FC2ブログ

アキュフェーズP-600≒伊達公子♪(アーカイブ)

アキュフェーズP-600≒伊達公子♪
傑作(1)
2008/5/8(木) 午前 1:13  オーディオばか戦記★アンプ激闘史  オーディオ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

エアコンが不調だ。

暑い、暑い、暑い、暑い、暑〜〜〜いっ!

小生のリスニングルームは常時通電の機器が多いため、真冬でも暖房要らずだが、
これからの季節は、冷房が無いことには機器も小生ももちこたえられない。
また、小生の部屋は遮音性が高く音を外に漏らさない構造なのだが、その弊害として熱も外に逃がさないため、
いったん室温が上昇するとなかなか冷めてくれない。

音的には、エアコンをつけたくないのだが、
汗だくになっては音楽も楽しめないので必要悪と割り切って使用している。

そのエアコン、昨夜あたりからどうも効いていなようなのだ。
除湿も、冷房も効きが悪い。

メインのパワーアンプ、ソニーのTA-NR1はA級100Wのモノラルパワーアンプ故に、
2時間も音楽を聴いていると部屋は蒸し風呂状態になってくる。
小生、パンツ一丁で聴いていても汗がポトポト、まるで減量中の “力石徹” である。。。

併用しているパワーアンプ、アキュフェーズM-1000、マッキントッシュMC-2500にしても発熱量が大きい。
先日、導入したNEC A-10もプリメインアンプながら、TA-NR1に匹敵する熱い男である。

エアコンを修理するまで何かないものか、とリスニングルームを見渡し、
ふと目がとまったのがアキュフェーズのパワーアンプP-600である。

このP-600、以前は小生システムにおけるパワーアンプのひとつであった。
十数年ほど前に、ステレオシステムのメインパワーの座を引退し、
現在はホームシアター7.1chシステムのセンタースピーカーを駆動するアンプとして余生を送っている。

P-600は大出力アンプの割りに比較的発熱が少ない。
というわけで、再度、現役復帰をしていただくことにした。
先般、12年ぶりに現役復帰を果たした伊達公子のような大活躍を期待してのP-600現役復帰である。

A-10の設置していた場所(試聴用機器スペース)にP-600を持ってきて、
A-10はホームシアター用センターSP稼動アンプにまわってもらった。

カップリングするプリアンプは、
P-600とバランスのとりやすいアキュフェーズのC-280VとDC-300をあてがった(写真3枚目)。

久々のP-600ステレオ再生・・・その音やいかに。。。
一聴、大変懐かしい音である。
中低域を中心に独特の艶がのる、俗に言う “アキュフェーズ・トーン” を色濃く聴きとることができる。
この独特の艶が、女性ヴォーカルや弦になんともいえぬ柔らかい響きを加味して、大変心地よいのである。

この“アキュフェーズ・トーン”がアキュフェーズの機器から聴きとれるのは、
パワーアンプではM-1000、プリアンプではC-280Vまでだと思う。
パワーアンプ、A-50やM-2000、プリアンプC-290以降、“アキュフェーズ・トーン” は徐々に薄まり、
現行機種では完全に排除されている。

かつては、“アキュフェーズ・トーン”が、アキュフェーズ機器を好きか嫌いかに分かれる一因であった。
この独特の艶を “雑味”や “不純物” と感じる方はアキュ嫌い、
“味わい” と感じとる方はアキュ好きに分かれた。
小生は後者である。

“アキュフェーズ・トーン” こそアキュフェーズのアイデンティティだと思う。
しかしながら、アキュフェーズとしては“アキュフェーズ・トーン”を “雑味” ととらえ、
極力排除する方向に音づくりのベクトルを変えたのであろう。
残念なことである。

小生、アキュ好きなので、新製品がでるたびにショップに赴き試聴してきたが、
最近のプリC-2810、パワーM-6000も、“アキュフェーズ・トーン” は皆無であった。
唯一、一体型プレーヤーのDP-700に、芳醇な“アキュフェーズ・トーン” の残り香を感じた。

おっと、話がそれてしまった。。。

何はともあれ、エアコンが直るまで、当分はP-600の懐かしき “アキュフェーズ・トーン” に浸ろうと思う。

コメント

コメント(4)
No title
こんにちは(^-^)/。今時のA-10は、ぬるま湯程度にしかなりませんが、"艶華"の"ハスキートーン"がちゃんと聴けてるのかなぁー、って思うA-10です。に、してもA-10の奥行きサイズはありすぎて。。。

Takeshi

2012/02/26 16:11 URL 編集 返信
No title
Takeshiさん、こんにちは♪
旧ブログ記事にコメいただき、誠にありがとうございますm(_ _)m
なにぶん、ブログ狩りで削除されたので残っている記事が少ないのですが・・・
艶華とA-10、なかなか良いのではないでしょうかヽ(^О^)ノ

A-10に関しては、以下記事も書いてますので、よろしければ覗いてみてくださいね☆~(^-゜)v

http://blogs.yahoo.co.jp/namechan9999/21914.html
http://blogs.yahoo.co.jp/namechan9999/21933.html

なめちゃん仙人

2012/02/26 17:36 URL 編集 返信
No title
うに さん、こんばんは♪

懐かしの旧ブログ記事に「ナイス!」いただき、誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ
ちょうど、ブログをはじめてまもない頃の記事です。ホント、懐かしかぁ~(笑)

この記事から7年が経ちますが、今もP-600は元気でやってます(笑)☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/12/09 00:34 URL 編集 返信
No title
非公開さん、こんばんは♪

4年半前の懐かしの記事に「ナイス!」いただき、
誠にありがとうございます!ヽ(^О^)ノ

P-600、いまだに元気でエエ音鳴らしておりますよ!☆~(^-゜)v

なめちゃん仙人

2015/12/16 01:30 URL 編集 返信
コメント投稿
非公開コメント

仙人郷 ~今日の言葉~

仙人郷アクセスカウンター

Yahoo!ブログより継続カウント
オーディオ三國無双 猛将伝 : 190,833、 オーディオ三國無双 猛将伝Ⅱ-不死鳥伝説- : 834,465、合計 : 1,025,298 より継続

プロフィール

なめちゃん仙人

Author:なめちゃん仙人

★☆★ The audio brand I use habitually ★☆★

JBL Mark Levinson Jeff Rowland D.G. Cello PASS Laboratories KRELL GOLDMUND WADIA

dCS McIntosh EMT Benz Micro Switzerland GRADO ortofon counterpoint VIMAK LINN

WireWorld audioquest SUMIKO SHURE Audio-Technica LYRA PhaseTech Cardas Audio

SONY MARANTZ LUXMAN PIONEER  Exclusive VICTOR DENON CEC ESOTERIC  Technics

YAMAHA Timelord FURUTECH OYAIDE Audio Design PAD PS Audio SAEC Nakamichi

TASCAM muRata S/A LAB CANARE BELDEN ACROLINK SILTECH MONSTER CABLE   

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
音楽
85位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ジャズ
3位
サブジャンルランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR