

ケーブルについては、今後、いろいろと吟味する必要があるが、まずは、使い慣れたケーブルを使用した。プリアンプ(ジェフのコヒレンス)とは、Wire World の GOLD ECLIPSE 3 (XLR)でバランス接続とし、スピーカーケーブルには PAD( Purist Audio Design )の MUSAEUS をあてがった。

背面は、↓ こんな感じ。バックヤードから撮ってみた。他のケーブルが邪魔で、よく見えないのは御愛嬌(笑)

イメージ 6

イメージ 7

アンプ部と電源部との間のDCケーブルの太さが尋常でないがわかるだろう。Model12 を壁際に設置する場合、背面は、少なくとも30cm程度の空間が無いとDCケーブルが壁に当たって設置できないので、導入される方は要注意だ。

Model12 の電源ケーブルを接続するインレット部は20A仕様のため、一般的なIECインレットプラグは接続できない。そのため、特殊な20A/15A変換プラグを介して、電源ケーブルを接続した。

電源インレット部は、↓ こんな感じ

イメージ 8

さてさて、しばらくは、じっくりと聴き込みながら仙人郷システムに馴染ませて行こうと思う。

今回の仙人郷システム大改革、実は、この Model12 導入だけではないのだが・・・・・

それは、また追って記事化することにしよう!

そうそう、仙人郷の一員としては、まだまだ熟成が足りないので、“自己マン録り”は無しよ!(爆)

コメント

コメント(20)
No title
おはようございます。再度のコメントをお許し願います。
こば様の関連記事を拝見しまして、とても興味深く思われたのです。
仙人様の博覧強記とこば様の正統的知性はもちろん以前から存じておりましたが、お二人が御自分の世界で、知識を自家薬籠中のものとされていることに感じ入りました。私は職業柄、借り物の知識だけで世渡りしてゆく人たちを多く見てきたからです。
そうは申しましても、私自身は博覧?(狂気)、異端的痴性派の者です。
続きます。

キュスティーヌ

2018/08/11 04:59 URL 編集 返信
No title
ggくんへの御返信の中で、写真の方の名前を知りまして、自分でも驚いたことには、その直後に、アマゾンの写真集のボタンを押しておりました。CDも見つかりましたので、ついでに押しました。
私は実は、グラビア写真集というのを買ったことがないのです。どんなものか、今から興味津々です。しかし、これで、杉田水脈議員から「生産性がない」と叱責されることは免れるかも知れませんね? 私はせめてケインズを見習いたいと思っでおりますが、
続きます。

キュスティーヌ

2018/08/11 05:29 URL 編集 返信
No title
凄いですね~ 280万円かあ~ そういえばうちのパワーアンプも当時かかくは400万円/一台でそれをモノで2台使っているから800万円かぁ~価格は負けてないけど見た目は完全に負けていますね~(爆)

SEED

2018/08/11 06:06 URL 編集 返信
No title
ブログ開設以来、仙人様には、オーディオについて、多くをお教えいただきました。
しかし、それだけではないです。どんな相手でも、決して傷付けない姿勢。私は、これを自分で実践することはできませんでした。
そして、しばじゅんさんのお名前をお教えくださったのも、仙人様でした。
私はどうも、いわゆる女性ヴォーカルが苦手で、諸賢兄のブログで知ったCDをできるだけ聴いてみましたが、私には合わないようです。しかし、ある種の魅力があることはは分かります。
火曜日にCDが届きますので、これを聴いてから、クラシック、ポップス、日本の歌、フランスの古謡などを俯瞰した、声楽に関する一文を書いてみることにします。
私は病身てはありますが、何とか。
長々と駄文を書き連ねました。

キュスティーヌ

2018/08/11 06:09 URL 編集 返信
No title
なめちゃん仙人さん
お久しぶりです。例えのところで非常にうけて吹き出しちゃいました(≧▽≦)
私の好みも勿論後者です!
凄いアンプ導入されましたね\(◎o◎)/
model12はたしか私の所有しているB10と同じ位の時期に出た製品でしたので記憶あり、
まさに高嶺の花という印象です。

あまりにも値段の差もあり、視聴する機会すらなかったですが、ルックスはメタリックの造形美がまさに現代のハイエンドモデルという感じで、凄いオーラをかもしだしてました!

仙人さんの説明の豊潤で肉感的なボーカル・・・非常に魅力的すぎます!
音もやはり超弩級なんですねっ
(๑•̀ㅁ•́๑)✧

mm0*0*02

2018/08/11 13:50 URL 編集 返信
No title
リラさん、こんばんは♪

体調が優れない中での怒涛の三連投、痛み入りますm(_ _)m

>お二人が御自分の世界で、知識を自家薬籠中のものとされていることに感じ入りました
いえいえ、こばさんは別として、小生は知識の切り張りをソレらしく語っているだけで・・・
ただ、語る限りは、己が体験して体感したことのみを語ることにしております。
他人の受け売りや想像でもの申すのは、薄っぺらで必ず綻びが生じますから(笑)
オデオも実際に己が聴いて感じたことのみ書くことにしておりますヽ(´▽`)/

>アマゾンの写真集のボタンを押しておりました。
>CDも見つかりましたので、ついでに押しました
ワオ!!その好奇心と実行力、ビックラコンであります!w(゚o゚)w

>今から興味津々です。
これは、記事化を大いに期待したいところであります!(笑)ヽ(^О^)ノ

>私はせめてケインズを見習いたいと思っでおりますが
篠崎愛×ケインズとは・・・リラさんらしい?自由奔放な発想であります!(爆)\(≧∇≦)/

続きます!ヽ(´▽`)/

なめちゃん仙人

2018/08/12 01:17 URL 編集 返信
No title
リラさん、続きです!!\(o ̄▽ ̄o)/

>どんな相手でも、決して傷付けない姿勢
リアルなビジネスの場では、切った張ったが常の世界に身を置いているので、
せめて、ブログの世界ではガンジーのサティヤーグラハ~非暴力・不服従で行こうかなと(笑)

>私はどうも、いわゆる女性ヴォーカルが苦手
いやいや、オデオファイルの中にも結構多いと思います。
クラやジャズ等ジャンルを問わず、インストのみしか聴かないという御仁も多いでしょう。
小生は、それで良いと思います。「好きな音楽」を「好きな形」で「自由」に聴く~
これ即ちオデオの本分ではないでしょうか!(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>声楽に関する一文を書いてみることにします
リラさんの麗筆を楽しみにしております!━(*≧∇≦*)━☆★

>私は病身てはありますが、何とか
暑さ厳しき折 くれぐれもご自愛くださいませ☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2018/08/12 01:18 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんばんは♪

SEEDさんのはプロフェッショナルユースですから、まさに質実剛健!
マッチョな姐さん方のような雰囲気ではないでしょうか!(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2018/08/12 01:21 URL 編集 返信
No title
SEEDさん、こんばんは♪

コメのみならず、「ナイス!」までいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2018/08/12 01:22 URL 編集 返信
No title
mm0*0*02さん、こんばんは♪

お久しぶりです!ヽ(^О^)ノ

>例えのところで非常にうけて吹き出しちゃいました(≧▽≦)
ココをスルーされると、ツライものがありまして・・・
ちゅーわけで、ありがとうございます!(自爆)\(≧∇≦)/

>私の好みも勿論後者です!
皆さん、ノーマルな感性の持ち主で安心いたしました!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

>model12はたしか私の所有しているB10と同じ位の時期に出た製品でした
御意!!価格帯や手法は異なるものの、いずれも両メーカーがミレニアムを前に
威信をかけて作り上げた究極のパワーアンプですね!\(*^Ο^*)/

>凄いオーラをかもしだしてました!
改めて自宅に導入すると、その存在感に圧倒されます!\(≧∇≦)/

>仙人さんの説明の豊潤で肉感的なボーカル・・・非常に魅力的すぎます!
音楽のジャンルを選ばず素晴らしいプレイバックですが、
とりわけ女性ヴォーカルは、突き抜けたものがあります!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2018/08/12 01:35 URL 編集 返信
No title
おはようございます~。

ウチへのコメントからコチラに飛んで来ました(^^)/
で、
来るんじゃなかった(爆。

なに?とりわけ女性ヴォーカルは、突き抜けたものがあります!☆~(^-゜)v

う~ん、熱中症とは違うと思いますが具合が悪くなってきました(>_<)。

びーわん

2018/08/12 10:50 URL 編集 返信
No title
びーわんさん、こんにちは♪

コメにも書いたように純A級よりも消費電力は抑えられると思いますが、
予想外に筐体が熱々になるので驚いてます!Σ( ̄□ ̄;)

Model12、見た目のメタリックでクールな外観とは裏腹に、サウンドは、
温かみがあって濃密でリアルなヴォーカルを聴かせてくれます!ヽ(^О^)ノ

熱中症に負けない熱いサウンドですね!(自爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2018/08/12 14:07 URL 編集 返信
No title
mm さん、こんにちは♪

この度は「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2018/08/12 15:14 URL 編集 返信
No title
これはまた確かに空前絶後の新機種!!!!!!!!!!

これが馴染んだ桃源郷の音に夢をはせるのみです。

izumikta

2018/08/13 08:35 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

空前絶後とは少々オーバーでしたが、それ位、サウンドのインパクトがありました!ヽ(´▽`)/

まだまだ、拙システムに完全に溶け込んではいませんが、
既に、その恐るべきサウンドパフォーマンスの片鱗が見え隠れしております!

記事では同社のプリ、コヒレンスとのカップリング評しか書きませんでしたが、
他のプリとの組み合わせでも、如何なくその実力を発揮してくれそうです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2018/08/14 00:29 URL 編集 返信
No title
巨乳にナイスです!

jazzclub

2018/08/15 11:27 URL 編集 返信
No title
jazzclubさん、こんばんは♪

恐ろしいほどの直球コメ!(爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2018/08/16 01:11 URL 編集 返信
No title
jazzclubさん、こんばんは♪

巨乳「ナイス!」いただき、誠にありがとうござます!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2018/08/16 01:14 URL 編集 返信
No title
こんばんは(^_-)-☆

新規導入おめでとうございます!
凄すぎちゃって、わたしの知るセカイとは、遥かと~くの世界なので、コメントなんぞ出来ませんワ。
ただ、明菜としばじゅんがイイ ってところが、興味津々ですぅ。

誰も傷つけないって所、見習います(=^ェ^=)

しんのすけ

2018/08/17 23:31 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪

ありがとうございま~す!!ヽ(^О^)ノ

>明菜としばじゅんがイイ ってところが、興味津々ですぅ
もう、女性ヴォーカル、タマランですわ!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

しばじゅんは、ビクターさんのハードルが高過ぎるので、
その他の女性ヴォーカルによる“自己マン録り”記事を後ほどUPします!ヽ(´▽`)/

>誰も傷つけないって所、見習います(=^ェ^=)
う~む、、、密かに貧乳女子を傷つけているかもしれない・・・(自爆)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2018/08/18 00:55 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
78位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR