FC2ブログ

ザ・対決!「お気楽アナログ道」 vs 「Accuphase DP-700」、ダイアナ・クラールの決闘!♪

ここ最近の拙宅アナログが、お気楽ながらも好調なのは、先回の記事にも書いたところだ。

まぁ、調子が良いとは言っても、オデオ猛者、アナログ猛者の読者諸兄の目には、「井の中の蛙」程度にしか映らないだろうが。それでも、蛙は蛙になりに一生懸命頑張っているのだ!(笑)

拙宅のアナログは、敢えてCDやSACDのデジタル系とは異なるバランスで鳴らしている。

デジタルでは、その音源の特質を活かし、ディスクの収められた全ての情報をありのままスピーカーから放出させるようなワイドレンジ&ダイナミックなサウンドステージを展開、音楽の一番おいしい中域にギュギュっと密度を高めたバランスで鳴らしている。

対して、「お気楽アナログ道」は、上下のレンジ感はほどほどに、中低域のパワフルで図太いエナジー感に重きを置いている。一つ一つの音像がイキイキとリアルに、パワフルに押し寄せてくるようなサウンドバランスで鳴らすことを身上としている。

さて、今宵の記事の前段で、このようなデジタルとアナログの求めるサウンドの違いを書いたのは、本日の記事の主題にかかわることだからだ。、、なぁ~んて書くほど大層なことではないのだが(笑)、前述したような鳴らし方の違いを念頭に拙文をお読みいただければ、より分り易いだろう。

という訳で、いよいよ本題。

チョイと前に、ブロ友の「Zジジイ」さんが、ご自慢のハイエンドマシンで、ダイアナ・クラールの4thアルバム『 Love Scenes 』(1987)を鳴らされた記事&動画をUPされていた。その時、課題曲に「My Love Is」を取り上げていらっしゃったのが、興味深かった。
https://blogs.yahoo.co.jp/z370papa/34906469.html

イメージ 1

「My Love Is」はシンプルな3ピース構成。ダイアナ嬢のヴォーカル、クリスチャン・マクブライドのベース、そしてポール牧師匠の指バッチンだ(うそうそ!(爆))。各々3つの音源(ヴォーカル、ベース、指パッチン)の鳴り方、バランスが、再生機器によっては、けっこう変化する面白い音源である。

そうそう、指パッチン、粋な御仁は、「フィンガースナップ (finger snapping)」なぁ~んて言うらしい!(爆)

小生、ダイアナ・クラールのアルバムは、ほとんどCD、SACD、アナログ盤を持っている。なんでって?単に好きだから!(笑) あと、音質評価の指標になるほど良質なサウンドクオリティなので、試聴用リファレンスソフトとしても重宝している。

で、当然、『 Love Scenes 』も、CD(国内盤)・SACD(US盤)・LP(アナログ180g重量盤)の3つのメディアを有している。ちなみに、アナログ盤の180gリマスター盤は2枚組で、「My Love Is」はSIDE 4の2曲目(全3曲)に収録されている。

イメージ 2

さて、Zジジイさんは、この「My Love Is」を DP700⇒C3800⇒A116⇒銀箱 なんて、とんでもない今昔ハイエンド機器群で鳴らしておられた。C3800+A116なんて構成で鳴らされている御仁は、世界広しと言えどもZジジイさんだけであろう(笑)。

一体型SACDプレーヤーとしては世界最高峰の一角「DP-700」、これまた世界中のハイエンダーの憧れの的でもある至高のプリアンプ「C-3800」、そんでもって、もはやオデオ機器のレジェンド「A116」&「銀箱」、、、まぁ、腰が抜けるほどの凄い機器構成である!

特に、一番重要な音の源流を司るSACDプレーヤーのDP-700は実にすばらしい機器だ。あらゆるジャンルの音楽に対して、圧倒的なパフォーマンスで聴かせる再生能力は、当時の上級機種、DP-800/DC-801 をも越えたように聴こえた。小生、実際に両機を試聴して、そう感じたのだ。

イメージ 3

これらの機器を使い、老獪なオデオスキルを有するZジジイさんが鳴らす音は、悪かろうはずがない!

まさに、デジタル再生の“テッペン!”のサウンドである。、、、そこで、挑戦したくなった。最近、チョーシづいてる小生の「お気楽アナログ道」で、どこまで、この“テッペンサウンド”に迫れるのかと!!(爆)

アナログでも、TechDASのリファレンス・アナログターンテーブル「Air Force One」あたりを武器にすれば、DP-700の牙城に迫れるかもしれないが、何分、拙宅のアナログプレーヤーは30年ほど前の中堅国産DDプレーヤー「ヤマハGT-2000L」、その他も、カートリッジのLTRA SKALAを除けば、大昔のロートル機器ばかりである。

同じ土俵で戦っても勝てる訳がない! ならば、違う鳴らし方でチャレンジしてみよう!

、、、と、ここで冒頭、拙宅のデジタルとアナログのサウンドバランス~鳴らし方の違いにつながる訳だ! DP-700のサウンドバランスは、拙宅のデジタル系と相通ずるものがある。しかし、拙宅のアナログ系とは明らかに異なるバランスだ。

という訳で、まずは、拙宅のアナログ再生の出音を聴いた後、“テッペンサウンド”との違いを検証してみよう。

アナログ再生に際しての試聴システムは、以下のとおりだ。

イメージ 4

イメージ 5

Speaker: JBL K2 S5500
Ultra High Frequency Tweeter System: JBL UT-405
Harmonic Enhancer: muRata ES105A Suono
Pre Amp.: Mark Levinson ML-7A
Power Amp.: KRELL KMA-100MK2
Analog Player: YAMAHA GT-2000L(+Enhanced power supply unit)
Amorphous MC Transfomer: Technics SH-305MC
MC Cartridge: LYRA SKALA

以上のシステムを使い、スピーカーからの出音を壊れかけのZOOM Q2HDで生録したのが、“自己マン録り”!

今回、実はUPしたのはテイク3の動画。当初、生録した音源を試聴したところ、どうもベースの強奏部で音がビリついて聴こえる。実際のスピーカーからの出音は、そのようなビリつきなど皆無で滑らかそのものである。

「いよいよ、Q2がオシャカになったか・・・」と思いながらも、再生音&録音レベルを下げながら、テイク2を録っている際、ふとQ2を設置している三脚に手を触れると・・・・・これがビックリ!!

盛大にビリビリと共振しているのだ! 流石にこれでは、録音に悪影響があるだろう。再生音を下げて、出来る限り三脚の“ビリビリ”をなくそうとしたが、音源の低域エネルギー量が相当なようで、今回UPしたテイク3の時にも、僅かに共振していた。

という訳で、ベース強奏時のビリつきは若干残っているが、そこは何卒ご容赦いただきたい。
あとは、賢明なる読者諸兄の“脳内補正”に期待するしかあるまい!(爆)

それでは、いつものとおり、良質なヘッドフォン、またはイヤフォンで聴かれることをおススメする。

ほどほどの爆音再生で!(笑)

イメージ 6

My Love Is / Diana Krall ( Love Scenes - 180g Analog Disc - )
Sound Format: PCM 24bit/96kHz (Recorder ZOOM Q2HD)


、、、と、ま、こんな感じ。 

Q2で生録した音源 → 圧縮データのYouTubeなので、実際の出音とはかなり違うが、雰囲気的なものは少しは伝わっただろうか。 では、前述したZジジイさんがAccuphase DP-700で同曲を鳴らした以下のサウンドと比べると、非常に面白い。
https://www.youtube.com/watch?v=y4F2v4Dl4m4

以下音質評では、ZジジイさんのAccuphase DP-700で鳴らしだ動画を「DP-700」、拙宅のお気楽なアナログで鳴らした動画を「お気楽」と呼ぶことにする。

まず、指パッチンは、「DP-700」では鮮明で芯があり、「お気楽」の指パッチンと比べると音像も大きく逞しい。「お気楽」のほうが音像が小さいというか、より遠くで指パッチンしているようにも聴こえる。「DP-700」が筋骨隆々とした男性の指パッチンだとしたら、「お気楽」は白魚のような御手をした女性の指パッチンだ(笑)

逆に、ベースは「お気楽」のほうが音像大きめで、最低域までエネルギーたっぷりに深く濃く伸長する。“自己マン録り”の動画では判り難いかもしれないが、エナジー感タップリといえども音像は肥大せずSPセンターやや前方に、彫り深くドッシリと定位する。「DP-700」は、もう少しスッキリとスマートに鳴る感じだ。「お気楽」のベースは、僅かにエグ味というか濁りがあるが、流石は「DP-700」、キリッとシャープにキマル!

ダイアナ嬢のヴォーカルは、また見事に異なる(笑) 「DP-700」は明度高く引き締まったヴォイス。透明度も高い。付帯するエコーもヴォーカルからキレイに分離して空間に減衰する。「お気楽」はちょっとドスのきいた迫力あるヴォイスだ。ダイアナ嬢のヴォーカル特有のちょっとハスキー感がリアル。エコー成分は「DP-700」と比べて少なく、響きより実音を優先する感じだ。

トータルでは、オデオ的高音質感という点で、「DP-700」は「お気楽」を遥かに凌ぐ。SN比、解像度、透明度などは比ぶべくもない。このアタリは音の源流、DP-700と国産DDプレーヤーの格の違いが、ハッキリ音質となって現れたようだ。また、レコーダーのQ2とQ8という、これまた格の違いにも起因しているだろう。

しかしながら、「お気楽」が奏でる厚みがあってリアリティ豊かなベースや生々しく濃密なヴォーカルは、ハイエンドのデジタルディスクプレーヤーではなかなか味わえないアナログならではの妙音であろう。特にヴォーカルの再現性は、LYRA SKALA の技が光る。ヒトによって好き嫌いはあるだろうが、小生的には、どちらのサウンドも“異なる味わい”があって楽しめた。

、、、と、まぁ、散々、「他人のふんどしで相撲をとる」的な記事を書いてしまった! Zジジイさん、許されよ!(爆)

コメント

コメント(20)
No title
あはは、おはようございます!
俺の世界でたった一つの珍しいフンドシを紹介していただき、誠に光栄の極みでございます!!!

こうして比べてみると、、、
分かってはいたけど、銀箱の低音って、ホント貧相ですねぇ~
で、ソレを土台にした音作りだから・・・
そこがマズイというか、ウマイというか、、、、
俺的には、とても微妙であります!

とにもかくにも、、、、俺は一丁前の相撲取りではありません!(大自爆)
「フンドシカツギ」あたりでしょうかネ(大爆笑)

Zジジイ

2017/07/12 09:16 URL 編集 返信
No title
にっぱーさん、こんにちは♪

みんなで楽しく「ふんどし祭り」!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

にっぱーさんも、ログハウスでふんどし祭りに参加しましょう(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/07/12 12:26 URL 編集 返信
No title
さくどう親父さん、こんにちは♪

お聴きいただき、誠にありがとうごさいます!ヽ(^О^)ノ

デジタル(CD)ならではの、アナログならではの、
エネルギーバランスの違いが良く判る、楽しい聴き比べでした!

さくどう親父さんも、“デジタル”分野において、
ふんどしを締めて熱心に相撲稽古に臨む姿勢、敬服いたします(爆)

「ふんどし祭り」・・・・・参加することに意義がある!?(自爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2017/07/12 12:35 URL 編集 返信
No title
元新潟のUさん、こんにちは♪

いつもお聴きいただき、誠にありがとうごさいます!ヽ(^О^)ノ

ウッドベースでぶん殴られるような中低域の分厚さが好きです!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2017/07/12 12:37 URL 編集 返信
No title
oguさん、こんにちは♪

いつもお聴きいただき、誠にありがとうごさいます!ヽ(^О^)ノ

Zジジイさんの音まで勝手に評してしまいました・・・(汗)σ(^_^;
まぁ、Zジジイさんは懐の深い御仁でしょうから、お許し頂けるでしょう!

小生の拙い語彙力で、目に見えぬ“音”を伝えることは、甚だ無茶なことではありますが、
少しでも、oguさんにニュアンスをお伝えるすることができたならば、嬉しいです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/07/12 12:43 URL 編集 返信
No title
そろそろ Hi-END PHONO EQ・・・・(爆)

大王

2017/07/12 14:13 URL 編集 返信
No title
白プリさん、こんばんは♪

お聴きいただき、誠にありがとうごさいます!ヽ(^О^)ノ

基本拙宅でじは、音楽の旨味が凝縮されている中低域の密度に重きを置いているので、
程度の違いこそあれ、CD&アナログともに、同じようなバランスで鳴らしております。

>欲を言えば足して2で割ったような音が聴いて見たいと思いました
拙宅で鳴らすCD再生が、まさに、そのような感じです!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/07/12 20:09 URL 編集 返信
No title
Zジジイさん、こんばんは♪

このたびはステキなふんどしをご提供いただきまして、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
なかなかエエ塩梅で、相撲を取ることができました!(爆)\(≧∇≦)/

>銀箱の低音って、ホント貧相ですねぇ~
まぁ、もともと銀箱はゴリンゴリンとした重低音を聴くスピーカーではないですからねぇ(笑)

どちらかと言えば、拙宅の再生バランスに近い“中低域の密度”で鳴るスピーカー
だと思うのですが、それをハイエンドの如きワイドレンジ&高SN比で鳴っているのが驚きです!
思うに、DP-700 + C-3800 のアキュハイエンドサウンドの支配力が凄まじいのでしょう。

ある意味、アキュ使いの誉れ、とも言えるサウンドではないでしょうか!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/07/12 20:23 URL 編集 返信
No title
こんばんは~。

んがっ!!開いた口が塞がらない、、、見事であります!!*\(^o^)/*

ウチにアナログが無くて良かった~!!(爆

このアルバム、ウチにあるのはCD-Rに焼いたモノ。。。
Zジジイさんがアップされた時に、銀箱の余りのキレの良さに脱帽、到底敵わないと心底思ったのですが、仙人さまの祭りとあれば!!(*^o^*)

次の休みに、恥ずかしながら賑やかしで参加させて戴きますね~!!*\(^o^)/*

KT

2017/07/12 20:27 URL 編集 返信
No title
さぶちゃん大王さま、こんばんは♪

悪魔大王さまのお誘い、ありがたき幸せ!(爆)\(o ̄▽ ̄o)/

Hi-END PHONO EQへの憧れもありますが、小生としては、ML-7Aと
Cello Encore Preのフォノイコに惚れてますので、
当分、浮気はしないと心の決めております!(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2017/07/12 20:31 URL 編集 返信
No title
KTさん、こんばんは♪

お聴きいただき、誠にありがとうごさいます!ヽ(^О^)ノ

>ウチにアナログが無くて良かった~!!(爆
あったら、当方が困りますよぉ~!(爆)ヾ(@゚▽゚@)ノ

おっ!夏の風物詩、「ふんどし祭り」開催の狼煙を上げますかぁ(爆)
これは、楽しみですねぇ~!ヽ(´▽`)/
このアルバム、持っていらっしゃる御仁がけっこう多いでしょうから、
大きな祭りになる可能性、無きにしも非ず!(笑)

>恥ずかしながら賑やかしで参加させて戴きますね~!!
う~む、、、なぁ~んて、おっしゃりならが、
なんとなく自信満々のような雰囲気が・・・(笑)(= ̄▽ ̄=)

なめちゃん仙人

2017/07/13 00:15 URL 編集 返信
No title
こんばんは

同じ曲なのに音源や再生環境で音の違いを楽しめる。
オデオの楽しみそのものですね(^^♪
そして『スゴ録』、スゴ過ぎです!!

えっ、祭りに発展するんですか?
私の所にはアナログもCDもありませんT_T

ggくん

2017/07/13 02:09 URL 編集 返信
No title
ggくんさん、こんばんは♪

同じ楽曲でも、鳴らし手によって様々な表情を魅せる・・・・
これぞ、オデオの醍醐味ですね!\(*^Ο^*)/

で、お聴きいただき、誠にありがとうごさいます!ヽ(^О^)ノ
拙宅らしい、鳴りっぷりだったのではないでしょうか(笑)

ほうほう、ggくんさん、お持ちでは無かったですか!w(゚o゚)w
う~ん、、、S9500での指パッチン、聴いてみたかったのですが(爆)\(≧∇≦)/

なめちゃん仙人

2017/07/13 02:17 URL 編集 返信
No title
ストレンジウェイズ さん
たもchan さん
KT さん
Isamy さん
ブルーベリーナイト さん
ぜっぷりん さん
nightwish_daisuki さん
こば さん
toby さん
yna***** さん
altum さん
汐こんぶ さん
naimnacnap さん
白プリ さん
ogu さん
さくどう親父 さん
にっぱー さん
非公開 さん
ぶんぶく さん
GOMALYN さん

今回もたくさんの「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

お気楽なアナログのくせに、DP-700に挑むなんて、無謀なコトをしてしまいました(笑)

まぁ、結果は、ご覧のとおりであります!!(爆)(≧▽≦)人(≧▽≦)ノ

なめちゃん仙人

2017/07/14 01:00 URL 編集 返信
No title
こんにちは~

またしても、聴くのを忘れておりました(爆)
ウチのは、SA-CD(EU盤)です。
指パッチンは、もう少し固めの音ですね。

いやぁ~良い音(爆)・・・お聞かせ出来ないのが残念です(≧▽≦)
・・・って事にしておきます(笑)

KKD_FM

2017/07/14 17:03 URL 編集 返信
No title
KKD_FMさん、こんばんは♪

こちらこそ、リコメ遅くなりましたぁ~~
この三連休、夏フェスイベントの立ち会いで1日中、屋外で日光浴をしていたものですから・・・
そうしたら、、、、暑過ぎて死にかけました!(自爆)W(≧O≦)W

ダイアナ嬢、KKD_FMさんにとってはアレなのに(笑)、
お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

拙宅の指パッチン、やはり控えめ、とういうか女性的ですよね。
KKD_FMの爆裂指パッチン!、是非とも聴いてみたいものです!(爆)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/07/16 02:31 URL 編集 返信
No title
仙人さん、こんばんは(^^♪、

遅くなりまして、すみません。
ベースがリアル過ぎです。指パッチンも。
困っちゃうな、こんな音聴かされると(@_@。

しんのすけ

2017/07/24 01:08 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪

いえいえ、とんでもございませぇ~~~んヽ(´▽`)/

お聴きいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
ベースは、なかなかの厚みを持った再生ができたと思います!

最近、本業のCD再生より副業のアナログ再生の調子がエエので・・・
少々、デジタル陣営の機器にテコ入れをしようと思っております!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2017/07/24 01:29 URL 編集 返信
No title
しんのすけさん、こんばんは♪

コメのみならず、「ナイス!」までいただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2017/07/24 01:30 URL 編集 返信
No title
BOSE さん、こんにちは♪

「ナイス!」いただき、誠にありがとうございま~す!ヽ(^О^)ノ

なめちゃん仙人

2017/10/14 13:51 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR