FC2ブログ

Stere Sound SACD/CD Hybrid Disc ~太田裕美シリーズを新兵器群で聴く♪

いやいや、本当にイヤらしい天気だ。

せっかくの秋の三連休が丸つぶれ。当方、別に行楽に行く訳ではないが、お客様を迎える側の商売人としては、たまったものではない。どうも、今年は、天気に邪魔される土日祝が続いている。

この分だと、来月の三連休も、あまり期待できないか。。。

せめて、年末年始ぐらいは、まともな天気になって欲しいものだが・・・・今度は、豪雪だろうか(笑)

こんな荒天続きでも、楽しめるのがオデオという趣味のステキなところである!

今宵は、ステレオサウンド社の旧盤名盤SACD化企画として、歌謡曲/ポップス部門では、松田聖子シリーズに続き力を入れている、太田裕美シリーズを聴いてみようと思う。

太田裕美嬢のSACD/CDハイブリッド化第一弾、『こけてぃっしゅ』(1977年)と『ELEGANCE』(1978年)は、以前購入した旨を記事で触れたが、“自己マン録り”や試聴記を記したことは無かった。

ヨーツベの削除ラッシュが続いていた時期で、小生も用心していたのだと思う。

今回は、第2弾として、『12ページの詩集』(1976年)と『心が風邪をひいた日』(1975年)の2タイトルがSACD/CDハイブリッド化されたので、まとめて記したいと思う。もちろん、読者諸兄お楽しみ?の、“自己マン録り”もアリだ!(爆)

ちなみに、これまでの“自己マン録り”では、再生オデオ機材として使用していない“新兵器”を3台使用している。その簡単な紹介も後述することにしよう。

イメージ 1

左上から時計回りに、『こけてぃっしゅ』、『ELEGANCE』、『心が風邪をひいた日』、『12ページの詩集』。

第1回シリーズの2枚は、当初買う気がなく、ディスクユニオンから安価に2枚セット売りしていたので、ついつい買ってしまった(笑) 今回は、一発目買ったからには二発目も、という小生の悪いクセが出て、ステサンより事前予約購入した。

第1弾の2枚を聴く限りでは、音質的に一連の松田聖子嬢SACD盤ほどの感動が無かったので、単独記事に成り得なかったのだが、第2弾の今作では、なかなか聴かせるクオリティに仕上がっている。

「マスターテープに刻まれたすべてをありのままに」というコンセプトで、EQやコンプレッションなどのエフェクトは最小限に留め、マスターテープの情報をダイレクトにDSD化したのは前作同様だが、今作は送り出しの機材が異なる。

前作は、マスターテープの再生に STUDER A820 を使用したのに対し、今作では、制作当時に使われたと思われるスチューダーの A80 を使用している。このうような僅かな拘りが音質の変化に反映されたのかもしれない。

ヴォーカルの密度感がより高まることで、裕美嬢がより生き生きとリアリティ豊かに歌っているように思えた。もちろん、マスタープテープの保管状態や当時のレコーディング・クオリティの差もあるのだろうが、今作のほうが前作よりも旧いアルバムなので、経年劣化の差とは考えにくい。

前作の裕美嬢SACD化を通じて得られた経験値をベースに、制作面でもいろいろと練られた結果であろう。

イメージ 2

さて、それでは、早速、聴いてみよう。

今回は、以下の拙システムで試聴した。

本来はSACDレイヤーを聴くべきなのだろうが、拙宅のSACDトランスポート dCS Verdi Encore が、まだ入院中ということと、dCS Elgar plus 1394 導入してからはCD再生が絶好調なので、CDレイヤーを聴くことにする。


Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Harmonic Enhancer: muRata ES105A Suono
Pre Amp.: Cello Encore Preamplifier
Power Amp.: KRELL KMA-100MK2
Transport : Mark Levinson NO.31.5L
Master Clock Generator: ESOTERIC G-0d
Rubidium atomic frequency reference oscillator: Timelord Chronos GPS Special
D/A converter: dCS Elgar plus 1394
D/D converter & Clock Generator: ESOTERIC G-25U


見慣れない機種名が、いくつかあることに気が付いたであろう。

まずは、先日のしばじゅんの記事でチラ見した、ルビジウム原子周波数基準発振器(Rubidium atomic frequency reference oscillator)のタイムロード「クロノス」(Timelord Chronos 定価:162万/税込)の新規導入だ。

GPS仕様バージョンUPモデルの更に特注スペシャルエディション故、実際の価格は200諭吉!?(爆)

イメージ 3

この機器、実は dCS の Elgar plus 1394 、Delius 1394 、Purcell 1394 と同タイミングで導入を決めた機種である。拙宅デジタル機器の心臓部の更に中心核とも言える要の機器である。

クロノスについて書いていくと、本稿の主旨から大きく逸脱する超長文になるので、次回以降、クロノスにつていの単独記事を記したいと思う。

いずれにしても、クロノスの導入によって、拙宅のデジタル再生系は、とりあえず終局を迎えたと言える。

続いては、マークレビンソンのCDトランスポート Mark Levinson NO.31.5L。

「えっ!、これ、これまで何度も見たことあるよ!」という御仁、大きな勘違い。

イメージ 4

これまで、拙ブログに搭乗していたのは、 NO.31.5L の前機種 NO.31L だ。と言っても、マークレビンソンはCDトランスポートとしては、これまで、この2機種しかリリースしていない。NO.31.5L は、マークレビンソンにとって、2代目であり最後のCDトランスポートとも言える。

まぁ、今後も、この NO.31.5L を越える性能を持つCDトランスポートを出すことはないだろう。

その後、レビンソンからリリースされた一体型SACDプレーヤーも、メカ部は確かエソのエントリークラスのユニバーサルプレーヤー ESOTERIC DV-50 と同一メカだし、筐体も簡略化され、NO.31.5L や NO.31L とは比ぶべくもない。

NO.31L と NO.31.5L の大きな違いは、心臓部のドライブメカがフィリップスのスイングアームメカ Philips CDM-4 Industrial から、リニアトラッキングの Philips CDM-12 Industrial に変更になったことだ。

イメージ 5

また、NO.31L にあったグリッドの開閉の際に発する「ギギギィ~~」という高級機らしからぬ音も改善され無くなった。このあたりは、エソテリックの P-0 が2代目の P-0sで静音化された点と似ている。初代は、「まずは音質!」が、何よりも優先されるということか(笑)

値段は、NO.31L の170諭吉に対して、NO.31.5L は216諭吉と大きくUPしたが、実際のクオリティUPは値段以上。見た目がソックリさんなので変っていないように思うだろうが、ドライブメカ以外にも数十か所に及ぶブラッシュアップが成されており、実際には、NO.32L や NO.33L と呼んでもおかしくないだろう。

しかし、初代 の NO.31L はCDM4特有のサウンドの魅力がある。女性ヴォーカルの豊潤さ、滑らかさ、また温度感の高さなどは NO.31L ならでは。クールビューティーの NO.31.5L に対して、グラマラスボディのエロス漂う NO.31L と言ったところか(爆)

当面は、両機を併用していくつもりだ。

そして、最後にもう1台ご紹介。 

エソテリックのマスタークロックジェネレーター&アップコンバーター ESOTERIC G-25U だ。

エソテリックのマスタークロックジェネレーター、Gシリーズ唯一のデジタルセレクター&アップコンバーター機能を備えた異色のモデルである。±1.0ppm精度のワードクロック機能と最大192kHzのデジタルアップコンバート機能である。

Gシリーズのトップモデルから比べればエントリークラスの製品だが。この機種を導入したのには訳がある。

イメージ 6

G-25Uはデータ変換後の出力を自身のクロックに同期させて行う、いわゆる「打ち直し」機能を備えている。

これは、P-0やP-70vu、はたまた dCS Verdi Encore のような Wordsync 機能を持たないトランスポートであっても、G-25Uを使えば事実上、 Wordsync と同様の効果が得られるメリットがある。

更に、G-25Uには、外部クロック入力があり、なんと10MHz入力まで対応している。つまりクロノスの超高精度クロック信号を、そのまま受けることができるのである。

つまり、外部クロック入力を持たない NO.31.5L も、クロノスの高精度クロックで Wordsync したような効果が見込めるのだ! しかも、ルビジウム同期による DUAL AES/EBU・176.4kHz アップコンバート伝送が可能となる。

また、クロノスの10MHzOUT、G-25Uの10MHzIN、共にインピーダンスは一般的な50Ωでなく75Ωである。50Ωケーブルの選択肢は少ないが、75Ωデジタルケーブルのバリエーションは豊富なので非常にありがたい。

G-25U搭載の高精度水晶発振器によるクロック精度は±1.0ppmと決して低くない。

同じエソテリックのハイエンド機P-03/D-03 や P-01/D-01、一体型のX-01 LIMITED D-01 のクロック精度±3.0ppmであることと比べれば、G-25Uは十分高精度なのだが、クロノスの精度はG-25U 搭載の高精度水晶発振器の10000倍の精度なので・・・・まぁ、たいした“お時計さん”である!(笑)

と言う訳で、これら、新兵器を駆使しての“自己マン録り”! 逝ってみよう!!

イメージ 7

まずは、第1回シリーズのアルバム「こけてぃっしゅ」より、今宵の天気にピッタリの曲「9月の雨」を聴く(爆)

裕美嬢最大のヒット曲「木綿のハンカチーフ」同様、作詞:松本隆/作曲・編曲:筒美京平 というゴールデンコンビによる楽曲。裕美嬢の9thシングルである。

この曲を聴くと、アタマの中で「♪セプテンバーレインレイン~~」のリフレインが止まらない!(爆)

いつもどおり、良質のヘッドフォン、またはイヤフォンで聴かれることをおススメする!

今回は、“自己マン録り”画面右下の NO.31.5L のディスプレイが動くので、“動画”っぽいぞ!!(自爆)

イメージ 8

KUGATSU NO AME / Hiromi Ohta ( Coquettish )
Stere Sound SACD/CD Hybrid Disc
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)



つづいて、第2回シリーズの『心が風邪をひいた日』より、名曲「木綿のハンカチーフ」。

読者諸兄、シングルバージョンの「木綿のハンカチーフ」は聴き慣れているだろから、今回はアルバムバージョンを聴く。そもそも当初アルバム用の楽曲として、松本隆+筒美京平コンビにより提供された作品である。

聴きどころは、甘ったるい鼻にかかった裕美嬢のヴォーカル(笑)

そもそも、鮮度があまり高くないサウンドだが、そこから、どれだけ鮮明に、かつ滑らかに裕美嬢のヴォーカルを引き出すことができるか、が腕の見せどころ。まぁ、そこそこは聴けるレベルだろう。

イメージ 9

MOMEN NO HANDKERCHIEF / Hiromi Ohta ( Kokoro Ga Kaze O Hiitahi )
Stere Sound SACD/CD Hybrid Disc
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)


同じく『心が風邪をひいた日』よりもう1曲、「七つの願いごと」を聴いてみた。

この曲は、ブロ友「びーわん」さんが『心が風邪をひいた日』の課題曲としてUPされていたので、当方もチャンレジしてみた(笑) https://blogs.yahoo.co.jp/fxbbh433/15850788.html

そうそう、ブロ友「ggくん」さんも同じく「七つの願いごと」をUPしている。好きだねぇ~(笑)
https://blogs.yahoo.co.jp/ggkun19166/15045524.html

この「七つの願いごと」、『心が風邪をひいた日』の中では、それほどずば抜けて音質が良い楽曲ではなく再生には苦慮しないのだが・・・・・・録音には苦労する!レコーダー泣かせの楽曲なのだ!(爆)

イントロダクションでは、マスターテープのノイズの中から囁くような裕美嬢のヴォーカルがppで展開され、次にアコースティックギター、ベースと徐々に楽器が増えて行くに従い、同時に音量も上がり、最後はオケ「♪じゃ~~~~ん!!!」でffを迎える。

まさに、“ボレロ的裕美嬢”である!(爆)

それでなくても無音部がノイジーでS/N比の良くないレコーダーQ2HDで、コレを十全に録るのは不可能!

まぁ、とりあえず、チャレンジしてみた。参加することに意義がある、、、ちゅーことで!(笑)


NANATSU NO NEGAIGOTO / Hiromi Ohta ( Kokoro Ga Kaze O Hiitahi )
Stere Sound SACD/CD Hybrid Disc
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)

コメント

コメント(20)
No title
びーわんさん、こんにちは♪

裕美嬢、とりあえず第一弾と第二弾、まとめて記事化しちゃいました!(笑)

で、お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>「ぼくらのマドンナ」太田裕美をここまで手厚く再生していただき
「防長太田裕美友の会」名誉会長の意に沿う再生は、できていたでしょうか?(笑)
課題曲の「ボレロ裕美」は、ホント、録音が難しいですね!(自爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2017/09/18 11:49 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんにちは♪

1曲目、そう思って冒頭に持ってきました!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2017/09/18 11:51 URL 編集 返信
No title
> なめちゃん仙人さん
ステサンSACDのレンタルは流石にネットでレンタルでもないです。

ステサンSACD以外でしたら数は少ないですがネットでレンタルであればSACDもあります。
私は気に入ったのあれば借りて牛蒡抜きしちゃいますw

お店だと店員がSACDの存在も知らない事が多いです。

白プリ

2017/09/18 12:43 URL 編集 返信
No title
こんにちは。
太田裕美さん、楽しませて頂きました !!!
自分は結構好きなんですよ~ (笑)

但しソフトがないので、自分のシステムで聴いた事はありませんが・・・
仙人様の。完成度の高いプレイバックに感心致しまして、満足致しました。

ogu

2017/09/18 12:51 URL 編集 返信
No title
こんにちは。

すみません、やっぱり太田裕美の声は好きじゃない、、、、○| ̄|_

だったらコメントするな!って言われそう。|;´・ω・`|ゞ スンマセン

おやじ sp.

2017/09/18 12:59 URL 編集 返信
No title
こんにちは。

すみません、やっぱり太田裕美、、、、って誰ですか?、、、○| ̄|_

そういう世代です♪(´ε` ;)

だったらコメントするな!って言われそう。|;´・ω・`|ゞ スンマセン

だいくみや

2017/09/18 13:04 URL 編集 返信
No title
白プリさん、こんにちは♪

>ステサンSACDのレンタルは流石にネットでレンタルでもないです
そうですか。もうウン十年とレンタルショップとは疎遠になっているので、
品ぞろえも分らないのですが・・・フツーのSACDはあるのですね!

>お店だと店員がSACDの存在も知らない事が多いです
特に今の若い子は知らないでしょうねぇ~(笑)
まぁ、オデオにそれほど興味がなければ、知らない方のほうが多いでしょう。

意外と、「ハイレゾ」という言葉のほうが、知っているかもしれません!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2017/09/18 13:53 URL 編集 返信
No title
oguさん、こんにちは♪

>自分は結構好きなんですよ~ (笑)
裕美嬢の声って、ある意味個性的なので、好き嫌いがハッキリと分れるようです。
小生は、ほどほどですが、心に沁みる楽曲が多いので、良く聴きます(笑)

音質的には、これまであまり高く評価してませんでしたが、
ステサンSACDは、手間暇かけた成果が音質に現れているようです。

で、お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

ヴォーカル優秀録音盤とまでは言えませんが、当時の歌謡曲としては、
そこそこのクオリティで裕美嬢のヴォーカルが聴けたと思います!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/09/18 14:02 URL 編集 返信
No title
おやじsp.さん、こんにちは♪

ホント、裕美嬢、好き嫌いがハッキリ分かれるようです!

ウチのカミさんも、「この声はダメ・・・」と言っておりました(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/09/18 14:06 URL 編集 返信
No title
だいくみやさん、こんにちは♪

>そういう世代です♪(´ε` ;)
なんですとーーーーー!!!(・Д・;)ソンナ!(゚□゚;)マサカ!( ̄□ ̄;)マジデ??
だいくみやさんって、ひょっとして「30歳代女性」とか!(爆)ΣΣ(゚Д゚;)

>だったらコメントするな!って言われそう。|;´・ω・`|ゞ スンマセン
コラァ~~~~~~!!(爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2017/09/18 14:11 URL 編集 返信
No title
こんにちは~。😃😃

ううう、、、クロノスとG-0dとG-25u、、、σ(^_^;)

要は超々高精度のルビジウム発振器と、超高精度マスタークロックジェネレーターの3段重ねと云う事でしょうか??
ここから先の御説明は理解不能。。。(爆

アナログで言うと、良質な入出力トランスを搭載したサミングアンプを重ねて、出て来る音のブラッシュアップをはかるのと同じ??ちょっと違いますか。。。(自爆

聴かせて戴いた音は、ナイス!であります!!!*\(^o^)/*

KT

2017/09/19 15:36 URL 編集 返信
No title
自分は結構好きなもので、真剣に聞かせていただきました。
しかし「木綿のハンカチーフ」バックのギターが鮮明なのにボーカルはふわりとエコーが掛かって霞の中から聞こえるような微妙なところまでこうキッチリと出されると・・・

HOの100円LPで我慢しているのがきつくなってしまいますよ~

izumikta

2017/09/19 20:05 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

>3段重ねと云う事でしょうか??
重ねませんが、ウハウハ3Pといったところでしょうか!(自爆)\(≧∇≦)/

>ここから先の御説明は理解不能。。。(爆
分り易く例えで言ってしまうと・・・
ディスクに刻まれた音楽情報を仮に時間情報だとすると、一般的なCDプレーヤーのクォーツクロックは、柱時計を見て「15分ぐらい・・・」と時間情報を得ている感じ。

対するクロノスは千分の一秒まで測れる超高精度オリンピック公式ストップウォッチで「15分23秒342!」と時間情報を得ている感じです!まぁ、極限まで正確な音楽情報をディスクから引き出すことが可能である、ちゅーことですな(笑)

うん?余計分り難い?? まぁ、結局は自己マンであります!(自爆)

で、お聴きいただき、誠にありがとうございましたぁ~!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2017/09/20 01:42 URL 編集 返信
No title
こんばんは

私のブログの紹介もして頂き光栄です(^▽^)

今回の出音はパワーアンプの KRELL KMA-100MK2の個性が良く出ているのではないかと・・・(^^;)
緩いという意味ではなく「ふわっと」した感じが太田裕美さんの声と良くマッチングしてると思います。

ESOTERIC G-25Uも手にされてたんですか?
dCS Purcell 1394もあるのに・・??
そうか!
そういう事だったんですね!!!Σ(・□・;)
妄想しすぎでしょうか???(笑)

ggくん

2017/09/20 01:49 URL 編集 返信
No title
izumiktaさん、こんばんは♪

>自分は結構好きなもので、真剣に聞かせていただきました
お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
でも、大したことがないので、真剣に聴かれると焦ります!σ(^_^;

>HOの100円LPで我慢しているのがきつくなってしまいます
あんれまぁ~!w(゚o゚)w 裕美嬢もHOだと100円で買えるのですね!

ならば、このSACDは3,780円も出しているのですから、
LPよりも30倍ぐらい良く鳴ってもらわないと割が合わないです!(笑)ヾ(@゚▽゚@)ノ

なめちゃん仙人

2017/09/20 01:50 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

またまた勝手に紹介しちゃって、スミマセ~ン!ヽ(´▽`)/

で、お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

>KRELL KMA-100MK2の個性が良く出ているのではないかと・・・(^^;)
あと、NO31.5Lの“濃厚濃密さ”、チェロの柔和な“豊潤さ”も加わっているかも!(笑)

P-0(P-70vu)とパスラボ、プリにジェフだと、また違う鳴り方~かなり締ってキリキリッとした描写になりますが、フワっトロっが魅力の裕美嬢には合わないと思い、前回のP-70vu+コヒレンスを変更しました!

>そうか!そういう事だったんですね!!!Σ(・□・;)
そういう事なんです!(爆)〃HAHAHAHAHAHA〃(*`∀´*)〃HAHAHAHAHAHA〃

なめちゃん仙人

2017/09/20 02:00 URL 編集 返信
No title
KT さん
たもchan さん
たけいち さん
GOMALYN さん
あゆみ さん
ぶんぶく さん
KKD_FM さん
さくどう親父 さん
toby さん
flattwin さん
にっぱー さん
こば さん
ルビー さん
min*43*2 さん
非公開 さん
カピバラの部屋 さん
altum さん
naimnacnap さん
白プリ さん
非公開 さん
Chaos さん
しんのすけ さん

このたびも、たくさんの「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

デジタルネタが続いたので、そろそろ「お気楽アナログ道」ネタを・・・(爆)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2017/09/20 02:16 URL 編集 返信
No title
こんにちは~
ステサンのSACDのレパトリーがまた増えましたね~(^^♪(笑)
弩級システムで聴く太田裕美もまた、素晴らしい!!

SACD専用機を新規導入しようかな?
その以前にステサンのは高杉~~晋作!!、(≧∇≦)/爆♪

ぶにゃ~んと歌う猫♪

2017/09/20 12:26 URL 編集 返信
No title
ぶにゃんさん、こんにちは♪

ステサンの掌で踊らされているのは、がってん承知の助でついつい買ってしまいましたσ(^_^;

>弩級システムで聴く太田裕美もまた、素晴らしい!!
お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

もうチョイと大きな音で聴きたいのですが、カミさんが裕美嬢を
「好ましからざる人物」(ペルソナ・ノン・グラータ)に認定しているので、
控えめの音量で聴いております!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

>SACD専用機を新規導入しようかな?
お逝きなさ~~~い!!ヽ(´▽`)/
松金からもSACDプレーヤー出てますよぉ~(笑)

>その以前にステサンのは高杉~~晋作!!、(≧∇≦)/爆♪
例のステサンCDーR2曲8000円の印象が強いので、
あれから比べれば激安!と思わせるのもステサンの策略かもしれません!(爆)\(o ̄▽ ̄o)/

なめちゃん仙人

2017/09/20 13:28 URL 編集 返信
No title
Isamy さん、こんばんは♪

今回も「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2017/09/24 01:40 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
61位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
1位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR